再生可能エネルギー投資でおすすめの太陽光発電投資
日本国内だけでなく世界でも再生可能エネルギーへの投資が加速しています。 これまでは石油や天然ガス、原子力発電などがメインだったエネルギー投資が、発電コストの低下を背景に太陽光発電を始めとした再生可能エネルギーへの投資にシフトし始めているのです。 今回は、再生可能エネルギー投資について検討している人に向け、おすすめ案件である太陽光発電について取り扱い企業やメーカー、メリットなどを詳しくご紹介します。

■太陽光発電で注目のアール・エス・アセットマネジメント株式会社とは

まずは、再生可能エネルギー事業に関してのアレンジメント業務を行うアール・エス・アセットマネジメント株式会社について、理念や事業内容を見ていきましょう。

・企業理念

アール・エス・アセットマネジメント株式会社は、「安全かつ安定した電力供給への貢献」を理念に2013年3月に設立されました。 2011年3月に起きた東日本大震災を機に、日本全体の電力供給に対する考え方は大きく変わりました。 電力は安さだけではなく質をも求められる時代が来ています。 そんな中、太陽光をメインに、クリーンで安全な電力供給を通し、日本における電力のインフラ改革に貢献することがアール・エス・アセットマネジメント株式会社の企業理念です。 低コストクリーンエネルギーの供給を実現し、継続していくことを目指しています。

・事業内容

アール・エス・アセットマネジメント株式会社の主な事業は、太陽光設備などの再生可能エネルギーファンドに対するアレンジメント事業、インベストメント事業です。 インベストメント事業では、太陽光発電の用地交渉から企画運用までの一貫したサポートを実施しています。 また、バイオマス発電や風力発電などの事業開発、地熱発電・水力発電の開発と設計も進めています。 豊富な実績と高い専門性で、新しい環境分野ビジネスを提供できる強みを持った会社です。 アレンジメント事業では、電力会社との20年間固定買取制度を利用した太陽光発電投資取引のアレンジメントを行っています。 初期コストを抑え、効率的に発電設備を取得する事、継続的に資産管理コストを軽減することを基本方針としています。 出資リターンの最大化を図ると同時に、安全で安定した電力供給に貢献するという企業理念を果たすことを目指しているのです。 アール・エス・アセットマネジメント株式会社では、太陽光発電事業の新規案件の設備を数多く扱っています。 再生可能エネルギーの事業用地、事業譲渡に関しての不明点、気になることについての問い合わせにも対応しているので利用してみましょう。

■再エネ投資は太陽光発電投資がおすすめできる3つの理由

ますます期待が高まっている再生可能エネルギー投資には、様々な種類の投資先があります。 太陽光発電、バイオマス発電、水力発電、風力発電、海洋温度発電など多くの案件の中から何を選ぶべきか迷う人も多いでしょう。 これから再生可能エネルギー投資を始めるなら、太陽光発電がおすすめです。 その理由を3つご紹介します。

・太陽光発電は高利回り

太陽光発電は利回りが高く、収益が期待できる投資という特徴があります。 条件によって異なるものの、シミュレーションで計算すると目安の収益額が分かります。 仮に2,000万円の融資を受けた太陽光発電を始めたとしましょう。 土地付きで、利回り10%と仮定すると売電金額をもとに10年で2,000万円が回収できる計算になります。 つまり、残りの10年で2,000万円の収益があがることになるのです。 太陽光発電は比較的利回りの高い商品だということが分かります。 基本的に電力会社の固定買取制度は20年間が期限です。 始めてから10年で元をとり、残りの10年で収入を得られることから、万が一20年後に売電金額が下がることがあっても利回りが高いと言えるでしょう。 そして、太陽光発電の普及により、設置会社のシミュレーションの精度も上がっており、日照時間・天気に左右されがちな太陽光発電の収支についても、その予測がかなり正確になっていることにも言及しておきましょう。 つまり収益予測を正確に行えることが、高い利回り保証につながるのです。

・太陽光発電はリスクが低い

一般的に投資にはリターンがあればリスクもあり、高いリターンを望めばリスクも高くなる傾向にあります。 しかし、太陽光発電投資の場合は固定買取制度があるため、数ある投資案件の中でもローリスクな投資に分類されます。 太陽光発電を設置する際には、設置後に電力会社が電力調査を行い固定買取の期間がスタートします。 調査を受けて20年間は高く設定された買取価格での売電が可能です。 固定買取制度は、国が20年間の固定価格での買取を保証する制度であり、多額融資を返済する必要があっても安心できます。 また、太陽光発電は天気に左右される傾向がある点がリスクとなると考えられがちです。 ただ、日々の天気ではなく年単位での収支を考えて金融機関は審査を行います。 金融機関の融資が通るためには、十分な収支が見込めることを示していると考えて良いでしょう。 そして、土地付きの太陽光発電では発電システムと土地がセットになっており、早期スタート、早期の売電収入が見込めます。 建物を建て、入居者が入ることを待つ必要がある不動産投資と比較しても、売電収入が早期に得られる太陽光発電投資はローリスクと言えるでしょう。

