白石達也のIROAS(イロアス)を使ってみました

今回は前回の続きとして、白石達也のIROAS(イロアス)を実際に利用してみて分かったことをご紹介していきましょう。

今回ご紹介しているのは、「海外引退生活の最短距離」「3週間で語学をマスターする方法」「つねに最安値で旅行する方法」の3つを中心に解説していきましょう。

これらのコンテンツは、海外での生活を目標にされている方にとっては有益な情報になります。

それぞれの情報コンテンツに関する特徴や、どんなことが学べるのか、どんな人に向いているのかなども加えてご紹介しています。

将来的には海外で生活したい、海外旅行を無理なく楽しみたいという方は、ぜひ今回の記事を参考にIROAS(イロアス)を活用してみてください。

IROAS(イロアス)とは

IROAS(イロアス)は、情報商材界に革命をもたらした白石達也が手掛けた教育プログラムです。

ここでは、IROAS(イロアス)で何が学べるのかご紹介します。

 

IROAS(イロアス)で学べる内容について

近年、何かと話題になっている仮想通貨に興味がある方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?

IROAS(イロアス)で学べるコンテンツは様々ありますが、例えば最先端の仮想通貨に関する知識を中心に投資やネットビジネスについて学べるプログラムもあります。

仮想通貨投資の専門知識やブロックチェーンの本質に迫る内容も多く、初心者から経験者まで幅広い方が役立てられる仕組みが特徴です。

仮想通貨は法定通貨と違い、世界共通のデジタル通貨なので日本以外でもどこでも扱えるというメリットがあります。

インターネットが普及しキャッシュレスが浸透してきた時代の流れの中に、仮想通貨は今後ますます世界各国で定着するだろうと白石達也は確信しています。

仮想通貨に関しては、ネット上では取引所への登録方法やコインの購入方法など基本的な内容しか把握できません。

しかし仮想通貨は2000種類以上もの銘柄があり、どの銘柄がより安全で稼げるのかが分からないという方も多いでしょう。

IROAS(イロアス)は、仮想通貨の歴史や取引の仕組み・仮想通貨誕生の背景・最適な投資方法などを細かく提供しています。

そのため、仮想通貨に関する知識がなくても安心して実践できるのが大きなメリットと言えるでしょう。

また、IROAS(イロアス)は、Webサービスとして展開しているため、専用サイトに登録すればいつでもどこでも学習できます。

ネット環境があれば自宅でなくても可能ですし、仕事や家事の合間にも活用できます。

そのため、普段の仕事が忙しく学習する余裕がない方であっても空いた時間にコツコツ勉強すれば知識を深められるでしょう。

 

 

IROAS(イロアス)のテーマ

IROAS(イロアス)のテーマに、「居住地の自由」というものがあります。

居住地の自由というのは、経済的な不自由をなくして好きな国や地域で暮らしていけるような環境を構築していくという意味が込められています。

しかし居住地の自由と言っても、好きな国や地域で暮らすには現地の生活に対応するための知識が必要です。

IROAS(イロアス)は、仮想通貨や投資・ネットビジネスに関する内容だけでなく、居住地の自由を手にするためのコンテンツも盛り込んでいます。

例えば、旅行・移住・語学・節税などの分野です。

これらの分野も同時に深めていけば、居住地の自由を実現するためのノウハウを習得できる仕組みなのです。

また、IROAS(イロアス)は毎月ニュースレターが配信され、最新よりも一歩先行く実践的かつ的確な情報を早期にインプットできます。

ニュースレターの内容にはビジネスや投資に関する内容なども豊富です。

こまめにチェックしているだけでも、有益な情報を入手できるでしょう。

このように、IROAS(イロアス)はコンテンツの量が豊富で、利用することで受けられる特典もたくさんあります。

そのうちの1つ、「オプトインATMシステム」は、メールやLINEなどの専門知識を習得するだけで、自動で報酬を受け取れるシステムです。

活用すればするほど報酬が得られるので、IROAS(イロアス)で学び知識量を増やすのと同時に、資金形成ができる仕組みになっているのです。

白石達也は29歳で億単位の資産形成に成功した人物ですが、そんな彼の価値観や考え方なども知れるので、豊かな人生を送りたいと考えている方にとっては役立つ情報ばかりでしょう。

