リョウエイ物流ってどんな会社?評判・口コミ採用情報

現在、日本には数多くの運送業者が存在しています。

特に物流の拠点でもある東京都内には多くの運送業者が見つかりますが、

リョウエイ物流という会社が注目されていることをご存知でしょうか?

東京都板橋区に本社を構え、印刷物・食品・飲料を全国へ配送しています。

配送業務の他、企業の引越しの際に荷物の配送・梱包、埼玉県にある倉庫では利用者からの荷物を保管する業務に携わっています。

今回はリョウエイ物流の会社概要・評判・採用情報などを口コミと合わせてご紹介します。

物流業界の今

近年のスマートフォンやタブレット端末の急激な普及により、

量販店のオンラインストアの開設、フリマアプリなどが登場し、

ネットショッピングが簡単に行えるようになりました。

商品の受け取りを行うために運送業者は不可欠で、その需要も右肩上がりに増加しています。

しかし、物流業界の中で問題が出てきてしまいました。

 

需要拡大に伴う問題

「小口配送」とも呼ばれる個人に対する配送が増加傾向にある現状は、

物流業界にとって成長するチャンスである反面、競争や業務が激化しているとも言えます。

 

小口配送が増加すると荷物の積載率が低いにも関わらずトラックを動かさなければなりませんが、

留守だと後で再配達を行わなければなりません。

荷物の再配達が問題となり、運送料が値上がりした時はニュースで取り上げられたこともありました。

労働者の負担を減らすために、新たな人材の確保が必要です。

しかし日本の少子高齢化に伴い労働人口が減少し、人材確保が難しく、

深刻な人手不足や労働者の高齢化という問題に直面しています。

また、トラックの配送によるCO2の排出は、

環境条例により対策費用を自社で負担しなければならないので、経営を圧迫しています。

これらの問題解決のために平成28年に物流総合効率化法が改正されました。

 

物流総合改正法による影響

物流総合改正法により

トラックで行っていた輸送を鉄道や船に置き換えるモーダルシフトというものが普及しました。

モーダルシフトを行うと少ないエネルギーで多くの物を運ぶことができます。

トラックを動かす台数が減るので、

ドライバー不足の解消やトラックが排出するCO2の低減に効果があります。

 

物流総合改正法では「共同配送」や「運送網の集約」により、

各社がバラバラに運んでいたものを集約することによって、

トラックの積載量の増加やO2の排出量の削減も可能です。

多くの会社が共同配送や運輸網の集約などに参加すればより問題の解決に近づくことができます。

 

物流業界の問題解決や後の見通し

物流業界の問題は物流総合改正法だけで解決したとは言えません。

インフラの整備やネットショッピングなどの増加により、

今後も物流業界の需要は増加すると考えられています。

 

業務の負担を軽減する上で考えられるのが、今まで人の手で行っていた業務をデジタル化することです。

実際に倉庫や管理システムをデジタル化することで作業効率の向上、業務負担の軽減に成功した事例があります。

 

企業側の努力だけではなく、個人でも宅配ボックスの導入が始まっているなど、

物流に対する意識が高まることで問題解決につながるでしょう。

今後ドローンやAIが進化していくことで、業務の負担を減らせる可能性も高いです。

 

リョウエイ物流ってどんな会社なの?

株式会社リョウエイ物流は、東京都板橋区徳丸町に本社を置く送業者です。

全国に向けて食品・飲料などの配送業務だけではなく、

オフィスの引越しなどに伴う荷物の梱包、書類などの保管業務を行っています。

 

沿革

日本全国だけではなく海外輸送の実績もあります。

沿革をまとめてみました。

・1960年
菱永運輸有限会社として設立され、東京菱油株式会社の倉庫・商品管理・運送業務を行っていました。
・1964年
板橋区から練馬区へ店舗を移転し、翌年の昭和40年に運輸省から一般貨物・自動車運等事業としての免許を受けました。
・1969年
現在も本社のある板橋区徳丸町に店舗を移転しました。
・1975年
四日市倉庫株式会社・三菱倉庫株式会社の運輸の拠点とするために埼玉県戸田市に営業所を開設しました。
・1984年
神奈川県横浜市に横浜支店港北営業所を開設し、同年11月に運輸省関東陸運局より首都圏免許を受けました。
・1987年
称号を現在の株式会社リョウエイ物流に変更しました。
・1998年
梱包・保管業務を行う営業倉庫を埼玉県川口市に開設しました。

 

営業所・拠点

その後も営業所の開設・移転を行い平成25年時点で

埼玉に3店舗、横浜・群馬・熊本に一店舗ずつ営業所を構えました。

ドライバーは定期的なミーティングを行い、緊急時の対応や接客対応などを学んでいます。

管理者は専門の講師による定期的な研修、社長も出席する定例会議などを行い、

感謝の情報・意識の向上や会社全体のレベルアップを行える体制を整えています。

 

リョウエイ物流の評判・口コミ

ミーティングや研修など、社員の教育に力を入れていることが伺えますが、

働いていた方はどのように感じていているのでしょうか?

