IoTで不動産管理を行う手法で成功した若き経営者・古木大咲

こんにちは!

本日は、古木大咲氏の経歴やIoTと不動産管理の新しいサービスについて取り上げてみます。

皆さんは古木大咲という人物をご存知でしょうか?

彼は不動産業界に新たな風を吹き込んだ人物で、IoTと不動産管理を結び付けたサービスを提供しています。

これまで不動産業界ではIoTはもちろん、インターネットとのつながりも希薄でした。

しかし、古木大咲氏が新しい不動産管理サービスを提供したことによって、不動産業界にも新しい風が吹き込んできたのです。

今回はそんな古木大咲氏の経歴からIoTと不動産管理の結び付けについて、また不動産業界以外でのIoT活用をご紹介していきます。

古木大咲氏について調べているという方から、IoTと不動産管理について知りたいと考えている方まで、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

古木大咲氏のこれまでの経歴

古木大咲氏は、現在急成長を遂げているIoT・デザインアパートメント運営会社の経営を行っています。

ここでは、古木大咲氏がどのような経歴の持ち主なのかご紹介していきましょう。

 

■古木大咲氏のこれまでの歩み

鹿児島県で古木大咲氏は生まれました。

中学3年生までは生まれた地である鹿児島県で過ごしていましたが、父親が他界したことをきっかけに単身で福岡に引っ越しをしました。

福岡に引っ越してから高校へ入学しましたがすぐに中退し、アルバイトを転々とする生活が続いていたと言います。

そのような生活を送る中で古木大咲氏は、どのように生きたらいいのか悩んでいました。

悩んでいる中で、ふと思い出したことがあります。

それは、他界した父親が自営業をしていたということです。

父親が自営業をしていた姿を思い出した古木大咲氏は、自分自身も起業をしたいと考えるようになります。

 

起業したいという思いは心の中にありましたが、そう簡単にできるものではありません。

そのため古木大咲氏は、20歳の時に不動産会社に入社します。

不動産会社に入社した目的は、営業職としてキャリアを積み、起業するために必要な知識を身に付けたいというものでした。

しかし、古木大咲氏が最初に配属されたのは物件の清掃業務をする部署でした。

希望とは全く違う部署への配属でしたが、古木大咲氏は営業職として働きたいという気持ちを忘れることはありませんでした。

休日を返上して飛び込み営業を行い、結果を出すことに成功したのです。

古木大咲氏の努力を会社は認め、念願だった営業部門への異動が決まります。

 

その後、新築アパート販売に関するWEBサイトの作成も企画します。

会社から出してもらえる予算は100万円とWEBサイトを作成するには少なすぎる金額だったので、外注のプログラマーと協力してWEBサイトの作成も成功させました。

 

■25歳という若さで独立を決めた古木大咲氏

古木大咲氏は、勤務していた不動産会社で様々な経験をし、知識を自分のものにしていきました。

そして、25歳の時に自らの会社を設立し、独立します。

現在、古木大咲氏の会社は、IoT事業に特化した不動産管理を行い、大きな売上を上げています。

リーマンショックでは大きなダメージを受けましたが、ビジネススタイルを変化させることで経営を持ち直すことにも成功しました。

リーマンショック後は、IoTアパートメントやデザインアパートメントの建設をサポートする事業をメインに、再スタートしています。

リーマンショックによるダメージを糧に、新しいビジネスを開始できた古木大咲氏だからこそ、ここまで急成長できる会社を作ることができたのではないでしょうか。

 

 

IoTと不動産管理をどのように結び付けたのか

古木大咲氏が経営するIoT・デザインアパートメント運営会社は、これまでの不動産業界の当たり前を覆すような事業を行っています。

それは、不動産管理にIoTを取り入れるというものです。

IoTデバイスには様々なものがあり、アパートのオーナーや入居者にとってIoTデバイスの利用は大きなメリットになります。

古木大咲氏は、IoTと不動産管理を結び付けることのメリットにいち早く気がついた人物だと言えるでしょう。

では、IoTと不動産管理をどのように結び付けたのか、解説していきましょう。

 

■IoTで安全性の高い暮らしを実現

不動産管理にIoTデバイスを用いることによって、防犯対策を強化できます。

また、エアコンやテレビなどをIoT化させることによって、空調などの調整もより簡単になります。

簡単になるだけではなく、適切な湿度や温度を保ってくれるので、快適に暮らせる空間を作り出せるのです。

具体的にはどのような利用の仕方があるのでしょうか?

