メハーゲングループ代表の浦崎忠雄氏はどんな人物?会社概要や取り組みについても紹介!

医療業界のさらなる進化や成長を手掛け続けるメハーゲングループでは、多種多様な医療ソリューションを提供しながら社会貢献を行う企業です。
良質な医療情報の提供や医療手段などを通じて、地域格差のない平等な医療社会を実現することを理念に掲げています。
医療業界では多くの方が知っている企業であると思いますが、関連していない場合だと何を中心に事業を展開しているのか、また浦崎忠雄氏がどのような人物なのか理解できていない部分もあるでしょう。
そこで今回は、メハーゲングループの会社概要に加えて、代表の浦崎忠雄氏の人物像にも迫っていきます。

株式会社メハーゲンとはどんな会社?

医療機器商社と医療製販企業として確立している株式会社メハーゲンは、どのような会社なのでしょうか?
最初に、会社概要についてご紹介します。

先端医療機器を専門的に取り扱う商社として、1992年に創業したのが株式会社メハーゲンです。
医療分野でのITソリューションに注目して、様々な医療用ソフトウェアの開発や企画に取り組んでいる会社です。
循環器科や整形外科、脳神経外科や消化器外科などでの活動を続けていて、現在は新薬の分野にも取り組んでいます。
医療の分野では常に様々な視点からの研究が進んでいて、株式会社メハーゲンでは新薬治験コーディネーターの派遣も行っています。
医療関連におけるM&Aなども積極的に取り組んでいて、日本国内の医療機器製造会社の吸収、ハンガリーに拠点を持つ心電図専業メーカーも買収もしています。
これらの内容から、新たな医療の風を取り入れるために取り組んでいる企業であることがわかります。

代表者の浦崎忠雄氏とは?代表者挨拶からわかること

1992年に創業したメハーゲングループの代表者は浦崎忠雄氏です。
浦崎忠雄氏は、どのような人物なのか気になる人もいるでしょう。
しかし、浦崎忠雄氏の情報は見つけることができませんでした。
そこで、メハーゲングループの代表者挨拶から、浦崎忠雄氏が語ったコメントを抜粋して何を目指す企業なのかを読み解いていきます。

代表者挨拶の内容について

メハーゲングループの公式サイトで浦崎忠雄氏は、医療技術の進化スピードがとても速いことを語っています。
そして、浦崎忠雄氏が代表を務めるメハーゲングループでは、これらの進化した医療技術を支えるために必要な医療機器の提供が的確に、そして迅速にできることが重要であるとしています。
医療現場をサポートすると同時に、新たな市場や仕組みを常に発見し続け、高い社会貢献の実現を併せ持つ小さな大企業になることを目指しているとしているのです。
この代表者挨拶の内容から、医療現場の発展と貢献を常に考えながら進化している会社であることがわかります。

医療現場の発展に欠かせない医療システムについて

昔と比べて、現在は医療機関にもAIなどが取り入れられる時代になってきました。
しかし、AIが医療機関でどのような働きをするのか、理解できていない方もいると思います。
また、AIは医療従事者ではないため、専門的な判断においての不安を拭うことはできませんが、実際にAIを活用することへの期待が高まっているのは事実です。
高齢化が進んでいる日本では、医療ケアの質が維持できないという懸念が常についてきます。
実際に新型コロナウイルスでのパンデミック状況の中、医療現場では危機的状況に陥ったこともありました。
そのような場合にAIを活用することで、診断や診察を行えるので医師の負担を軽減できます。
さらに、過疎化が進んでいる地域においての遠隔治療や人手不足を補う場合にも有効ですが、これらを活用するためにはAIだけの存在ではなく、様々な医療システムの構築によって成り立っているのです。
医療システムには、診察や治療などを中心に行うシステム以外に、医薬品検索処方関連の薬剤システム、患者情報や管理を行う事務関連のシステムもあります。
医療関連のシステムが構築されていくことで、より利便性を高められるだけでなく、医療の発展にも貢献してくるということです。

