白石達也が開発したリバティーレジデンツとはどんなプログラム?

こんにちは!

本日は、リバティーレジデンツについてご紹介していきます。

読者の皆さんは「リバティーレジデンツ」についてどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?

リバティーレジデンツとは簡単に言うと、仮想通貨取引に関する様々な情報や、その他にも「居住の自由」に関連した情報を提供する教材プログラムとなります。

仮想通貨取引は難しいと言われている中で、より手軽に取り入れるための方法や、効率的に運用していくためのポイントなどを紹介しています。

しかし、こういった教材プログラムに関して不安を持たれる方も多いでしょう。

そこで今回はリバティーレジデンツについて詳しくご紹介していくとともに、世界の億万長者や開発者である白石達也の経歴などについてもご紹介していきます。

ぜひリバティーレジデンツについて知っておきたいという方は、参考にしてみてください。

リバティーレジデンツとは

 

デジタル通貨とも呼ばれる仮想通貨は世界中で普及を見せています。

ですが、ロジックが非常に複雑で深くまで理解している人は少ないのではないでしょうか。

仮想通貨を始めるにあたっては、仮想通貨の仕組みについて理解することが何よりも大切です。

インターネットや書籍を利用して独学で学ぶことも良いのですが、独学では学びきれないことも多いです。

仮想通貨について正しい知識を得るためには、仮想通貨についての情報を提供しているサービスを利用することも重要となっており、その中でも「リバティーレジデンツ」に注目が集まっているので、どういったサービスを提供しているのか解説していきましょう。

リバティーレジデンツのサービスについて

仮想通貨を利用する魅力の一つに世界共通の通貨であることが挙げられます。

円やドル、ユーロなどの概念がないので銀行などの第三者を介する必要もなく個人間で直接取引を行うこともできます。

両替する必要もなく、旅行先で仮想通貨が使用できるなど、様々なメリットがあり今後も普及をし続けることが予想できますが、本質を理解しないことでリスクを負ってしまうなどのデメリットもあるのです。

そんな複雑な仮想通貨について学ぶための方法がリバティーレジデンツには詰まっています。

リバティーレジデンツは、白石達也が提供しているコンテンツで「居住地の自由を手にすること」がテーマとなり、様々な情報や知識を身に付けることができるのです。

基本的には仮想通貨についての知識を習得することができ、インターネットビジネス・投資・旅行・移住・節税・語学を柱として教材を提供しています。

人生を賢く生きていくために様々な知識を習得できるだけではなく、仮想通貨についての基本や応用を身に付けることができ、非常に役立つコンテンツとなっているでしょう。

リバティーレジデンツでの学び方

仮想通貨はインターネットを利用して運用を行っていきますが、リバティーレジデンツについてもオンラインでの講座となるのでインターネットが利用できる環境であれば手軽に知識を習得できます。

専門知識についてまとめてあるPDFファイルやビデオトレーニングコースを活用して仮想通貨に関する専門知識を学ぶだけではなく、毎月配信されるニュースレターによって仮想通貨だけではなく語学や投資についても学ぶことが可能となります。

また、リバティーレジデンツはIROASというコンテンツを利用することで様々なサービスを受けることができます。

パソコンだけではなくモバイルにも対応しているので、場所や時間も関係なく知識を習得できるでしょう。

リバティーレジデンツの魅力とは?

一般的な仮想通貨を学ぶサービスでは、仮想通貨の購入方法や運用の仕方を説明するものが中心となります。

リバティーレジデンツでは、仮想通貨について学べるだけではなく満足のいく居住をするためのレポートをまとめた「海外居住最短ショートカット」や究極の旅行方をまとめた「最安値で世界旅行を行う方法」などの生活に役立てることができる情報も知ることができます。

