核酸ドリンク各社の口コミまとめ!核酸を効率良く摂取するためには?

こんにちは!
最近健康が気になる今日このごろ。
本日は核酸という栄養素について取り上げてみます。

核酸とは?RNA・DNAについて

核酸とは、すべての高等動植物が持つ遺伝子の本体であり、DNAやRNAに分けられるものです。
この核酸が数多く連なり、遺伝情報の暗号となることで、それぞれの動植物の姿を形作っています。
他にも核酸は傷ついた遺伝子を修復するための材料となり、修復を手助けする力があるとされています。
アメリカの一部の研究では、核酸が発がん物質や放射性物質から細胞を守り、修復をする働きがあったと確認されています。
この核酸がもしなくなった場合、細胞は正しく分裂ができなくなり、遺伝情報を読み取れず、体の組織が上手く作れなくなってしまうでしょう。
そして核酸は、細胞分裂が活発な時期は体内合成が行われて常に補給されるものの、分裂が終わると合成が止まります。
合成が止まっている時期に核酸を取り入れるためには、体外から摂取する必要、つまり食べ物による補給が必要です。

核酸を効率良く摂取するためには?身体に良い食材

DHAやRNAといった核酸を効率良く摂取するためには、やはり上記でも紹介したように食べ物による補給が一番と言えます。
核酸が多く含まれている食べ物はたくさんありますが、中でも魚介類に多く含まれています。
特に多いのは、鮭の白子と言われています。
鮭の白子というとあまり聞き馴染みがない方も多いのではないでしょうか?
スーパーでも海鮮系に強いスーパーであれば置いている可能性は高いですが、普通のスーパーだと鮭の白子が置いていないかもしれません。
鮭の白子自体は値段も安くお手軽なので、核酸を効率良く摂取したい場合は鮭の白子を取り入れると良いでしょう。
もし鮭の白子がスーパーにないという場合はちりめんじゃこや煮干し、鰹節、鶏のレバーなどがおすすめです。
これらの食材には多く核酸が含まれています。

上記でおすすめする食材を摂取する時に気を付けたいのが、摂取量です。
実は核酸の1日目安摂取量は2,000mgと言われています。
鮭の白子は100gで10,000mg以上あるので20gも食べれば1日の目安量に到達するのですが、そうでない場合は目安量まで核酸が豊富に含まれる食べ物を食べるのはかなり大変です。
例えば、鰹節の場合100g中に750mgの核酸が含まれていると言われているのですが、鰹節を1日約300g食べることでようやく目安量に到達します。
意識して魚介類を食べていたとしても、核酸の十分な量を摂取することは難しいのです。

核酸を効率良く摂取するには食べ物を摂取する方法が良いのですが、核酸を意識するとなると他の成分が逆に過剰摂取となってしまう可能性もあるので十分に気を付けなくてはなりません。
しかし、そんな時におすすめなのが核酸を集中的に配合した「核酸ドリンク」です。
次の項目から核酸ドリンクについてご紹介していきましょう。

核酸ドリンク

核酸ドリンク販売会社まとめ

核酸を手軽に摂取する方法として核酸ドリンクがあります。
この核酸ドリンクを販売する会社はいくつかありますが、フォーデイズ社、ニッチエンジニアリング社、エナーゼ産業社、大自然生活館株式会社の4社について調べてみました。
この4社はどのような会社で、またどんな核酸ドリンクを販売しているのかご紹介しましょう。

■フォーデイズ社

フォーデイズ社は1997年に創業し、健康食品と化粧品の開発販売を行っている会社です。
創業当時から人々の豊かな人生を願い、健康に追求して高品質で安全な製品を提供しています。
長年核酸に注目しており、研究と科学的実証を重ね続けてきました。
その成果から、「核酸のリーディングカンパニー」と定着しています。
単純に栄養を補う健康食品ではなく、健康をつくっていくための健康食品を企画しており、また自社の考えを伝えるためにセミナーやシンポジウムの開催も積極的です。
安全性と有効性のある製品を提供するために、各種研究機関などと共同研究を行い、製品の開発を続けています。

