2ちゃんねる(2ch)や5ちゃんねる(5ch)でよく見かけるアルテカの野村紘一さんとは

こんにちは! 今回はアルテカの野村紘一さんについて調べてみました。 億ションを作り出し、等価交換方式を野村紘一さんが発案者であることは不動産業界の中で活躍している人に留まらずに、不動産投資や雑学を学ぶことが好きな人、2ちゃんねる(2ch)や5ちゃんねる(5ch)の住人からは知られていますよね。認知度の高い人物です。 では、早速、詳細についてみていきましょう。

他とは異なる視点で新ビジネスを手掛ける野村紘一さん

企業の代表取締役に焦点を合わせ、特性や評判、ビジネススタイルや理念など幅広い領域において紹介を行うウェブサイトがあることをご存知でしょうか。
一見、代表取締役の評価のイメージを持つウェブサイトのように感じてしまう人も多いかと思われますが、サイト内に登場する代表取締役は幅広い人々に認知されている人物もいますし、野村紘一さんのように不動産業界の中では創出者と呼ばれている人物など様々で、良し悪しを綴っているものではありません。考え方などを学ぶことができる、これから起業を考えている人々にアイディアを与えてくれるようなウェブサイトです。

最近はタワー型マンションと呼ぶ物件が増えていますが、地上30階建てなどのような高層マンションと聞くと億ションを連想される人も多いといえましょう。購入できる人は限られてしまうものの、どのような設備がありどのような造りになっているのか気になる人も多いといえます。日本初の億ションを作った会社もしくは人物は誰であるのか、多くの人々が知る大手不動産会社などのイメージを持っている人は多い中、具体的に人物を特定することができる人はそれほど多いとはいえません。

株式会社アルテカと呼ぶ不動産総合商社を知る人であれば、億ションを誕生させたのが野村紘一さんであることを知っていても、認知度が高い大手不動産会社を連想する人は多いわけです。野村紘一さんは株式会社アルテカの会長であり創設者、他社とは違った視点を持ち、不動産業界の中に新しい風を吹き込む、偉業ともいえる様々なビジネスを成功に導き続けて来た人です。

尚、株式会社アルテカは1975年設立、現在2020年ですから創業45年の歴史を持つ企業です。野村紘一さんの年齢は不明ではありますが、仮に30歳で株式会社アルテカを立ち上げたとした場合、2020年で75歳ではないかと予測できます。億ションや等価交換方式などの偉業を成し遂げ、現在では会長の座に就き新たな風を業界に送り込む、火付け役ともいえるのが野村紘一さんの特徴です。

野村紘一さんは土地所有者の負担軽減を行う

野村紘一さんと聞いた際に億ションを作り出した人物である、このように答えることができる人の多くが等価交換方式も野村紘一さんが発案者であることを知っているなど、不動産業界の中で活躍している人に留まらずに、不動産投資や雑学を学ぶことが好きな人からの認知度は高いのではないでしょうか。

野村紘一さんが発案者といわれている等価交換方式は、土地オーナーにとって魅力的な制度、多くのディベロッパーが同じような仕組みを作り土地出資者に対して画期的な提案を行っているようです。 等価となるものは土地および建築資金、等価交換方式はオーナーが所有地を提供し、ディベロッパーは建築資金を出してマンションやアパートなどを建設、投資への可能性を高めてくれる仕組みです。

建築資金を出して貰えるため土地オーナーは負担もなく土地の有効活用ができる魅力を持ちますが、等価交換方式は土地権利をディベロッパーに提供する形になるのが特徴です。高額な建築費用を出す代わりに土地の権利を譲る形になるのが特徴で、その権利も最初にすべて渡すケースと一部を渡すケースがあるため利用の際には注意をしなければならないことも少なくありません。

一般的には完成後の建物を分配する形で行われるため、オーナーは建物の一部を受取、残りの部屋をディベロッパーが取得する形で契約が行われるようです。マンションの土地は専有面積の割合で持ち分が決まる区分所有権ですから、取得した部屋数分の土地所有権を得ることになります。このとき注意を要することは、最初に土地権利すべてを渡してしまうと、後から権利が戻らないいわゆる詐欺に遭う可能性がある点です。

