アールエスアセットマネジメントが行なう事業・サービスとは?

こんにちは!

本日は、アールエスアセットマネジメントの事業内容についてご紹介します。

読者の皆様はアールエスアセットマネジメントの事業内容についてどのようなイメージを持っていますか?

再生可能エネルギーファンドは、次世代につながる投資ということで注目されている方も多いでしょう。

しかし、一方で再生可能エネルギーファンドに不安を感じている方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は再生可能エネルギーファンドを行うアールエスアセットマネジメントの事業内容をご紹介していきます。

こちらを読めばアールエスアセットマネジメントの事業内容が把握でき、投資意欲にもつながっていくことでしょう。

アールエスアセットマネジメントの事業に興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

アールエスアセットマネジメントの概要

まずはアールエスアセットマネジメントの概要についてご紹介します。

 

アールエスアセットマネジメントは、2013年3月に設立した会社で、代表取締役社長を高村勇一氏が務めています。

本社は東京都港区赤坂にある「THE HEXAGON」の9階に位置しています。

主に太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーによる電力供給を通して、日本のインフラ改革への貢献を経営理念としており、時代のニーズに合わせて質の高い電力供給につながるよう、再生可能エネルギーファンドのアセットマネジメント業務を行なっているのです。

現在は全国に数多くの太陽光発電が設置されていて実績も兼ね備えています。

アールエスアセットマネジメントの事業内容について解説

アールエスアセットマネジメントで行われている事業は大きく分けて2つあります。

 

アレンジメント事業

アールエスアセットマネジメントのアレジメント事業は、会社事業のメインを担っているもので、再生可能エネルギー事業に関するアレンジメント事業を、アセットマネージャーが中心となって企業理念に基づいたスキーム構築を目指していきます。

アレンジメント事業は、ファンドストラクチャーを構築するための業務と、運営管理を中心に行う業務の2つに分類することができます。

ファンドストラクチャー構築

アールエスアセットマネジメントでは、主に太陽光発電投資に関して20年間固定買取制度を活用し、安定した収益の実現を目指しています。

例えば不動産投資などに起こり得るような流動性リスクなどを考慮しなくてもいいように、電力会社との制度活用を行なっています。

また、設備設置にかかる初期コストや管理コストを抑えて多くのリターンを得るために、設置場所の選定からメンテナンスまでまとめて担う提携会社に委託しコスト軽減に務めています。

これにより、効率的なファンドストラクチャーの構築を目指しているのです。

運営管理

運営管理では、資産運用状況を把握し、必要なメンテナンスなどがあればその都度情報提供を行なっていきます。

アレンジメント事業を行う企業の中には、こうしたレポーティングを十分に行わないところもあるようですが、アールエスアセットマネジメントでは出資中に関しても安定して投資が行えるよう充実したサポートがなされているようです。

インベストメント事業

インベストメント事業では、太陽光発電設備を既に導入している企業が匿名組合出資を行うことで安定した収益につなげるためのサポートを行います。

匿名組合出資は投資リスクを出資持分のみにすることができるので、リスクを最小限に軽減することも可能です。

太陽光発電設備を導入しているにも関わらず、うまく投資につながらないという方の手助けをするのが、アールエスアセットマネジメントのインベストメント事業です。

 

 

主にこの2つの事業を中心に行われています。

これらの事業は主に太陽光発電が中心となっていますが、アールエスアセットマネジメントでは太陽光発電以外にもバイオマス発電や風力発電、地熱発電、水力発電などに関する事業も手掛けており、また幅広いニーズに応えるための市場調査やコンサルティング、アジア諸国を中心としてた海外環境ビジネスなども行なっています。

この業界の特徴、投資価値について説明

アールエスアセットマネジメントでは太陽光発電をはじめ、再生可能エネルギーファンドに対して、アレンジメント事業やインベストメント事業、関連事業を展開しています。

再生可能エネルギーは世界中で注目されていますが、この業界にはどんな特徴があり、また投資価値があるのかご紹介しましょう。

再生可能エネルギーについて

従来のエネルギー源は石油や石炭、天然ガスなど資源で成り立っていますが、これらは有限の資源なので将来枯渇する可能性を指摘されています。

また、エネルギーを生産する上でCO2や有害物質を排出しやすく、結果的に環境に悪影響があることから、枯渇するリスクが少なくCO2も出にくい再生可能エネルギーが注目を浴びています。

ところで、再生可能エネルギーとは何を指すのでしょうか?

