レイノス株式会社|新卒の仕事から得られるキャリアとは?

みなさん、こんにちは。

本日は、レイノス株式会社についてご紹介していきましょう。

 

レイノス株式会社はレイスグループに含まれる企業であり、主にスカウト事業を担っていますが、今回は「採用事情」について調べてみるつもりです!

 

レイノスの採用事情ポイント

今回のテーマ:レイノスの新卒採用

  • 業務内容
  • 求める人物像
  • 雇用条件

 

現在レイノス株式会社に興味を持っていて就職を考えているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

レイノス株式会社とは?

レイノス株式会社とは、1997年10月に設立された企業で、現在国内最大手のヘッドハンティング(※)・スカウト企業へと成長しており、東京や大阪、名古屋、福岡、仙台、岡山にオフィスを構えています。

※ヘッドハンティングという仕事についてはこちらに詳しく書いておりますので、御覧ください。

レイノス株式会社|電話によるヘッドハンティングの誘いを受けたら

 

レイノス株式会社では主にクライアントの経営者から経営課題を尋ね、その課題を解決できる人材をリサーチするというサービスを提供しています。

例えば、新規事業の現場を率いてくれるような管理職のヘッドハンティング・スカウトはもちろん、役員や次期幹部の候補まで、幅広いポジションのヘッドハンティング・スカウトが可能です。

 

また、その他にもMAコンサルティングや事業承継支援、エグゼクティブシニアマッチング支援事業、経営顧問事業などのサービスを展開しています。

 

 

レイノスの新卒採用事情とは?

どんな人材を求めているか

レイノス株式会社ではどんな人材を求めているかというと、一番は多くの企業をサポートしたいという強い意志を持っている人だと考えられます。

レイノス株式会社に新卒で入社した場合、1年目から200人以上の企業経営者と話し合い、経営課題を解決するために業務をこなしていく必要があります。

 

顧客である企業のサポートをしていきたいという強い意志がないと、業務を遂行していくことも難しいと言えるでしょう。

 

また、自分の手で創っていくという社風があることから、働き方に関しても一人ひとりで調整しやすいような制度を設けています。

そのため、求められているというわけではありませんが、自己管理能力の高い人にとってはとても働きやすい職場環境になっています。

 

どのようなキャリアを歩めるか

レイノス株式会社に入社すると、先程もご紹介したように1年目から多くの経営者に向けてサポートを提案していくことになります。

もちろん最初は研修などで、ある程度どういった流れで行えば良いのかを学びますが、その後は自分自身で経験を積んでいき、やり方を見つけていくことができます。

多くの経験を1年目から積むことができるので、他の会社に比べると比較的早くキャリア形成が行えるでしょう。

 

例えば、レイノス株式会社だけではなくレイスグループ全体で「立場が人を創る」という考えを持っています。

この考えから、若い社員であってもチームマネージャーや管理職に抜擢されることもあるのです。

 

これまで日本企業の多くは年功序列の傾向が強く、30代後半から40代以上にならないと管理職が務まらないところが多いでしょう。

しかし、レイスグループでは若い社員でも能力があれば十分管理職が務まるとしているのです。

 

例えば、レイノス株式会社ではありませんが、同じグループ企業で26歳という若さで社員250名をまとめ上げている人物もいます。

「実力主義」というとあまり聞こえが良くないかもしれませんが、1年目からコツコツと経験を積んでいけばキャリア形成につながる可能性は非常に高いということが言えます。

 

また、レイノス株式会社の仕事では経営者をサポートすることになるので、客観的に課題を整理し、分析していく必要があります。

徐々に経験をこなしていくことで、課題整理や分析し解決していく力を身に付けていけるようになるでしょう。

様々なケースにも臨機応変に対応する力も身に付くと考えられます。

 

新卒の雇用条件

続いては、レイノス株式会社の新卒雇用条件についてご紹介していきましょう。

 

レイノス株式会社が採用を行っているわけではなく、レイスグループ全体で新卒雇用を行っています。

主に総合職とコーポレートスタッフを募集していますが、レイノス株式会社の場合、実際に経営者のサポートを担う総合職がメインとなります。

そこで、総合職についての雇用条件を見ていきましょう。

 

勤務地

勤務地は東京本社や大阪本社に加え、銀座・新宿・横浜に設けられているサテライトオフィス、名古屋オフィス、福岡オフィス、仙台オフィス、沖縄オフィス、岡山オフィスが挙げられます。

場合によっては転居を伴う転勤もあるようです。

現在はまだ用意されていないものの、進出予定になっている海外勤務地も含まれています。

一方で、地域限定総合職というものもあり、こちらの場合は入社後の転勤はありません。

 

給与

総合職(大学・大学院卒)の場合、月給300,000万円(2018年12月時点)でさらに月60時間までの超過勤務手当(95,745円)と60時間以上だと別途超過勤務手当が支給されます。

地域限定総合職だと若干超過勤務手当が安くなることと、月給も290,000万円と転勤ありの総合職と比べて低めになっています。

レイスグループではレイノス株式会社も含めて年4回(3ヶ月ごと)に査定が実施され、結果を残した人には昇給・昇進のチャンスがあります。

 

諸手当

通勤交通費が月額50,000円まで支給されます。

 

賞与

レイスグループではボーナス制度を取り入れていません。

その代わり、査定の回数を多くしており給与に反映できるようにしているようです。

 

休日休暇

週休2日制(土日)を基本とし、他にも祝日や年末年始、有給休暇、産休・育休制度など一般的な休暇制度が整えられていますね。

その他にもパワーチャージ休暇などレイスグループ独自の休暇制度も用意されています。

これはグループ全体で取り入れられているので、レイノス株式会社でも同様に利用可能なんだと思います。

 

福利厚生

契約保養所や海外旅行促進補助金制度など、旅行に便利な制度が多く挙げられます。

また、スポーツ施設利用など日常生活で運動不足を解消するのに役立つ福利厚生も用意されています。

 

レイノス株式会社では新卒から充実した待遇を受けられることが分かります。

賞与はないものの、その分努力次第で毎月の給与自体をアップさせられるため、賞与がないから生活も苦しくなってしまうということはないでしょう。

 

 

まとめ

新卒採用というと、経験が少ないということもあり雇用条件があまり充実していないケースが多く見られます。

しかし、レイノス株式会社では新卒だからこそ充実した雇用条件を用意していて、その分仕事に力を発揮してほしいと考えているのです。

 

実力がないと成長も難しいのではないかと思われてしまうかもしれませんが、研修が準備されており、仕事をしていく中で学べることもたくさんあるので、仕事だけでなく人間的にも成長できる環境だということが言えるでしょう。

 

また、実力主義の会社はワンマンプレイが多く、社風があまり良くないのでは?と不安に感じている方もいるでしょう。

 レイノス株式会社では部署の垣根を越えて交流できるよう、年2回全社イベントというものを開催しています。

イベントを通して多くの社員と交流しコミュニケーションを取っていくことで、貴重な話を聞けたり、人脈をどんどん広げていったりできるでしょう。

 

社風もこうしたイベントの影響からか、他の会社よりもかなり明るく風通しの良い会社となっています。

 

もしレイノス株式会社で多くの企業のサポートを行っていきたいと考えている方は、ぜひ採用でエントリーしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事