頭が本になってる人

この記事では、トライ式高等学院についてご紹介します。

 

通信制高校へ通いたい、通信制高校に通っているけど授業の進め方が分からない、といった悩みを持っている人はいませんか?

トライ式高等学院に入学することで、サポートを受けながら高校卒業や進学を目指せます。

 

また、子どもたちの役に立つ仕事がしたい、教師として子どもたちをサポートしたいと考えているのなら、トライ式高等学院で働くことも検討してみましょう。

 

しかし、トライ式高等学院がどんなところなのか理解していないと、入学や就職は難しいでしょう。

そこで、事業内容や採用情報、実際に通っていた人たちからの口コミなどをご紹介していきます。

気になる学費に関する情報もまとめているので、トライ式高等学院への入学や就職を検討している人は参考にしてください。

 

トライ式高等学院についてご紹介!

文房具と足元

まずは、トライ式高等学院がどんなところなのか見ていきましょう。

 

会社概要

トライ式高等学院は家庭教師のトライや個別教室のトライで有名なトライグループのひとつです。

20102月に開校し、拠点数は80となっています。

理事長はトライグループの代表取締役社長でもある二谷友里恵氏が務めています。

 

その他には、

  • 学院長:物部晃之氏
  • 総務部長:石川士朗氏
  • 教務部長:木村隆広氏

 といった人たちが在籍しています。

 

事業内容

事業内容は、連携通信制高校のサポート校事業です。

サポート校とは、通信制高校に通う生徒をサポートする役割があり、単位が取得できない学生や勉強が難しくついていけない学生、勉強のやり方が分からない学生など、多くの悩みを持っている学生の手助けをしています。

 

通信制高校では、自分で学習を進めていきます。

自宅学習がメインとなり、分からないことも多くなるでしょう。

自力で学習を進めていても理解できない箇所を理解しないまま進めていては、勉強をする意味がありません。

しかし、サポート校となるトライ式高等学院を活用すれば、生徒に合わせたカリキュラムを作成し、勉強に関する様々なことを教えてもらえるので、独学よりも勉強を理解できるようになります。

受験が成功するのか、卒業できるのかといった悩みに関しても相談することができ、精神的にも頼れる存在となるでしょう。

 

 

コースは2種類

トライ式高等学院では普通科と特進科のコースがあります。

 

普通科では、高校を卒業することをまずは目標として勉強が進められていきます。

学力に不安のある学生でも、小学校や中学校の教科書を使用して基礎学力を高めながら授業が進められるので安心です。

普通科で授業をし、大学進学を目指したくなれば特進科コース、また、普通科といっても国語や数学を勉強するだけではなく、トライグループならではの多彩な授業を受けることが可能です。

語学を習いたい場合には、英語のみならず中国語やスペイン語などを学ぶこともできます。

技術系であればプログラミングも学べるので、自分に合った勉強を進められるでしょう。

 

特進科コースでは、大学合格に向けて授業が行われます。

志望校と学生の状況に合わせたオーダーメイドのカリキュラムが作成され、目標達成に向けて指導が行われます。

トライ式高等学院の進学率は65.5%と一般的な通信制高校よりも高い実績を持っています。

不安があっても信じて突き進むことで、目標達成できると考えられます。

 

また、トライ式高等学校では部活動も行われています。

バスケットボールやテニス、ダンスといったスポーツ系以外にも、軽音や吹奏楽、美術やハンドメイドなどの文科系の部活も豊富にあるので、学生生活を彩ることができます。

もちろん、参加は自由なので無理に入部する必要はないので安心してください。

 

働きたい人必見の採用情報

ネクタイを締める男性

次に、トライ式高等学院で働きたい人に向けて採用情報をご紹介していきましょう。

 

トライグループでは、教育コンサルティングを行う教育プランナー採用や幹部候補となる次世代経営者育成採用を行っています。

立候補制度を活用すれば、希望する部署や店舗、職務で働きたい場所を立候補することができ、自分自身でキャリアプランを決めることができます。

 

また、各キャンパスに在籍しているキャンパス長のもとで、学生たちに勉強を教え、精神的なサポーターとしても活躍したいと考えているのなら、教師として働くことも検討してみましょう。

 

応募資格は大卒以上、社会人となります。

国語、数学・算数、理科、社会、英語、小論文など、指導可能な1教科から勤務することができ、勤務時間は9時から16時までとなっています。

 

応募方法は以下の通りです。

 

①トライ式高等学院のホームページ上にある「入力フォーム」やLINEで登録」を活用して教師登録を行います。

必要事項を入力し、登録が完了したら講習会の予約も行いましょう。

 

②予約した講習会では、面接やテストなどが実施されます。

働き方について希望があれば、講習会で相談することが可能です。

授業の進め方や学生の状況について不安があれば、キャンパス長やスタッフにいつでも相談する環境が整っています。

 

中には学生教師主婦教師なども在籍しており、プライベートと両立させながら教師として働く人もいるので、参考になるでしょう。

興味があれば教師としての採用を検討してみてください。

 

この他採用に関しての記事はこちら

トライグループで働きたい!口コミや評判を参考にどんな会社なのか知ろう!