そんなフォーデイズ社の核酸ドリンク「ナチュラルDNコラーゲン」は、核酸と核たんぱく質を独自技術により液体化させたドリンクになっています。
ライフサイエンス研究所と共同開発しており、核酸を豊富に含むサケ白子抽出物と食用酵母抽出物がベースです。
他にもトリペプチド型コラーゲンやヒアルロン酸が含まれる鶏冠抽出物、コンドロイチンが含まれる鮫軟骨抽出物、ビタミン、ミネラルなどバランス良くたくさんの栄養素が1つのドリンクに凝縮されています。
気になる味はほどよい甘さで、すっきりとした味に仕上がっているので飲みやすいでしょう。

公式HP:https://fordays.jp/

■ニッチエンジニアリング社

ニッチエンジニアリング社は2005年4月に設立されました。
主な事業はホームページの作成、システム開発・販売とIT関連となっていますが、健康食品の販売も行っています。
ホームページやシステム開発は少数精鋭で行っており、豊富な知識と経験を持つデザイナーやSEが中小企業をメインに高品質なホームページやシステムを提供しているようです。

ニッチエンジニアリング社が販売している核酸ドリンクは「セルビー」です。
商品名の由来は細胞の「CELL」と美しさを意味する「Beauty」の「Be」からきています。
多くの栄養をドリンク1つで摂取してもらうため、核酸をはじめプラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸、レスベラトロールを高濃度で配合しているようです。
原料は1つ1つ丁寧に分析や臨床実験を行い、安全性と有効性が認められたものを使用しています。
大気汚染や土壌汚染、飼料などの影響に配慮して、原料はフィッシュ計を採用しています。
また、ISO認可の向上で製造されているので、製造から品質管理の体制も万全です。

セルビーは赤紫の液体が特徴的ですが、その色はレスベラトロールエキス末から出ている色です。
レスベラトロールとは赤ワインにも含まれるポリフェノールの一種で、葡萄の皮や種にも含まれています。
自然素材の着色なので安心して飲むことができ、りんご味なので美味しく飲むことができます。

公式HP:https://niche-eng.com/

■エナーゼ産業社

エナーゼ産業社は1963年に設立され、4社の中では最も老舗の会社です。
創業当時から日本の伝統食の食育の重要性を唱えております。
その重要性に追求した結果、過去の累積は約1500社の企業と約30万人の顧客と取引を行っており、健康産業ではパイオニアとも認知されています。
主力商品は「エナーゼ」という小麦と大豆抽出油益をブランドさせ、自然発酵させた栄養補助食品です。
脳幹や神経系を整え、不足しがちなアミノ酸をバランスよく補うことができます。
化学合成物質を使っていないので安心して食べることが可能です。
この他にも農作物の品質アップや畜産、養殖向けに「ビターゼ」という土壌改良材や動物用飼料を取り扱っています。
こちらも化学合成物質は一切使わず、植物性たんぱく質を原料にしているので、植物や動物に対して無害です。
また、ゼタービを活用して栽培されたお米やミカン、トマト、卵の販売も行っています。

エナーゼ産業社が販売している核酸ドリンクは「エナーゼ核酸」です。
体の成長維持に核酸は重要である研究結果に注目し、加齢と共に減少していく核酸を手軽に補ってもらうために開発されました。
エナーゼ産業社は大豆を原料にした製品づくりにこだわっており、核酸ドリンクでも生大豆を特殊な抽出法を用いて核酸エキスを抽出しています。
それに昆布エキスをブレンドし、一定温度の下で2年間管理して発酵させて作っています。
安全性を重視して原料を選び、飲みやすく作っているので子どもからお年寄りまで幅広い人に向いている核酸ドリンクでしょう。

公式HP:https://www.enase.co.jp/

■大自然生活館株式会社

大自然生活館株式会社は1989年8月に設立されました。
自然素材にこだわったパンやスイーツなどの食品開発や販売、ハーブとスパイス原料・商品の輸入販売、自然雑貨・輸入雑貨の販売をメインにしています。
直営店は群馬県を中心に展開しており、東京にアロマブティック、上海にも事務所を構えています。
製品の設計や仕様は顧客が考え、自社ブランドとして製造するOEM生産や、顧客の独自ブランドを製造するPB生産も積極的の様子です。