医療システムの取り入れによるメリット

医療のさらなる発展には、医療システムの活用が欠かせません。
しかし、システム導入におけるメリットがわからなければ、活用する意味も感じないでしょう。
メハーゲングループ代表の浦崎忠雄氏が語るように、医療現場の発展には少なからず医療システムが必要です。
システムの導入により、医療業務の効率化が実現でき、関係者への引き継ぎも情報の共有もシステム間で完結できます。
リアルタイムで確認、変更可能なので、何かしらの事態が起こったとしても情報が紛失する心配がありません。
また、診察予約から診察、会計などの部門間での共有スピードもスムーズになります。
高品質な医療体制や安全な環境を保つためにも、医療システムは今後欠かせない存在となるでしょう。
浦崎忠雄氏は、医療機関の発展や促進にこのようなシステムが欠かせないと考えていることから、グループ間での連携にも積極的に取り組んできたと考えられます。

メハーゲングループ企業の概要について

メハーゲングループでは、常に医療業界の発展や促進へ向けた取り組みを中心として考えていることがわかります。
さらに、メハーゲングループとして医療用ソフトを通じて、日本の医療現場で起こり得る課題に対して真摯に向き合っているのです。
そのため、グループ内で連携が取りやすいように様々な医療関連会社と提携し、社会貢献できるように考えています。
ここでは、メハーゲングループ企業の概要と共に積極的に取り組んでいる業務内容に注目してみてください。

・株式会社メハーゲン

株式会社メハーゲンは、主に医療関連の企画や開発を中心に行っています。
グループ経営企画から新商品開発、商品販売企画、IT医療分野の企画や開発、医療経営分析に係る企画と開発、医療機器の企画・開発、医療物流システム企画開発、医療情報研究伝達、治験マルチソリューションの企画開発など、医療機関向けの内容を中心に取り組んでいます。

・株式会社エムアイディ

心臓、血管系、脳外科や整形など、専門性の高さを持ちながら医療用ITシステムや新薬の治験サポートをしている企業です。
全国にて医療機器や医療用消耗品、ソフトウェア・システム販売なども行っていますが、主に関東、関西エリアが中心のディーラー事業となります。

・株式会社フィデスワン

医療への貢献を円滑に効果的に遂行できる、環境やものつくりで支えています。
異なる業種との連携により、顧客ニーズに応えられるような柔軟な発想とアプローチを行います。
九州エリアを中心に医療機器や医療用消耗品、ソフトウェア・システム販売なども行っています。

・株式会社ネクシス

医療用ソフトウェアを専門として開発や制作をしています。
コンピューター用ソフトウェアの開発、製造、販売、医療用機械器具の販売や補修、管理業、企業運営に関する業務全般の受託、企業経営コンサルタントや医療用機械器具の輸出入などの業務が中心です。

・ユーネクスト株式会社

ユーネクスト株式会社は、円滑に温かい支援を提供できるように、臨床試験を行う医療機関に対してのサポートをしています。
治験コーディネーターの派遣、臨床研究や疫学調査、治験事務局の支援なども行っている治験サポーターです。

・株式会社パラマ・テック

自動血圧計専業メーカーであり、血圧管理システムの構築や開発などにも積極的に取り組んでいます。
他にも医療機器の製造や販売もしています。

・株式会社シーエス・ラボ

インターネットでの医療機器の製造および販売、理化学機器や機材の販売、点検、修理、コンピューターおよび周辺機器の販売やレンタル、リースなどの業務を中心としています。
また、保守サービスや劇物毒物一般販売業なども行っています。

・株式会社ラブテック

安静時検査や運動負荷検査用心電図、ホルター心電図やこれらの心電図検査を一元管理するソフトウェアの製造、開発をしています。
ハンガリーに本社を構えていて、ヨーロッパを中心に代理店ネットワークから世界中に商品を提供している医療機器製造・販売企業です。