 

窓やドアをIoT化する

窓やドアをIoT化することによって、セキュリティを強化できます。

窓やドアに使用できるIoTデバイスは、特別な工事をしなくても取り付けられるものがあるので、手軽にセキュリティを強化できるでしょう。

通常のアパートよりもセキュリティが強化されているIoTアパートメントであれば、女性の1人暮らしもより安心感のある暮らしができます。

 

照明や空調をIoT化する

IoTデバイスを導入したIoTアパートメントでは、スマホなどの専用アプリで照明や空調をコントロールできます。

照明や空調の消し忘れを防ぐだけではなく、帰宅時間に合わせて冷房や暖房をつけておくことも可能です。

そのため、暑い夏や寒い冬であっても、帰宅時には快適な空間になっているのです。

また、家電を専用のタブレットなどで一括管理できるので、家電の操作をより簡単にできます。

 

■IoTと不動産管理の関係性

IoTは、不動産管理という側面から見ても魅力があります。

アパートをIoT化することによって、利便性や安全性を重視する入居希望者のニーズに応えられます。

それは、空室対策にもつながると考えられます。

つまり、不動産管理をIoT化するということは、不動産会社やオーナーにとって大きなメリットになるということです。

賃貸物件オーナー用のIoTデバイスを利用すれば、物件の稼働状況や毎月の収支などをリアルタイムで確認できます。

それだけではなく、物件の周囲の情報といったビッグデータの取得も可能です。

そのため、これまでの従来の不動産管理と比較してみると、かなり高度な不動産管理ができるということになるでしょう。

不動産管理というと、とてもハードルが高いような気がします。

しかし、IoT化が進むに連れて簡略化される部分もたくさんあります。

そのため、これから不動産業界に参入しようという人にとっては、ハードルが低くなっていると言えます。

従って、さらにIoT化が進んでいけば、不動産業界はより盛んになることが予想されるのです。

 

 

不動産業界以外でもIoTは注目を集める

ここまでは、古木大咲氏の経歴や不動産業界におけるIoT化についてご紹介してきました。

最後に、不動産業界以外でIoT化が進んでいるのはどのような業界なのか見ていきましょう。

 

■自動車もIoT化が進みハイテクに

近年、ハイブリッド車が増えています。

ハイブリッド車には、およそ70個ものセンサーが搭載されていて、IoTも活用されています。

カーナビがついている自動車が増えていますが、カーナビは初期のIoTです。

自動車は早い段階からIoT化が進んでいて、最近では自動運転技術など高度なものへと移り変わっています。

自動運転技術はビッグデータとIoTを組みわせたもので、これまでの知識を集約したものだと言えるでしょう。

自動車のIoT化がさらに進んでいけば、ドライバーの疲労や緊張などを感知して事故を防げるようになる可能性もあります。

このようなシステムは、現在開発中です。

 

■製造業でもIoT化が進んでいる

製造業は、日本の強みだと言われています。

そんな製造業でも、IoT化が進んでいるのです。

製造業で利用されるIoTは、工場の様々なものをデータ化することで業務の効率を良くしたり、コストを削減したりするために用いられます。

製造業でのIoTは、クローズIoTとも呼ばれています。

製造業の場合は、多くの工場を持っていることも珍しくありません。

そのため、IoTを用いることでそれぞれの工場の状況を見える化し、品質や生産性を向上させられます。

それだけではなく、すぐに問題を見つけられるので、迅速な対処ができます。

それが品質や生産性を向上につながっているのです。

 

■人材不足が叫ばれる農業でも

近年、農業は人材不足が深刻だと言われています。

そんな農業にIoTを導入するという動きも見られているのです。

少子高齢化が進む現在、農家の多くは高齢者です。

農家の数もどんどん減っているため、1軒の農家が担わなければいけない圃場は増える一方となっています。

そのため、できるだけ少ない人数で効率よく作物を生産するためにはどうすべきかを考えなければいけません。

その問題を解決するためには、IoTを導入することが必要になると言います。

IoTを導入することで、スマホやタブレットで作物の様子を確認できるサービスなどを利用できるので、わざわざ足を運ばなくても良くなります。

また、遠隔で作物の管理ができるので、育ちの悪い場所を重点的に回るなど効率よく作業ができるようになるのです。

そうすることで、生産コストを下げることにもつながります。

 

■IoT化は様々な分野で進んでいる

古木大咲氏がIoT化を進めている不動産業界だけではなく、様々な分野でIoT化が進んでいます。

ここでは、自動車、製造業、農業におけるIoT化の例を紹介しました。

この他にも、漁業や気象予測、図面作成などの分野でもIoT化が進んでいます。

しかし、IoT化はまだまだ過渡期です。

IoT化と聞いても分からない人が多いと思うので、これからはIoT化の認識が深まり、さらに多くの場所でIoT化が進むと予想できます。

スポンサーリンク
おすすめの記事