■太陽光発電の仕組みとは?

太陽光発電はソーラーパネルを用いて電力を発電していきます。
ソーラーパネルの表面に使用されている半導体や内部に搭載されている太陽電池が、太陽光の光を浴びることによって電気が発生する現象が起きます。
発生した電気はパワーコンディショナーと呼ばれる電圧調節機器により、家庭でも使用できる電圧に変換されるようになっているのです。
電圧が変換された後はソーラーパネルと電線を結ぶ送電線を通って、電力会社に渡っていきます。
一時は電力会社に作った電力が行ってしまいますが、自身が所有しているパネルが作り出した分の電力はしっかりと電力会社が記録しています。
パネルで作り出した分の電力はきちんと各家庭へと供給されていき、こうした流れで電気代の節約が可能となっているのです。
太陽光発電が素晴らしいと言われている点は、電気代の節約だけには留まりません。
生み出した電力を売却する売電によって、収益を得られるようにもなっています。
多くの家庭では、使用する分以上の量の電力が生産されています。
この余った電力は余剰電力と言われており、余剰電力を電力会社に売電することで投資として運用することも可能です。
投資としても扱えることから、様々な導入メリットがあるとして人気を高めています。
近年ではパネルの機能性の向上と生産性の向上により、導入コストは下がりつつも発電効率が上がっているというメリットが多く得られるようになっており、さらに導入は盛んになっています。

■使用される素材によって発電効率が違う

太陽光発電はソーラーパネルを構成する素材によって大きく発電効率が変わってきます。

・シリコン系
シリコン系の素材はソーラーパネルにおいて最もメジャーな素材になっており、導入数は多く、信頼率は非常に高いです。
そんなシリコン系素材には3種類存在しており、一番効率よく発電できる単結晶シリコンでは、照射される光エネルギーに対して20%の電力を生み出せるという高い変換率を持っています。
価格は少々高いことがネックにはなっていますが、価格の高さをカバーしたものとして多結晶シリコンもあります。
多結晶シリコンは、単結晶シリコンを製造する上で不良品として弾かれたシリコンを再利用して作られているため、導入費用は安くなっています。
ただ、変換効率は15%前後にまで下がりますが、それでも十分な収益性を実現してくれます。
三つ目のシリコン系素材は微結晶シリコンです。
微結晶シリコンは大幅なコストダウンを実現するために、シリコンの使用量をかなり少なくしています。
変換効率は単結晶シリコンの半分である10%にまで落ちてしまいますが、太陽光発電試乗の約8割を占めるほどのシェア率を誇ります。
微結晶シリコンは取り扱っているメーカーも多く、メーカーの違いによって収益性は全く変わってくることを覚えておきましょう。

・化合物系
化合物系の素材でできたソーラーパネルは、銅やインジウム、ガリウム、セレンなどを原料として作られた半導体が化合物系になります。
これらの素材の中でも特に多く使用されているのが、銅とインジウムとセレンの3つを組み合わせたCIS太陽電池が有名です。
発電方法はシリコンと同じですが、シリコン系にはないメリットが化合物系にはあります。
シリコン系では太陽光が大量に当たりすぎることによって高い温度上昇が起きると変換効率が悪くなってしまうというデメリットを持っています。
しかし、そんなデメリットを打ち消す化合物系は高温時の発電効率だけではなく、影がかかることによる発電量の落ち込みもカバーしてくれる優れものです。
変換効率は自体は9~14%程度にまで下がりますが、化合物系のメリットを活かせばシリコン系以上の発電効率を可能とするでしょう。

・有機系
有機系は先ほどご紹介したシリコンや化合物などの無機物を原料にしていない素材となっています。
有機薄膜太陽電池や色素増感型太陽電池といったものが有機系ソーラーパネルを構成する主な素材であり、次世代の太陽光発電システムでは主流になる素材だと言われています。
非常に薄くて軽く、その上素材特有の柔軟さにより自在に曲げることも可能です。
しかし、有機系素材は変換効率の低さがネックになっています。
有機系素材はまだまだ研究が始まったばかりの素材になっているため今後の技術力の進歩によって大きく改善され、様々な地形にも適用し、至る場所で活躍が期待されている素材です。

・量子ドット
有機系同様に量子ドットも将来性に大きな期待を抱かれている素材です。
量子ドットは量子効果を利用したものになっており、直径10nmもの小さな結晶を用いています。
微小な結晶を活かし、これまで吸収不可能であった波長や高エネルギーの光を有効活用できるようになるため、性能向上を図る技術として注目を浴びているのです
理論上で言うと75%もの変換効率を実現しており、今後の太陽光発電を大きく支えていく存在だとされています。
そんな量子ドットですが、現段階では基礎研究が始められたばかりであり、製品として導入されているわけではありません。
現状としては変換効率の向上を実験が行われている段階で、製品の開発に力が注がれています。