再生可能エネルギーには次の5種類があります。

太陽光発電

太陽の光をエネルギー源に電気をつくることができます。

再生可能エネルギーの発電設備の導入で9割を占めており、一般住宅や産業、公共施設での導入が進んでいます。

太陽光がエネルギーなので天候によって発電量が変動する点がデメリットです。

風力発電

ブレードと呼ばれる羽部分がついた発電機を用いて、風の力でブレードを回転させることで電気が発電されます。

風が吹いている状態ならいつでも発電でき、冷却水が不要、汚染物質を排出しないといったメリットがある一方、風を遮らない場所に建てないと機能しないデメリットがあります。

水力発電

水が高い位置から低い位置に流れる時のエネルギーを用いて発電しています。

日本は水源に恵まれており適した発電方法ですが、大型発電所をつくるとなると森林などの自然環境に悪影響を及ぼすリスクがあるでしょう。

地熱発電

火山帯などの地下にあるマグマ熱から発せられる蒸気をでタービンを回し、発熱する仕組みとなっています。

こちらも昼夜問わずいつでも発電ができますが、候補地が温泉地周辺や国立公園などが指定されるケースが多く、発電までに時間がかかりやすいことがデメリットです。

バイオマス発電

可燃ゴミや生ごみ、下水汚泥、家畜糞尿などを燃焼、もしくは発酵させた時のエネルギーでタービンを回して発熱します。

廃棄物を用いるので無駄がなく自然環境に影響されないメリットがありますが、安定した燃料の確保や燃料の保管場所のスペース確保が課題でしょう。

 

 

それぞれ再生可能エネルギー源にはメリットとデメリットがありますが、普及すれば環境に大きな負担をかけることなく、エネルギーの供給が行えます。

特に日本はエネルギー供給の8割以上が海外から輸出される化石燃料なので、資源エネルギー庁によると原子力を除くとエネルギーの自給率はわずか4%と言われています。

しかし、世界的にエネルギーの需要が増大していることから市場価格は乱高下を繰り返し、環境保全の意識が高まっていることから再生エネルギーの必要性が高まっているのです。

再生可能エネルギーファンドについて

2011年3月11日に起きた東日本大震災で東北地方は大きな被害を受け、放射性物質が放出された福島第一原子力発電所事故の影響から、全国で電力会社が立ち上がる動きが強まりました。

ただ、再生可能エネルギー発電設備を配置し、持続的な運用を実現するためには、イニシャルコストや管理に莫大な資金が必要です。

そこで注目されているのが、再生可能エネルギー発電設備に関する投資が注目されています。

投資には株式投資や不動産投資がありますが、これらの投資は経済情勢によって価値が大きく変化するのが特徴的です。

不動産に関しては入居者がいないと利益が発生しないリスクが存在します。

その点、太陽光発電投資なら、電力会社の20年間固定買取制度により、作った電気を電力会社に売ることで安定した収益を確保可能な投資を構築できるのです。

再生可能エネルギーファンドは再生可能エネルギー事業を進めるために投資を募り、その資金で設備を設置して運用し、その売電収入が投資家に出資される仕組みとなっています。

ただ、再生可能エネルギーファンドをはじめるためには、どこから融資を受けるのか、工事はどこの建設会社に委託するとコストをカットできるのかなど、プロジェクトの設計図が欠かせません。

アールエスアセットマネジメントのアレンジメント事業の一環には、その設計図を構築するファンドストラクチャー構築業務があり、有効なストラクチャーを構築することで、イニシャルコストを抑え、また資金管理のコストを減らしながら、収益を最大化させることが可能です。

また、特別目的会社からの資金運用の状況やメンテナンス情報をタイムリーで提供できるので、出資者も安心して電力供給に貢献しながら収益を獲得できます。

再生可能エネルギーの投資価値

株式は大きな利益を狙えますが不確実な要素が強く、収益に安定性がないところがデメリットです。

その一方、再生可能エネルギーファンドは同じ出資でも、投機性が少なくとても安定していることが最大の魅力でしょう。

売電収入や投資家への配当金はそれほど莫大にはなりませんが、一定の収入が毎年入ってくると考えると、投資価値に将来性があると言えます。

再生可能エネルギーの設備導入は簡単なものではないので、 再生可能エネルギー設備に積極的な出資があれば多くの事業者が導入しやすくなり、再生可能エネルギーを普及させることもできるでしょう。