そんな大自然生活館株式会社が販売している核酸ドリンクは「核酸コラーゲンドリンク」になります。
核酸以外に、商品名にも含まれているコラーゲン、グルコサミン、セレン、クエン酸、ビタミンC、ビタミンEが含まれています。
さらに、アミノ酸とクエン酸、ミネラルが豊富な黒酢、ミネラルやポリフェノール、有機酸など栄養価の高いはちみつも原料に使われているようです。
黒酢が入っているので飲むお酢のような酸味がありつつも、はちみつの糖でまろやかな甘さとなっています。
原液をそのまま飲むのも美味しいですが、牛乳や豆乳割、アイスクリームやヨーグルトにかけるなどアレンジも良いでしょう。
他にも黒酢感覚で酢のものの調味料に活用でき、酸味が苦手な人はお味噌汁に入れても美味しくいただけるようです。
実際に核酸ドリンクを毎日飲むとなると美味しくても飽きがきやすく、幅広くアレンジできるとなると、飽き性の人も続けやすいのではないでしょうか。

公式HP:http://www.herb-t.net/

核酸ドリンク

 

核酸ドリンク販売会社の口コミ&評判を分析

上記で核酸ドリンクを販売する会社を4社ご紹介しましたが、実際に販売されている核酸ドリンクはどう評価されているのでしょうか?
各社核酸ドリンクの口コミ評判を調べたので、一部をご紹介します。

■核酸ドリンクを飲み始めてから…

まずは核酸ドリンクを飲み始めてから変化があった方の口コミをご紹介します。

【フォーデイズの核酸ドリンクの口コミ】

“知り合いのお母さんがものすごく肌の状態がよくなった、と紹介されて、使ってみました。
今飲んで、2週間程度。肌のほうは、まだ、はりが出たかも?程度ですが(肌の効果がみえてくるのは3週間てことで。)とにかく疲れにくくなったのが劇的効果!”

“肌がツルツルになりました。これからも続けてのみたいとおもいます。”

“飲み始めて2~3ヶ月経った母親の肌が、何やら調子いい・・・高い化粧品を使っているわけではないのに、顔に艶が出てプリプリ!”

【ニッチエンジニアリング社の核酸ドリンクの口コミ】

“傷んだお肌や、くたびれた体に超最高!!”

核酸ドリンクを飲み始めてからの体調の変化に関して、上記の口コミがありました。
フォーデイズは核酸のリーディングカンパニーということもあり、核酸ドリンクの口コミもたくさんありました。
ニッチエンジニアリングの口コミは少しありましたが、エナーゼ産業社と大自然生活館の口コミは見つかりませんでした。

核酸は活性酸素に強い体に整えてくれるため、疲労回復に良いと考えられます。
疲労が回復することで虚弱体質の人も体がすっきりし、体調が良いように感じるのではないでしょうか。
美容効果の感じ方は人それぞれで、少し良くなったという人もいれば、劇的に変化している人もいるようです。
特に美容効果が期待できるのは核酸が減少しつつある中年以降であり、まだ核酸が多い若年層は肌が整ったという程度でしょう。
失われがちなコラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミン、ミネラルも含まれているので、年齢問わず飲み続けた方が、歳を重ねても美肌を維持できると考えられます。

ニッチエンジニアリング社のセルビーに関しても、肌や疲労回復に効果的という口コミが見つかりました。
セルビーの場合、核酸以外にプラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸、レスベラトロールが含まれており、特に美容効果に期待できます。
レスベラトロールはポリフェノールなので、優れた抗酸化作用によりシワや肌たるみを予防してくれるでしょう。
プラセンタも抗酸化作用があり、それに加えて血行促進や血圧、自律神経の調整などの健康効果もあります。
なので、核酸との組み合わせにより疲労回復を早めてくれるのでしょう。

エナーゼ産業社と大自然生活館の核酸ドリンクも、上記2つの商品と似たような効果に期待できます。
大自然生活館の核酸コラーゲンドリンクには黒酢やはちみつと栄養価の高い食材を使っており、それに加えてグルコサミンやコラーゲンなども含まれているので丈夫な骨や関節を維持に効果があるでしょう。
エナーゼ産業のエナーゼ核酸は大豆と昆布エキスからつくられており、他の核酸ドリンクよりもヘルシーな印象です。
ただ、大豆が主成分となるので、大豆アレルギーの方は摂取を控えた方が無難でしょう。

