白石達也のリバティーレジデンツを使ってみました

今回は白石達也のリバティーレジデンツを実際に利用して分かったことをご紹介していきます。

白石達也のリバティーレジデンツでは、居住地の自由や経済的な自由を目的に、数々の情報コンテンツを紹介しているサービスです。

このサービスは有料となっていますが、その分これからの人生に役立つ様々な情報を見ることができます。

しかし、情報を知りたいが本当に自分にとって有益なのか分からないため不安に感じている方もいることでしょう。

今回は、実際にリバティーレジデンツを利用してみて、どんなコンテンツがあるのか、それぞれどのような情報を知ることができるのかなどをご紹介していきます。

今後リバティーレジデンツを利用してみたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

リバティーレジデンツとは

白石達也は情報ビジネス業界で新しいビジネスを展開させた若手実業家です。

記録的な売上を達成したランドオブハンモックYouTuberをご存知の方も多いのではないでしょうか。

まずは、彼の簡単な自己紹介と経歴から見えてくる、リバティーレジデンツについてご紹介します。

 

 

白石達也とは?

1986526日に生まれた白石達也は、大手航空会社に勤務する父と外資系企業に勤務する母との間で育ちました。

裕福な家庭で育ってきた彼は、母親の厳しい教育と愛情を注がれながら幼少期を過ごします。

そんな彼には全くタイプの違う兄がいました。

兄弟の関係性についてはあまり情報がないことから、価値観の違いは少なからずあったと言えるでしょう。

彼は小学・中学時代、とても勉強に熱心に取り組みました。

常に本と隣合わせの生活で、友達と過ごすより本を読むことを優先していたようです。

そんな学校生活の中で、彼はクラスメイトからいじめられるようになります。

勉学や学級活動に真剣にとりかかる姿を面白おかしくからかわれることもあったようです。

そして、そんな出来事から逃れるように論語や書籍に打ち込むようになります。

そんな頃から早稲田大学へ入学する意思を固め、一浪した末受験に合格します。

彼は商学部を選考した後、相変わらず論語や古典などと向き合う時間が多く、学生時代を過ごしてきたと言います。

そして大学卒業後、父が働いている会社が倒産の危機に陥り、自身の就職先について深く考えるようになりました。

「どんなに有名な大手企業でもいつ倒産してもおかしくない」と思い、資金調達方法について学ぶようになりました。

丁度、就職活動を控える大学生達もリーマンショックの影響で就職が困難な状況にあったことも理由だったのかもしれません。

自己啓発を主力とした会社を起業することを検討し始めました。

 

 

白石達也がリバティーレジデンツを作り上げるまで

白石達也は大学在学中に実践的な学びを得るため情報商材についての知識を求めるようになりました。

もちろんそれはビジネスに関する情報ですが、自己投資をしながら様々なセミナーや講座に参加していました。

そこで出会った伊勢隆一郎氏や村上むねつぐ氏は、彼にとって必要な商材を提供しており、迷うことなくパートナーズクラブに加入します。

その後、伊勢隆一郎と強力なタッグを組み「神龍プログラム」と考案したのは言うまでもありません。

神龍プログラムでは、100%の行動力を達成させる方法やコピーライティングスキル、トラウマ克服法などを無料で習得できるコンテンツです。

冒頭でもご紹介したランドオブハンモックYouTuberは、このプログラムが考案された頃に生み出した商材です。

特にアメリカを中心に知名度が高かったようですが、間もなく日本にも伝承され100年以上の歴史あるマーケティング手法をマスターできると話題になりました。

その後、彼は28歳という若さで「有限会社Enhance」を起業し、情報コンテンツの商材を運営・販売することに成功しました。

現在は「株式会社ALCHEMATION」の創設者となり、サイト運営を行っています。

また、新たな商材を常に追い求め多くの人たちが利用できるコンテンツを開発し続けています。

「本当の豊かさとは何なのか」自分に問い詰めながら、ここまで多くの実績を積み上げてきたのです。

彼のプロフィールや経歴を見てみると、苦労を共にした人はそれを糧に将来につながる能力や発想が生まれやすいということです。

苦労や悲しみを克服するためにはどうやったら良いのか必然的に考えるのでしょう。

そして、それは自分の利益だけでなく周りの人の利益を考えることにつながります。

リバティーレジデンツは多くの人々が指示している情報コンテンツですが、これは商材に対する評価というよりも彼自身を高評価している証拠と言えるでしょう。

 

Sクワドラント・マインドシフトについて

 クワドラントには4つのタイプがあり、白石達也はその中の「Sクワドラント」に注目しています。

経済的な自由を手にするための手法を学んでも、それを活かすことができなければ豊かな暮らしは実現できません。

では、彼がリバティーレジデンツ内で紹介している「Sクワドラント・マインドシフト」とは一体どのような情報コンテンツなのでしょうか?