テキストによる教材はもちろん、動画を視聴するタイプの教材もあるので、目と耳で学べるという点も支持を集めています。

IROAS(イロアス)は、多くの人々が豊かな人生を歩んでいけるようにという白石達也の願いが込められているのです。

 

海外引退生活の最短距離について

IROAS(イロアス)はテーマとなる「居住の自由」を実現するために、会員限定で様々な情報コンテンツを公開しています。

居住の自由とは生まれ育った国や地域に固執せず、豊かな財を築いて、好きな場所で自分らしい人生を歩むことを指します。

IROAS(イロアス)で学んだことを活かせば、自分の好きな国や地域でも豊かな暮らしを実現できるでしょう。

海外生活を実現する上で役立つのが、「海外引退生活の最短距離」という情報コンテンツです。

 

海外移住を望む人が増えている?

今まで海外へ移住する人は限られた特別な人でした。

しかし、近年は海外に永住する人や、3ヶ月以上の長期滞在する人が増えています。

外務省が公開している「平成29年 海外在留邦人数調査統計」によれば、海外で暮らす日本人の数は次のようになっています。

 

【平成元年】

・長期滞在者・・・340,929

・永住者・・・246,043

・合計・・・586,972

 

【平成28年】

・長期滞在者・・・870,049

・永住者・・・468,428

・合計・・・1,338,477

 

このように、平成元年と直近を比べると、かなり多くの人が長期滞在や永住していることが分かります。

グローバル化に伴い、昔よりも海外に行きやすくなっていることから、海外での暮らしを望む人は多いのでしょう。

リタイア後が海外で自分らしく生きることを選択する人も少なくありません。

 

海外で暮らすメリットとは?

増加している海外移住ですが、そこで得られるメリットは何なのでしょうか?

色々ありますが、代表的なメリットは以下の3つです。

 

・異文化に触れられ、新しい刺激が得られる

海外に移住することで、日本とは異なる文化や伝統に触れられます。

その経験が新しい刺激となり、人生に彩りを添えてくれるでしょう。

常識も国や地域によって異なるので、狭い視野を広げるきっかけにもなるはずです。

また、都会や大自然など色々な場所があり、自分の理想的な環境下で生活できる場所を選べる点も良い刺激となるはずです。

 

・物価が日本より安い

地域によって異なりますが、日本より物価が安いところも多いです。

無理なく節約して豊かな暮らしをしたい人に、海外移住はおすすめかもしれません。

 

・語学力が上がる

日常会話は英語やその土地の言葉となります。

勉強とは異なり、ネイティブな会話を聞けるので、感覚的に理解しやすくなるでしょう。

 

・人間関係が良い

海外で暮らした経験のある人の多くは、日本よりも人付き合いが楽と感じているようです。

日本では家族を放置してまでお付き合いを重視する人は少なくありません。

その点、海外の人はプライベートに踏み込み過ぎない関係を好む傾向があります。

ほどよい距離感でのお付き合いなので、人間関係の煩わしさをあまり感じないようです。

濃厚な人間関係から解放される点もメリットと言えるでしょう。

 

「海外引退生活の最短距離」はお得情報が盛りだくさん

「海外引退生活の最短距離」は海外移住に興味がある人におすすめのコンテンツです。

ここでは検証結果を基に、幸せな海外リタイア生活を送れる国や地域を紹介しています。

また、海外移住後にかかる生活費用なども詳しく紹介されています。

いざ海外移住を決めたとしても、日本での暮らしと全く変わってしまうので、賢く生活していくためには知識が必要です。

「海外引退生活の最短距離」は海外移住を実現するために必要なノウハウや情報が詰まっているので、海外移住のバイブル本となるはずです。

白石達也自身も海外の各地を転々として生活していた経験があります。

実際の成功者の体験や36年以上の検証結果からまとめられているので、信憑性の高い情報に期待できます。

このコンテンツは老後の移住だけではなく、留学や出張、旅行などで長期的な滞在が必要な方にも役立つでしょう。

IROAS(イロアス)では世界のどこにいても稼げるビジネスノウハウも紹介しているので、リタイア前に移住したい人にも最適です。

 

