白石達也のリバティーレジデンツと仮想通貨投資で注意すべき点

こんにちは!

本日は、白石達也のリバティーレジデンツと仮想通貨投資で注意すべき点についてご紹介します。

皆さんは仮想通貨投資というとどんなイメージを持っているでしょうか?

仮想通貨投資は難しいというイメージを持つ方も多く、実際に損失を出している方の口コミを見ると、「自分は手が出せない」と考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、注意すべき点を考慮しておけば、仮想通貨投資でも稼ぐことができるのです。

白石達也のリバティーレジデンツでは仮想通貨投資で稼ぐための様々な知識・情報を提供してくれます。

そこで今回は、白石達也のリバティーレジデンツや仮想通貨投資で注意すべき点についてご紹介していきましょう。

仮想通貨投資をやってみたいという方や、仮想通貨投資で注意すべき点を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

1.白石達也のプロフィールと経歴

白石達也は若き実業家として成功を収めた人物ですが、どんな経歴を辿ってきたのか気になる方は多いでしょう。

彼のプロフィールや成功に至るまでの経歴をご紹介します。

 

 

■白石達也はどんな人物?

 

白石達也は1986年生まれ、出身は東京です。

父親は大手航空会社のサラリーマン、母親は外資系企業のコントローラーというエリート家族に育てられました。

白石達也は次男として誕生し、親の手を焼かせながらも大切に育てられたようです。

大学卒業後に起業し、現在は株式会社ALCHEMATIONの創設者となりIROASやリバティーレジデンツなどの情報商材を提供しています。

 

 

■学生時代の白石達也

 

白石達也は小学生の頃から読書家であり、古典や歴史、難しい論語などに興味を持っていました。

周りよりも早熟であったため、周りからは変わり者と思われていたようです。

中学時代は生徒会長を務めるほど学業優秀な人物に育つものの、教育熱心な親や自身の真面目な性格から、より周囲から敬遠されてしまいます。

高校に進学しても身だしなみやオシャレに一切関心を持たず、とうとう酷いイジメの標的にされてしまいました。

イジメのトラウマで自信を失った白石達也ですが、勉強が好きな彼は早稲田大学の進学を決意します。

ここで一度人生をリセットし、大企業に就職しようと考える白石達也ですが、その考えを改める機会が訪れます。

 

まだ記憶にも新しいと思いますが、2008年にリーマンショックが起き、それにより多くの企業が倒産の危機に瀕し、またリストラも相次ぎました。

白石達也の父親が働く大手航空会社も倒産寸前でした。

そのことから、白石達也は大企業に務めることだけが安定ではないと考えはじめ、就職ではなく起業の道を考え始めます。

彼はイジメを受けていた時、自分が塞ぎこんだ状態でも学校は何も変わらなかったと既存の学校教育に疑念を抱いていました。

社会進出で必要な学びは学校では得られないと自己啓発やビジネスマナーのセミナーに通いはじめ、そこで自由に好きなこと、社会人として役立つ知識を得ることに魅了されていき、ますます独立の意識が高まりました。

 

 

■大学卒業後は実業家へ

 

大学在学中はアフィリエイトやFXのプログラムを開発し、販売を経験していた白石達也ですが、伊勢隆一氏と村上むねつぐ氏の存在を知ります。

白石達也は伊勢隆一郎氏の「神龍クラブ」というプログラムのパートナーズクラブに入会し、情報商材を販売するノウハウを身に付けました。

そして、28歳の頃に有限会社Enhanceを設立し、情報商材で実業家の道を歩むことになります。

当時、パートナーズクラブで培われたノウハウを活かして「ランドオブハンモックYouTuber」という、YouTubeを活用して集客するネットビジネスの情報商材を販売していました。

今では多くのYouTuberが活躍していますが、当時は世の中に浸透していなかったので白石達也の情報商材は画期的な発想と称賛されています。

ランドオブハンモックユーチューバーは白石達也のヒット商品となり、わずか1年で億単位もの資金を得たと言われており、情報商材業界では実力派と認められています。

 

 

■現在の白石達也

 

