白石達也(リバティーレジデンツ)とはどんな人物か、徹底分析!

こんにちは!

本日は白石達也について取り上げてみます。

読者の皆様は、白石達也についてどのようなイメージを持たれていますでしょうか?

初めて名前を目にする方はもちろん、リバティーレジデンツなどから白石達也を知り、どんな人物か気になって調べているという方も多いでしょう。

特に後者は、白石達也が関わっているプログラムに参加しようと検討していて、本当に怪しくないのかどうか確かめる意味で調べている方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、白石達也について徹底分析し、どのような人物なのかご紹介していきましょう。

白石達也が信頼できる人物なのかどうか、リバティーレジデンツなどに興味がある方で白石達也がどんな人か知っておきたいという方はぜひ今回の記事を読んで参考にしてみてください。

白石達也のプロフィールと経歴

白石達也は、自己啓発やビジネスセミナーの魅力と自由の大切さから、1人でも多くの人々が幸福と自由を感じられるような教育を作っていくべきであると考え、IROASを創立した革命家です。

そんな白石達也のプロフィールや経歴について紹介していきましょう。

白石達也のプロフィールは?

1986年に産まれた白石達也は、某大手航空会社のサラリーマンである父と、外資系会社のコントローラーである母といったエリート家庭で育ちました。

また、有名な進学校に進み、早稲田大学を卒業しています。

しかし、彼の学生時代は苦労の連続で、イジメの影響から自殺を考えるほどの辛い経験もされてきたそうです。

そんな学生時代を経て、徐々に現在の学校教育について疑念を抱くようになっていきます。

その後白石達也は、自己啓発やビジネスセミナーなどに心を奪われ、自由を得たことで学校教育や仕事のあり方を踏まえ、よりその人らしい生き方や学びの場を提供していくべきであると考えたのです。

白石達也の経歴

早稲田大学商学部在学中には、アフィリエイトやFX取引の予測システムを販売し、情報商材の世界に足を踏み入れています。

また、大学卒業語は、大企業に携わることが安定した道というわけではないと考え、起業家として独立を決心します。

28歳にして有限会社エンハンスの代表取締役となり、ランドオブハンモックユーチューバーを立ち上げています。

ランドオブハンモックユーチューバーは、アメリカで発展し、100年以上の歴史があるマーケティング手法を教える教材です。

このランドオブハンモックユーチューバーによって様々な情報提供・販売を実施し、約数億円規模の利益を生み出しました。

また、情報商材を取り扱うサイト・インフォトップ内でも販売されていたという実績を持っています。

インフォトップでは販売するために厳しい審査を通過しなければ販売することはできません。

厳しい審査を通過し、優良な情報商材と認められたからこそ、話題の情報商材になったと考えられます。

その後、人生において6つの自由を手に入れるというコンテンツを掲げたIROASの総責任者となり、株式会社ALCHEMATIONの創立者となったのです。

若い革命家としての歩み

近年、様々な情報商材が販売されている中で、自らの利益だけを考えて情報商材を販売する方が増えているというのをご存知でしょうか?

しかし、本当に価値のある商材は多くないため、正しい知識を学ぶための情報収集能力が非常に求めらているのです。

そんな中で、白石達也は現在情報商材業界でトップ5に入るのではないかと言われている逸材です。

白石達也は過去にもハンモックユーチューバーだけでなく、ファンタジーメソッドや白石塾、神龍プログラムなどを販売していますが、彼が手掛けたIROASにおいては、効率良く学習を進めていくための便利システムですが、その質をより優れたものにするために、様々な業界のトップクラスのスペシャリストに協力を仰いでいます。