リョウエイ物流の評判を口コミも交えてご紹介していきます。

 

リョウエイ物流に約3年間在籍しておりました。4t車で食品の配送をしておりました。基本的に、フォークリフトでパレットの積み下ろしだったので、仕事自体は体力はそれほど使わない仕事でした。4時から15時までの勤務でした。基本、一人での運行なので、自分のペースで仕事ができたと思います。人間関係も悪くはなく、社員の仲は良好だったと思います。

引用元:https://en-hyouban.com/company/10010869726/kuchikomi/5050423/

自分のペースで仕事ができたり、人間関係が良好だったり、働く環境は良かったようです。

 

給与は完全歩合制だったので、仕事を頑張ればそれなりに給与もあると思います。

引用元:https://en-hyouban.com/company/10010869726/kuchikomi/3339364/

給与は歩合制を採用しているそうです。

「骨折り損のくたびれ儲け」になることはなさそうですね。

 

自分の頑張りが給料として反映されるので、それが社員のモチベーションにもつながっていると考えられます。
私がいた営業所では、基本的にみんな仲良しで雰囲気は悪くないと感じました。居心地は悪くないと思います。

引用元:https://en-hyouban.com/company/10010869726/kuchikomi/3339403/

 

人間関係は仕事をしていく上で重要になってきます。

良好な人間関係が築ければ、ストレスなく仕事が行えるでしょう。

職場における人間関係の良好さと、給料が歩合制であるという口コミが多く見られました。

給与体系が歩合制ということで、

自分の働きをしっかりと評価してもらいたい人からは高評価のようです。

 

リョウエイ物流の求人/採用の情報

リョウエイ物流では2t、4t、大型トラックのドライバーを募集しています。

勤務地は東京の本社・埼玉・横浜・群馬・熊本の各営業所です。

過去に運送業などでドライバーを経験していた人は特に歓迎しています。

業務内容や休日に関しては業務内容によって変動してきますが、

交通費などの諸手当、社会保険を完備し、制服の貸担を行っているため、充実した福利厚生と言えるでしょう。

ドライバーでの募集なので、運通自動車運転免許または大型自動車の運転免許が必須になります。

応募方法は本社に電話し、面接の日時や開催場所を決定させた後、当日に履歴書を持参してください。

未経験者も募集しているので「未経験だけど免許は持っている」という人は応募してみてはどうでしょうか?

ドライバー以外に運行管理という職種もあります。

こちらは免許不要なので気になった人は応募してみるといいかもしれませんね。

 

まとめ

リョウエイ物流の紹介、評判、採用情報について口コミを交えてご紹介してきました。

物流業界が厳しい状況の中、

リョウエイ物流では「新しい物流の構築」をテーマに経営革新を行っています。

自分の力を試したい人は、ぜひリョウエイ物流でチャレンジしてみましょう。

Follow me!

企業(company)の関連記事
  • 住宅メーカー "石友ホーム" の気になる口コミと実態を分析!
  • 近畿産業信用組合|日本一の信用組合の採用情報や評判を調査!
  • ラクビを手掛けている株式会社ニコリオ!口コミ・評判はどう?行政処分の真相は?
  • ニコリオが業務停止!原因やラクビなど商品の安全性・評判は?
  • 株式会社サイトビジットって良いの?資格取得を目指す人が受講前に確認すべき注意点
  • 企業と顧問を繋げる。レイスマネジメントソリューションズ株式会社
おすすめの記事
イロアス(IROAS)で考える日本の教育
サービス(service)
日本の教育は海外と全く異なっていると言われていますが、どのような違いがあるのでしょうか?今回は日本と海外の教育を比較しながら、教育のデメリッ...
4℃は、なんで4℃っていうの?
企業(company)
こんにちは 今回は、ジュエリーブランドの「4℃」について書いてみたいと思います。指輪・ブレスレット・ネックレス・ピアスなどの美しいジュエリー...