アイ工務店の真相!人気急上昇ハウスメーカーの実績と信用性を徹底調査!

アイ工務店は、大阪をはじめ、関西全域、中国、四国、九州、東海、北陸、関東、北関東に事業を展開し、現在多くの人々から高い評価を得ています。
私たちの暮らしには欠かせない住まいをつくるアイ工務店とは、一体どのような企業なのでしょうか?
本記事では、ハウスメーカーであるアイ工務店についてご紹介します。

株式会社アイ工務店の事業内容

「家族に愛を、住まいにアイを」をモットーに掲げているアイ工務店は、戸建注文住宅の販売・設計及び施工を行っております。
自由設計をメインとし、より豊かで快適な生活を送れるように提案するのが、アイ工務店の注文住宅です。
現在、大阪を拠点に全国各地へと事業を展開しています。

その土地の気候や風土、環境を知り尽くしたスタッフが担当するため、顧客により良い提案ができるのです。
アイ工務店では、安心して暮らせる住まいを実現するために、適正な品質と価格を両立した、「適質価格」を追求しています。

設立10年でこの実績!

2010年に設立されたアイ工務店は、ここ10年で会社として驚異の成長を遂げています。
東京商工リサーチの調査によると、2010年度~2019年度の10年で、ハウスメーカー売上高成長率第1位を記録しました

顧客からの要望に応えるだけではなく、「自分が住むなら」と、寄り添って提案をし、満足度を得ているのです。
そのような気持ちを忘れずに、顧客に提案していくことが、現在の売り上げにつながっているのだと考えられます。
変化し続ける環境に柔軟に対応し、社員一人ひとりがさらなる高みを目指して会社に貢献しているのでしょう。

より快適に生活を送れるアイデア収納や、時短で効率良く動ける生活動線、素材感を楽しむ外観を提案し、年々売り上げを伸ばしているのです。
ここでは、アイ工務店の成長戦略について見ていきましょう。

保証体制の強化

これから先、長い時間を過ごす住まいは、建てたらそこで終わりというわけではなく、建ててからが始まりと言っても過言ではありません。
しかし、当然のことながら、住まいは時間と共に劣化してしまいます。

アイ工務店では、快適に長く住み続けるために、施工後のアフターサポートをしています
この保証体制を強化したことが会社の急成長に大きく関係しているのです。
一般的に、住宅のメンテナンス時期は10年だとされているのに対し、アイ工務店では20年初期保証をはじめ、
「住宅設備機器保証」「地盤保証」など、安心安全のサポートを顧客に提供しています。

20年初期保証とは、10年初期保証を20年に延長する保証制度です。
アイ工務店は構造耐力性機能、防水性機能に優れているため、万が一10年目のメンテナンスで工事が必要になったとしても、
顧客への負担は一切なく、全て無償で行います。

拠点展開

アイ工務店が急成長を遂げた要因として、拠点地を各地に拡大していることが挙げられます。
2019年には東海エリアに進出し、将来的に全国展開も視野に入れており、今後のさらなる成長に期待が高まります。

また、全国各地の展示場に次々と新たなモデルハウスを誕生させているのも、顧客から高い支持を得ている理由なのではないでしょうか?
2021年1月には、創業の地である兵庫県で、住まいの情報館「ハウジング・デザイン・センター(HDC神戸)」に、「AI-SUTDIO-KOBE」を開業しました。
ここでは、実際の商品を見て、触れて体験できたり、VR技術を活用して未来の住宅空間を体感できたりと、体験型ショールームとして注目されています

新規軸事業展開

成長戦略として、新規軸事業である「AI-COSS(アイコス)事業」を奨励しています。
今までに培ってきた生産性の高い仕組みやノウハウを、共有する総合的支援システムです。

営業・設計、施工、調達をするこのシステムの特徴は、
様々な角度からの総合的支援、営業から業務までの総合的支援、対面での接客を減らすことでの新型コロナウイルス対策を目指すことであり、
家に住む人、家を建てる人、建築に関わるすべての人が安心・安全に暮らせるようにする、それがAi-COSSです。
様々な成長戦略があったからこそ、10年という短い年数でここまでの成長を遂げたのでしょう。

アイ工務店の標準仕様の特徴は?

全国各地へ次々と事業を展開し、成長を遂げていくアイ工務店の強みとは、一体どのようなところにあるのでしょうか?
第一に挙げられるのは、柔軟性のある自由設計の注文住宅をメインとしており、機能に優れた住まいを低価格で提案している、ということです。
このように、低価格で自由性のある住まいを設計できるという魅力があり、今注目を集めています。

多くの人々から高い評価を得ているのは、安心の構造を提案しているからでしょう。アイ工務店は標準仕様も好評のようです。
家を建てる上で重要なポイントになってくる標準仕様は、必ずチェックしましょう。

続いてはアイ工務店の強みであり、標準仕様にも取り入れられている安心の構造のこだわりポイントについてご紹介します。

ベタ基礎を採用

基礎工事方法は主に、「ベタ基礎(防湿基礎)」と「布基礎」の2つがあります。
そもそも基礎工事とは、地面と建物の接続部分にあたる「基礎」を造る工事です。
アイ工務店では、ベタ基礎を標準仕様に採用しています。
建物を足元から支え、地震時の揺れによる変形に対応できる基礎を実現しました
強度に優れているだけではなく、住宅の耐久性を高めるために、防蟻・防湿対策も徹底して行っています。

最高ランクの「5倍耐力壁」

アイ工務店では、国土交通省認定の中で最高ランクの壁倍率5倍に認定された「5倍耐力壁」を使用しています
耐震性・強度にも優れている壁をバランス良く配置することによって、自由度のある設計を実現しています。

金物併用工法

従来の木造軸組工法の弱さを補うべく、「金物接合」と「プレカット仕口加工による接合」を施し、より強度を高めています。

耐震設計診断システム

材料や構造が優れているからといって、必ずしも建物を良い状態で維持できるとは限りません。
住宅はバランスを加味して設計しなければいけないのです。
このように、耐力要素がバランス良く配備されているか否かを判断するための数値を「偏心率」と言います。
住宅をはじめとする建物は、この偏心率が小さければ小さいほど良いとされており、アイ工務店では偏心率を用いて診断しています。

遮熱、防水処理

夏・冬を快適にするには、屋根裏の対策が非常に重要になってきます。
そこで活躍するのが、「透湿・遮熱シート」です。
このシートは赤外線を約85%反射するため、屋根裏を遮熱し、室内の温度が外の気温によって左右されるのを防ぎます。

セントラル換気システム

住宅において、気密性や遮熱性を設けることは重要ですが、一緒にホコリや花粉といった不要な物質を閉じ込めてしまうことを防がなければいけません。
アイ工務店では、24時間セントラル換気システムを採用しているため、温度差、空調ロスもなく、室内を常に清潔な状態で維持できます

まとめ

本記事では、アイ工務店が行っている事業や、ここ10年での実績、強みについてご紹介しました。
顧客を第一に考え、寄り添いながら様々な提案することによって、非常に良い家づくりが実現するのです。

これから先の暮らしをより豊かなものにするために、後悔のない家づくりを提案するアイ工務店に依頼してみてはいかがでしょうか?
また、住宅購入を検討している方は、ぜひ全国各地にある展示場に訪れてみてください。
展示場に行くこと、よりマイホームへのイメージが沸きやすくなり、その要望を担当者に伝えやすくなるため、理想を形にしやすくなるでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事