そのため、長期的な資金形成にも有効な手法となっており、会員数も3500人を超え、満足度も非常に高くなっており、信頼性も高いと言えるでしょう。

白石達也の公式ブログから見る傾向

20代で億単位の資産を構築することに成功し、IROASを創立した白石達也は、公式ブログにおいて数々の記事を更新しています。

IROASの会員数は今や3557名となっており、メルマガ会員数に関しても48000人を超えていますが、ブログでは、世界各国の教育現場を直接見て感じたことなども多く取り上げられており、彼自身が感じた内容や近況などを細かく伝えている様子が伺えます。

中には、彼自身のメソッドを公開したり、レポートのような感覚で調査結果を掲載しているような内容もありますが、ここでは、そんな白石達也のブログから見る傾向について紹介していきましょう。

世界一周旅行について

白石達也は、公式ブログで世界一周旅行についての記事を更新しています。

世界の195ヶ国もの国々を巡ることで、その都度寄付を行い、教育現場を見てくることを目的にしています。

教育の場は、世界各国で特徴や手法なども全く違います。

そういった観点に着目し、より人々が本当の意味での学びを深め、自由な発想を持って取り組めるよう呼び掛けていくのではないでしょうか?

また、白石達也が実際に現地で経験した内容や取り組みなどをリアルタイムで多くの人々に共有していくことができるよう考えていることも、ブログで感じることができます。

白石達也は、世界各国を巡る旅の中で、日本からの贈り物と称し、寄付金を贈っていることがわかります。

世界には、路上生活者もたくさんいますが、そういった方々への慈善事業が盛んな所もあれば、そうでない場所もあり、現状や対策、必要な施策などを踏まえながら感じたことを綴っているのです。

また、学校教育や仕事のライフスタイルについても、様々な国を訪れる中で、日本のような制度や仕組みがない国のキャリア形成に触れたり、大学での学びについて感じたことなどもその都度掲載しています。

教育の違いに驚きの連続

白石達也は、世界一周旅行の旅の中で、多くの場所を訪れ、現地の教育の状況に触れています。

ブログを更新する中でも、教育やキャリア形成については非常に多く書かれていますが、大学独自の取り組みや学校選びの大切さなど、彼自身も気付かされることが多々あるように感じることがれできるのです。

また、白石達也は結婚され、お子さんもいらっしゃいますが、ブログ内では、そんな彼自身の教育や子育てについても触れる場面があります。

世界一周旅行については家族で巡っていることが書かれています。

そんな中で彼は、子どもとして受け入れることを大切にしながらも、何かを伝えるときには怒鳴ったりせず、1人の人間として対応していくことを重要視しています。

世界一周旅行を通して、様々な学びの分野に現地で触れていくことで、彼自身も教育について多くのことを学んでいるのではないでしょうか?

また、世界各国の文化を間近に見ることで、日本ではまだまだ慈善活動や寄付を行う習慣が少なく、今後はさらに取り入れていくことで、これまで以上に素晴らしい環境になるのではないかと感じているそうです。

また、彼自身も、慈善活動や寄付の大切さに改めて気付かされ、自身の取り組みも心がけていく考えも綴っています。

このように、白石達也の公式ブログにおいて書かれている世界一周旅行の記事の内容や傾向などに触れてきました。

白石達也の取り組みは、教育・仕事などにおけるライフスタイルを再度考える上でも、今後も生き方を考える上でも大きな意味のあることだと言えるのではないでしょうか?

白石達也のブログにおいて、詳しい取り組みや感じたことなどは随時見ることができます。

彼のブログを通して、人々にとって本当に幸せな教育・仕事の取り組みはどのようなものであるのかを考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

白石達也の活動内容とビジネスモデル

では、ここからは白石達也の主な活動内容やビジネスモデルについて紹介していきましょう。

IROASで教育者を育てる

上記でも触れましたが、白石達也は教育関連や仕事の本当のあり方を考え、一人ひとりがその人らしい歩みをしていくための必要な場を提供するために、様々なことを取り組んでいます。

早稲田大学在学中かた情報商材関連の分野に携わってきたことで、今や人生において6つの自由を手に入れるというコンテンツを掲げたIROASの総責任者となり、株式会社ALCHEMATIONの創立者として様々な活躍を続けているのです。