仮想通貨によって稼ぐ方法を学ぶだけではなく、その後の人生の歩み方も教えてくれるので大いに役立つコンテンツとなっているでしょう。

仮想通貨に興味があっても知識が不足していればリスクを負ってしまいそうだと考え、運用を躊躇してしまう人も多いです。

また、仮想通貨の知識が乏しいことで失敗してしまう人もいます。

そういったトラブルを防ぐためにも、リバティーレジデンツは役立つでしょう。

自由を手にするためにも、基本からしっかりと学ぶことが大切となるのでリバティーレジデンツで専門的な知識や人生に必要な情報を習得してみてはいかがでしょうか。

リバティーレジデンツで得られる経済的な自由とは

リバティーレジデンツのテーマは「居住地の自由を手にすること」であることをご紹介しましたが、中でも「経済的な自由」は大切な項目です。

経済的な自由を手に入れることで様々自由を獲得できるのです。

そこで、経済的な自由とは何か解説するとともにリバティーレジデンツではどのような経済的な自由を手に入れることができるのか紹介していきましょう。

経済的な自由とは?

経済的な自由と聞くとどういったことを想像するでしょうか?

経済的な自由とは、一般的に働くことがなくても入ってくる収入で生活をする状態のことを言います。

このことを「不労収入」と呼ぶのですが、会社で働いて得た収入ではなく、不労収入が多いことで経済的な自由を手に入れたということになります。

経済的な自由を手に入れる方法とは?

一般的に経済的な自由を手に入れる方法としては、資産運用・会社のオーナー・権利収入となります。

資産運用とは、お金に働いてもらう方法となり株式投資やFXなどの様々な金融商品によって運用することで収入を得る方法となります。

取引をするので完全な不労収入とはなりませんが、最も身近な方法として利用されています。

会社のオーナーに関しては、他人に働いてもらう方法となります。

ビジネスを立ち上げて会社を軌道に乗せ、人に任せるという手順となりますが専門的な知識や技術だけではなく、人を動かす能力も必要になるため、難易度は高いと言えます。

最後に権利収入となりますが、権利収入とは印税や年金、著作権となるでしょう。

年齢的な問題があるだけではなく、時間も大幅に必要となるため難しいでしょう。

そして、経済的な自由を手に入れるためには、不動産投資が安定しているとも言われているのですが、リバティーレジデンツに参加することでも経済的な自由は手に入れることが可能です。

経済的な自由をリバティーレジデンツで得る方法

「リバティーレジデンツとは」の項目でもご紹介したように、白石達也が提供しているリバティーレジデンツでは仮想通貨や人生に必要な情報や知識を豊富に習得することができます。

そのため、仮想通貨の運用を開始するなど始めることで不労収入を得ることができます。

また、白石達也が創立したIROASを利用することで経済的な自由でだけではなく、人間関係の自由・語学の自由・居住の自由・時間の自由・健康の自由を手に入れる旅路を提供してもらうことも可能です。

IROASでは収入システムとして「MultiLevelMarketing」を採用しているのでその特徴について解説していきましょう。

まず、MultiLevelMarketingというと1人紹介したとしても数百円ほどの報酬を得るだけの場合もありますが、IROASでは初回報酬として48,000円もの報酬を得ることができます。

参加をすることでボーナスが得られるためモチベーションも低くならずに続けられるでしょう。

そのほかにも、一流の講師陣から学ぶ教育や説明会なども定期的に開催されているのです。

参加し続けることで経済的な自由を手に入れることが可能となり、スキルアップにも役立つでしょう。

経済的な自由を手に入れれば世界一周旅行も可能

リバティーレジデンツによって経済的な自由を手に入れれば世界一周旅行を楽しむことも可能です。

リバティーレジデンツでは、様々な役立つ情報を提供しているのですが、最安値で旅行する方法についても知ることができます。

数十万円得をする海外旅行の方法や航空券の予約、使用に適したWEBサイトの紹介、無料で滞在する方法など、世界一周旅行に役立つヒントを豊富に紹介してくれているのでプライベートな時間を満喫する際に利用できるでしょう。

白石達也のブログを見てみると、実際に本人も2017年に世界一周をしたことが報告されています。

教育を見てくることが目的と記されていますが、ブログに添付されている動画を視聴することだけでも世界を広げることができるので、経済的な自由を手に入れるためにも視聴してみると良いでしょう。

世界の億万長者まとめ

世界の富は、世界の億万長者数名が独占していると言われています。

世界的な億万長者と呼ばれている人々は、私たちでは想像ができないくらいの富を保有しているのです。

ここでは、世界の億万長者はどのような人がいるのかご紹介しましょう。

世界の億万長者TOP10は?

