エネルギーの未来をつくる東京電力ホールディングス株式会社

こんにちは!本日は、関東エリアに電気を供給している「東京電力ホールディングス株式会社」について取り上げたいと思います。省エネルギーの進展や、電力・ガスの全面自由化により、大競争時代に突入している今、東京電力株式会社はどのような施策を打ち、ブランドイメージを高めているのでしょうか?

東京電力の歴史

東京電力ホールディングス株式会社は1951年に電力供給する起点の細分化を図り、より安全に電力を届ける目的で設立されました。首都圏1都7県および静岡県の富士川以東を供給区域・事業地域としています。現在の活動内容の中で特に注目されているのが、「電力自由化」に対する取り組みです。東京電力とパートナーを組みたいと希望している他社に電力を小売りし、より多くのお客さんに東京電力で電気を使用してもらう活動をしています。2016年4月に、東京電力株式会社から東京電力ホールディングス株式会社へと社名を変更しました。改名の理由は、家庭用電力の小売り全面自由化に対応するため、持株会社へと体制を移行したためです。また、福島第一原子力発電所事故の復旧および損害賠償のために、経営再建を目指しています。

 

関東圏へ電力を

東京電力の主な事業内容は関東圏で住んでいる人たちへの電力の供給です。電力は今や私たちが暮らしていくために無くてはならないエネルギーです。東京電力は私たちの生活にとても密着している会社の一つだと言えるでしょう。もう一つ、忘れてはいけない事業として福島第一原発所の廃炉作業があります。廃炉までには数十年かかると言われ、まだまだ終わりまでの道は遠いです。東京電力の強みは関東圏へ5年以上にわたって電力を安定的に供給してきたノウハウ、そして未曽有の大地震を経験した際の教訓です。東北大震災では様々な反省点が浮き彫りになりましたが、それらは東京電力の運営において大きな糧ともなっています。

 

採用系の口コミを検証

東京電力で実際に勤務している人は自分の会社に対してどのような評価をしているのでしょうか。実際に東京電力で働いている人々の声を集めてみました。

・研修にとても力を入れているという印象を受けます。部署によっては入社してから半年もの間しっかりと研修をおこなってくれる部署もあるほか、パソコンを利用した研修や他のグループの事業などの研修もたくさんあって、スキルアップが図りやすい雰囲気になっています。

東京電力では社員一人一人のスキルアップへの取り組みを積極的におこなっているようです。社員に一人一人のスキルアップはそのまま会社の業績アップにつながりやすいですし、重大なミスを起こす可能性も低くなるでしょう。

・社員の休日に関してはしっかりと管理してくれています。年間の休暇日数は多いと思いますし、その休暇を全て消化できるようにしてくれるので繰り越すことがほぼありません。休日に出勤した際には必ず平日を休みにしてくれます。週休二日制な上にフレックスも利用できるので、家の用事に応じてある程度自由な時間に出社することが出来ます。

休日に対する体制がとてもしっかりとられていることがこの口コミからよくわかります。有給休暇は使用することもなく繰り越す会社がほとんどなのですが、東京電力は休暇をしっかりと消化できるような仕組みが出来ているようです。また、フレックス出勤を利用し、自分の自由な時間に出社や代謝が出来るというのは忙しい人にはありがたいですね。

・入社してそれほどキャリアを積んでない状態で他グループで重要なポストを任されることがあるのですが、先輩社員からの手助けなどはほとんどありません。上司は仕事の進捗状況を聞きはするものの実際に手伝ってはくれないので戸惑っている若い社員をよく見かけます。

人事異動に関する否定的な意見です。キャリアが低いうちは物事の良し悪しの判断がまだ難しい時期です。それなのに重要なポストに異動させられて物事を決断しなければいけない立場になってしまうととても不安になってしまいます。キャリアが浅い人が物事を判断するためには先輩社員の手助けが必要不可欠のような気がします。