 

クワドラントにある4つの考え方

Sクワドラント・マインドシフトについて解説する前に、まず4種類のクワドラントをそれぞれ紹介していきましょう。

基本的にどのクワドラントも「お金を得る手法」や「どんな仕組みの中で生きているのか」といった人生やお金にまつわる違いがあることが特徴です。

4種類のクワドラントには、Eクワドラント・Sクワドラント・Bクワドラント・Iクワドラントに分かれています。

 

 

Eクワドラント】…Employee(従業員またはサラリーマン)

Eクワドラントは、雇用形態を考えるとわかるようにお金を会社や事業などからもらっている状態のことをいいます。

10働いたら10の対価を給料として支給される仕組みです。

月給が30万円と決まっていれば会社はその1ヶ月の時間を買っているということになります。

そして、このクワドラントの大きな特徴は、他の誰かに代替することができます。

会社を休んだ人がいてもそのポジションの仕事を代わりに行う人がいて、業務がマニュアル化されています。

つまり、稼げる金額に上限があるのがEクワドラントです。

 

 

Sクワドラント】…Self-employed(自営業)

Sクワドラントは、自分でお金を調達し自分を養っている状態のことを言います。

Eクワドラントのように給料は一定ではなく、10働いたうち20以上の対価を得ることも可能です。

これは能力や職業的な技術が影響してくるため、同じ時間でも対価の量が変わってくる仕組みになっています。

自分が動かなければ資金はゼロになるため、常に働き続けなければ成り立ちません。

 

 

Bクワドラント】…Business-owner(ビジネス経営者)

Bクワドラントは、ビジネスを立ち上げた権利収入によってお金を得ている状況のことを言います。

ビジネスが立ち上がるまでの時間に対して得られる対価がとても大きく、10以下の働きでも100以上の対価になることもあるでしょう。

このような比率が生じる理由は、人を雇うことで時間やお金のレバレッジを使うことができるからと言われています。

 

Iクワドラント】…Investor(投資家)

Iクワドラントは、有望な会社や事業、投資対象などにお金を投資することでお金を稼ぐことです。

資産を買うことでお金を得ることができるので、自分は何もしなくても資産が上昇することもあります。

資産に上限がないので、働かなくてもお金を手にいれることができるでしょう。

 

 

仮想通貨はSクワドラントに分類される?

今話題の仮想通貨は一般的に考えると投資家、つまりIクワドラントに分けられます。

しかし、白石達也は自営業であるSクワドラントに分類されると考えています。

Iクワドラントは経済的な自由を手に入れることができても、その先の収入までは保証してくれません。

自由はあってもゴールはないと考えてみると簡単でしょうか。

投資家としてのテクニックをマスターしても、成果を出すことができない場合は原因を考えなければなりません。

投資家の場合はそれが最大の壁になりますが、Iクワドラントのマウンドにシフト変更すると、それが明確になります。

Sクワドラント・マインドシフト」では、その解決策を公開しています。

Sクワドラントの考え方は、お金の流れが他のマインドと圧倒的に違います。

投資とどんなに向き合ってもお金との付き合い方が理解できなければ、将来的に安定させることは難しいでしょう。

 

白石達也は最高の自由を手に入れるためにお金や投資に関わる知識や生き方を熟知しています。

そんな彼が提供している情報コンテンツには、グローバルな生き方ができるヒントがたくさんあります。

興味がある人は、他の商材もチェックしてみてください。

 

1stCashBluePrintについて

リバティーレジデンツでは、他にもビジネスに関するコンテンツに「1stCashBluePrint」というものがあります。

こちらのコンテンツではどんな知識・ノウハウが得られるのでしょうか?