現在、白石達也はブログやメルマガ、SNSなどを通じて様々な情報を発信しています。

自身が手掛けたIROASはオンライン上で集客理論や資産を構築するための戦略、ワードプレスを上手く運用する方法、コピーライティング、ニューロンマーケットなど、実践的で高度な専門知識を学ぶことができます。

既存の学校教育で不自由を感じていた白石達也は、才能開花につながる自由な学びを提供するために、様々なサービスを展開し続けているようです。

1人でも多くの人々に豊かな人生を歩んでほしいと願っており、そのために今後も実践的に活用できる情報をビジネスで提供し続けることでしょう。

 

 

2.白石達也のリバティーレジデンツとは

白石達也は今まで様々なサービスを展開してきましたが、その一つに「リバティーレジデンツ」というものがあります。

これはIROASでも利用できるプログラムですが、単体で購入すればIROAS会員以外も利用可能です。

リバティーレジデンツとは具体的にどんなプログラムなのかご紹介していきましょう。

 

 

■リバティーレジデンツで学べること

 

白石達也のリバティーレジデンツは簡単に説明すると仮想通貨投資をメインにしたプログラムです。

しかし、単純に仮想通貨で稼ぐことをテーマにしているのではなく、リバティーレジデンツのメインテーマは「居住地の自由」となっています。

居住地の自由とは国内外問わず誰もが好きな場所を居住地にすることで、それを実現するために必要なお金を稼ぐノウハウや生活に必要な知識を得ることが可能です。

そのため、仮想通貨だけではなく、海外旅行や海外で暮らすための知識、語学、インターネットビジネスなど幅広い情報が提供されています。

白石達也は世界一周の旅を経験しており、自身の経験をもとにした実践的な情報を得ることができるでしょう。

また、仮想通貨に関してはメルマガなどを通じて最新情報を得られるので、その情報を活かした運用が可能です。

 

 

■リバティーレジデンツを利用する方法

 

リバティーレジデンツを利用するためには、専用サイトの会員になる必要があります。

閲覧できる教材は全てオンライン上にあるので、インターネットが接続できる環境とパソコンやタブレットなどがあれば、好きな時に学習できます。

社会人の場合、仕事や家事などが忙しく、時間をとって学ぶことは難しいでしょう。

しかし、リバティーレジデンツなら隙間時間を活用して少しずつ学ぶことも可能なのです。

また、閲覧回数に制限はないので、分からないことや確認したいことは何度も見ることができます。

 

 

■リバティーレジデンツで学べる仮想通貨

 

今ブームとなっている仮想通貨は色々なセミナーがありますが、大体は購入方法や特定の銘柄を推すような内容となっています。

一方、リバティーレジデンツは仮想通貨の歴史や仕組みなど基本知識から専門性の高い知識まで100ページを超えるPDFファイルにまとめ、分かりやすく説明しています。

仮想通貨投資のやり方だけではなく、歴史や仕組みなどを知ることで仮想通貨の本質を知ることができるでしょう。

株式投資は企業の業績が投資の利益に関わりますが、仮想通貨投資は通貨に対しての信用が時価総額に反映します。

同じ仮想通貨でも種類によって目的が異なるので、仮想通貨の本質を理解することで、本当に期待できる銘柄を見つけて投資できるようになるわけです。

リバティーレジデンツでは3時間程度のビデオトレーニングもあり、視聴覚的に仮想通貨についても学べます。

他にも毎月ニュースレターが配信され、仮想通貨や投資に関する最新情報が得られるので、賢く運用して豊かな資産を築けるでしょう。

 

 

■実践的に稼ぐことができる

 

リバティーレジデンツではオプトインATMシステムを使い、お小遣い程度の利益を集めることができます。

仮想通貨に限らず投資を行うためには資金が必要です。

オプトインATMシステムは会員ごとにアフィリエイト用URLが発行でき、自身で集客してリバティーレジデンツの購入やLINE@のともだち登録を達成すると報酬を得られるシステムです。

リバティーレジデンツでは集客スキルも学ぶことができるので、学んだことを実践して稼ぐことができます。

小さな財でも集客に成功すれば大きな財へと変わり、その財を仮想通貨投資に使って増やすのも良いと思います。

学んで終わりではなく、実践しながらノウハウを身に付けていくスタイルなので、成果を出すために学び続けたいと思う人に適した情報商材と言えるでしょう。

 