トライグループが運営!マイジム(My Gym)の採用情報をチェック!

 

通っている人からの口コミや評判とは?

スマホを眺める女性の手元

ここからは、実際にトライ式高等学院でサポートを受けていた学生たちの口コミや評判をご紹介していきます。

 

全日制とは違って毎日毎日、学校に通わなくてもいいので、行かない日はのんびりしたり、ゲームしたりと好きな時間を過ごせるのがいい点だと思った!!転校しても、部活が一緒の子と友達になれて、楽しく過ごしてます!!!

引用元:https://zba.jp/tsushin-highschool/cont-ex/ex-stu-0119/

自分のペースで学習を進めていける点は学生にとって魅力が高いのでしょう。

また、トライ式高等学院にも部活動があるので参加をすることで仲間を増やすことも可能です。

 

【サポート体制】

進路相談はとてもしやすく、親身になって先生が一緒に考えてくれました。とても有難いです。おかげで将来をイメージすることができるようになりました。

引用元:https://www.minkou.jp/tsushin/school/review/127/7636/

進路については入学した段階で誰もが決めているわけではありません。

学習を進めていくこと、そして教師との会話の中でイメージしていくのでしょう。

目標が決まれば、目標達成に向けてトライ式高等学院がサポートしてくれるので安心です。

 

トライ式高等学院のキャンパス長は皆さん心理の資格を持っていて、相談にも乗ってくれます。私のキャンパスのキャンパス長はさらに高みを目指している方なので相談に乗るのがとても上手です。

引用元:http://www.tsuushinsei-plaza.com/school/toraishikikoutougakuin/kuchikomi/ichiran/

学生には様々な悩みがあるでしょう。

進路のことや勉強のことだけではなく、人間関係など様々です。

そういった悩みをキャンパス長自らが聞いてくれる点は頼もしいでしょう。

 

中学校に入った後で不登校状態になってしまいました。でも、ここでは、どのような状態になっても一人ひとりの状態に合わせてサポートしてくれました。おかげで今は社会人です。

引用元:https://www.minkou.jp/tsushin/school/review/127/7142/

 

トライ式高等学院では、不登校や引きこもりの子どももサポートしています。

自宅に訪問し精神的なサポートから行われ、第三者と会えるようになった段階で授業が開始される仕組みです。

無理なく進められるので安心でしょう。

 

 

学費はどうなっているの?

外国の紙幣

最後に、気になる学費に関する情報をご紹介していきます。

 

  • 入学金:80,000円(税別)
  • 設備費:月2,000円(税別)
  • システム費:連携通信制高校によって違います
  • 行事運営費:10,000円(税別)
  • コース変更費:10,000円(税別)

 

学費は特進科と普通科によって違います。

 

  • 特進科:1単位32,000円(税別)
  • 普通科:1単位18,000円(税別)

 

連携通性高校を卒業するためには、74単位以上が必要です。

この他にも、別途で通信制高校の学費が発生します。

 

特進科においては、医学部受験コースと難関大学受験コースを選択することで、それぞれ費用が別途かかります。

詳しい内容については、トライ式高等学院のホームページから問い合わせできるので、入学を検討している場合には活用してみましょう。

 

 

まとめ

ジャンプする女性

ここまでトライ式高等学院について詳しくご紹介してきました。

 

特進科コースと普通科コースの2種類があり、自分の目標に合わせて勉強を進めることができます。

 

学生生活では、勉強意外にも様々な悩みが発生するでしょう。

しかし、キャンパス長やスタッフが相談にのってくれることで気持ちを軽くし、前向きに進んでいくことができます。

入学を検討しているのであれば、オープンキャンパスを実施しているので参加をしてより深くトライ式高等学院のことを把握していきましょう。

 

また、学生のサポートをしたい、個性に合わせた授業を行いたい、と働く場を考えているのなら、トライ式高等学院での就職を検討してみてください。

充実したキャンパスライフが送れるように、各キャンパス長と一緒に支えていくことができるでしょう。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事