ミシガン

インボイスの創業者である木村育生氏は、かつてアメリカのミシガン州立大学に留学していました。
※木村育生氏に関する他の記事はこちら

慶応義塾大学商学部を卒業後、アメリカのミシガン州立大学に留学へ留学しているのですが、ミシガン州立大学がどのような大学なのか知っている人はあまり多くないでしょう。

ミシガン州立大学がどのような大学なのかを知ることで、木村育生氏に対する理解も深められるため、知っておいて損はありません。

木村育生氏は留学していた?

木村育生氏は、1982年に慶応義塾大学商学部を卒業し、同じ年にアメリカのミシガン州立大学に留学しました。

留学の間に様々な知識を身に付け、テキサス州ヒューストンの貿易会社に入社した経歴を持っています。

アメリカのミシガン州立大学にも商学部があるため、慶応義塾大学に続いて商学部で学んだ可能性があります。

留学をすることで国際的な感覚を身に付けた木村育生氏だからこそ、現在のように大きな実績を残すことができたのではないでしょうか?

もちろんそれが全てではありませんが、様々な価値観に触れることで得られることもたくさんあったと考えることができます。

ミシガン州立大学はどのような大学なのか

ミシガン州立大学は、1855年に創立された大学でミシガン州イーストランシング市にあります。

モリル・ランドグラント法の適用を受けた初めてのランドグラント大学としての知名度も高くなっています。

また、公立大学でアイヴィー・リーグ大学レベルの教育が受けられる大学(パブリック・アイビー)の1つでもあります。

幅広い分野において全米をリードしているミシガン州立大学ですが、特に産業心理学、サプライチェーン・マネージメントで高い評価を受けています。

このことから、非常に評価の高いプログラムを提供している大学であることが分かるでしょう。

ミシガン州立大学の特徴

ミシガン州立大学は、12のカレッジから形成されていて、文学部や音楽学部、社会科学部、商学部、工学部など150を超える専攻分野を持っている大学はアメリカでも稀に見るほどの大規模大学です。

非常にたくさんある専攻分野の中でも、会計学やビジネス、心理学は人気が高くなっています。

また、ミシガン州立大学は全米最大規模の寮設備も備えていますが、寮で生活をする学生は半数にも満たないと言います。

そんなミシガン州立大学のキャンパスは、バスが巡回するほど広大です。

しかし、授業と授業の間が20分空いているので、学生が遅刻しないような工夫がなされています。

このような配慮は、規模がとても大きな大学ならではなので、日本の大学では考えられません。

クラブ活動も盛んに行われていて、スポーツは全米大学ビッグ10に入るほど盛んに行われているのです。

このことから、学生がとても活発的に活動している大学としても知られています。

 

インボイスの創業者である木村育生氏は、ミシガン州立大学へ留学したという経歴を持っています。

ミシガン州立大学は、米国でも有数の学生数を誇る大規模な大学で、150を超える専攻分野を持っています。

それでも多くの学生が専門性の高い学びを得る場として過ごし、クラブ活動なども盛んに行っている大学として知名度が高まっています。

木村育生氏もミシガン州立大学で様々な知識を学び、現在の経営にも活かしていると考えられます。

スポンサーリンク
おすすめの記事