・福島第一原発の事故を起こして以降、ボーナスは一切支給されていないばかりか昇給もされていません。この状況は福島第一原発の廃炉活動が終了しない限り続くと考えられているので、現在働いている社員はこれから先もボーナスをもらうことはほぼないでしょう

やはり福島第一原発事故の影響は大きいようです。廃炉を実行するためには莫大な費用が必要なため、ボーナスなどカットできる部分は徹底的にカットしている印象を受けます。

 

消費者の口コミを検証

では、実際に東京電力から電力を供給してもらっている人はどのような評価をしているのでしょうか。

・電力自由化による電気料金の競争に関しては気になっていたので自分なりに電気料金の差を比較してみたものの、ほかの電力会社は電気だけではなく、プロバイダーや携帯会社など、そのほかの企業への契約も必要なものばかりでした。そんな中東京電力だけはシンプルに電気代だけが他の企業よりも安く設定されていたので、東京電力での契約を継続することにしました。それに長年東京で電力を供給し続けてきたという実績も他の業者にはないメリットです。

電力自由化に伴って電気料金の低価格化が激化してはいるものの、その多くが他の会社との同時契約が条件であることが多く、中には自分が契約したくない会社への契約が嫌なために乗り換えをしていない人も居るのではないでしょうか。東京電力の場合はシンプルに電気料金の安さで勝負しているので、ダイレクトに乗り換えをした結果が分かりやすいです。そして長年関東に電力を供給し続けてきた実績はどんな会社も持っていないものだと言えるでしょう。

・東北大震災で大きな被害を受け、業績が悪化した際に税金を投入された事実を見てとても腹立たしくなっていました。私たちが汗水流して働いてやっと稼いだお金の中から支払っている税金を民間会社の業績の建てなおしに使うなんて考えられません。今までは仕方なく東京電力と契約していましたが、電力が自由化されたので、さっそく他の会社に乗り換えました。

東北大震災時の国側の対応に不満を持っている人が大勢いるようです。税金は本来私たちの暮らしを豊かにするために使われるべきお金であって、一企業を立て直すために使われるお金ではありません。ですから電力自由化がハジマタ途端に東京電力から乗り換えたお客さんも存在します。

・東京電力を使い続けていますが、電力自由化によって設定された新しいお得なプランの案内が一切なされていませんでした。たまたま電力自由化のことについていろいろと調べたときに東京電力が私たちに合ったとてもお得なプランを設定していることに気づき、すぐに契約を変更しました。出来れば新しい取り組みをおこなった際には私たちにも知らせてほしいです。

東京電力も電力自由化に対する取り組みをいろいろとおこなっているようですが、新しいプランなど、実行した取り組みを顧客に周知徹底させるシステムがまだきちんと整備されていないようです。

 

まとめ

東京電力に実際に働いている人の評判を確認すると、社員一人一人のスキルアップにはとても力を入れているようです。また休日に関しては与えた休暇を必ず消化しきれるような体制を整えたり、場合によってはフレックス出勤を認めるなど、柔軟で働きやすい環境になっているようです。

一方でキャリアが浅いのに重要なポストを任されることもあり、不安で戸惑っている若い社員も何人かいるという意見も見受けられました。そして東北大震災での影響は未だ根強く、ボーナスや昇給は当分の間期待できないようです。

そしてサービスを受けている人の意見を見ると、やはり50年間電力を供給し続けてきたキャリアによる信頼感から契約をしているお客さんが多いです。東北大震災の経験もしっかり生かされていることでしょうから、緊急時のトラブル対処もとても迅速におこなってくれるのはないでしょうか。

しかし、東北大震災による著しい業績悪化の際の政府の対応に不満を持っている人も多く、電力自由化によって自由に電気会社を選択できるようになった途端、ほかの電力会社に契約を乗り換えたという人も居ました。震災による風評被害を改善する活動はまだまだ必要ですし、取り組みをおこなわなければいかに東京電力が大きな企業といえども業績悪化は免れません。

スポンサーリンク
おすすめの記事