イロアス(IROAS)で考える日本の教育

こんにちは!

今日は、イロアス(IROAS)という教育プラットフォームについてご紹介していきたいと思います。

イロアス(IROAS)は、白石達也氏という人物が開発した最先端の教育システムです。

その利用者は着々と増えてきており、あらゆる人がその教育を学び人生の自由を手に入れようと奮闘しています。

イロアス(IROAS)で学べる内容は多岐に渡り、会社に依存しない収入源の作り方や健康学などの日々の暮らしについてまで学ぶことができます。

義務教育では教わることがない社会で役立つ学習は、これからの人生で役立つ場面があるでしょう。

新しい教育システムとして注目を集めるイロアス(IROAS)は、人生における様々な自由を手に入れるための学習を受けられます。

そのイロアス(IROAS)について詳しく紹介していくので興味が湧いた人は、ぜひ読み進めていってください。

 

日本の教育は古い?海外と比べてみた

国ごとに考え方や文化が異なる以上、教育システムも日本と海外では違いがあります。

日本政府も少しずつ教育改革に着手しているものの、根本的な部分では日本の教育は大きく変化してきたとは言えないでしょう。

時代の変化のスピードに日本の教育は追いついていない、そのように多くの人が感じているはずです。

イロアス(IROAS)は古い教育に固執することなく、新しく画期的な学習を取り入れ注目されています。

そんなイロアス(IROAS)での学びについて触れる前に、日本の教育と海外の教育を比べてみましょう。

 

 

アメリカの教育

 

個人主義の国・アメリカでは教育制度にも個人主義の考え方が浸透しています。

学習スピードは個人に合わせられ、義務教育の段階でも留年の制度があります。

留年がある一方、学習スピードによっては年齢に関係なく飛び級も可能です。

個人が尊重され、それぞれの理解度や学習スピードに応じて同学年でも受ける授業が違うケースがある点が特徴的です。

日本の教育では、集団や和が重んじられるために、理解度が違っていても同じ学年なら同じ内容の学習をします。

本来、教育は必要な知識を得るためにあるはずです。

個人ごとに必要となる知識が違うなら、学ぶ内容やスピードは個人ごとに選べる教育システムが理想的と言えるでしょう。

さらに、日本では塾に通って学習の進み具合を調整し、学校での学習の補完を行うことが一般的です。

アメリカでは塾に通う子どもは少なく、学校からの宿題が多い傾向があります。

そして、高等学校では選択できる講座が豊富に用意されています。

興味がある講座、関心がある講座、希望する進路に必要な講座を選んで受講できるようになっているのです。

日本では、高等学校での選択科目は基本的に大学受験の科目により選ぶ程度の選択肢であるケースがほとんどで、この点でも個人の学びが尊重されているアメリカのシステムとは違っています。

 

 

フィンランドの教育

 

フィンランドの教育システムは国際的に高く評価されていることで知られています。

思考力を身に付ける教育システムで、機会の平等や自主性の尊重などの方針で学びが提供されます。

生徒が自分で自分を評価することが求められ、授業数は少なく宿題もほとんど出ません。

その代わり、義務教育期間でも留年する場合があります。

授業は受け身のスタイルではなく、スマホなどを取り入れた授業、グループワークなど参加型授業を中心に、自主的な学びの場となっています。

学びの時間数よりも質が重視され、思考力を身に付けることが求められます。

場所や時間、年齢にかかわらず、学びたいテーマを見つけて生涯学ぶという考え方がフィンランド流です。

 

 

オランダやドイツの教育

 

子どもの幸福度が高いオランダでは、考える力を養成する教育が行われています。

義務教育は公立はもちろん、私立も無償です。

教育の理念は学ぶ人の個性と考え方を尊重することで、実践的な問題解決のトレーニングをしています。

学ぶ人の学びを尊重し、自分で分析し解決できる力を養う教育と言えるでしょう。

シュタイナー教育が盛んなドイツでは、小学4年生の年齢で進路を決めます。

自由に研究するスタイルの教育に特徴があります。

幼い頃から自立を意識して、自分に合った学びを選択する機会があるのです。

 

 

