オフィス

将来に関する不安を解消するためにも資産運用について考える機会が多くなっていませんか?
しかし、株式投資や投資信託など、様々な種類がありどれを選べば良いのか悩む人も多いです。
投資といってもメリットやデメリットがあり、しっかりと理解していなければ後々後悔する可能性もあります。
そこで今回は不動産投資やマンション経営におけるメリットをご紹介し、それに役立つ事業を行っている株式会社リヴトラストをピックアップして事業内容についても解説していきます。
不安なく老後を過ごすためにも、この記事を役立ててください。

株式会社リヴトラスト

パソコンとメモ帳
まずは、株式会社リヴトラストの概要について解説していきます。

企業概要

・社名:株式会社リヴトラスト
・設立:2007年9月
・代表:杉本一也氏
・加盟団体:公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会、公益社団法人 東京都宅地建物取引業協会、住宅産業信用保証(株)
・グループ会社:株式会社リヴシステム、株式会社リヴビルディング、株式会社リヴインターナショナル、株式会社リヴサービス、株式会社Lankuuno、有限会社アン・インプレッション

リヴトラストは、不動産に関する情報を提供している企業で、資産運用に関する情報についても対応しています。
社名の由来は「alive」からきているのですが、生きるや生活といった意味を持っています。
そんなaliveの中央にある「liv」を取り出し、「多くの人たちの生き生きとした生活の中心であり続けたい」という願いを込めて社名が名付けられたのです。
真に価値のある資産づくりをサポートするために幅広い事業を行っているので、多くの人に役立つ企業であると考えられます。

リヴトラストの実績

不動産を中心に幅広いサポートを行っているリヴトラストですが、実は不動産投資におけるリサーチで3部門トップの成績を収める実績を残しているのをご存じでしょうか?
日本マーケティングリサーチ機構による調査結果なのですが、

・知人におすすめしたい不動産投資
・資産運用サポート満足度
・ビジネスマンがおすすめするマンション経営

の3部門においてNo.1となったのです。
実際に試したことがないと、その効果や魅力は分からないでしょう。
しかし、こうした実績があることで、不動産投資における不安を解消することにも役立ちます。
知人にまでおすすめしたいと言えるほどに魅力的な企業と考えられるので、興味があれば相談してみてはいかがでしょう。

事業内容


ここからは、リヴトラストの詳しい事業内容について解説していきます。

幅広いサポート

リヴトラストでは、グループ会社を含めると都市開発事業から資産運用の相談まで様々な幅広いサポートを実施しています。
そのなかでもリヴトラストは、

・不動産の売買
・不動産の賃貸および仲介
・損害保険の代理店業務
・生命保険の募集
・前各号に付帯する一切の業務
・ライフプランコンサルティング

などに携わっています。
また、その他のグループ会社でも

・不動産開発事業
・リノベーション事業
・建物の保守やメンテナンス
・居宅介護事業
・児童発達支援事業
・放課後等デイサービス事業

などを行っているので、多くの人たちを満足させるような幅広いサービスを実施していることが分かります。

セミナーの開催

不動産投資やマンション経営に関して不安は多くあるでしょう。
始めるにしても、多くの問題点があればスムーズに運営することは難しいです。
しかし、リヴトラストではセミナーを開催しています。
安定収入を目指す秘訣や家賃収入の失敗例など、様々な知識を学べる場です。
現在は、新型コロナウイルスの影響によって個別相談となっていますが、分からないことを相談できる場なので初めての動産投資で不安を抱えている人は活用してみるといいでしょう。

不動産投資・マンション経営のメリットとは?


不動産投資やマンション経営にはどんな魅力が隠されているのでしょうか?