3週間で語学をマスターする方法について

私生活やビジネスにおいても、英語は必要不可欠なスキルとなってきています。

しかし、日本は世界的に見ても英語教育が進んでいないのが現状です。

子どもは成長性を見込めますが、大人になるとわざわざ時間を確保してマスターすることは難しいかもしれません。

しかし、英語ができれば海外旅行で役立ち、外資系や海外勤務などのビジネスチャンスも生まれるでしょう。

将来海外で暮らしたいと考えているなら、絶対に身に付けておきたいスキルです。

IROAS(イロアス)は英語や語学をマスターしたい方に向けて、「3週間で語学をマスターする方法」という情報コンテンツを用意しています。

 

なぜ3週間で英語・語学をマスターできる?

3週間で語学をマスターする方法」の魅力は、短期間で英語・語学を身に付けられることです。

英語は文法や発音が独特なので、通常は時間をかけて身に付けていきます。

しかし、「3週間で語学をマスターする方法」を活用すれば、1ヶ月も経たずに会話で困らないレベルの語学力を身に付けられるのです。

なぜ3週間でマスターできるのかというと、学習効率を上げる工夫がされているからです。

IROAS(イロアス)はオンライン上で利用できる学習プログラムであるため、各コンテンツもオンライン上で閲覧できます。

インターネットがつながっている環境で、パソコンやスマホ、タブレットがあれば場所や時間帯を問わず学べます。

隙間時間を活用してコンテンツが読めるので、少しずつ内容を覚えていけば、すぐ語学勉強に反映できるというわけです。

 

語学を学ぶことで得られるメリットとは?

必要とされる英語や語学力ですが、マスターすることで得られるメリットが数々あります。

例えば、海外旅行でも通訳ガイドがいないと不安な場所やお店も気軽に行けるようになります。

変わらないことがあれば現地の人に聞ける勇気も生まれるでしょう。

また、留学や移住となると交友関係を築くためにも語学力は必要です。

人種を問わずコミュニケーションが取れる状態は、旅や生活、人との交流に面白さを与えてくれるでしょう。

また、複数の語学を学び、使い分けると脳が活発に働き、認知症予防やマルチタスクをこなせられるようになるといったメリットもあるようです。

英語が苦手な人でも得意なレベルに成長できるので、語学力を最短で身に付けたい方は活用してみましょう。

 

つねに最安値で旅行する方法について

白石達也が提供しているIROAS(イロアス)には「海外引退生活の最短距離」や「3週間で語学をマスターする方法」などのコンテンツがありました。

では、最後に「つねに最安値で旅行する方法」について見ていきましょう。

 

「つねに最安値で旅行する方法」とは

このコンテンツは、通常かかる旅行費用より安くなるノウハウが収録されています。

旅行先までの距離が長くなると当然、移動費が嵩み出費が多くなります。

飛行機で国内・国外旅行をする場合は、飛行距離によって乗り換え回数が多くなるので金銭的な負担は増すことでしょう。

それに加えて宿泊日数が多くなればその分宿泊費も高くつきます。

食費やお土産代なども含めると、満足な旅行を計画できる人は少ないのではないでしょうか。

そこで、白石達也はタイトル通り「つねに最安値で旅行する方法」を考えました。

自身の実体験をもとに、経済的な負担を減らして旅行を楽しむにはどうしたら良いのか、新たな方法を生み出しました。

普段旅行に行っていないが最安値で行けるなら行ってみたい人、頻繁に海外旅行へ出かける人に有力な情報が公開されています。

 

