晁 向陽|日本でも本格中華を気軽に食べられる仕組みを作る

本格中華料理テイクアウト専門店である麗彩楼は、関東や九州エリアで拡大している中華料理店です。
麗彩楼の創業者である晁 向陽氏は、特別なこだわりを持って日本で中華料理を広げた人物でもあります。
今回はそんな晁 向陽氏が日本にもたらした料理についてご紹介していきましょう。
中華料理が好きな方、麗彩楼に興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

晁 向陽氏とは一体どんな人物?運営している中華料理店は?

彼の詳しい情報についてはネット中を探し回っても見つからないため、いつ日本にやってきたのか、どんな修行を積んできたのかといった情報が特定できませんでした。
しかし、晁 向陽氏が運営している中華料理店の情報を見てみると、一品一品こだわり抜いて作られた本格中華であることが分かります。

・日本人向けに研究を重ねた味付けで魅了する晁 向陽氏

晁 向陽氏は平成17年7月1日に東立商事株式会社を設立しました。
設立から数年は日本人向けの中華料理の開発に勤しんでいたため、すぐに店を出すことはしなかったようです。

苦労を重ねて作り出したメニューを武器に、晁 向陽氏が日本で初めて中華料理の魅力を伝えることになった場所は、神奈川県相模原市の麗彩楼矢部店です。
作り置きや工場での大量製造を一切行わずに、毎日早朝から仕込みを行うため、提供される中華料理はどれも新鮮さが感じられる料理となっています。
調理人は中国出身の人を多く採用し、できる限り本場の中国で食べる雰囲気を作り出してきました。
ただ、味に関しては本格的な中華料理ながらも日本人向けにアレンジしたものであるため、本場の中華料理よりも食べやすいと評判を集めたのです。

その結果、店舗数はたちまち増え続け、初出店から2年後となる平成23年には11店舗を達成、さらに2年後となる平成25年では21店舗、平成26年には31店舗達成といったように、年々大きな成長がうかがえる企業へと変わっていきました。
令和2年現在では全国に81店舗を構えており、麗彩楼だけではなく香味楼や上海飯店という店も出店中です。

東立商事は中華料理の惣菜が人気の秘訣

晁 向陽氏が展開している中華料理店はテイクアウト専門であるため、店で食べることができないようになっています。
しかしながら、テイクアウトが会社の成長をもたらす要因の一つとなっているのです。

・魅せる中華料理で作り上げてきた人気

店内で食べる飲食店となると、注文してから提供されるまで
どんな料理がくるのかが分かりません。
メニューを見ても写真だけでは料理の雰囲気がいまいち伝わりませんし、
料理が運ばれてくるまでの間はテーブルの上は寂しく感じてしまいます。
それらの問題を解消したのがテイクアウトです。

数多くの中華料理が店舗のショーケースに並ぶため選ぶ楽しさが広がり、
様々な調理が彩りよく配置されるため華やかに感じさせてくれます。

魅せる中華料理でたくさんの人が集まるとなると、
その人だかりにさらに多くの人が集まり始めます。
このような流れで各店舗には多くの利用客が集まるようになり、
さらには持ち帰っても美味しく食べられる工夫が、
他のテイクアウト品はない魅力を作り出しているのです。

・どんなメニューがあるのか?

晁 向陽氏が編み出した中華料理は美味しいだけではなく
ショーケースを彩るように種類が豊富です。

ギョウザやシュウマイ、エビチリ、バンバンジー、チンジャオロースといった
定番の中華料理から、日本ではあまり馴染みのない中華も
日本人向けにアレンジして提供されています。
中でもギョウザは毎日皮から手作りしているこだわりメニューとなっています。
モチモチの皮に包まれたジューシーな肉は、多くの人を虜にしてきました。

また、各店舗では中華料理の惣菜を販売するだけではなくお弁当も販売しているため、
オフィスでランチやディナーを楽しむ人にもピッタリと言えるでしょう。
お弁当はかなりボリュームのあるのが特徴です。
男性が食べても物足りないと感じさせない量で、総菜同様に多くの人に選ばれています。

・最新情報

下記店舗が新たにオープンしました。

  • 「麒麟飯店」カブセンター西青森店
  • 「麗彩楼」西武秋田店

 

色彩豊かなお惣菜がずらっと並び私達の食欲をそそること間違いなしです。
美味しい中華が食べたいと思ったらぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

利用した人の口コミについて

ここからは口コミをご紹介していきましょう。

コスパ最高。テイクアウト専門店。お惣菜、お弁当、中華丼。種類もたくさんで毎日でも飽きないと思う。職場の近くにあったら嬉しい。

引用元:麗彩楼笹塚店

ハンパない数の惣菜とこれもハンパない種類の弁当類が、ハンパない高CPで販売しています。

引用元:食べログ

やはり種類の多さとコスパについて触れる人が多く見られます。
低価格でありながらも価格以上の味が人気の秘訣になっているようです。

 

定番の中華食材が並びます。スーパーの売り場のようなところで、その場で店員さんに直接払わずにレジに行って支払います。今回は春雨とキャベツの酢物にしました。丁度いい味付けで酸っぱすぎず、美味しくいただきました。少し甘めでした。
引用元:4travel.jp

料理はどれも日本人に合うように作られていますが、
中には子どもでも食べられるような料理がたくさん用意されています。
売り場は多くの人で混み合いますが、各店舗専用のレジに移動して購入するため、
時間がない人でもパッと購入することができます。

少し量が多いかなと思いましたが、美味しいので平らげました。ラッキーな事に、夕方になり全品20%OFFでした。
引用元:Retty

内容量は少々多めですが、美味しさのあまり完食してしまう人が多数いるようです。

夕方になるとお値打ち品へと変わるため、
お買い得に購入したい人は遅い時間に行ってみると良いでしょう。

 

晁 向陽氏が日本の至る所に広めた中華料理のテイクアウトというビジネスは、
多くの人から注目を集める存在になっています。

テイクアウトだからこそ伝えられる中華料理の魅力と、
こだわり抜いて作られた一品は格別です。

普段食べる惣菜やお弁当とはワンランク違った上質な味を味わってみてはいかがでしょうか?

 

東立商事の企業概要

会社名東立商事株式会社
設立2005年(平成17年)7月1日
資本金1,000万円
代表代表取締役 晁 向陽
本社所在地〒102-0094   東京都千代田区紀尾井町3-20 鶴屋ビル5F
TEL03-3230-8288
FAX03-3230-8289
お客様用0120-518-718
営業時間9:00~18:00
定休日土日、祝日
事業内容中華料理の弁当・惣菜の製造販売
公式HPhttp://touritsushouji.co.jp/
スポンサーリンク
おすすめの記事