学びの場所、学べる時間、学習速度や学びたいテーマは人それぞれ違うものです。

海外の教育システムは、学ぶ年齢や場所、学ぶ時間数や速度、学びのテーマなどを個人が選択できる制度が整っています。

しかし、日本では同学年は同じ部屋で同じ内容を同じ時間数学びます。

日本の教育は海外と比較して古いという指摘は、あながち間違っていないと言えるでしょう。

 

イロアス(IROAS)の画期的な学習システム

学びたいテーマを見つけて学ぶイロアス(IROAS

 

古い学習システムでは、学びは画一的に与えられるものでした。

学ぶ側は受動的に同じ内容を詰め込まれ、学びたいテーマを考える機会すら与えられていなかったのです。

しかし、イロアス(IROAS)の学習システムでは学びたいテーマは自分で見つけて学びます。

自分に必要な学習内容を選んで学ぶスタイルが、イロアス(IROAS)の特徴の1つと言えるでしょう。

イロアス(IROAS)では、様々な教育コンテンツやアプリ、セミナー、イベント、コーチングプログラムが展開されています。

 

・ベーシックトレーニング

イロアス(IROAS)のサービスの軸となるトレーニングです。

豊かで幸せな人生を手に入れるために必要となる、原理や原則を学びます。

ベーシックトレーニングでは、ユダヤ人の大富豪の教えが書かれたタルムードを日本語で学べるようになっています。

タルムードの教えについてイロアス(IROAS)が独占契約を結んでいるからこそ可能な学習内容となっています。

世界中で富を得たユダヤ人の秘伝の書であるタルムードからは、お金の区別とビジネスの種の見つけ方を始めとした富を築くための手法を学びます。

また、新しい人生をスタートさせるための学び、プロローグもイロアス(IROAS)ならではの学びと言えます。

大人数の同時受講方式で行われるプロローグでは、新しい自分を発見するために自分自身を掘り下げて学びを深めます。

トラウマの解放や自愛について効果的に学べるようにプログラムが工夫されています。

そしてクロノスでは主に時間管理についての学びを提供しています。

効率性や生産性を上げるためには、適切な時間の使い方とスケジュール管理が必要となります。

そのために脳科学に基づいた時間管理を学ぶのです。

 

・コーチングプログラム

起業家として成功している人、専門家として活躍している人も、自分自身の業績を上げるためにコーチの手法を活用しています。

ビジネスでの成功を目指し、イロアス(IROAS)では様々なニーズに合わせコーチングプログラムを提供しています。

 

 

進む道を決めて学ぶイロアス(IROAS

 

学びたい内容は人によって違います。

学ぶ順番も人それぞれでしょう。

イロアス(IROAS)では、最先端のスキルを学び、テクニックを身に付けて進む道に活かせるジョブトレーニングを用意しています。

健康学は国際的なコンサルタント会社として知られるエレベイズ・ヘルスの設立者・ザックジョーンズ博士が講師を担当しています。

富とお金については著名なマネーインテリゲンチャである津島とものり氏が、コピーライティングメソッドについてはコピーライターの上村勇斗氏が講師を務めています。

豊富な分野の学問を、それぞれの分野のスペシャリストから学べる環境がイロアス(IROAS)にはあり、受講者が進む道に合った学びを得られるようになっています。

 

 

イロアス(IROAS)の素晴らしいギフト

 

イロアス(IROAS)の画期的な学習システムは、学ぶ人に素晴らしいギフトをもたらします。

学びを通してイロアス(IROAS)で手に入る3つのギフトをご紹介します。

 

・常識を遙かに超えた経済的成功のチャンス

・真に社会を変革する歴史に残る「教育革命」に加われるチャンス

・グローバル意識のある広い心を持った本音で話せる仲間達

 

イロアス(IROAS)は学びを通して様々な自由が手に入る、画期的な学習システムでもあります。

学ぶ人の新しい未来に、経済的な自由・時間の自由・語学の自由・場所の自由・人間関係の自由・健康の自由、様々な自由をもたらす学習システムがイロアス(IROAS)です。

実は、日本の教育システムは使いやすい労働者を生み出すための仕組みだと言われています。

使いやすい労働者にするためには、様々な自由を与えることは逆効果となります。

イロアス(IROAS)が画期的、そして教育革命とまで評価される秘密は、自由を手に入れるための教育システムであるからという面もあるのです。

 

