森谷祐二さんが考える、翻訳勉強法!翻訳業だけで年収1,000万円を稼ぐことはできるの?
Learn English light bulb word cloud collage, education concept background on blackboard

翻訳の仕事と聞くと、本業で稼ぐことは難しいイメージを持つ人もいるでしょう。

確かに、翻訳業だけで自立した生活ができる人はそう多くありません。

しかし、海外企業との取引や事業展開をする上で翻訳は重要な役割を担っています。

そこで今回は、「森谷式翻訳術」について、監修を務める森谷祐二さんの考えとともにみていきます。

翻訳者の森谷祐二さんについて

森谷祐二さんといえば、“業界・最短最速で翻訳スキルを身に付けられると評判の森谷式翻訳カレッジで学べる森谷式翻訳術を監修した人物ですが、
どんな経歴を持っているのでしょうか?

過労で生死の境をさまよった

1969年生まれの森谷祐二さんは、アメリカ・カリフォルニアに拠点を置く翻訳者です。
今もプロの翻訳者として現役で活躍していますが、実は、会社員時代に過労により体調を崩し、生死の境をさまよった経験の持ち主でもあります。

この、死を意識する経験が人生を見つめ直すきっかけとなり、自由に自分のペースで仕事ができる環境がほしいと感じるようになります。
それと同時に、自分は英語が好きで、英語に携わるような仕事がしたかったのだと気付いたそうです。

プロの翻訳者として活躍している

人生を見つめ直した森谷祐二さんは、自分は英語が好きだということ意識します。
そこで、英語に関わる仕事をするため、まずは翻訳スクールに入学します。

しかし、いくらスクールで学んでもなかなか結果が出せません。
このまま翻訳者を目指していいものか、そろそろあきらめるべきではないのかと悩んでいました。
そんな時、翻訳者として欠かせないものが何なのかに気付きます。

人気翻訳者として自由なライフスタイルを

死ぬかもしれない危機に直面し人生を見つめ直した結果、翻訳者を目指すことを決めた森谷祐二さんですが、
人生の再スタートをスムーズに切れたわけではありませんでした。
心機一転、翻訳スクールに入学したものの、思うような成果を上げられなかったのです。

年収1,000万円を稼ぐ人気翻訳者に

思い悩む日々を送る中、翻訳者として自分に足りないものに気付いた森谷祐二さんは変わりました。
これまで結果を出せなかったにもかかわらず、翻訳会社の試験を受けてからわずか3ヵ月で月収100万円を達成してしまうのです

その後もコンスタントに依頼が舞い込み、気付けば大手有名企業から依頼が殺到するようになります。
年収1,000万円を超える人気翻訳者として活躍されていたようです

森谷祐二さんが考える翻訳とは

グローバル化が進む現代では、さまざまな場面で海外と関わる日本企業が増えています。
関わりが増えればその分、翻訳が必要な場面も増えるでしょう。

その結果、正確かつ信頼できる翻訳者の需要が高まるため、翻訳スキルを身に付けることで、
お金や時間、場所に縛られない自由なライフスタイルを手に入れることができる、と森谷祐二さんは説いています。

トランスクリエーションについて

森谷式翻訳術の大きな特徴なのが「トランスクリエーション」です。
翻訳では正確さの他に“言わんとするニュアンスをそのまま伝える”という点が重要になります。

そこで登場するのがトランスクリエーションなのですが、どういったものなのでしょうか?

注目を集める翻訳技術

トランスクリエーション(transcreation)とは、「translation(翻訳)」と「creation(創造)」を組み合わせた造語で、
「クリエイティブを他の言語や文化にマッチングさせること」と定義されています。
単純に別の言語に直訳するだけでなく、意訳を加えたこのトランスクリエーションは今注目を集めている翻訳技術なのです。

技術の発展が目覚ましいとはいえ、機械翻訳では表現に限界があります。

短文の説明書や注意書き程度であれば目立ちにくいですが、会話や文章では言葉にニュアンスを含めた言い回しが日常的に行われるため、機械翻訳では不自然さが目立ってしまいます。

トランスクリエーションなら、発言者や筆者の意図を汲み取りながら行うので齟齬はもちろん、意訳によって不自然さのない翻訳が可能なのです。

トランスクリエーションが重要になる場面とは?

