尾崎充洋に聞いた婚活ビジネスの隙間「男性用婚活サービス」

近年は、未婚化・晩婚化などと言われていますよね。結婚しないと考えている若年層がいる一方で、結婚したいが出会いがないと不安を抱えている方や、誰かに相談したいと悩んでいる方がたくさんいるのです。

そんな中、尾崎充洋は婚活アドバイザーとして結婚に関する悩みや相談に対応しています。特に男性の結婚相談アドバイザーとして活躍しているため、婚活に悩む男性にとって心強いパートナーと言えるでしょう。

今回は、男性の婚活に関する悩みを解決へとつなぐ尾崎充洋について紹介していこうと思います。結婚や婚活に興味のある方は参考にしてみてくださいね。

尾崎充洋プロフィール

まず始めに、尾崎充洋のプロフィールを紹介していきましょう。

尾崎充洋のプロフィール
  • 男性結婚相談アドバイザー
  • 家族をデザインする「ファミリーデザイナー」
  • 婚活に悩む男性のために情報を発信・提供している

尾崎充洋は、男性の結婚相談アドバイザーとして、婚活に悩む男性を対象に相談に応じたり、情報提供をしたりしています。現在38歳の尾崎充洋は、東京都出身で、都内の大学を卒業しました。

大学卒業後は、都内では有名なブライダル会社に就職し、ウエディングプランナーとして多くのカップルの素敵な結婚式をサポートしてきました。その一方で、それまで出会ってきたカップルの相談役をこなす機会も多く、今度は結婚を意識する男性の力になれないかと思うようになったと言います。

尾崎充洋は33歳という若さで独立を決意し、婚活アドバイザーとして活躍するようになったのです。婚活アドバイザーといった存在は、「ファミリーデザイナー」と呼ばれることがあります。

ファミリーデザイナーとは、その名の通り家族をデザインする人物を指し、1人1人が思い描く理想の家族像を叶える役割を担っているのが特徴です。未婚化や晩婚化と言われている社会の中で、女性向けの婚活アドバイザーは比較的多いでしょう。しかし、男性専門の結婚相談アドバイザーは少ないのも実態です。

尾崎充洋は、「男の婚活アドバイザー尾崎充洋の結婚相談所」と言うブログを運用しています。彼のブログでは、お見合いを検討している男性や、婚活と言っても何をすれば良いか悩んでいる男性に向けて、お見合いをするメリットやデメリットを紹介したり、あと一歩が踏み出せない男性に勇気を与えたりしています。

発展途上の婚活ビジネス

一昔前までは、出会いが欲しいとは言っても、なかなか理想のパートナーに巡り合えなかったり、知人の紹介等でしか出会いの場がなかったりしたため、出会いの方法も限定的でした。

しかし、近年はスマートフォンやインターネットが普及したことで、婚活のスタイルが変わり始めています。例えば、地域で開催している街コンや、婚活サイト・婚活アプリなどのネット婚活など、男女が気軽に出会えるような環境になりつつあるのです。

日本では、深刻な少子高齢化が進んでいます。初婚年齢が高くなる晩婚化も進んでおり、晩産化も問題視されるようになってきました。そんな少子高齢化や晩婚化の加速に歯止めをかけるために、最近では国や政府が婚活を支援する動きも見られます。

企業や個人が、このような行政の支援を受けて、婚活事業をスタートされるケースも少なくありません。近年は生涯結婚しない男女も増えてきていますが、その一方でいずれ結婚したいと考えている未婚者の割合は非常に高いというのも特徴です。

将来的に結婚したいと考えている18歳~34歳の未婚男性は、全体の86.3%となっており、未婚女性に至っては89.4%となっています。

つまり、結婚したくても相手が見つからないと悩んでいる男女が多いのです。こうした背景を踏まえ、婚活ビジネスのニーズを捉えている企業も多くなってきました。結婚したい男女を結び付ける婚活ビジネスは、今後も市場が拡大すると予想されるでしょう。