そうなれば化石燃料にほとんど頼らず、電気を自給自足で供給できるようになります。

また、投資先が増えれば今はわずかな収益でも、市場が活発化することで大きな収入につながる可能性も考えられるでしょう。

再生可能エネルギーは環境に大きな被害を与えず電気を生み出せることから、投資家は環境保全にも貢献したこととなるので、社会的貢献としても価値は大きなものではないでしょうか?

再生可能エネルギー事業を発展と環境保全という意味で、再生可能エネルギーファンドは需要のある業界と考えます。

特に太陽光発電以外は場所が限定されやすいことから普及が進んでいませんが、投資により事業がハイペースに進む可能性があります。

ただ、新しい設備を設けるためには土地が必要で、設備設置で自然環境や周辺に環境に影響が出るリスクも問題視されているので、生物多様性が失われないように需要と供給のバランスも考えなければなりません。

競合他社の同じ様な商品サービスと比較

アールエスアセットマネジメントの主力商品サービスと言えば再生可能エネルギー事業です。

日本の将来を支えていくための電力供給として安全に安定したサービスを提供していくことを目指しています。

ここでは、同じ再生可能エネルギー事業に取り組んでいる競合他社のサービスとどのような違いが見られるのか比較していきましょう。

アールエスアセットマネジメントのエネルギー事業とアレンジ事業

用地交渉をはじめ企画や運用までトータルサポートを手掛け、大手EPCによって最適な太陽光発電システムの施行・保守を行っています。

もちろん環境貢献や顧客からの事業性、経済性をクリアしながら常に開発に取り組むこともサービスの一貫です。

太陽光発電にかかるコストは年々下がってきていますが、欧米に比べると割高となっていることから、アールエスアセットマネジメントでは質だけでなく格安で商品を提供していくこともインフラ改革につながっていくと考えています。

低コストでクリーンエネルギーの供給を実現するために、他の自然エネルギーを用いた発電所の開発や運営にも注力しています。

バイオマス発電

バイオマス発電とは、家畜の糞尿や食品の廃棄物などのゴミを燃焼し、これによって発生する熱を利用して上記でタービンを回していくという発電の仕組みです。

天気や気候によって発電が左右される太陽光や風力発電と違い、バイオマス発電は燃料さえあれば安定した発電を行うことができます。

アールエスアセットマネジメントではベース電源として、大手EPCと共同開発を進めながら事業展開を行っています。

風力発電

風という自然エネルギーを利用して発電する仕組みです。

発電システムの充実化や規制を緩和させるために注目されている資源の一つです。

小型風力、洋上風力などの風力発電事業の開発を進めています。

地熱発電

地熱大国である日本の風土を活かし、安定的な国産エネルギーを用いた発電開発です。

源泉の枯渇問題もなく、短い開発機関での発電が可能です。

低リスク、低コストで開発事業に取り組むことができるという面もあります。

水力発電

既存の水流を活用し発電するため、自然環境へのリスクが小さいです。

太陽光発電に比べると許認可が多く必要になりますが、設備利用率が高いので高品位の電力を供給することができるでしょう。

現在、水力発電の候補地選定や実施計画を進めている最中です。

 

 

アールエスアセットマネジメントは、以上のような自然エネルギー事業を展開しています。

専門性が高く豊富な実績を持っているため、情報や知識を最大限に活用し新しい分野への環境ビジネスの構築にも参入しています。

市場調査やコンサルティングなどの支援と共に顧客の幅広いニーズに対応していくためのサービスを提供しています。

国内のみならず海外への環境事業も拡大しながら、大手企業と連携を保ちながら再生可能エネルギー事業を今後も目指していくことでしょう。

また、アールエスアセットマネジメントはアレンジメント事業にも注力している企業として有名です。

太陽光発電において電力会社と20年間の固定買取制度を利用し、不動産投資のような流動性のリスクを考慮せず収益のみを重視した投資も行っています。

ファンドストラクチャー構築業務や運営管理業務によって、安定した電力供給の貢献を目指しています。

競合他社の商品サービスについて

リニューアブル・ジャパン株式会社もまた、自然再生可能エネルギーを活用したサービスを提供している企業です。

エネルギー資源は、太陽光発電、風力発電、小水力発電、地熱発電、バイオマス発電、海流発電などの事業を展開しています。

 

