ソーラー発電で不労所得を得よう!太陽光発電は副業に最適

ソーラーパネルを設置して自家発電を行うと、様々なメリットを実感することができます。
電気代の節約もできるので、家計にも優しいと言えるでしょう。
また、副業としてソーラー発電で得た電気を売れば、不労所得を得ることも可能です。
今回は、働かなくても収入を得られる再生可能エネルギー・ソーラー発電についてご紹介しましょう。

■土地や物件を持っているなら特におすすめ

ソーラーパネルを設置するソーラー発電は、土地や物件を持っている人には特におすすめできる投資方法だと言えます。
一戸建ての住宅であれば、日当たりの良い屋根にソーラーパネルを数枚設置するだけでも収入につながるでしょう。
また、空いている土地があれば、そこにソーラー発電装置を設置することもできるはずです。
ソーラー発電装置を設置しなければいけませんが、1度設置してしまえばあとは何もしなくても良いというのは、非常に魅力的なポイントになると考えられます。

【ソーラー発電装置を設置するにはどのくらいの費用がかかるのか】

ソーラー発電投資を副業にしようと考えた時に、気になるのは初期費用ではないでしょうか。
ソーラー発電装置を設置した経験があるという人も多くはないので、気になる人が多いはずです。
ソーラー発電装置を設置するための初期費用は、どのくらいの発電量が必要なのか、設置する環境はどのようになっているのかによって変わってきます。
副業としてそれなりの広さがあるスペースに数十枚ソーラーパネルを設置するのであれば、100万円ほど用意しておけば十分だと考えられます。
ソーラー発電などの再生可能エネルギー発電は、長期的な収入を目的としているため、妥当な金額だと言えるでしょう。
ただし、業者に依頼をするとたくさん設備を設置するような見積もりを出されて、数百万円かかると言われてしまう可能性もあるので、注意しなければいけません。
もしも、毎月の電気代を節約したいという目的であれば、通販サイトなどで1万円~2万円で購入することも可能なので、まずは手軽に始めてみるというのも良いのではないでしょうか。

【ソーラー発電発電には補助制度がある】

ソーラー発電発電をはじめとする再生可能エネルギーは、クリーンなエネルギー源として大きな注目を集めています。
そのため、導入補助も実施されているのです。
補助制度は、それぞれの自治体によって異なるため、住んでいる地域ではどのような制度を導入しているのか調べてみてください。
ソーラー発電装置の設置はハードルが高そうなイメージを持たれがちですが、補助制度を導入すればハードルは格段に下がります。

■発電した電気を売る場合はどうしたら良いの?

自家発電をした場合、余ってしまう電気が出てきます。
その時は、電気を売ることができます。
余ってしまった電気を売る時は、国が定めている調達価格や調達期間に則って価格が決まります。

10kW未満の場合は、平成31年は24円、出力制御対応機器設置義務ありだと26円になります。
10kW未満でダブル発電の場合は、同じく平成31年は24円、出力制御対応機器設置義務ありだと26円となります。
調達期間は、どちらも10年間です。
10kW以上2,000kW未満の場合は、1kWあたり21円(税金もプラスされる)で20年間買い取ってもらえます。
2,000kW以上の場合は、入札制度によって決定し、調達期間は20年間です。

■副業として魅力的なソーラー発電!その他の魅力もある!

ソーラー発電は、ここまでで説明してきたように、魅力がたくさん詰まっています。
そんな太陽光発電には、副業としての魅力もあるのです。
では、どのような魅力があるのか見ていきましょう。

【電気代を節約できる】

先ほども書きましたが、ソーラー発電を導入することによって、電気代の節約ができます。
夏や冬は、ついついエアコンをつけすぎてしまって電気代が高くなってしまうという家庭も多いのではないでしょうか?
電気代や水道代、ガス代は、ライフラインの1つで欠かすことができません。
その中の1つをソーラー発電で賄うことができれば、かなり家計を助けることができます。

【停電に備えられる】

地域によっては、停電が良く起こるという場所もあります。
また、震災などが起こって電気の復旧が遅れるという可能性も地震大国日本では考えられます。
そのような時にソーラー発電があれば、電力会社に頼る必要もなくなるのです。
つまりソーラー発電は、副業になるだけでなく、万が一の時の保険にもなります。
そのため、これからは今以上に設置を検討する人が多くなると予想できるでしょう。

【土地があるだけで稼ぐことができる】

ソーラー発電は、ただ土地や屋根にソーラーパネルを設置するだけで稼ぐことができます。
不動産投資の場合は借り手がいなければ収入を得られなかったり、立地を選ばなければいけなかったりします。
しかし、ソーラー発電の場合はそのような心配がいりません。
不動産投資では都内などある程度栄えた場所の方が有利になりますが、ソーラー発電の場合は不動産投資では人気がないような場所の方が有利になります。
そのため、ソーラー発電装置を設置する土地を探すという人にとってのハードルも低いと言えるでしょう。

