起業家・森光太郎の全貌を徹底解剖!森光太郎ってどんな人?
この記事の大まかな内容
・森光太郎氏の過去(学生時代や社長になる前のこと)
・エンファム.を創業した経緯

・エンファム.とはどんな会社か?行っている事業
・森氏のSNS情報

 

育児に関わる方の中で、株式会社エンファム.の名前を一度は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

子育てに携わる人々を様々な方法でサポートしており、業界内でも特に注目されている企業です。

今回は、日本一の育児支援企業を目指す株式会社エンファム.を立ち上げた、森光太郎氏にフォーカスし詳しくご紹介していきます。

興味がある方は、ぜひご覧ください。

森光太郎氏の経歴とプロフィールについて


画像引用元:https://www.wantedly.com/companies/l-ma

 

ここでは、森光太郎氏の生い立ち性格学生時代など、詳しいプロフィールについてご紹介します。

生い立ちや家庭環境

森光太郎氏は祖父と父がどちらも開業医だったため、物心がついた頃から医師を目指していたそうです。

2代続く医師の家系に生まれ、恵まれた環境で育ったように思える森氏ですが、自身が小学6年生の時に両親が別居し、後に離婚してしまいます。

両親が別居する際に、森氏は姉と共に母親に引き取られたそうです。

結局、離婚が成立したのは森氏が20歳の頃で、思春期~学生時代というデリケートな時期に家庭が崩壊するという不幸に見舞われました。

一方、学業の面では県立で一番偏差値が高い高校へ入学できましたが、次第に周りの学力に追いつけなくなってしまい、挫折を味わいます。

家庭、学業の両方で挫折を味わった彼は医師の道を諦め、東京の大学へ進学

日本大学生産工学部に進学した森氏は、キャンパスライフはサークル活動やコンパが中心で、勉強はほとんどしなかったそうです。

大学卒業時には就職氷河期が到来しており、履歴書を送ってもなかなか採用されず、

その後、やっとの思いで入社したジュエリー会社ではデザイナーの付き人の営業職として働きました。

しかし、経営不振によって入社からわずか1年でリストラされてしまったのです。

その後、森光太郎氏は退職金を使って広告デザインの専門学校へと進学し、苦学生生活を送りました。

きっかけは突然訪れた

バイトと学業に追われる日々を過ごした森光太郎氏でしたが、就職活動を経て東京の小規模なデザイン事務所にデザイナーとして就職を果たしました。

大きな仕事が舞い込んでくるという理由で採用されましたが、入社後その話は白紙になり、たった2ヶ月でクビに。

2度のリストラという大きな挫折を味わった森氏はその後、地元・福岡に帰って就職活動をはじめ、すぐに広告代理店でデザイナーとして働くことが決まります

入社した広告代理店で手掛けたのは、現在の事業につながる育児関連本の仕事でした。

ここでの仕事が彼の人生を大きく変えるきっかけとなったのです。

森光太郎氏の原体験について

複雑な家庭環境で育ってきた森光太郎氏は、これまでにどのような人生を歩んできたのでしょうか?

ここでは、森氏の原体験について振り返っていきます。

苦労や挫折を味わった過去

これまでに両親の別居や離婚2度の大学受験失敗リストラなど、数々の苦境に立たされています。

特に、多感な思春期に両親の不仲・離婚を経験したことにより後の森氏の人生に影響を与えたのは確かです。

事実、エンファム.のホームページで森氏は次のように語っています。

私の両親は離婚しています。私が中学一年生の時に別居が始まり、二十歳で離婚が成立しました。

それは現代では珍しいことではありませんが、別居から離婚までの期間が長かったこと、多感な時期だったこともあり、流さなくていい涙も流してきた方であると自覚しています。