1位 ジェフ・ベゾス

ジェフ・ゾベスは、Amazonの創始者でありCEOです。

純資産は1120億円、日本円で11兆8720億円になります。

Amazonは当初、書籍の販売に特化していましたが、現在では家電や日用品など様々な商品を取り扱っているため、ユーザーも増えています。

純資産が10兆円を超えたのは、彼が史上初です。

2位 ビル・ゲイツ

ビル・ゲイツは、多くの人が知っているマイクロソフトの創設者であり、会長です。

純資産は900億ドル、日本円で9兆5400億円となります。

windowsのパソコンやword・excelなどは私たちが普段から使っているマイクロソフトの製品を生み出したのがマイクロソフト社です。

2016年には、マイクロソフト社を退社し、妻と一緒に「メリル&メリンダゲイツ財団」を創始しました。

この財団は、地球温暖化など地球規模の問題に取り組むために創られた財団です。

3位 ウォーレン・バフェット

ウォーレン・バフェットは、バークシャー・ハサウェイの会長であり、CEOです。

純資産は840億ドル、日本円で8兆9040億円です。

彼は投資家として活躍していて、「投資の神様」とも呼ばれています。

投資に関する書籍も執筆していて、投資に興味を持ち始めた人が投資を始めるきっかけになる人物でもあると言えるでしょう。

4位 ベルナール・アルノー

純資産は720億ドル、日本円で7兆6320億円です。

5位 マーク・ザッカーバーグ

純資産は710億ドル、日本円で7兆5260億円です。

6位 アマンシオ・オルテガ

純資産は700億ドル、日本円で7兆4200億円です。

7位 カルロス・スリム・ヘル

純資産は671億ドル、日本円で7兆1265億円です。

8位 チャールズ・コーク

純資産は600億ドル、日本円で6兆3600億円です。

8位 デービット・コック

純資産は600億ドル、日本円で6兆3600億円です。

10位 ラリー・エリソン

純資産は585億ドル、日本円で6兆2010億円です。

日本の億万長者は?

日本の経営者は、TOP10にランクインすることはできていません。

億万長者ランキングの中で日本人はどのくらいにランクインしているのでしょうか。

39位 孫正義

純資産は227億ドル、日本円で2兆4062億円です。

55位 柳井正

 

純資産は195億ドル、日本円で2兆670億円です。

68位 滝崎武光

純資産は175億ドル、日本円で1兆8550億円です。

世界の億万長者は、このように想像できないくらいの富を保有しています。

そして、このような人々が世界の富を独占しているのが良く分かる資産ということになるのではないでしょうか。

白石達也のこれまでの経歴

リバティーレジデンツについてや世界の億万長者についてご紹介してきましたが、ここではリバティーレジデンツを創刊している白石達也について解説していきましょう。

彼がどういった人物でどういった道を歩んできたのかを知ることで、リバティーレジデンツの良さをさらに知ることができます。

大学時代から企業家として活躍していた人物

父親が大手航空会社、母親が外資系企業に勤めているエリート一家に生まれた白石達也は実業家の中でも若手と呼ばれる存在です。

20代で億万長者として成功した実績があるので順風満帆なイメージもありますが、実際には学校でイジメに遭うなどの辛い経験をしてきた人物でもあります。

そんな白石達也は東京都出身で高校を卒業したあとに早稲田大学の商学部へと進学したのですが、卒業して一般的な企業に勤めるという道のりに疑問を感じ、中退することまで考えたようですが両親に止められたために卒業することとなりました。