・アイペックホールディングス株式会社

医療分野の医療用機器や用品の総合商社であり、最新の医療機器導入を促進させるために取り組む企業です。
他にも、医療機関の開業支援や医療機器購入時に知識や情報も提供するように取り組んでいる医療機器販売業者です。

総合サイト「メディエイドスクエア」で最適化できる

メハーゲングループは、医療業界を中心に取り組んできた結果、独自に開発したソリューションを総合的に提供することで大きなメリットが得られると考えています。
また、総合サイト「メディエイドスクエア」から医療機関や関係機関の業務最適化が可能なソフトを一覧で確認できます。
ここでは、メディエイドスクエアで紹介されているシステムについて解説していきます。

院内診断支援システム

院内診断支援システムでは、動画像管理・共有、オペ・カテ業務支援、救急医療・遠隔医療支援という3つのジャンルに分けてシステムを紹介しています。
動画像管理・共有では、院内での動画像を速く操作できるようにフォーカスしただけでなく、スピードと操作性を維持したシステムを提供しています。
オペ・カテ業務支援は、手術室のマネジメントシステムや手術中でもリアルタイムで確認できるシステム、またカテ室と病棟、診察科間のやりとりがスムーズになるシステムです。
救急医療・遠隔医療支援は、救急隊から医療機関への傷病者情報伝達がスムーズなクラウド型プレホスピタルデータ共有システム、ペースメーカー利用者の遠隔モニタリングができます。

医療機器

医療機器は、心電図検査、血圧・血流・血行動態管理、その他に分かれたジャンルの機器のことです。
心電図検査では運動負荷検査、ホルター心電計・イベントレコーダー関連があります。
運動負荷検査では、無線接続によってモニタリング可能なワイヤレス運動負荷検査が実現でき、無線による利便性を高めた世界初の制限がないシステムです。
ホルター心電計・イベントレコーダー関連では、長時間でも負荷の少ないホルター心電計、多様なモードによって心電図の記録可能な記録器、ホルター心電図の解析システム、世界最小コンパクト設計の携帯心電計などの機器を紹介しています。
血圧・血流・血行動態管理には、医療血圧計、血流計、血行動態記録計機器があり、シンプル操作で誰でも使用できる機器や過去の測定データとの比較が可能な機器です。
血流計には血流とSPP同時測定可能なレーザー血流計、両腕の同時測定により、血行の傾向について把握できる機器を取り扱っています。
その他には、医薬品注入を自動で安全に管理されるコントローラがあります。

業務支援システム

業務支援システムでは、電子カルテシステム、病院経営支援、物品管理・SPD、臨床試験・研究会サポート、医療連携に分類されます。
電子カルテシステムは、カルテ作成の簡略化、部門サポート機能などを備えたクラウドシステムです。
病院経営支援には、経営支援システム、クラウド型のレセプト分析ツールを備えています。
物品管理・SPDは、経営指標の改善に役立つ材料管理システム、販売在庫管理システム、ME業務の付加価値向上や機器の稼働効率を高める管理システム、薬局業務サポートのSPDシステム、クラウド型SPDシステムを取り揃えています。
臨床試験・研究会サポートには、インターネット利用による臨床試験支援システム、学会や研究会でのコメントサービスなどが含まれます。
医療連携では、連携する施設間での情報が共有できる地域医療連携システムの取り扱いがあります。

健康サポート

健康サポートでは、セルフ健康チェックサービス、健康管理ソフトが含まれます。
顧客と店舗双方でのメリットが得られるシステムです。

まとめ

今回は、メハーゲングループの会社概要や浦崎忠雄氏についてご紹介してきました。
浦崎忠雄氏の人物像に関して、特定できるような記載はなかったものの、代表者挨拶の内容やグループとしての取り組みから積極的に医療業界の発展や成長を続けていきたいと考えていることがわかります。
医療業界での連携をスムーズにできるよう、関連企業やシステム構築にも積極的であり、安心できる医療業界の構築を目指していることも読み取れます。
このことから、メハーゲングループは今後も発展する企業だと判断できるので、今後も注目してみましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事