IROASは株式会社ALCHEMATIONの大きなプロジェクトでもあり、教育者を育て、教育をビジネスへと変化させていくものとして展開しているのが特徴です。

世界には、多様なスキルが採用されていますが、それらを習得しようと取り組む方や、スキルを伝授する教育者が必ず必要になってきます。

IROASは、そんな教育者を育てていくことを活動の目的としており、白石達也もそれを踏まえ、人を育てるということに関して常に研究しながら世界においてより良い教育システムを構築しようと取り組んでいると言えるでしょう。

また、世界の国々を巡る中で、その国で行われている教育や仕事の実態に触れることで、寄付金を贈ったりIROASにおいて活用できる取り組みについても研究しています。

白石達也のビジネスモデル

白石達也のビジネスモデルとしては、1人でも多くの人々が才能を活かし、経済的にも心身的にも満足できる暮らしを実現するべく、あらゆる変化をもたらすことが大きなものとして掲げられています。

世界的により優れた教育システムを開発するというIROASは、素晴らしい教育者を育てることで、日本だけでなく世界を変えていこうと考えているのです。

また、白石達也は、株式会社ALCHEMATIONにて「alchemi(アルケミ)」と「呼ばれるプラットフォームを構築しています。

alchemiはインターネットを活かし、世界最先端の全国どこにいても効率良く学習ができるプラットフォームであり、利用者は受講した内容に合うような仕事で稼いだり、インターンを通じて早期に実力をつけて伸ばす環境を提供しています。

白石達也は、株式会社ALCHEMATIONのトップとして、IROASやalchemiを提供しながら、企業としてのあり方を問い続け、改善していくことを常に意識することも大切にしているのです。

白石達也の活動内容やビジネスモデルを紹介してきました。

白石達也は、教育や仕事関連の分野の再開発を行うことで、日本の働き方について研究し、効率の良い働き方を提供していこうとしています。

白石達也は怪しいのか!?

白石達也が手掛けるIROASの会員数は、近年非常に多くなってきています。

しかし、IROASに関する話題は良いものもあれば、印象の悪いものまで様々なものがあります。

ここからはそういった様々な声がある中で、白石達也が研究し続けているものを理解していきましょう。

IROASは成功の近道でもある

白石達也のIROASについて、中には詐欺なのではないかという声や、高額な情報商材を売るのが目的なのではという声も少なくありません。

ですが、そういった声が上がる背景には、IROASについてよく理解できていないということが大きく、想像で決めつけている方も多いという共通点もあります。

IROASは、白石達也を筆頭にして実力のある講師からお金を稼ぐ上で重要なノウハウを動画教材などを通して学ぶことができる、これまでになかった教育の場となっています。

また、白石達也はLINE@ATMシステムでビジネス初心者でもシェアするだけで紹介料を手に入れる仕組みを設け再現性が高いのも特徴なのです。

これまでの教育は、国語・数学・英語・理科・社会などの教育をまんべんなく提供していくものです。

しかし、人それぞれ当然ながら得意・不得意がします。

特に、学生時代に苦手科目が憂鬱だったり、得意な分野だけをしていたいと感じた方は少なくないでしょう。

IROASは、得意なことを伸ばすことを大切にしています。

得意な分野をさらに伸ばし、関連の事業においてお金を稼ぐことができるよう、教育の場を提供しているのです。

ただ、それは苦手なことから目を背けるというわけではありません。

IROASは、世界の変化を追求し、最新の研究を基に教育としての本当のあり方を踏まえて学び深めて欲しいと考えているのです。

新しい勉強を続けている教育者は少ない

日本には数多くの教育者がいますが、公務員試験を受け、合格してからも新しい勉強を続けている方というのは非常に少ないです。

例えば、毎月に大量の本を読んだり、最新の研究結果を日頃から意識して理解するということは教育をしていく者としてあるべき姿であると言えますが、実際には少ないのが実態ではないでしょうか?