とはいえ、原文をそのまま翻訳することが悪いわけではありません。
医療や法律といった業界では正確な情報が必要とされるため、むしろ原文のままの翻訳が一般的です。

トランスクリエーションが得意とする意訳が活躍するのは、主にマーケティングの場面といえるでしょう。
市場調査から販売・宣伝までの全過程を行うマーケティングではターゲットの年齢や性別、
国籍や文化などを意識した訴求が欠かせず、それには興味や関心を引く言葉遣いや言い回しが必要です。

海外でビジネスを展開しようと考えた時、トランスクリエーションは極めて重要と言えるでしょう。

トランスクリエーションは難しい?

原文をそのまま翻訳すればいいわけでなく、そこに原文の意図や戦略などを読み解き、
市場環境を踏まえたうえで意訳をするというトランスクリエーションは明確な正解が存在しないため、
一般的には難しいといわれています。

ところが、その概念を覆した翻訳ノウハウが登場しました。
それが森谷祐二さん監修による「森谷式翻訳術」です。

翻訳=技術と考え、学べば誰でも習得できるという森谷式翻訳術ならやりがいを持って楽しく翻訳に取り組むことができます。

森谷式翻訳カレッジについて

森谷式翻訳術を学ぶにはまず、「森谷式翻訳カレッジ」へ入学する必要があります。
ここからはカレッジの概要やコースの種類についてみていきましょう。

森谷式翻訳カレッジとは

人気実力翻訳者である森谷祐二さんが監修を務める森谷式翻訳カレッジは、
完全オンラインで学べるため、インターネット環境が整っていれば場所を問わずに受講可能です。

講義はいつでも何回でも視聴できるので、通勤時間や家事の合間といった隙間時間でも勉強に取り組めます。

コースの種類

森谷式翻訳カレッジには2つのコースが用意してあります。
通常コースでは講義動画の視聴や講師によるグループチャットでの24時間サポート
森谷祐二さんによる毎月1回のオンラインセミナー受講生同士の交流チャットなどのサービスが受けられます。

マンツーマンサポートコースでは、通常コースのサービスすべての他に、
完全個別カリキュラムの作成や月2回の個別オンライン指導履歴書や訳文の期間内無制限の添削指導を受けられます。

実際の評判について

では最後に、森谷式翻訳術を学んだ人たちからの口コミや評判をみていきます。

稼ぎながら更に上を目指せる
“デビューして稼ぎながら学べるのが森谷式翻訳術の長所。 正直、私のように本業が忙しい者には稼ぎ始めるのに何年も勉強するなんて余裕はない。 その点、森谷式翻訳術は稼ぎながら更に上を目指せるのが良いところ”
引用元:https://www.britishkodalyacademy.org/english-teaching-materials/moriya-style-translation/#i-19

森谷式翻訳カレッジはオンラインで受講できるのが特徴です。
仕事や家事をしながら隙間時間に学べるので年齢に関係なくチャレンジできます。

正しい学び方を見つけた
“何度挑戦してもダメだったトライアルが… 森谷式翻訳術であっさり合格 正しくない指導をいくら受けてもダメなんだというのを実感しました”
引用元:https://www.britishkodalyacademy.org/english-teaching-materials/moriya-style-translation/#i-19

森谷式翻訳カレッジは、他の翻訳スクールでは難しいトランスクリエーションが学べます。
翻訳者に必要な本質が学べる点は大きな特徴といえるでしょう。

まとめ

今回は森谷祐二さんが考える翻訳勉強法についてご紹介しました。

翻訳者になることで人生の再スタートを切った森谷祐二さんは、多くの有名企業から依頼が殺到し、
年収1,000万円を稼いだ人気翻訳者です。

その極意が学べる森谷式翻訳カレッジなら、翻訳業だけで年収1,000万円を稼ぐことも難しくないでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事