白石達也が開発した「Sクワドラント・マインドシフト」とは?

こんにちは!

本日は、白石達也の「Sクワドラント・マインドシフト」について取り上げてみます。

皆さんは、白石達也のSクワドラント・マインドシフトがどういったものかご存知でしょうか?

このコンテンツは、将来独立を考えている方や起業したいと考えている方にとって有益なコンテンツだと言えます。

ただ、どのような内容であり、なぜ白石達也はSクワドラント・マインドシフトを作り出したのでしょうか?

今回は、Sクワドラント・マインドシフトについて詳しくご紹介していきましょう。

また、白石達也の経歴も含めてご紹介しているので、白石達也についても興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

白石達也の経歴について

白石達也は20代という若さで起業をしてわずか1年で億の資産を築いた実業家です。

人生勝ち組のように見えますが、そこに至るまでの道のりはそう簡単ではなく、彼の頑張りがあったからこその現在となっています。

そんな白石達也の幼少期や学生時代についてもご紹介しましょう。

 

 

白石達也の幼少期から小学生時代について

白石達也は1986526日に東京で生まれました。

大手航空会社のサラリーマンの父と外資系企業に働く母というエリートな両親と兄との4人家族です。

当時日本はバブル絶頂時代であり、非常に裕福な環境で生活をしていたと考えられます。

小学生の頃から本を読むことが大好きで古典や歴史、難しい論語など普通の小学生は読まないような書物をたくさん読んでいたため、周りからは変わり者だと思われていたそうです。

両親、特に母親が教育熱心であったため白石達也は幼い頃から成績や学歴に執着していくようになりました。

 

 

白石達也の中学から高校時代について

母の熱心な教育の元、成績や学歴に執着していた白石達也はとてもまじめな性格で、中学生時代は生徒会長という役職に就きました。

組織の中のトップに立つというこの経験は白石達也の起業成功へ役立ったのではないでしょうか。

白石達也は名門大学へ進学し、大手企業に勤めることだけ考え学業に専念していたためオシャレや流行は全く無知でした。

そのオシャレに全く詳しくない見た目や真面目すぎる性格などが原因で高校時代はいじめの標的となってしまいます。

そのいじめは壮絶で自殺願望までも抱き、こんな辛い環境の中でも勉強をしなければいけないことに疑問を持ちましたが、なんとか耐え続け大学の受験勉強に励みました。

 

 

白石達也の大学生時代について

一浪したものの、見事早稲田大学商学部へと進学し大手企業への就職を夢見ていた矢先リーマンショックが起こります。

父が勤務する大手航空会社が倒産する危機に見舞われていることを目の当たりにし、大手企業に就職できても安定した生活が送れるわけではないと思い始めました。

それをきっかけに、数々のセミナーやビジネス講座へ参加し自己投資に励み起業を目指すようになりました。

FXやアフィリエイトのプログラム開発や、情報商材の販売に携わり、この経験を活かして情報商材分野での起業を決意しました。

 

 

白石達也の大学卒業後から現在について

情報商材界で有名な伊勢隆一郎氏と村上むねつぐ氏のパートナーズクラブに入会します。

2人の実業家のもとで知識を身につけ、伊勢隆一郎氏と2人で手を組み「神龍プログラム」を開発しました。

このプログラムは100%の行動力を発揮する方法や習慣化される能力、トラウマ克服方法などを無料で学べるという企画で、見事成功に収めました。

その後、白石達也1人で「株式会社エンハンス」という会社を立ち上げ、中でも当時珍しかったYouTubeを活用した「ランドオブハンモックYouTuber」という商品商材で世間から注目を浴びます。

この商材が爆発的なヒットを起こし億の資産構築に貢献しました。

 

その後も白石達也はとにかく多くの人々が自由で幸せな生活を送れるよう願い、イロアスとAlchemiという新しい事業に取り組むなど見事な躍進をし続けています。

現在も白石達也は「株式会社ALCHEMATION」の創設者として世界最高水準の知識が提供できるようサイト運営に励んでいます。

自宅でオンラインで学べる手軽な勉強法として、多くの人が学校では学べないことを白石達也のおかげで学ぶことができることでしょう。

白石達也の過去の辛い経験などがあったからこそ、質の高い商品を作ることができていると思います。

これからも白石達也は過去の経験や知識を活かし多くの人々が自由で幸せな生活を送れるよう、質の良い情報を提供し続けてくれることでしょう。

 