・太陽光発電には節税制度がある

太陽光発電は、節税制度を活用しながら投資が行えるケースがある点でもおすすめできます。 「中小企業等経営強化法」を活用すると償却資産税が取得から3年間は半分に軽減されるのです。 対象は青色申告をしている法人と個人で、当てはまるかどうかなど詳細は確認してみましょう。 控除や節税の制度については、設備投資を行う上で必要な知識です。 苦手意識がある場合は、税理士などに相談してみると良いでしょう。

■太陽光発電システムのカネカソーラーの特徴

太陽光発電システムのメーカーは日本国内に数多く存在しています。 歴史的に日本のメーカーが中心になって太陽光発電の技術開発を行ってきたことが、日本メーカーが多い理由です。 太陽光発電システムを設置する場合、様々な機器をメーカーから購入することになります。 メーカーによって太陽光発電モジュールや各種機器なども異なるため、これから太陽光発電投資を行う場合は大まかにでも良いので各メーカーの特徴を知っておくべきでしょう。 ここでは、多くの太陽光発電システムへの導入事例を持つ大手メーカーのカネカについてご紹介します。

・株式会社カネカ

1940年代に塩化ビニル樹脂「カネビニール」を、1950年代に溶液型塩化ビニル樹脂「カネビラック」を開発、その後ショートニングなどの生産、アクリル系合成繊維などの開発などを手掛けてきた化学製品などの製造・販売メーカーが株式会社カネカです。 創業は1949年、本社は東京と大阪にあり、名古屋営業所、鹿島・滋賀などにある工場、複数の研究所を有しています。 カネカの太陽電池は、ハイブリット型の太陽電池である点が特徴です。 一般的な太陽電池は多結晶シリコンを使用します。 しかし、カネカでは薄膜シリコンの上にアモルファスシリコンを層状に重ねています。 アモルファスシリコンを使う事で、薄膜シリコンとは違う波長の光も電気に変えられます。 個人住宅向けにシリコン薄膜製品を販売している唯一のメーカーがカネカです。 結晶型太陽電池と比較して、一般的な薄膜型太陽電池は変換効率が低い傾向があります。 つまり、日本の個人住宅のような狭い屋根では不利となってしまいがちです。 そんな中、薄膜多結晶シリコンとアモルファスシリコンを組み合わせ、陰の影響を受けにくいセル構造を実現する事で、カネカは幅広い波長の光に対応し、効率的に電気を作れるシステムを実現しました。 また、結晶型太陽電池は高温になると交換効率が大きく低下する特徴があります。 カネカが製造するハイブリッド型太陽電池では、高温時にも交換効率が下がらず、その意味でも年間を通した発電量で結晶型と遜色がないと言えるでしょう。

・カネカソーラー販売株式会社

株式会社カネカ100%出資の子会社で、国内市場向けの太陽光発電事業部門を担っている会社です。 カネカソーラー販売株式会社では、街並みとの調和を考えた瓦一体型の太陽電池や、化粧スレート瓦専用の太陽電池を取り扱う他、住宅・産業用の太陽電池の生産、太陽光発電システムの販売・施工を行っています。 本社は東京と大阪にあり、その他に仙台、名古屋、博多にオフィスを構えています。 特に発電する瓦として瓦一体型の太陽電池が好評です。 通常の瓦と一緒に屋根に葺けるため、屋根に馴染んで悪目立ちしない上、雪止め機能を一体化する事で積雪量100cmまでのエリアで設置できる仕様となっています。 もちろん、防水性能と耐風性能を持つ高機能建材で、建物への負担を軽減するために軽量化も図られています。 複雑な形の屋根にも対応が可能で、意匠性にもこだわっており、さらに限られた屋根スペースにも設置できます。 一般住宅向け商品はもちろん、産業用太陽電池の製品もカネカの技術を結集したラインナップとなっており、多くのユーザーから選ばれています。 日本における再生可能エネルギー市場はまだまだ不安定な状態であることは否めません。 それでも、利回りが高めに設定される傾向があること、国の政策動向なども含め今後も期待できる分野であることは間違いないでしょう。 特に、太陽光発電については売電価格が高めに設定され、しかも20年間の価格保証がされている点など見逃せないメリットがあります。 電力会社から供給される電気を使う側でいるだけではなく、高い価格で電気を売る側にまわることでそのメリットを享受すべきと言って良いでしょう。 しっかりと投資先を見極めリターンを確保すること、そのために再生可能エネルギー市場の状況についての情報収集をすることが大切です。 太陽光発電投資では、条件の良い物件から投資が決まっていきます。 発電量の多い物件、利回りの高い物件を押さえたい場合、スピーディな判断が求められることを念頭に置きつつ、太陽光発電投資を始めてみましょう。
スポンサーリンク
おすすめの記事