婚活にアドバイザーは必要か

婚活ビジネスの市場拡大や将来性があるという点が理解できたところで、今度はアドバイザーの必要性についてご紹介しましょう。

そもそも、婚活にアドバイザーは必要なのでしょうか?以前は、結婚に向けて出会いの場を作ってくれる仲人士が存在していました。仲人士は、その名の通り結婚したい男女が、お見合いを通じて紹介すると言った役割を担っていた方のことです。地域の主婦をはじめ、世話好きな方が活躍するケースが多く、以前は仲人士を通じてお見合い結婚をしたカップルも少なくありませんでした。

しかし、尾崎充洋は、最近はお見合いだけに捉われない結婚観の多様化に伴い、仲人士ではその役割を担えないという状況になりつつあると指摘しています。

女性の社会進出、経済成長の伸び悩みなど、あらゆることが原因となって、結婚したい男女が減少している点もあり、仲人士では務まらない現状も出てきているのです。そこで重要となるのが、専門的な知識を持った婚活アドバイザーの存在です。

婚活アドバイザーは、結婚したいと思っている男女をマッチングして結婚に導くという役割を担っています。結婚相談サービス会社の相談員として携わるケースもあれば、結婚相談所を開業するケースもあります。

マッチングやお見合いのサポートだけでなく、最近では営業や婚活パーティーの企画運営に携わる方も多いです。複数の顧客に関わるため、結婚する上で大切なことや意識しておくべきことなどを提供する必要もあります。スマートフォンやネットが普及したことで、出会いは自分でどうにかしたいと考えている男女も少なくありません。

しかし、婚活のプロが一任すれば、良い出会いを作れるだけでなく、心理的なストレスもなく婚活できるのです。
婚活アドバイザーを介して出会うメリットを考えれば、今後さらにその存在は注目を集める可能性が高いでしょう。

婚活ビジネスの隙間

尾崎充洋のように、婚活アドバイザーとして男女の結婚をサポートしていきたいと考えている方もいるのではないでしょうか?しかし、彼は婚活ビジネスを始める際には知っておかなければならないことがあるとしています。

婚活ビジネスを始めるには、対象となる地域においてどのような結婚スタイルが求められているのか、ニーズを知る必要があります。スマートフォンやネットが普及したことで、最近は結婚相談所よりも婚活サイト・婚活アプリなどを利用するケースが多いです。

特定の地域において、独立して婚活ビジネスを始めようと考えているのであれば、地域の結婚スタイルの傾向や未婚者が求めているサービスなどを知るために分析する必要があるでしょう。

そもそも、その地域に未婚者が多いかどうかも調べなければなりません。実際に提供しようと考えているサービスが、その地域のニーズとマッチしているのかどうかを見極めなければ、婚活ビジネスをスタートさせても上手くいかないでしょう。

婚活サイトや婚活アプリなどに負けない魅力を出し、婚活アドバイザーのサポートのメリットを打ち出していけば、尾崎充洋のように信頼されるパートナーとして新たな道を切り開けるのではないでしょうか?

まとめ

今回は、男性の結婚相談アドバイザーとして活躍している尾崎充洋のプロフィールや婚活ビジネスの将来性、婚活アドバイザーとしての役割などをご紹介してきました。

自分にどのようなパートナーが合っているのかわからず、出会いを求めていても積極的に行動できない方もたくさんいます。なかなか相手が見つからずに悩んでいる方は、男女ともに非常に多くいます。

そんな中、尾崎充洋にように男性を対象に結婚のサポートを行っている方はどれくらいいるでしょうか?ウエディングプランナーとして培った経験を活かして独立した彼だからこそ提供できる情報やサービスは多いでしょう。

婚活ビジネスの重要性を訴えている尾崎充洋は、これからも本当にあるべき男女の出会いの姿を追求していくと考えられます。

スポンサーリンク
おすすめの記事