白石達也の「Sクワドラント・マインドシフト」とは

 

白石達也が手掛けるIROASでは、「Sクワドラント・マインドシフト」というコンテンツを配信しています。

これはキャッシュフロークワドラントに注目したコンテンツです。

「クワドラント」という言葉は日常生活で馴染みがありませんが、どういう意味があるのでしょうか?

白石達也のSクワドラント・マインドシフトについて考察をまとめてみました。

 

 

キャッシュフロークワドラントの意味

キャッシュフローは収入や支出といった「お金の流れ」を意味し、金融関係やビジネスでよく使われるキーワードです。

一方、あまり馴染みのないクワドラントとは、「円を4つに割ったもの」という意味があります。

つまり、キャッシュフロークワドラントは「収入を獲得するための4つのモデル」を意味するキーワードです。

その4つのモデルはEクワドラント、Sクワドラント、Bクワドラント、Iクワドラントと呼ばれています。

白石達也のSクワドラント・マインドシフトは名前のとおり、4つのモデルのうちSクワドラントに特化したコンテンツということになります。

 

 

4つのモデルの特徴

そもそもSクワドラントは何を指すのか、4つのモデルの特徴を見ていきましょう。

 

Eクワドラント従業員やサラリーマン

Eクワドラントの頭文字は「Employee」から取られており、直訳すると従業員を指します。

このクワドラントに属する人々は会社などから給料をもらっている状態なので、サラリーマンやOLも該当します。

この対応は自分の時間を対価にして収入を獲得しているので、自由な時間を確保しにくい傾向があります。

さらに対価としてもう一つ労働力を払っており、労働力以上の収入を得ることは困難です。

また、主導権は会社に存在するという特徴があります。

 

Sクワドラント自営業者

Sクワドラントの頭文字は「Self-employee」から取られており、自営業者を指します。

自営業者とは個人で資金調達やサービスの提供を行い、自らを養っている状態の人物です。

例えば、農家や漁師、個人飲食店などを経営している人が該当します。

Eクワドラントとは異なり、主導権が自分にあることが特徴的です。

給与は一定ではなく、労働時間やスキルに応じて10働いて、20以上の対価を得ることもあるでしょう。

ただ、こちらも自分の時間と労働力を対価に収入を得る仕組みとなっており、自ら給料を生む必要があるので労働ができないと収入はゼロになってしまいます。

Sクワドラント・マインドシフトは自営業を成功に導くノウハウが紹介されているのでしょう。

なぜ成果を出せないのか、原因の究明と打破する方法を学べます。

 

Bクワドラントビジネスオーナー

Bクワドラントの頭文字は「Business owner」からとられています。

ビジネスオーナーとはビジネスの権利を所有する人物で、例えるなら飲食店や美容院などのオーナーという立場の人が該当します。

このタイプの特徴は店舗など現場で直接働かなくても、出資等でビジネス基盤を構築することで、ビジネス権利が得ているところです。

権利収入により収入を獲得しており、直接働く必要がないので時間や労働力に限界がありません。

その上、自分主体でビジネスを展開でき、ビジネスと人生の両方の主導権を持ちます。

 

Iクワドラント

Iクワドラントの頭文字は「Investor」から取られており、投資家を指します。

投資家は株や不動産、為替、債権、商品などに投資して利益を得ている人物です。

Bクワドラントと同じく投資することで、投資先のビジネスに対する権利が得られるので、権利収入により収入を獲得できます。

権利はいくつでも所有できるので、増やせば増やすほど収入は増えていくでしょう。

ただ、投資先の安定性や将来性も重視されるので、時には収入がマイナスになることもあります。

また、することは投資だけなので労働する必要はなく、自由な時間を確保できます。

 

Sクワドラント・マインドシフト」は誰に適しているのか?