メンション経営のメリット

始めやすい

マンション経営は始めることが難しいと考える人もいるはずです。
しかし、融資を受ければ誰もがスタート可能です。
多くの現金を集めなければできないと考えている人もいますが、たとえ初期投資が少なくてもスタートできる点は魅力といえるでしょう。
また、ローンの返済が困難になるのではと不安を抱えている人もいるでしょう。
しかし、家賃収入によって返済可能なので大きな不安を抱える必要はありません。

長い間安定的な収入が得られる

マンション経営では入居者からの家賃収入によって利益が得られます。
そのため、入居者がいる限り安定的な収入が見込めるのです。
ローンの返済が終われば家賃収入はすべて利益にできるので、老後の生活を豊かにすることに役立ちます。

節税対策に有効

不動産を残しておくと相続税に問題があるのではないかと心配になる人もいるでしょう。
たとえば、現金で5,000万円を残していた場合、相続税では額面通りの5,000万円の評価額になります。
しかし、不動産であれば額面の5~6割ほどで評価されるので支払う相続税を少なくすることに役立つのです。

生命保険に代用できる

マンションを購入する際、ローンを組むことが一般的ですが、その際には団体信用生命保険に加入します。
契約者が亡くなった時や高度障害の状態になった時、ローンの残高を支払わなくてもいいように保険会社が肩代わりしてくれる仕組みです。
そのため、残された家族がローンを負担する必要もないため、資産のみを残すことができます。

不動産投資のメリット

私的年金代わりになる

自分が年金受給者になった時の不安を考えたことはありませんか?
支払う保険料が増加しているにも関わらず、受給額が減ってしまえば不満も多いです。
これは財源不足と少子高齢化による影響となり、この問題が解決しない限りは年金の不安を消すことはできないでしょう。
年金が受給できないことを想定して備えることが重要となりますが、不動産投資を活用することで安定的な資産構築が可能となるのです。
家賃収入や売却による利益を獲得できれば、年金の受給額が少なかったとしても老後生活を無理なく続けることができるでしょう。

上記以外にもマンション経営と同じように少額から始められる点や節税対策など、様々なメリットが不動産投資にはあります。

不動産投資のデメリット

空室リスク

安定的な収入が得られる不動産投資ですが、入居者がいなければ赤字になってしまう可能性もあります。
空室リスクを減らすためには、空室のでにくい物件を選ぶことが大切です。
・最新の設備を使っている
・リノベーションによって綺麗な空間になっている
・アクセスに便利な場所に建っている
・防犯対策が万全な物件
など、不動産投資の専門家に相談しながら最適な物件探しをしていくことが大切です。

災害リスク

家事や地震、台風などの災害についても考える必要があります。
特に自然災害となる地震や津波、台風に関しては防ぐことはできないでしょう。
少しでもリスクを負わないためにも、保健に加入しておくことや災害に強い物件を買うといった準備が必要となります。

リヴトラストの特徴


ここでは、リヴトラストの特徴についてご紹介していきます。
なぜ多くの人たちに支持されているのか、その理由を知ることでリヴトラストの魅力を把握できるでしょう。

ニーズに合わせたサポート

不動産投資やマンション経営に関しては不明な点もあるでしょう。
リヴトラストでは、不動産の取得から経営、土地活用など、それぞれのエキスパートによってアドバイスが実施されます。
生涯設計に沿うようなサポートが行われるので、自身に合った不動産投資やマンション経営を始められるでしょう。

サブリースシステムの導入

不動産投資にはデメリットもあります。
そのひとつが空室リスクですが、サブリースシステムを導入しているリヴトラストであればリスクを減らすことに役立ちます。
サブリースシステムとは、賃貸マンションをリヴグループが一室から借り上げ、入居者募集や賃料回収などを実施することをいいます。
賃貸物件に入居者がいる・いないに関わらず、保証賃料が支払われる仕組みです。
安定した収入が保証されるので不安解消に役立つでしょう。

・入居者の募集
・契約の代行
・家賃の振り込み
・解約手続き
・内装補修
・アフターケア

といった業務もすべて任せられるので、手を煩わせることなく不動産投資を進めることができます。
また、クレーム処理も代行してくれるので、安心して経営できるでしょう。

まとめ

ここまで、株式会社リヴトラストについての情報をご紹介してきました。
多くの貯蓄を残しておくことで老後も不安なく過ごすことができます。
しかし、不況や新型コロナウイルスの影響によって思うように働けない人もいるはずです。
そんな時には資産を形成して豊かな老後にするためにも、マンション経営や不動産投資に目を向けてみましょう。
少額からスタートでき、安定的な収入の確保や節税対策など、多くの魅力を秘めています。
リヴトラストを活用することで不安を取り除けるので、興味があれば相談してみましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事