旅行中もビジネスを継続できる

白石達也は公式サイトのブログで海外旅行へ出かけた記事を何度かアップしています。

月に1度のペースで様々な国に移動することもあり、現地の文化や習慣に触れながら多くの刺激を受けています。

海外旅行では、自国のスタンスは基本的に除外されるので新しい考え方や発想が思い浮かびやすくなるはずです。

これまでの生活を改め、さらに自由で豊かな暮らしを実現するために築きを教えてくれることでしょう。

そうはいっても海外旅行となるとなかなか実行できないのが惜しい点です。

もちろん、旅行に行く間は仕事をしないので無収入になってしまうことは避けられません。

「格安で旅行できたら」「旅行できる時間があったら」と思う人はどれだけいることでしょう。

彼のIROAS(イロアス)の中では、ノマドワーカーという言葉がたまに使われています。

この言葉の意味は、時間や場所に縛られず自由に暮らしていけるスタイルです。

ノマドワーカーを活用することによって、旅行中でも一定の収入を得ながら旅ができるという魅力があります。

その具体的な方法に仮想通貨があがりますが、これは国境関係なく決済が利用できるという点に注目しています。

今はインターネットさえ繋がっていれば、世界中どこにいてもネットビジネスが成り立つ時代です。

仮想通貨やマイニングを通じて資金調達できれば、つねに最安値で旅行ができるということなのです。

 

海外旅行をすることの価値までわかる

旅行雑誌や観光カタログなどを見ると、各地域の名所やおすすめのグルメなどが載っています。

航空券のお得な購入方法や利便性の良い移動手段なども掲載されています。

しかし、さすがに無料で施設を利用できる手段や宿泊地まで紹介しているところはありません。

海外旅行をおすすめしていても、それがなぜおすすめなのか具体的な情報が入手できるものは少ないでしょう。

彼の商材コンテンツはこういった視点を含めた情報が公開されています。

海外旅行をするために経済的な自由を手にいれるという考え方のもと、具体的な資産運用までの知識も得られます。

経済的な不安を抱えている人にとって、非常に魅力的なポイントが押さえられているので、一度読んでみてはいかがでしょうか。

 

 

「つねに最安値で旅行する方法」では、旅行に関するノウハウだけでなく自由に暮らしていく思考を養うことにも有効です。

旅行願望がある人は今の居住に満足していない人が多く、何か良いヒントや体験をしに旅行に行く場合もあります。

IROAS(イロアス)は、自分で稼げる能力を養い旅行を楽しみたい人のために作られたコンテンツでもあるのです。

彼の実体験をもとに考案された情報もあると思うので、ぜひ活用してみてください。

 

まとめ

今回は、白石達也が手掛けるIROAS(イロアス)の代表商材「海外引退生活の最短距離」「3週間で語学をマスターする方法」「つねに最安値で旅行する方法」について詳しくご紹介しました。

この情報サービスがなぜ多くの人に利用されているかは、盲点のない完璧なプログラムだからです。

楽することしか考えてない人や、キーボードを操作することすらままならない人でさえ、このコンテンツを利用して成功した人がたくさんいます。

これまで日本は働くために学ぶことを推奨してきましたが、彼はその教育論点に疑問を抱いてきました。

これからの日本は最高水準で生活していける人はほんの一握りだと言われています。

そんな人生に改革を起こすため彼はIROAS(イロアス)を考案したのです。

IROAS(イロアス)のすごいところは、知識をお金に変えられるところだと思います。

彼の中には「何にも縛られず自分の人生を自ら切り開き、思いのままに生きていく」という指針があります。

制限のない人生を歩んでいくには、新しい収入源が必要になりますが、これを「仮想通貨」にあてて成功を遂げています。

仮想通貨は話題性があるものの、知識がないまま取り組み失敗を経験している人が多い資産形成方法です。

IROAS(イロアス)では、仮想通貨の基本的な知識をはじめ運用方法、節税ノウハウ、マインドの方向性まで説明しています。

仮想通貨は実態を感じにくい投資方法なので、どのようなメンタルで取引をしたらよいか不安に思う人も多いでしょう。

このコンテンツを学んでいくうちに、資産が増えていったなんていう人も珍しくありません。

IROAS(イロアス)は、専用サイトからアクセスしオンラインで受講する流れになっています。

ネット上でのコンテンツとなるので、インターネット環境とパソコンがあればいつでも学習することが可能です。

時間や場所などの制限なしで学べるスタイルは、彼が理想とする自由な世界を意味しているとも言えるでしょう。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事