白石達也のSクワドラント・マインドシフトは、Sクワドラントで収入を得る方法について紹介されています。

一体、どのような人に適したコンテンツなのでしょうか?

Sクワドラント・マインドシフトに適している人の特徴を見てみましょう。

 

 

将来独立を考えている、または起業に興味がある人

Sクワドラント・マインドシフトは今後独立を検討している人、または今のところは考えていないが起業に興味がある人に適しているでしょう。

 

一般的にEクワドラントに属している人が多いと思いますが、その中には将来自分でビジネスを築き、大きくしたいと考える人もいます。

自営業は従業員・サラリーマンと同じく時間や労働力を対価にしますが、労働力や能力によっては10の働きでも倍の収入を得られるチャンスがあります。

ただ、病気や怪我など働けない事情があると収入はゼロになってしまうでしょう。

また、なかなか軌道に乗らず、成果が出ないまま廃業になるケースも珍しくありません。

 

リスクが多い分、成果を出すための戦略を立てなければなりません。

その戦略を練るためにも稼ぐ仕組みやノウハウが求められます。

確実に自営業を成功させたいという理念で起業を考えている人は、Sクワドラント・マインドシフトのノウハウが起業の際に役立つでしょう。

また、今は考えていない人も将来起業する可能性があれば、予備知識として習得しておくと良いかもしれません。

 

 

自営業が上手くいっていない、または起業に失敗している人

すでに起業していて成果が出せていない人や、一度起業したが失敗を経験している人にもSクワドラント・マインドシフトは最適と言えます。

成果が出ないと悩む人は、その原因を追求できていない可能性があります。

どんなに経営で有効な手段であっても、成果を妨げる原因とかみ合っていなければ効果は発揮されません。

原因に応じて適切な戦略を練ることが、自営業を成功させるポイントではないでしょうか?

しかし、何に原因があるか自分ではなかなか気付けないことが多いです。

また、気付いてもどう対処すればいいのか、専門家でない限り適切な解決法を知らない人の方がほとんどでしょう。

 

Sクワドラント・マインドシフトは成果の妨げとなる原因を見つけ、それを乗り越える方法を知ることができます。

今、経営が上手くいかず悩んでいる自営業者や、一度失敗したけど諦めていない人はSクワドラント・マインドシフトをヒントにしてみてはいかがでしょうか?

 

 

白石達也はなぜ「Sクワドラント・マインドシフト」を作り出したのか

 

上記では、Sクワドラント・マインドシフトの特徴について解説してきました。

どんなテクニックを手に入れても、実際にそれを使って成果を出せなければ意味がありません。

白石達也は、そんな状況から抜け出して自分の収益を上げるために必要なことを伝授しています。

では、なぜ白石達也はSクワドラント・マインドシフトを作り出したのでしょうか?

 

仮想通貨で成功させるため

Sクワドラント・マインドシフトは、リバティーレジデンツで学べるコンテンツの1つです。

そもそもリバティーレジデンツは、仮想通貨を中心に投資や節税テクニックなど幅広い知識を得られるコンテンツです。

中でもSクワドラント・マインドシフトは収入を上げるために必要なことや起業家として欠かせない知識を伝えています。

白石達也は、多くの人々に自由な学びを通して豊かな暮らしを送ってほしいと望んでおり、今後世界に浸透していく可能性の高い仮想通貨を中心とした学習の場が必要だと考えたのです。

仮想通貨は、インターネットを介して利用できる通貨なので、ネットの需要や価値が高まっている現代には欠かせないものとして社会に定着すると予想されています。

インターネット環境が進展すると同時に仮想通貨も成長していくと考えられているのです。

しかし、仮想通貨は表面上の知識では失敗してしまう可能性が高く、成功するためには根幹から正しく理解し上手に活用しておく必要があります。

Sクワドラント・マインドシフトは、そういった失敗の原因を明確にし、どのような考えと行動が必要か教えてくれています。

リバティーレジデンツでは、仮想通貨の基本的な知識をはじめ、お金に関する様々な知識も学べるので、仕組みや本質に迫る情報を入手可能です。

仮想通貨の知識を有していない初心者であっても、基本的な部分から習得できるので正しい知識を幅広く学べるのも魅力ではないでしょうか?