続いては、「1stCashBluePrint」についてご紹介しましょう。

 

 

1stCashBluePrint」で学べることは?

リバティーレジデンツのサイトによれば、1stCashBluePrintでは集客やセールス、コンテンツなどに共通する成功の法則を解説しているようです。

このコンテンツを活用することで、手早くファーストキャッシュを手に入れるための基本ルールやテクニックを得られます。

こちらのコンテンツは約7時間のビデオファイルとなっているようです。

目と耳でとらえるコンテンツなので、テキスト以上に分かりやすく、覚えやすいでしょう。

テクニックも具体的に紹介されているので、マスターすればすぐに実践に移ることも可能です。

1stCashBluePrintのすごさは、基本的に紹介しているテクニックを真似するだけで、数千万から数億円も稼げるそうです。

長年情報商材界でトップクラスを維持する白石達也の自信を表したコンテンツと言えるでしょう。

 

適しているのは起業を目指す人

1stCashBluePrintが適している人は、起業を目指している人です。

もともと、このコンテンツはIROAS会員が利用できる「ファウンダー合宿コース」に含まれています。

ファウンダーは創業者や起業を目指す人のことを指し、ファウンダー合宿コースは起業家を育成するためのコースです。

内容も起業してファーストキャッシュを手に入れるための法則・テクニックを紹介しているので、自分でビジネスを始めたと考えているに向いていると言えます。

 

 

ファーストキャッシュとは?

1stCashBluePrintはファーストキャッシュを手に入れるためのコンテンツとなっています。

そもそも、ファーストキャッシュとは何か疑問に思う人もいるでしょう。

これは自分がビジネスを行い、初めて稼いだお金のことを指します。

誰でも「初めて自力でお金を稼いだ」という瞬間はあるでしょう。

アルバイトや就職をして初任給を貰った時がその瞬間に該当します。

一方、起業となると商品やサービスが初めて売れた時が、ファーストキャッシュです。

しかし、起業したらすぐにお金が入ってくるとは限りません。

全く売れず起業を断念してしまうパターンも珍しくはないでしょう。

そうならないために、白石達也は素早くファーストキャッシュを手に入れるために1stCashBluePrintを作ったのだと考えます。

 

 

億万長者レポートについて

億万長者は誰もが憧れる存在ですが、宝くじが当たらない限り無理と考える人は多いでしょう。

そんな人におすすめしたいのが、リバティーレジデンツで閲覧できる「億万長者レポート」です。

白石達也も億の資産を持つ人物の一人で、自分の経験を活かして億万長者になる方法を紹介しています。

では、どんなことを学べるのか「億万長者レポート」についてご紹介しましょう。

 

 

「億万長者レポート」で学べること

億万長者レポートでは、主に投資に関するノウハウを紹介しているようです。

お金を稼ぐ方法は色々ありますが、中でも手っ取り早いのは投資でしょう。

上手くいけば投資した資金以上のリターンに期待できるので、億万長者になることも不可能ではありません。

ただ、投資を行うためには一定の知識が必要なので、なかなか手が出しにくいという人も少なくないでしょう。

しかし、投資には勝敗を分ける一定の法則が存在します。

正解がない世界ですが、一定の法則を守ることで効率よく稼ぐことは可能です。

白石達也は投資にも詳しく、自分の経験を通じて億単位を稼ぐ方法を伝授してくれます。

 

 

投資は汚い稼ぎ方?

投資は多くの人に注目されていますが、今まで経験のない人にとってはマイナスイメージが多いです。

その理由は必ず利益が得られるわけではなく、時には大きな損失を招くことも珍しくないので、ギャンブルに近い印象が強いからでしょう。

また、お金は働いて稼ぐものと考えている人は、楽して稼げそうな印象を良く思っていません。

 

これらの理由からマイナスイメージがありますが、投資は決して楽して稼げるものではありません。

まず、どの株に投資するか判断するためには、材料を精査する必要があります。

決まったらどのタイミングで売買するのか、市場動向やチャート、他の投資家の思惑なども汲み取っていくことも重要です。

また、選択を誤れば大切なお金を失うリスクもあるので、いかに損失を抑えるかルールに徹底することも大切です。

非常に頭と時間をたくさん使って稼ぐ方法なので、決して汚い稼ぎ方ではないと言えます。

 

実際、投資したお金は社会貢献につながっています。

投資されたお金は設備投資や技術開発、商品・サービスの品質向上などに活用されています。

より魅力的な商品やサービスなどが世に送られれば、会社の業績もプラスになります。

業績が上がれば株価も上がるので、投資家へのリターンにも期待できるでしょう。

投資の仕組みを理解すれば、世の中を便利にするために重要なことだと分かるでしょう。

 

 

億万長者レポートは子どもにもおすすめ?