また、「キレる瞬間」は何度か経験したことがあります。 その後社会に出て、当時の両親と同じくらいの年齢になり、親の気持ちも理解できるようになりました。

今では自分を育ててくれたことに感謝することができます

そして、働いて社会貢献することもできます。しかし、キレたりグレたりして犯罪に巻き込まれてしまった子どもは、そこで未来が閉ざされてしまいます。

そんな子を一人でも減らすことができればという思いからこの事業を自分で立ち上げ、今も拡大しています。

引用元:https://enfam.jp/company/

当時は傷つき涙を流した森氏でしたが、辛い経験をしてきたからこそ今の子ども達の苦しみを理解できるし、事業にも活かしていけるのではないでしょうか。

会社員時代の森氏

福岡の広告代理店に入社した森氏は、育児関連の仕事に携わっていました。

保育園や幼稚園を対象に育児情報誌を作成し配布していましたが、実際にどのようなターゲット層に需要があるのかを会社は把握していなかったそうです。

そのため、広告に対するリアクションが取れず、会社として育児情報誌という媒体そのものをやめようかと検討していました。

森氏が引き留めようとすると、上司から「じゃあお前がやれ」と言われたため、仕事を引き継ぐことになったのだと語ります。

その後、幼稚園や保育園などを訪れた森氏は園長や先生から話を聞き、

「朝食を食べない子が増えた」「自閉や多動の様子が見られる」「キレる子ども」など、子どもや育児に励むママが抱えている様々な問題を目の当たりにしました

これまでは、幼稚園や保育園に対してただ一方的に情報誌を送り付けていましたが、

現場の声に耳を傾けることに意味があると考えた森氏は、ママアルバイトを雇って直接情報誌を届けてもらうスタイルに切り替えました。

結果、教育施設だけではなく街の小児科やスーパーにも置かれるようになり、続々と読者が増えていったのです。

このような成功体験が、今の森光太郎氏・エンファム.を創り上げていると考えられるでしょう。

起業に至るきっかけ

広告代理店で育児関連の仕事を手掛けていた当時、世間でも話題になっていた子どもへの虐待やキレる子どもなど、

問題を引き起こす社会背景には、一体どのような原因が隠れているのだろうと考えたそうです。

また、自身も幼い頃に両親の離婚を経験していたこともあり、流さなくていい涙を流すような子どもを一人でも減らしたい、という思いが起業に至った理由の一つだと言います。

上司から任され、育児情報誌の仕事を手掛けるようになってから、勤めていた会社と価値観の違いが生じたため、

森氏は自身の価値観に共感してくれた元の職場の従業員9人と共に会社を設立しました。それが、有限会社イリス、後のエンファム.となる会社です。

エンファム.のミッションと森光太郎氏の役割

株式会社エンファム.は、「世界中の子どもたちを笑顔にするエンタメディア企業」を目指す会社として創業されました。

エンファム.のミッション
「子どもたちが夢に出会うきっかけをつくる」
「子どもたちの夢と未来を応援する」
「子育てに携わるすべての人を笑顔にする」

エンファム.では上記3つをミッションとして掲げています。

子どもの未来を考えたサービスを多数展開している、株式会社エンファム.が創立したのは2001年12月25日

現在は福岡、東京に本社を構え、子育てに関わるすべての方に向けたサービスを複数展開しています。

会社ではどのような役割を担っているのか

森光太郎氏は、株式会社エンファム.の代表取締役を務めています。

代表となった現在でも精力的に事業に取り組み、ママ向け情報交流サイトの運営やイベント主催、育児情報誌の出版など、エンファム.の事業すべてに携わっているそうです。

少し前のインタビューでは「福岡と東京本社に行ったり来たりしている」と話されていました。

社員の裁量で仕事を自由にやってもらいたいという思いがあるのと同時に、ついつい口を出してしまう時もあるとのこと。

しかし、社長がいない中で「社員たちが自分たちで考え、行動することによって組織は強くなる。任せていかなくてはいけない」とも語っているので、

社員・会社の成長を考えることこそが、現在の森光太郎氏の役割と言えるのではないでしょうか。そんな社員の成長が垣間見えるのが、下記の動画です。

こう見ると森氏の意思や願いが適切に社員に伝わっている様子が分かります。森氏もインタビューに答えているので、興味がある方はチェックしてみましょう。

エンファム.が展開する事業


画像引用元:https://festa.l-ma.jp/tokyo2022jun

 

エンファム.が展開しているのは、前の会社の社名でもある「リトル・ママ」の出版、ママ向けお出かけコミュニティサイトの運営、

子どもや子育てをするママをターゲットとしたイベントの企画・実施、ママに向けたマーケティング・プロモーションなどが主な事業です。

ママ向けに様々なサービスを提供しているエンファム.ですが、具体的にはどのような内容となっているのでしょうか?

ここでは、提供しているサービスの内容や目的など、詳細についてご紹介します。

まずご紹介するのは、年間約10万人を動員する国内最大級のファミリーイベント「リトル・ママフェスタ」です。

ハイハイレースやはじめてのおつかいなど、様々なコンテンツが催されており、イベントを通して「遊ぶ」「学ぶ」「出会う」に触れられるのが特徴です。

子どもたちが楽しめるのはもちろん、両親は子育てサポーター企業が配布しているお土産をゲットできるので参加者全員が満足できるイベントとなっています。

もちろん、ママが楽しめるイベントも開催しています!(イベントにより参加企業は違います)

 

 

コロナ蔓延により、一時中止に追い込まれたリトル・ママフェスタですが2022年4以降、本格的に開催されることが決定したようです。

実は、2022年3月の埼玉県でのイベントを皮切りに再開していましたが、大々的に告知を始めたのは4月のイベントからのこと。

既に、今年に入ってから大阪の京セラドーム・東京の五反田TOCビルで開催されているため、今後も問題なく開催していくことが予想されます

全国各地で開催が予定されているので、イベントを心待ちにしていた方・初めて参加するという方も最寄りのイベント会場をチェックしておきましょう。


画像引用元:https://festa.l-ma.jp/

 