Sクワドラント・マインドシフトでは、そんな仮想通貨の重要性に着目し、成功させるために必要な考え方を伝えているのです。

 

 

自由な暮らしが実現できる

リバティーレジデンツでは仮想通貨の内容だけでなく、ネットビジネス・投資・旅行・節税・移住・語学などあらゆる分野の教材を網羅しています。

これらの教材やコンテンツを通じて、お金の歴史や仮想通貨の本質を理解すると、経済的に自由な暮らしができるようになります。

一般的な情報商材は、仮想通貨に関する内容のみとなっていますが、リバティーレジデンツはそうではありません。

リバティーレジデンツの最終的な目的は経済的な自由を手に入れてどこでも好きな場所で自由な暮らしをするということです。

ただ収益を増やすのではなく、それをステップとしてさらなる自由を手に入れようというのが大きな特徴であり強みとなっているのです。

Sクワドラント・マインドシフトは、成果を出せない方に対して解決策を公開しており、お金の流れと付き合い方を理解する大切さを解説しています。

また、オンラインで効率良く学習できき、オプトインATMシステムを利用すれば誰でも簡単に権利収入が得られます。

リバティーレジデンツを利用することで、自由に学習しながら収益も増やしていけるのです。

他の情報商材にはない魅力が、リバティーレジデンツにはたくさんあります。

Sクワドラント・マインドシフトには経済的な自由を手にするためのポイントが提供されているので、なりたい自分を目指していけるのではないでしょうか?

白石達也のブログには、今後日本に求められる教育・仕事についても書かれているので、リバティーレジデンツを利用するのと同時に有益な情報も入手できます。

自由な暮らしを手に入れたいと思っている方は、リバティーレジデンツのSクワドラント・マインドシフトを活用すると良いでしょう。

 

白石達也のまとめ

ここでは、白石達也の経歴やSクワドラント・マインドシフトについて紹介してきました。

白石達也は、多くの人々が自由に学びながら自由な暮らしが実現できるようにするためにリバティーレジデンツを構築しました。

最新のプラットフォームを駆使してインターネット上で専門的な知識を提供することで、彼は様々な分野を学んで活かして欲しいと考えています。

リバティーレジデンツのテーマは「居住地の自由」となっており、世界のどこでも移住して住んでいけるような自由な暮らしをしていくことです。

白石達也は、自由人とは豊かな経済力を持ち好きな場所で暮らす人々を指すとしています。

経済的に豊かになれば、どこででも生活できるようになります。

仮想通貨は世界各国で活用されており、どこで暮らしても稼ぎやすい投資方法です。

しかし、仮想通貨をきちんと理解していなければ取り組んでも失敗してしまう可能性が高いです。

だからこそ、Sクワドラント・マインドシフトで失敗する原因や成功させるために必要な考え方や知識を学ぶ必要があるのです。

リバティーレジデンツは、仮想通貨だけを中心に学べる情報商材ではありません。

例えば、白石達也自身が実際に世界を巡った経験を活かし、海外居住において知っておくべき知識や節約をしての楽しむノウハウ、ビジネス情報なども紹介しています。

移住に欠かせない語学についても学べるので、最終的な目標を踏まえた幅広い学習ができるのです。

また、集客に必要な知識も紹介しているため、学んだことを実践してお金が稼げるのも大きな特徴です。

投資は、生活に必要な資金から手を付けてしまうと損失を受けた際のリスクが大きくなってしまいます。

余剰金でどのように運用すべきなのかを見極めて進めていかなければなりません。

リバティーレジデンツで学べば、実践力を身に付け成功者になるチャンスがたくさんあります。

実際にリバティーレジデンツを利用して成功した方は多く、豊かな人生を手にしている方もたくさんいます。

様々な特典も受けられるようになっており、常に最先端の情報を入手しながら時代のニーズに沿った学びが可能です。

リバティーレジデンツでSクワドラント・マインドシフトのコンテンツを利用し、自分自身の投資スタイルやポートフォリオを掴むのも良いでしょう。

経済力を身に付けて、最終的な目標である自由な暮らしを実現してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク
おすすめの記事