イロアス(IROAS)いつでもどこでもできる便利さがある

イロアス(IROAS)は既存の教育システムに疑問を抱くことから生まれた、全く新しい教育プラットフォームです。

学ぶことで自由を手に入れることができると考えられ作られたイロアス(IROAS)は、その学習のための工夫が多く組み込まれているため、とても便利な環境となっています。

ではどんな便利な環境で学習ができるのか、ご紹介していきましょう。

 

 

どこでも学習ができるイロアス(IROAS)の誕生

 

学習するとなるとほとんどの人は、自宅か学校を真っ先に考えつくことでしょう。

しかし、自宅や学校だけでは満足のいく学習環境とはならないことが多いです。

社会人になれば学校という絶好の学習環境は失われてしまい、日々の仕事に忙殺されて学習する意欲もなくしてしまいます。

学校自体も環境によっては、学習ができなくなる場所となるでしょう。

イロアス(IROAS)の開発者である白石達也氏は、高校生の時にイジメを経験しており、学校が過ごしにくい場所となっていました。

そのイジメの経験から、学習できる場所はもっと自由でなくてはいけないと考えるようになり、教育システムを変えようと思い立ったのです。

そうして誕生したのがイロアス(IROAS)です。

学習できる時間が大人になっていくにつれて減っている人は多くいるでしょう。

さらに記憶力も若い時と比べると低下していくことになるため、学習は早めにしておいた方が良いのです。

 

 

便利なイロアス(IROAS)での学習

 

イロアス(IROAS)の教育はインターネットを活用したものとなっています。

インターネットを利用することによっていつでもどこでも学習をすることができるようになったのです。

従来の学校での教育では、基本的に生徒が教室に集まって授業を受けるといった形態です。

つまり、学校に行かなければ学習することができないということになります。

学習する場所が限られており、かつ拘束されてしまうことは、自由な学習とは程遠いものと言えるでしょう。

その点、イロアス(IROAS)はインターネットがつながる環境であればどんな場所だろうと学習をすることができます。

通勤途中の電車内でも学習ができ、サラリーマンでも学習の時間が取れるようになるのです。

イロアス(IROAS)で学べる内容はどれも専門の講師が授業を行ってくれます。

その専門知識がどこでもいつでも学ぶことができることはまさに自由な学びと言えるでしょう。

自分の学びたいことを好きな時にいつでも学ぶことで人生の自由を掴み取ることができるのです。

イロアス(IROAS)はその手助けをしてくれる便利な教育プラットフォームとして存在しています。

 

これからはイロアス(IROAS)の時代

日本には終身雇用というものがありましたが、今は終身雇用という言葉は幻となっています。

この言葉が生まれた当時は、会社の業績もウナギ登りといった具合で将来は安泰だと考えられていました。

しかし、現在は不景気や少子高齢化によって企業は人手不足などにより、倒産することになると考えられています。

そんな時代にどうやって生き残るのか、その答えを求めるためにイロアス(IROAS)が注目されています。

最新の教育システムによって学ぶことができる内容には、義務教育では決して学ぶことができない、質の高い教育が詰め込まれています。

イロアス(IROAS)の教育によってこれからの時代を生き抜く力を身に付けていきましょう。

 

 

イロアス(IROAS)で学び、生きる術を身に付ける

 

これからの時代は企業に依存した収入では生きていくことは難しくなります。

終身雇用が崩壊した今、自らの力で収入を得る力を身に付けなければいけないのです。

少子高齢化が進んでいる現代日本は、将来的なリスクが山積みになっています。

年配が増え、若い世代が減ってしまうと若い世代への負担が大きいものとなるでしょう。

年金というシステムも当てになりません。

少子高齢化により年金に使われる税金を納める若者が減ってしまっているため、必然的に将来はもらえる保証がないと考えられるためです。

そうなると老後はどのように暮らせば良いのでしょうか?