■ソーラー発電が向いている場所がある

再生可能エネルギーは、日本の主力電源となっています。
しかし、まだまだ発展途上な部分も多く、これからさらなる発展が期待されている分野でもあります。
そんな再生可能えるギー発電の1つであるソーラー発電は、特に注目を集めているのです。
そんなソーラー発電には向いている場所があります。
では、ソーラー発電がどのような場所に向いてるのかご紹介していきましょう。

【日照時間が長い地域】

日照時間は、同じ日本でも地域によって異なります。
日照時間が長いのは、北海道帯広市や山梨県甲府市、高知県高知市、静岡県静岡市、群馬県前橋市、宮崎県宮崎市となっています。
この地域は、ソーラー発電に適した地域だと言えるでしょう。
ただし、設置する場所によって日当たりが変わってくるため、この地域以外でも条件が揃えばしっかりと発電可能です。

【標高が高く、土地が広い】

標高が高い場所は、遮るものがないので、効率の良い発電ができます。
そして、広い土地があればソーラーパネルを全面に広げることができ、発電量を増やせます。

【年間の降水量が少ない地域】

ソーラー発電は、気温の高さや日照量によって発電量が左右されます。
しかしそれだけではなく、降水量も大きな影響を与えるのです。
年間の降水量が少ない内陸の地域であれば、発電のロスが少なくなります。
このことを踏まえて考えると、梅雨の時期は発電量が必然的に少なくなってしまうということになるでしょう。
そのため、梅雨の時期でも降水量が少なければ、より多く発電ができます。

【寒い地域】

ソーラーパネルには半導体が使用されているため、温度が高くなると発電効率が低下してしまう可能性があります。
10度気温が上がると、発電量は2%~5%ほど低くなってしまうと予想されています。
このことから、寒い地域であればあるほど発電の効率が良くなるということが分かります。
しかし、夏は暑いからといって発電量が低下してしまうということではないので、その点は心配する必要がありません。

ソーラー発電は、このような地域に向いています。
もちろん他の場所でも条件が揃えばしっかりと発電ができるので、地域だけに捉われないようにしてください。

■ソーラー発電を副業にする時に知っておきたいこと

ソーラー発電は、とても魅力的な発電方法で副業にも最適です。
しかし、いくつか注意すべき点を知っておかなければいけません。
最後に、ソーラー発電を副業にするときに知っておきたいことをご紹介しましょう。

【天候の影響を受けてしまう】

ソーラー発電は、天候の影響を受けやすいというデメリットがあります。
晴れている日の場合は、十分な太陽光をソーラーパネルが浴びれるため、多くの電気を蓄えることができます。
しかし、夜間や天候が良くない日の場合は、発電量が必然的に小さくなってしまうのです。
どのくらいの変動があるのかを知るためにも、ソーラーパネルを設置してもらったメーカーから発電シミュレーションをしてもらい、シミュレーションプランを立てておくことをおすすめします。

【自然災害時に大きな被害にあってしまう可能性がある】

自然災害はどんなに気を付けていても避けられません。
地震や台風などの自然災害によってソーラーパネルが機能しなくなってしまう可能性も視野に入れておきましょう。
万が一の時に備えて保険に加入しておくことが最適な対策です。

【ソーラー発電の保険にも加入しておいた方が良い】

ソーラー発電にはメーカー保証がついているというケースも多く、その他の保険も存在します。
基本的には、購入時にメーカーが提供している保険に加入するでしょう。
また、前述したような自然災害に備えた損害保険や火災で物的な損害が起こってしまった時に備えた火災保険に加入するというケースも少なくありません。
それだけではなく、ソーラー発電設備の設置によって他の誰かに害を与えてしまった時に備えた賠償責任保険もあります。
ソーラー発電を設置するのであれば、様々なリスクに備えた保険への加入も重要だということになるのです。

ソーラー発電は、他の投資とは異なる魅力がたくさん詰まっています。
長期的に安定した収入を得られる固定価格買取制度も整っているため、リスクを抑えた投資をすることができます。
リスクを抑えることができるのは、副業としての魅力にもつながるでしょう。
しかし、メリットだけではなくリスクも存在してるため、アール・エス・アセットマネジメント株式会社のように専門的な知識を持つ会社に相談した方が良いと言えます。
アール・エス・アセットマネジメント株式会社では、的確なアドバイスをしてくれるので、ソーラー発電を検討しているという方は相談してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事