ですが、学生時代から様々な活動を通じて成功を収めていた人物なのです。

ブログを立ち上げて起業し、アフィリエイトをするだけではなくFX取引のシステムなども販売し収入を得ていました。

大学卒業後の道のり

大学を卒業した後は就職はせずに個人で活動をしていた白石達也は、28歳のときに有限会社Enhanceの取締役として活躍しています。

  • 情報コンテンツの販売
  • 講演やセミナーの開催
  • コンサルティング事業
  • 映像制作
  • 広告

などの様々な事業を行っている企業で「最強で最大のアフィリエイター集団を構築する」ことを経営理念としています。

その中でもダイレクトレスポンスマーケティング手法を教えてくれる「ランドオブハンモックYouTuber」は代表作とも言えるでしょう。

大手企業でも取り入れているシステムでビジネスを展開する能力を育てることができるのです。

現在の白石達也

現在の白石達也は株式会社ALCHEMATIONの創設者としての肩書も持っています。

株式会社ALCHEMATIONとは、「情報を塗り替え、世界を変えろ!」という経営理念の下、動画教育プラットフォームのalchemi(アルケミ)や人材育成を目的とするIROAS(イロアス)の運営を行っています。

alchemiは、誰でも手軽に登録できるコンテンツで教育システムのプラットフォームとして講師になれるだけではなく生徒としてITや金融、デザインや語学、ヘルスやビジネススキルなどの幅広い情報を学ぶことができるのです。

これからは教育も多様化となる時代なのでスキルアップをするためにも大いに活用できるコンテンツとなっているでしょう。

IROASは、Hero’s Journeyと呼ばれるコンテンツを発展されたもので様々な教育システムを開発しています。

  • 人間関係の自由
  • 語学の自由
  • 居住の自由
  • 時間の自由
  • 経済的な自由
  • 健康の自由

上記6つの自由を手に入れるプログラムの提供を行っています。

そのためにも、ベーシックトレーニングやジョブトレーニング、テクノロジーツール、収入システムの4つの柱によって展開をしています。

キャリアアップをするためにも、超一流講師による役立つセミナーに参加したり、オンラインライブの説明会を開催しているなど、自分が求めているスキルを身につけるためのクオリティの高い勉強をすることが可能です。

会員数に関しては、3,500人を突破しており信頼性も高いことがわかるので今後も活用する人が増えると予想できます。

このように、白石達也は若いころから現在まで企業家として活躍しています。

自由を手に入れるために活用できるコンテンツや自分自身の能力を引き出したり才能を伸ばすためのノウハウを学べるコンテンツの提供が多く目立っています。

今後も世界で活躍する人物として注目されているので目が離せないでしょう。

まとめ

リバティーレジデンツや白石達也の経歴などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

リバティーレジデンツを開発した白石達也という人物は、これまでの経験から現在様々な教育に関することを手掛けていると言えます。

実際に、以前は世界の教育現場を見て、どのような教育を行っているのか世界を回ってきたという経験もあります。

このような経験を活かしながら、子どもから大人に至るまでの教育に携わりたいと考えているのです。

現在、白石達也は株式会社ALCHEMATIONの代表取締役を務めながら教育プラットフォーム・alchemiやIROASの運営にも携わっています。

これらは特に大人を中心に、学べる環境を提供するサービスとなっています。

その中には今回紹介したリバティーレジデンツも含まれており、様々な学びにつながっていると言えるでしょう。

今回上記でご紹介した世界の億万長者になるのはとても難しいことです。

しかし、常に学び続け、チャンスを認識しそれを活かすことによって、億万長者を目指すこともできると言えます。

チャンスというのは意外と身近に転がっているものです。

しかし、それを見つけるには幅広い知識が必要になると言えるでしょう。

また、億万長者になるためには上記で紹介した6つの自由も関係してきます。

人間関係や語学、居住、時間、経済、健康…これらが縛られず、自由であることは、心の余裕にもつながり、そこから億万長者への道も開かれるkとでしょう。

白石達也が開発したリバティーレジデンツでは、こうした自由の中でも「居住の自由」から「経済的な自由」につながる情報を提供しています。

興味がある人はぜひ活用してみると良いでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事