レイノス株式会社|電話によるヘッドハンティングの誘いを受けたら

今回はレイノス株式会社で行われているヘッドハンティング事業についてご紹介していきましょう。

皆さんはヘッドハンティングというとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?

ヘッドハンティングはドラマだけの話ではなく、実際にヘッドハンティングを受けることも珍しくなくなってきました。

ただ、最初にヘッドハンティングの電話を受けると「怪しい」と感じてしまう方は未だ多いです。

 

そこで今回は、もしレイノス株式会社から電話があった場合どうすれば良いのか、そしてレイノス株式会社は本当にヘッドハンティングの実績を持っているのか、ご紹介していきます。

 

ヘッドハンティングについて気になっている、実際にレイノス株式会社から電話がかかってきて不安に思っているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

レイノスの概要

レイノスとは1997年に10月に設立した会社で、スカウトやヘッドハンティングビジネスを中心に行っています。

 2017年度の業績は186億円で、従業員数も毎年増加しており、新卒も毎年のように採用しているようです。

ちなみに新卒採用についての情報はこちらでまとめておりますので、御覧ください。

 

レイノス株式会社|新卒の仕事から得られるキャリアとは?

 

日本国内でも最大手のヘッドハンティング会社となり、クライアント企業からの要望を明らかにしていきながら、スキルだけでなく社風に合わせた人材を見つけ出すサーチ型スカウトを中心にしています。

 

このサーチ型スカウトは、全国に100人以上いるリサーチ部隊が徹底した力を発揮し、その中からリストアップされた人材と面談を行います。

ヘッドハンティングされた人材が、移籍先の職場で今以上の能力が発揮できるようにサポートするだけでなく、クライアント業務をさらに向上させるための大きな役割にもなります。

 

一般的なヘッドハンティングの場合、知らないところでターゲットとなり、リストアップされていくのですが、レイノスではサーチ型スカウトに重点を置いているため、個人で登録してヘッドハンティングリストに載ることも可能です。

積極的な転職活動をしたい場合や、市場において自分の価値がどのくらいなのかを知りたい場合でも登録は可能です。

 

新しい人生のスタート、そしてキャリアアップなど、今まで以上の頑張りを発揮したい場合は、レイノスが双方の分岐点となるでしょう。

ヘッドハンティングについて

海外では当たり前のようなヘッドハンティングですが、日本国内ではまだあまり馴染みがあまりなく、よく知らないという方もいるでしょう。

 

ヘッドハンティングとは、どのような意味を持っているのでしょうか?

 

ヘッドハンティングとは?

ヘッドハンティングとは、経営者やその幹部、またそれらに属する優秀な人材を会社の外部からスカウトして自社に招き入れることを言います。

主にヘッドハンティングは、企業から直接依頼を受けたプロのスカウトマンによって行われます。

 

日本ではヘッドハンティングそのものの馴染みがあまりなく、ヘッドハンティングと聞くと半信半疑に思う方もいるでしょう。

その理由は、従来からある日本の雇用形態にあると考えられます。

日本では一般的に定年までの雇用が多く、勤続年数に応じた退職金制度などもあり、少しでも同じ会社で長く働いた方が得という部分があります。

他にも義理で長く働いているという方もいて、そこが日本人の良さだと感じる部分もあります。

 

しかし、最近は外資系の企業が増え、退職金制度や終身雇用制度などの崩壊もあったことで転職者数が増加傾向となり、人材のヘッドハンティングも増えてきました。

このような会社の制度から、今までヘッドハンティングが進まなかっただけでなく、内部からの反発によって抑えつけられていた部分は大きくあったと考えられます。

 

実力重視のアメリカの場合、日本とキャリアアップに対しての考え方に大きな違いがあります。

自分の実力を評価してくれない企業には交渉したり転職したりするのもよくありますが、さらに今以上の自分のポテンシャルを高めるための手段として転職することもあります。

転職を多く繰り返していても、企業から問題があるのでは?と疑問視されることもなく、むしろ向上心やキャリアアップしたい気持ちを認めてもらう場合もあります。

 

そのため、日本では転職やヘッドハンティングは否定的に捉われがちであり、アメリカは反対に肯定的だと考えられています。

 

 転職エージェントとの違い

ヘッドハンティングと転職エージェントには、どのような違いがあるのでしょうか?

ヘッドハンティングは、転職を希望しているかどうかに関わらず、プロのスカウトマンによって他者に引き抜きされるため、対象者は全てのビジネスマンとなります。

 

転職エージェントは、転職サイトに登録している人材の中から他の企業に紹介して、その中から企業が求めている人材が見つかった場合に推薦するという方法です。

これらのことから、ヘッドハンティングは自分の知らないところでターゲットにされる可能性があり、転職の有無に関係なくヘッドハンティングされる可能性もあります。

 

しかし、転職エージェントは事前に転職の希望があり、さらにサイトに登録を済ませた人だけが選ばれるということです。

 

電話による誘い

ヘッドハンティングは自宅や会社などに、突然メールや電話などで誘いが来ます。

もしヘッドハンティングの誘いの電話が来た場合、どのような対応を取るべきでしょうか?