もちろん、コロナ感染防止のため会場内の感染対策もバッチリです。安心して参加できますよ。

リトル・ママフェスタ会場の感染対策

 

その他にも、全国の子育てに励むママ同士が集まるWebサイト「リトル・ママ」は、子育てや子どもに関する情報を共有できるサービスです。

画像引用元:https://enfam.jp/service/

 

同じ境遇にいる仲間がいることは大きな励みになることから、エンファム.はママ同士が交流できるサイト「リトル・ママ」を運営しています。

なお、こちらのサイトは2022年2月以降、後述する「リトル・ママWEB」とサービス統合したようです。

さらにサービスを使いやすくなり、子育てお役立ち情報記事の閲覧・ママ友探しも直感的にできるように進化しています。ぜひ体験してみてください。

 

そして、森氏に起業するきっかけを与えた育児情報誌の出版も変わらず手掛けており、

毎月発行される「リトル・ママ」は、全国40万人以上の幼稚園児や保育園児の手元に届いています

画像引用元:https://enfam.jp/service/

 

また、全国どこからでも参加できるよう、「リトル・ママオンラインフェスタ」というオンライン型の子育てフェスタも開催。

その他にも「リトル・ママWEB」や「ビジネススクール」など、

子どもたちをはじめママ・パパたちの未来を豊かにするサービスを複数展開しています。

これからのエンファムと森光太郎氏のSNS情報

エンファムのこれからについて調べていたとき、森光太郎氏のSNSに少しだけ書かれていましたので他のSNSを含めご紹介していきます。

なお、ログはエンファム.の前身である「リトル・ママ」時代で更新がストップしていますが、どのように会社が成長してきたか・昔の森氏について知ることができるので、興味ある方はぜひ覗いてみてください。

森氏のSNS情報

 

残念ながらインスタグラムはアカウント非公開で、中を見るにはリクエストする必要があります。

しかし、冒頭のプロフィール欄に以下のようなことが書かれていました。

2022年2月にはバブル世代のじぃじばぁば向けに【bjb】というメディア配信開始

引用元:https://www.instagram.com/morikoutan/

現在、エンファム.が行っている事業の対象者とは離れた、おじいちゃん・おばあちゃん層へのメディア展開を考えているとのこと。

詳しい情報はまだ明かされていないため、どんなメディア展開になるか分かりませんが、今までエンファム.

が達成してきた数々の功績を見ていると期待せずにはいられません。

本記事では続報が出しだい、追記していきます。情報公開を待ちましょう。

追記

上記、森氏のインスタグラムにあるとおりエンファム.は2月28日に新しいメディア「bjb」をスタートさせました。

いわゆるバブル世代と言われる、おじい・おばあの方を対象にしたサービスです。既に公式サイトと季刊誌が創刊されています。

確かに、「人生100年時代」と言われ始めている昨今。還暦を過ぎてもまだまだ元気な方・現役バリバリの方もたくさんいますし、そういった方を応援するメディアは非常に意義のあることだと感じます。

子どもたちや子育て世代を応援、次はおじいちゃんおばあちゃん(bjbではルージュ世代と呼ぶ)を対象とするなど、エンファム.の「すべての方を支える」という気概が感じられるメディアです。

bjb公式サイト:https://bjb.life/

エンファム.の公式SNS

最後に森氏が代表を務める、エンファム.が運営している公式SNSをご紹介します。2022年5月現在、確認できるSNSは以下のとおりです。

すべてのSNSで更新がきちんとされており、活発に情報発信しているのが窺えます。SNSではリトル・ママフェスタのイベント告知に加え、お役立ち情報の発信も盛んに行っているようです。
いち早くエンファム.の最新情報を手にしたい方は、フォロワーになっておくと良いでしょう。

まとめ

今回は、起業家として活躍を遂げている森光太郎氏、そして森氏が代表を務めるエンファム.についてご紹介しました。

彼が日本最大級の子育て情報サービスを展開し、見事、成功を得られたのは

これまでに経験してきたことが活かされているからだと言えます。

現在、リトル・ママは福岡版、東京版を展開していますが、森氏は今後さらに事業を拡大するために

大阪、名古屋、仙台、札幌など、様々な地域への横展開も考えているようです。

ママの交流の場となるコミュニティがあれば住む場所が変わったとしても、孤独に陥ることはありません

地域から全国に活動の場を広げる森光太郎氏とエンファム.が、さらに子育てに関わる多くの人を支えられる存在となることを期待しましょう。

経歴から分かる森光太郎氏の特徴
・実直な性格で負けず嫌い
・学生時代・会社員時代に苦労を重ねた人
・スポーツ、特に野球が好き
・自身の辛い経験を事業に活かしている
スポンサーリンク
おすすめの記事