 

3.仮想通貨に投資をする際に注意すべき事項

仮想通貨に投資をすることで、大きな利益を得られる人とそうでない人がいるということはご存知のはずです。

仮想通貨の投資で利益を得るためには、注意すべき事項があります。

ここでは、仮想通貨に投資をする際に注意すべき事項についてご紹介していきましょう。

 

 

■効率の良い分散投資を行う

 

投資で大きな損失を出さないためには、分散投資を行う必要があります。

分散投資の仕方によって損失を出してしまう可能性もありますが、効率の良い分散投資ができればそのような心配はないでしょう。

分散投資は、とにかく複数の銘柄に分散して投資をすれば良いというものではありません。

効率の良い分散投資を行うためには、それぞれの銘柄にどのような特性があるのかを知っておくことがポイントになります。

そうすることで、リスクを分散させるだけではなく、安定した利益を手に入れることもできるのです。

それぞれの銘柄にどのような特性があるのかを知るためには、情報収集が大切になるということになるでしょう。

 

 

■正しい情報がたくさんある場合は集中投資も

 

分散投資は、いくつかの銘柄に分散した投資を行うため、リスクを分散させるというメリットがあります。

しかし、資産も分散されてしまうので、利益が少なくなってしまう可能性もあるのです。

そして分散投資には、それぞれの銘柄に関する情報を収集しなければいけないので、一つひとつの銘柄について深く学べない可能性もあるでしょう。

それに対して集中投資の場合は、1つの仮想通貨に絞った投資を行うので、分散投資にあるようなデメリットを感じることがないはずです。

そのため、1つの銘柄についての情報を深く掘り下げることができるだけではなく、少ない資金でも投資を始めることができます。

 

 

■短時間で結果を出そうとしてはいけない

 

仮想通貨の投資は、株式投資よりも値動きが激しいので、難しく感じてしまうかもしれません。

そのため、短時間で結果を出そうとするのではなく、長いスパンで投資をするという意識を持っておくと良いでしょう。

また、仮想通貨は将来的になくなってしまうことも懸念されていますが、かなり前から存在している仮想通貨もあるため、すべての仮想通貨がなくなってしまうことはないと考えられます。

仮想通貨の中にはこれから大きな成長を望むことができるものももちろん存在します。

将来的な成長を望むことができる仮想通貨がどれかについては、仮想通貨に関する情報を集め、見極めていく必要があると言えるでしょう。

 

 

4.売りのタイミングと買いのタイミングはどうやって見極めるか

仮想通貨で投資を行う際には、売りのタイミングと買いのタイミングを見極める必要があります。

仮想通貨はまだまだ発展途上な部分があるので、明確な価値を見出すことが難しくなっていますが、将来的に大きく価値が上がる可能性もあると言えるでしょう。

それでは、仮想通貨の投資で売りのタイミングと買いのタイミングはどうやって見極めるのかという点について解説していきます。

 

 

■仮想通貨を買うタイミングについて

 

仮想通貨を買うタイミングは、株などと同じように価格が下がった時です。

投資をするのであれば、安いタイミングで購入することが良いということになります。

仮想通貨の価格が暴落していたとしても、その後はほとんどの場合回復するからです。

しかし、必ずしも暴落した時に買えるという保証はありません。

タイミングによっては高騰している時に買ってしまうこともあるでしょう。

高騰していても、さらに上がる可能性を信じて買いたくなってしまう心理も分かります。

高騰している時に買ってしまった場合は、その後の価格の変化によって焦って売ろうとする人もいます。

しかしこれは良くないパターンにはまってしまう行動なので、焦って売らずに数ヶ月は様子を見た方が良いと言えるでしょう。

なぜなら、数ヶ月後には価格が回復しているという可能性もあり得るからです。

そのため、頻繁な売買を行うのではなく、仮想通貨の価格が下り始めたら、徐々に買い増していくという買い方もおすすめできます。

急な価格の変動がある可能性も捨てきれないので、きちんと見極めてから買うようにしましょう。

 