億万長者レポートは親子で読むことを推奨しています。

投資は大人でも難しいと思われがちですが、億万長者レポートは投資初心者にも分かりやすい内容となっています。

そのため、中学生が読んでも投資の基本を身につけることが可能なようです。

お金は豊かな人生を歩む上で重要なものです。

それを実現するために、子どものうちから稼ぐ方法を理解していた方が良いと考えているのでしょう。

親であれば誰もが子どもの幸せを願うものです。

経済的自由を手に入れ、豊かな人生を歩ませたいと願う保護者は、親子で億万長者レポートを読むと良いでしょう。

小さいうちからお金の大切さや稼ぐ方法、上手に使う方法を知っていれば、人生で成功をおさめる確率は高くなると言えます。

 

 

億万長者レポートは株式投資を中心とした内容となっています。

投資には他にもFXや仮想通貨投資などがありますが、それらに通ずるものもレポートには含まれているでしょう。

リバティーレジデンツは仮想通貨投資に関するコンテンツもあるので、そちらも合わせて参考にすることをおすすめします。

 

まとめ

 

今回はリバティーレジデンツにあるコンテンツの中から、「Sクワドラント・マインドシフト」、「1stCashBluePrint」、「億万長者レポート」の3つをご紹介してきました。

リバティーレジデンツは住む場所にとらわれない「居住の自由」をテーマにしたプログラムですが、それを実現するためにはお金を稼ぐ力も必要です。

稼ぐ力を養うために、ビジネスや投資に特化したコンテンツを用意しているのでしょう。

 

お金を稼ぐ方法といえば、少しでも給与の良い会社に入る選択肢が一般的です。

しかし、それでは稼げる範囲に限界があり、経済的な自由を手に入れることは難しいでしょう。

もっと効率よく稼ぐ方法として起業や投資は選択肢と言えます。

ただ、これらで成功をおさめるためには、それなりの知識が必要です。

起業や投資を始めるスタートラインとして、リバティーレジデンツはとても魅力的なプログラムでしょう。

白石達也や専門家が手掛けるコンテンツを通じて、簡単に稼げる方法を学べます。

簡単と言っても、成功の法則を理解したり、コンテンツを生みだしたりする努力は必要です。

起業や投資に興味はあるけど自信がない、何から始めればいいか分からないという方に適しているでしょう。

 

また、リバティーレジデンツはテーマに沿って他にも様々なコンテンツを発信しています。

例えば、最安値で旅行を実現できるノウハウや海外移住に向けたマニュアルもあるので、旅行や海外に興味がある方もおすすめです。

また、最近話題の仮想通貨の知識も養えます。

これらのコンテンツも居住の自由を得る上で必要な知識であると言えます。

 

お得で魅力的な情報の多さから、ここまで紹介していいのと感じる人も多いでしょう。

そもそも白石達也が情報商材の分野に入った理由は、人々に自由な学びや幸せを与えたいと思ったからです。

彼は学生時代のイジメや社会経済の変動を見て、戦後から変化のない既存の学校教育に疑問を抱きます。

なぜ辛いのに学校で勉強をしなければならないのか、本当に社会に出て役立つ知識なのかと考えたそうです。

大学に進学後、学校での勉強以外にセミナーに通うようになり、そこで学ぶ自由さを感じました。

同時に就職だけが選択肢ではないと考え、20代の若さで起業し、億の資産を築くまでに至りました。

そして、今は誰でも自由に学べる環境として、IROASやリバティーレジデンツといったオンライン学習コンテンツをつくりあげ、人々に世界水準の教育を提供しています。

起業や投資をしてみたい、お金を稼いでみたいという方はリバティーレジデンツを利用し、ご紹介したコンテンツを活用してみましょう。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事