老後に必要な資金はおよそ2000万円や3000万円とも言われています。

普通に生活しているだけではこのような大金は貯めることは難しいでしょう。

そうなると新しい収入源が必要となります。

会社に頼らない収入源を作るためには、知識が必要となってくるでしょう。

その知識を学ぶためにあるのがイロアス(IROAS)です。

 

イロアス(IROAS)で学べる教育には、経済的な自由を手に入れるための内容も含まれています。

イロアス(IROAS)を利用することで会社に依存しない自由な生き方をすることができるのです。

大人になるまで学校で見に付けてきた知識はお金を生み出してはくれません。

学生の時に学んだ知識は、社会人になってから使ったことがある人は極めて少ないでしょう。

このことから人は生きるための教育を受けなくてはならないのです。

生きるために必要なお金を稼ぐ教育や、人生を自由に生きるための知識を身に付けることがイロアス(IROAS)で可能となるのです。

 

 

イロアス(IROAS)で手に入る自由とは

 

イロアス(IROAS)で手に入る知識には会社に依存しない収入の作り方から人生を自由に生きるための知識があります。

イロアス(IROAS)では、6つの自由を手に入れることができるとされています。

6つの自由とは、「経済」、「時間」、「健康」、「居住」、「語学」、「人間関係」です。

自由に生きるためにはお金が必要となります。

日々生きるだけでもそこに様々な税金が掛かり、生きるためには働かなくてはいけません。

長くても学生でいられる人の多くは22歳まででしょう。

そこから40年以上も働き続け生きていかなければいけません。

人生の半分以上は労働時間でできているのです。

ですが経済的な自由を手に入れることができれば働きたい時に働き、遊びたい時は遊ぶという自由を手に入れることができます。

経済的な自由を手に入れることができれば他の自由も手に入れやすくなります。

なぜなら生きるためのお金はあるわけですから、他のことに時間を割くことができるのです。

好きな場所に住み、自由な生活を送ることがイロアス(IROAS)の目的でもあります。

その生活を送るためには健康な肉体が必要ということもあり、健康に過ごすためにはどうすれば良いのかをイロアス(IROAS)で学ぶことも可能です。

様々な自由を手に入れるためには知識が必要となります。

そのために開発された教育システムなのです。

人生における様々な縛りを解放するためにイロアス(IROAS)は、これからも新しい教育システムとして活躍し、これからの時代に必要なものとなるでしょう。

 

今回のまとめ

日本の教育と海外の教育は当たり前ですが、異なるものとなっています。

アメリカは個人を尊重する教育となっており、優秀なら何歳であろうと先へ進むことができ、学習スピードによっては同じ学年でも違う授業を行ったりもします。

日本では和を尊重しているため、全員が同じスピードで学習を進め、同じく成長していきます。

教育のあり方がこの時点で異なることが分かるでしょう。

アメリカの教育では次々と学習していき、必要なものを取り込んでいきます。

しかし、日本ではどれほど優秀でも他人と一緒に合わせられ個性という強みを伸ばすことができないでいるのです。

興味がある・ないに関わらず強制的に学ぶスタイルが日本式で、自由に必要なものや学びたいことを選択して学んでいくのがアメリカ式と言えるでしょう。

この教育により日本では飛び抜けた才能が発掘しにくくなっています。

それどころか普通に生きていくための力さえ社会に出るまで知らないことが多いのです。

こうした古い教育システムを何とかしようと開発されたのがイロアス(IROAS)です。

海外の教育システムのようにイロアス(IROAS)では、学びたいものを選び好きな時に学ぶことができます。

インターネットを活用した教育システムであるイロアス(IROAS)は、インターネットが繋がる環境があればどこであろうと学習を進められます。

そのため、時間に追われるサラリーマンでも隙間時間で学習することができるのです。

朝の電車通勤で学ぶこともでき、昼休憩などでも手軽に学習することができることはイロアス(IROAS)の強みと言えるでしょう。

さらに、イロアス(IROAS)の講義を勤めてくれるのは専門的な知識を持ったスペシャリスト達です。

世界中で活躍するスペシャリストに加えイロアス(IROAS)の開発者である白石達也氏自身もイロアス(IROAS)の教師陣に加わり、人生における自由を手に入れる方法を教えてもらうことができるでしょう。

これからの時代は、個人が生きる力を身に付けなければいけません。

会社に依存しているだけでは、いざという時に無力となってしまいます。

終身雇用が幻想となった現代社会では、個人の力も磨かなければならないのです。

個人で経済的な自由を手に入れることができれば、様々な自由を手に入れることにつながることでしょう。

住居の自由、語学の自由、健康の自由などを手に入れることで人生はより豊かなものへと変わります。

人生の半分が労働となっている現代においてこの生き方は理想となりますが現実として手に入れられるのです。

イロアス(IROAS)は、今の日本の未来を変えるかもしれない可能性に満ちています。

スポンサーリンク
おすすめの記事