 

突然、ヘッドハンティングの話が舞い込んでくると浮かれてしまうかもしれませんが、以下のことを聞いて本物のヘッドハンティングなのか確認しましょう。

 

  • 電話番号の情報
  • ヘッドハンティングの理由

 

電話番号ですが、営業職や管理職の場合、他社の人との挨拶代わりに名刺を交換します。

そこで電話番号などの情報は得られますが、これがもし誰にも教えていないプライベート用の番号に電話が来た場合は注意しましょう。

 

そしてなぜヘッドハンティングしたいのか、その理由を明確にしましょう。ただ、こちらは電話で聞くよりも、一度お会いしてみて話を聞いたほうが詳細な説明も聞けるのでいいかもしれません。

 

ヘッドハンティングの実績

では、レイノス株式会社のヘッドハンディングの実績はどのようになっているのでしょうか?

ここでは、レイノスの実績についてご紹介していきましょう。

 

年間1500名以上の転職者数を誇る

1997年の設立後、レイノスは2002年にスカウト事業においてサービスを開始しています。

現在、リサーチ部隊は200名を超えており、エージェントも全国で活動しています。

東京・仙台・名古屋・大阪・福岡に拠点を設けているため、全国エリアが対応可能になっています。

 

転職者数は年間1500名以上となっており、7000社以上の取引尾実績を持っています。

業界はIT・コンサルティングファーム・金融・産業・医療品・電機、自動車・管理系など、最新の業界動向を踏まえて様々な求人を有しているのも特徴です。

 

即戦力のある人材や高収益人材をスカウトするべく、スカウト会社と連携しているのです。

通常の人材紹介会社や転職サイトでは、スカウト就職・転職希望者が自ら希望の会社を見つけ行動する必要があります。

 

レイノス株式会社は、スカウト・ヘッドハンディング専門にしており、「エグゼクティブサーチ」と呼ばれるシステムを取り入れています。

 

エグゼクティブサーチは、会社の経営課題や採用面の課題に着目し、それぞれの会社が必要とする人材をサーチしてマッチングするという仕組みです。

求職者にマッチした求人があれば、会社経営者や採用担当者と条件交渉をはじめとするサポートを受けられます。

 

スカウトは、求職者として登録していなくてもかかる時も少なくありません。

年間1500名以上の転職社数・7000社以上の取引実績を誇るからこそ、手厚いサポートとスカウトが受けられるのではないでしょうか?

 

レイノス株式会社は国内最大手のスカウト会社ですが、その実績数を見ても魅力に感じられます。

 

どのような案件があるのか?

レイノスでは、主任や係長・部長・執行役員まで様々な非公開求人を有しています。

年収800万円~1000万円を超える案件も豊富で、それぞれの業界専任のコンサルタントから業界の動向を教えてもらえます。

では、実際の案件を見てみましょう。

 

建設業・法務責任者

仕事内容は土地活用・資産継承などにおける法務的アドバイスや建設事業に欠かせないリーガルチェックなどです。

この案件では年収800万円~1000万円となっています。

 

ベンチャー広告会社・営業部長

既存顧客とのリレーションや提案営業力強化における新規顧客獲得などを行う案件もあります。

年収は900万円を見込んでいます。

 

レイノスでは、非常に多くの案件を扱っていますが、ここで紹介したように高年収を実現できる案件も豊富です。

転職するかしないかは個人の自由ではありますが、自分のキャリアや可能性を広げるという意味では登録しておくのは有益と言えるでしょう。

 

まとめ

今回は、レイノス株式会社の事業内容や歴史、ヘッドハンディング実績などを解説してきました。

近年、企業が求職者をスカウトできる会社は一般的な存在になってきています。

中でもレイノスは国内最大手のスカウト会社であり、あらゆる業界・職種の支援を行っています。

 

全国エリアに対応リサーチ部隊やエージェントを置き、初回から経営者との面接を行うため、ヘッドハンディングの実績も国内最大級です。

レイノスは、2002年のサービス開始以降、年間1500名の転職者数を実現しています。

ヘッドハンディング会社にとって、年間1500名以上もの転職を出すのは非常に困難と言われています。

 

しかし、あらゆる分野に専門性を有したプロフェッショナルがいるからこそ、的確なアドバイスを提供できるのです。

レイノス株式会社は、質の高いアドバイスをもらいたい方にとっても、有望な人材をスカウトしたい会社にとっても有益な存在であると言えるでしょう。

Follow me!

関連キーワード
企業(company)の関連記事
  • ティーコム株式会社を徹底調査!事業の強みや職場環境までご紹介
  • アールアセットマネジメントの評判や口コミをチェック!競合他社との違いも比較
  • 中古車販売のネクステージ彦根店の魅力とは?徹底調査!
  • Enazeal株式会社(エナジール株式会社)が挑むニッチ市場への参入と企業が求める人物像
  • セオリーファクトリーの評判をあつめてみた!採用・セミナー情報はこちら
  • ネクステージ41号小牧店の口コミ評判は?魅力を徹底調査!
おすすめの記事
4℃は、なんで4℃っていうの?
企業(company)
こんにちは 今回は、ジュエリーブランドの「4℃」について書いてみたいと思います。指輪・ブレスレット・ネックレス・ピアスなどの美しいジュエリー...