もしも、買うタイミングを決めかねているのであれば、思い立った時にすぐ購入できるような準備をしておくことをおすすめします。

仮想通貨を買うための口座の用意と入金をしておけば、いざという時に行動に移せるので自分が買いたいと思った価格で買える可能性が高まります。

 

 

■仮想通貨を売るタイミングについて

 

仮想通貨の投資では、長期的な投資を行う人が多くなっています。

長期的な投資を行っていると、どのタイミングで売るべきなのかが分かりにくくなってしまう可能性がありますが、その分得られる利益は大きくなることも考えられるため、長期的な投資を行う人が多くなっていると予測できます。

投資目的で購入した仮想通貨をずっと保有しておくわけにはいかないので、どこかのタイミングで売らなければいけません。

仮想通貨を売るタイミングとして理想的なのはいつなのか見ていきましょう。

 

仮想通貨を売るタイミングとしてベストなのは、価格が最も高い時期の前後です。

これはバブルということになりますが、バブルの時期に売ることができれば、確実に大きな利益を手に入れることができます。

その利益を資金にして新しい投資を始めることも可能です。

 

しかし、長い間保有しておくことにもメリットがあります。

そのメリットは、将来的に莫大な利益を手に入れられる可能性がある相場を気にしなくても良いということです。

バブルの時期にも大きな利益を手に入れられる可能性はありますが、それ以上の利益を手にできることも考えられます。

なぜなら、仮想通貨は世界的なプラットフォームになっていることから、大きな利益につながる可能性を秘めているということになるでしょう。

 

 

仮想通貨の売りのタイミングと買いのタイミングは、見極めが難しくなっています。

しかし、それを見極めることができるようになると、大きな利益を手に入れられる可能性もあるのです。

そのため、今回紹介したポイントを頭に入れて投資を行うと良いでしょう。

 

 

5.今回のまとめ

若き実業家として成功を収めた白石達也は、若いうちからたくさんの苦労をしてきました。

そんな中で、自分自身が自由に生きていくことが大切であるということに気が付きます。

そのきっかけとなった出来事は、父親が勤めていた大手航空会社がリーマンショックで倒産の危機に陥り、大手企業に勤めるだけが幸せではないということを感じた時でした。

そのような思いを持っていた白石達也は、大学卒業後に起業をします。

そして、28歳という若さで有限会社エンハンスの代表取締役を務めることになります。

大学生の頃にアフィリエイトやFXのプログラムを開発・販売をしていた経験が活かされました。

同じ時期にランドオブハンモックYouTuberという情報商材で大成功を収め、およそ1年くらいで億単位の資金を手に入れることができたと言います。

ランドオブハンモックYouTuberの成功によって、情報商材業界において白石達也という名前を広く知らしめました。

 

そんな白石達也が手掛けていたサービスの1つに、リバティーレジデンツというものがあります。

リバティーレジデンツは、仮想通貨を利用したプログラムで、「居住地の自由」を求めるために仮想通貨でお金を稼ごうというものです。

仮想通貨を利用してお金を稼ぐということは、パソコンとインターネット環境があればできるため、リバティーレジデンツが求めている「居住地の自由」を実現することができると考えられています。

リバティーレジデンツは、空いた時間を活用して勉強することができるので、隙間時間を使って知識を身に付けることもできます。

そのため、忙しいサラリーマンなどでも自分のペースで勉強ができ、リバティーレジデンツで学んだことを活かすことで、本業以外でもお金を稼げるようになるということです。

 

しかし、仮想通貨の投資をするためには、売りのタイミングと買いのタイミングを見極めるという重要なポイントがあります。

売りのタイミングと買いのタイミングを失敗してしまうと、大きな損失につながる可能性もあるので、慎重に見極めていかなければいけません。

仮想通貨の銘柄によって売りのタイミングと買いのタイミングは全く異なる可能性もあるので、自分が保有している仮想通貨の値動きをしっかりと把握しておくことが大切になります。

それを知るためにも、白石達也が手掛けているリバティーレジデンツで学べる仮想通貨や投資の知識を活かしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事