教育は、未来を担う子どもたちに人生の影響を左右すると言っても過言ではありません。

白石達也をはじめ、数多くの起業家は、日本の教育業界に不満を持っているのです。

近年は、テクノロジーの進化や実用的かつ画期的なノウハウが発見されていますが、IROASでは、そんなより多くの方々が理解しておくべき重要な項目の学びをしっかりと深めることができます。

目まぐるしく変化していく社会で生き抜くためには、それに応じた学びが必要なのです。

白石達也は、いち早くそういった重要性に気付き、IROASを提供しているのです。

教育業界を変えていくために

白石達也は、現在の教育業界を変えていくために、変化の激しい社会において適切な学びの場を提供することが大切だと考えています。

IROASを怪しい・詐欺という声は、そのほとんどがIROASや白石達也の想いを十分に理解していない方が多いのです。

当然のように、両親と同じような教育課程を経て大人になっていく子どもたちはどれだけいるでしょうか?

目まぐるしいスピードで変化していっている社会の中で、これまで通りの教育を提供し続けることは、社会に適切に順応することができないといったリスクをさらに上げてしまいます。

現在、教育業界が変化していくことが望まれています。

白石達也は、教育業界を変え、最も効率の良いリクルートシステムを構築しようと懸命に取り組んでいるのです。

現在あるリソースを最大限に活かすことで、人々が豊かに暮らしていけるような教育を提供していけるよう努力しているのです。

白石達也のまとめ

ここまで、白石達也のプロフィールや経歴、活動内容、ビジネスモデルについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

白石達也が手掛けるIROASや、教育に対しての考えを理解していただけたのではないでしょうか。

白石達也は、IROASを通して、人間関係・語学・居住・時間・経済的・健康の6つの学びの自由を手に入れて欲しいという考えから構築し、昔から長きに渡って続いている教育のあり方を変え、効率の良いリクルート体制を提供しようと続けているのです。

白石達也の取り組みについては、賛同する声だけでなく、否定的な意見を持つ方など様々な声があります。

しかし、目まぐるしいスピードで変化していく社会の中で、IROASやalchemiと言った教育プログラムや教育者育成におけるプラットフォームは、大きな役割を担い、これからの教育業界を変えていくことが予想されています。

白石達也は、そんな大きなプロジェクトを総括するトップリーダーとも言えるでしょう。

また、白石達也自身も、世界一周旅行を通じて、世界各国の教育やリクルート体制の素晴らしさや魅力に触れ、本来の教育や仕事のあり方を追求し続けています。

最先端の教育を提供しながらも、現状で満足するのではなく、新たな研究を続け、先の先を考えながら活動しているのです。

そういった点から見ても、白石達也や活動の否定的な意見は、将来を見据えた取り組みや努力、考えを十分に知ることができていないからであると言えるのではないでしょうか?

白石達也は、教育そのものを再開発しようと取り組んでいます。

昭和の時代から続く教育のあり方に疑問を抱き、教育を変え、自由を生み出そうと考えているのです。

 

また、これまでの実績を見ても、白石達也の実力は計り知れないものであることもわかります。

自己啓発の部分も深めている白石達也は、実力もさることながら、集客力やセールス能力が高いのも確かです。

ネットワークビジネスは、ブランディングをする上で強烈な印象を与えてしまいます。

しかし、本当に良いものは、時間がかかっても必ず多くの方に支持され、拡散されていくでしょう。

そんな中、IROASのセミナーは随時開催されており、白石達也のトーク力を生で感じることができます。

IROASをはじめ、白石達也の取り組みについて理解を深めたい方は、そういったセミナーに参加するのも1つの方法です。

白石達也がどのような人で、そんな彼が提供しているIROASはどのようなものなのかを理解することが、まずは大切なのではないでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事