■儲かる太陽光発電投資を行うにはメーカー選びも大事

様々な種類を有しているソーラーパネルですが、使用されている素材の違いに加えて販売しているメーカーごとに少し特徴が違うものになっています。
ここからは、儲かるおすすめのソーラーパネルメーカーをご紹介しましょう。

・パナソニック
パナソニックは国内の人気メーカーとして君臨しており、かなりのシェア率を誇っています。
パナソニックの大きな特徴としては、業界トップクラスの発電量を実現していることです。
特に単結晶シリコンとアモルファスシリコンを融合させたハイブリッド型の「HIT」は、非常に効率のよい発電量となっています。
熱に強いという特性をもつアモルファスシリコンが単結晶シリコンを挟み込んだ製品となっているため、シリコン系の弱点を補い素晴らしい発電効率を実現しています。

・シャープ
1959年から太陽電池の開発を行ってきたシャープ長い間研究を行い続けてきた結果、非常に多い発電量の実現でたくさんの導入を手掛けてきました。
累計設置実績は約80万軒以上にも及び、実績に関してはどのメーカーもお手上げというほど多くの場所に導入されています。
そんなシャープの特徴としては豊富な形状のパネルを備えていることです。
どんな地形にも適合するように研究を積み重ねて作られており、複雑な形の屋根に設置しても多くの発電量が得られるようになっています。
また、シャープは設置後の管理システムも優秀と言われています。
「Webモニタリングサービス」というものが発電量の監視を行っており、発電に異常があった場合にはすぐに連絡が来るので安心です。

・Qセルズ
Qセルズは2012年に設立された会社でありながらも世界においては第3位の地位を誇る太陽電池メーカーです。
韓国のメーカーであり、世界の多くの国で導入していることから製品は大量生産され、非常に安い価格で設置できる強みを持っています。
初期投資をあまりかけることなく、太陽光発電投資をやってみたいと考えている人はピッタリでしょう。
また、安いだけではなく保証もきちんとしている点も評価されており、出力保証においては他社メーカーが提示している条件よりも優れています。

・カナディアンソーラー
カナディアンソーラーはカナダで設立されたメーカーでありますが、現在では中国に7箇所の生産工場を持つため、中国メーカーとして注目を浴びています。
Qセルズ同様に海外メーカーの代表格になっており、低価格でのパネル設置を実現しています。
ただ、パネルは安いだけではなく優れた発電効率となっているのも魅力的です。
国内トップクラスのメーカーとも比べても引けをとならないほどであり、素晴らしい発電性能を誇ります。

■アールエスアセットマネジメントも有力

アールエスアセットマネジメントは進化し続ける国内メーカーとして名を広めています。
強みとしては、太陽光発電を中心に事業を展開しているので、儲かる太陽光発電投資にしてくれます。
アールエスアセットマネジメントは投資を始める準備としての用地探しや用地交渉、パネル選び、設置工事、そして設置後の管理やメンテナンスも手掛けてくれています。
また、アレンジメント事業として、専門知識を多く有した提携会社に業務委託をしており、投資家に代わって運用することも行っています。
アレンジメント事業ではレバレッジを掛けることもできるため、少ない投資金で多くの収益をもたらすことも可能です。
こうした様々な事業とサポートで人気を上昇させてきたアールエスアセットマネジメントは、年々導入実績を伸ばしてきており注目される存在となっています。

太陽光発電で使用されているソーラーパネルには色んな種類があり、たくさんのメーカーが存在しています。
投資として上手く儲けていくためには、発電の仕組みや流れなどをきちんと理解していくことが大事です。
また、メーカー選びも大事であり、近年注目を集めているアールエスアセットマネジメントでは気軽に相談ができるので、困っていることがあれば活用してみると良いでしょう。

Follow me!

関連キーワード
その他(others)の関連記事
  • 青空とたんぽぽ
    劉凱鵬(渡邊龍志)氏が社長を務める東亜産業の衛生用品について調べてみた
  • 太陽光発電投資で儲かるためには?発電システムをよく理解しよう!
  • 太陽光発電投資で儲かるためには?発電システムをよく理解しよう!
  • 再エネ投資をするなら知っておきたい!太陽光発電の種類とは?
  • 初めての投資で迷ったら?太陽光発電がおすすめできる理由
  • 再生可能エネルギー投資でおすすめの太陽光発電投資
おすすめの記事