・建設候補地の発掘

・売電開始後のアフター管理

・案件候補の発掘

・土地の権利や許認可調査

・造成設計

・発電所設備の設計

・工事期間中の施行管理

・事業管理

 

リニューアブル・ジャパン株式会社では、金融商品取引や宅地建物取引業、特定建設業などの領域にも事業を拡大していますが、必要に応じて開発資金を調達し直接関係者と協議をしたり、発電所の年間計画や企画を遂行するための保安管理業務までトータルサポートに従事しています。

発電所の建設時は問題解決を遂行しながら完成時に、竣工検査をし引き渡しを行います。

発電所を管理していく上では、電気設備の定期的なメンテナンス、事故発生時の機器交換や点検も対応可能なサービスです。

 

【良い点】
主力事業である太陽光発電事業以外、バイオマス発電、風力発電、小水力発電、地熱発電など新しい事業も開拓中。グローバル案件も携わっています。

発電所の建設候補地の探しから、売電開始後の事業管理までの業務を行います。

開発の諸段階からたずさわり、かつすべてのフェーズに寛容することになり、確実な開発が可能となります。

 

ボーナスはしっかりと支払われ、待遇も悪いものではなかったと思います。貢献度合いによってボーナスの支給額にも反映されていた実感もあります。

 

【良い点】

やる気があれば様々なことに取り組ませてもらえる環境です。年齢や性別関係なく仕事(責任)を割り当てられる文化があるように思います。自信の能力次第では幅広く携われると思います。

【気になること・改善したほうがいい点】

本人の裁量に任されるような傾向がツ良いのですが、言いかえれば丸投げに近い状態にもなることがあり、それを経営陣も把握できていない状況に陥ることがあります。

 

 

リニューアブル・ジャパン株式会社で働く人の口コミを見てみると、商品サービスの品質や価格など顧客が求めるニーズに対する口コミはありませんでした。

しかし、幅広い事業管理に取り組む姿勢として働く社員に対する報酬がきちんと支払われているということが見受けられます。

設備メンテナンスや保守業務などリスクに応じて多様な知見を応用していく能力が求められているようです。

 

 

アールエスアセットマネジメントと競合他社の商品サービスを比較してみると、提供するサービス内容は同じでも対象エリアや開発規模が異なるようです。

アールエスアセットマネジメントは、日本全体の活力を上げるための電源開発以外に、アジア各国の課題に合わせた再生可能エネルギーも展開しています。

日本とは違った新しい文化やビジネスも視野に入れながら、高品位な電力を供給していくことにも従事している企業です。

大手EPCと共同開発で事業を進めていることも、サービスを向上させるための要因となっていることでしょう。

アールエスアセットマネジメントの事業内容を総括

アールエスアセットマネジメントの事業内容に関して解説してきましたが、いかがでしたか?

アールエスアセットマネジメントでは、次世代のエネルギーを担うであろう再生可能エネルギーに対するファンドを実施し、アセットマネジメントによって特別目的会社や投資家へのサポートを行なっていくことが主な事業として挙げられます。

この事業は、次世代エネルギーとして活躍する太陽光発電やバイオマス発電などが将来的にさらに普及していくことを予測したものでもあり、アールエスアセットマネジメントはいち早くこうしたエネルギー事業に着目した企業だと言えます。

アールエスアセットマネジメントでは大手企業との連携によってこのような実績を出しています。

大手企業との連携は、太陽光発電のみに限らず、例えばバイオマス発電でも大手企業と共に共同開発に取り組んでいます。

大手企業との連携を図ることで事業スピードの促進にもつながっているのです。

アールエスアセットマネジメントは大手企業と連携を図り、さらに共同開発にも取り組んでいることから、アセットマネジメント企業としても信頼できる企業と言えるのではないでしょうか?

 

アールエスアセットマネジメントが行なっている再生可能エネルギーファンドは、今後業界の認知や普及も見込まれるものと言えます。

もし、再生可能エネルギーファンドについて興味があるという方は、大手企業とも連携し信頼できるアールエスアセットマネジメントにも注目してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事