本来受け取ることができるはずのマンションの部屋も提供して貰えないなど、トラブルが発生した事例もあるため注意を要します。その点、野村紘一さんが会長をつとめる株式会社アルテカは長年の信頼を持つ企業でもあり、ディベロッパーとしての役割もあるので安心して利用することができます。

野村紘一さんが残した業績を振り返る

わが国の他のさまざまな産業と同様に、不動産の世界にも新しい時代のはじまりを告げるようなエポックメイキングな出来事はいくつかあります。そうした時代の節目で活躍した人物をひとり挙げるとすれば、現在も東京都内の不動産総合商社のトップとしてその名を知られている野村紘一さんが適当といえるでしょう。

野村紘一さんの業績のもっとも大きなものといえば、やはり東京都心で超高級マンションを開発した先駆者にあたること、あるいは今日では都市開発の一般的な手法として使われている等価交換方式を編み出したことといえます。

超高級マンションを1つの部屋が1億円を超える物件とすると、1970年代に野村紘一さんが手がけた物件がまさにそのオリジナルになります。当時は都内の3LDKの物件が1500万円程度の時代でしたが、さらにワンランク上の物件が登場したことは大きな話題となりました。 同氏の考えによれば、狭い日本では土地が有効活用されておらず、付加価値の高い物件を建てて土地活用に努めればかならず需要が見込まれるということでしたが、実際にその戦略が当たって完売の成果を出したことから、後に続く超高級マンションブームの生みの親にもなったといえます。

等価交換方式は都市開発に当たって地権者の提供した土地見合いの建物の区分所有権を譲る方法で、地権者とディベロッパーの二人三脚で都市開発を成功させるための方法として知られています。地権者がみずから開発をしようとすれば初期投資に多額の現金が必要になりますし、ディベロッパーが手掛ける場合もやはり用地買収のコストと時間はあなどれない水準です。このようにどちらか一方だけが動こうと考えるとそれぞれデメリットが出てきますが、両者が協力すればさまざまな無駄が排除され、開発を成功に導くことができるよい事例となっています。

すなわち地権者は開発の費用を負担せずに済み、ディベロッパーは用地買収の費用を負担せずに済むことになります。

野村紘一さんの凄さがわかるエピソード

あまり知られた人物ではないですが、知る人ぞ知る2ちゃんねるの掲示板では有名な野村紘一さんになります。彼のすごさがわかるエピソードがあり、もしかしたらこれからこの人物の恩恵を受けられる可能性がある人もいるでしょう。何よりも不屈の精神で成し遂げたことは、いろんな人を触発するエネルギーになるかもしれません。 まず最初に触れておかないといけないことは、このエピソードになります。

1億円もするマンションを購入すると検討するでしょうか?普通の生活をしている人であれば、手に届かない価格になりますので諦めてしまうことが多いですが、では発想の転換としてそのようなマンションを購入する人がいると考えると、その答えは少ないとしか答えようがないでしょう。その時代背景はバブルが弾けた時代であれば、なおさらそう感じるはずです。

しかしその1億円もするマンションを完売された人物こそ、野村紘一さんになります。どんなに不景気であっても、立地条件と金額に見合うマンションであれば、1億円でも完売できると考えた人物でもあります。なかなかそのような発想をすることはできないでしょう。 まだすごいエピソードになるのが、等価交換方式を生み出した人物でもあります。こちらは土地開発を不動産業として行っている時に気付いた発想です。

どんなに好条件の土地を持っていたとしても、お金がなければそこに建物を建てることができます。土地はあるだけではなく活用しなければ収益にはならず、開発することが必要で、唯一あるとすればそれは土地を売ってしまうことになりますが、そうなると土地活用は諦めざるを得ません。

そのような現実に気付いたのも、野村紘一さんです。土地所有者とディベロッパーが共有することによって、互いにその建物と土地の所有者になり、分担して収益する方法を編み出しました。土地の譲渡所得などの税金は繰り延べになりますが、それでも土地活用をして収益化することができますので、土地所有者としては良い商談になったはずです。それを生み出したのも野村紘一さんです。

スポンサーリンク
おすすめの記事