■核酸ドリンクの飲みやすさについて

毎日飲むものなので、味や飲みやすさに関する口コミも探してみました。

【フォーデイズの核酸ドリンクの口コミ】

“母が飲んでます!私もたまに飲んでますが飲みやすくて好きです。
母は飲みはじめて徐々に元気になってきたみたいです。”

“飲みやすくて、毎日少量ずつを飲むので、続けやすいです。”

“味はパイナップル味で、甘味がやや強いですが、美味しいです。”

【ニッチエンジニアリング社の核酸ドリンクの口コミ】

“飲みやすくて成分もプラセンタも入っているとのこと、美容と健康に良いと思います”

飲みやすさに関しても、フォーデイズとニッチエンジニアリング社の口コミしか見つかりませんでした。
フォーデイズのナチュラルDNコラーゲンはパイナップル味となっているので、フルーツジュースの感覚で飲めます。
甘味は強めなので子どもも飲みやすいようです。
甘い味が苦手な場合は水で割って薄めて飲むという口コミもみられました。
飲む量は1日30mlから60mlと少量なので、毎日飲み続けやすいでしょう。
飽きが来た時はヨーグルトにソース感覚で欠けて食べるという方法もできそうです。

ニッチエンジニアリング社のセルビーは、万人受けするりんご味となっています。
フルーティーでほどよい酸味のある味なので、こちらも大変飲みやすい核酸ドリンクでしょう。
口コミはあまりありませんでしたが、飲みやすいと評価されています。
セルビーはポリフェノールの色がそのまま使われており、見た目はワインやブドウジュースをイメージしますが、その見た目とは異なるりんご味に少し驚かされるかもしれません。

エナーゼ産業社のエナーゼ核酸の口コミはなかったので味や飲みやすさは分かりませんが、大豆から抽出されているので豆乳のような風合いかもしれません。
大自然生活館の核酸コラーゲンドリンクは黒酢入りなので酸味がありますが、はちみつでまろやかな甘さにまとまっていると想像できます。
飲む以外に牛乳割やヨーグルトにかける、味噌汁に混ぜるといったアレンジも紹介されているので、調味料感覚で自分好みの方法で摂取できる点が他の商品とは違う魅力と言えるでしょう。

各社核酸ドリンクの口コミを見たところ、味は様々ですが飲みやすく、肌がきれいになる、元気になるといった効果に共通点があります。
好転反応が出たことで、体に悪いと勘違いして飲むのをやめてしまう人もいるので、好転反応が一定期間出る可能性があることを理解しておきましょう。
核酸ドリンクは薬品ではないので病気が治ったり、疾患を予防したりする効果はありませんが、続けて飲むことで健康と美容維持のサポートには貢献してくれると言えます。

核酸ドリンク

核酸を効率良く摂取するための心がけ

核酸を効率良く摂取するなら、やはり核酸ドリンクを活用するべきと言えます。
上記でも紹介してきたように、核酸を1日の目安量まで摂取するためには核酸を豊富に含んだ食材を食べる必要があります。
核酸を豊富に含む食材は魚介類を中心にたくさんありますが、核酸だけを集中して摂取してしまうと他の栄養素で過剰摂取が見られてしまう場合もあるのです。
特に、タンパク質や脂質が多い食材が見られます。
もちろん、これだけで過剰摂取となることはありませんが、他の食事と含めて考えると過剰になってしまう可能性もあるのです。
他の栄養素を摂りすぎてしまわずに効率良く摂取するなら核酸ドリンクを活用するようにしましょう。

今回、核酸ドリンクを販売している企業についても比較してみました。
同じ核酸ドリンクと言っても販売している企業によって特徴は大きく異なります。
様々な種類の核酸ドリンクの中から、自分に合った核酸ドリンクを選ぶことによって長期的な摂取につながり、効率良く核酸を摂取し続けることができるようになるでしょう。
今回はフォーデイズやニッチエンジニアリング社の口コミ評判しか見られませんでしたが、口コミ以外にも商品・企業の特徴などを参考に、核酸ドリンクの比較検討を行ってみましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事