• 口コミ分析
    70年以上の歴史がある株式会社コーセーとは
    2018年4月6日
  • 口コミ分析
    歯磨きでお馴染みのライオン株式会社とは?
    2018年4月6日
  • ウェルクス 口コミ分析
    ウェルクスの評判を分析!保育のお仕事とは?求人・採用情報が気になる!
    2017年11月30日
  • 家庭教師のファミリー 口コミ分析
    家庭教師のファミリーの評判口コミを分析!バイトが好評?料金は??
    2017年12月1日
  • ナントCVCファンド 口コミ分析
    ナントCVCファンドとは?南都銀行とベンチャーラボインベストメントが設立!
    2017年12月13日
  • アドフェリック 口コミ分析
    株式会社アドフェリックの口コミ評判を分析!フランチャイズのネット輸入物販の仕組みとは?
    2017年11月27日
  • エフィッシモ・キャピタル・マネジメント 口コミ分析
    エフィッシモ・キャピタル・マネージメントとは?川崎汽船・東京鐵鋼・TASAKIなどの投資を分析!
    2017年12月8日
  • ジェイエステ 口コミ分析
    ジェイエステの口コミを分析!勧誘・接客などカテゴリ別に比較!
    2018年1月18日
  • ジェネシアベンチャーズ 口コミ分析
    ジェネシアベンチャーズのファンドを調査!田島聡一社長はサイバーエージェント出身?
    2017年12月18日
  • 口コミ分析
    TOTO株式会社の会社概要と口コミ
    2018年4月9日
社長からお坊さんになった?上野健一異色の実業家、過去と現在を調査!

今回は、テレビ番組「マネーの虎」に出演経験のある上野健一氏についてご紹介していきます。

マネーの虎というと、一般人が事業計画や起業を様々な職種の社長に対してプレゼンし、希望の出資額が得られるかを決める番組です。
とてもシビアな現実問題を突きつけられ、容赦なく言及される形式にドキドキした視聴者も多いのではないでしょうか?

上野健一氏はマネーの虎で、一般人に対して様々なアドバイスを送ったり、多くの名言で励ましたりしていましたが、番組をリアルタイムで見ていない方には、どのような経歴の人なのか分からない方も多いでしょう。

今回は、マネーの虎で一躍有名になった上野健一氏の人物像や、現在に至るまでをご紹介します。
上野健一氏について気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

マネーの虎で一躍有名!上野健一とは?

テレビ番組で有名になった上野健一氏とは、どのような人物なのでしょうか?
気になる上野健一氏の経歴をご紹介していきます。

上野健一氏は、1961年2月21日に沖縄県の浦添市で生まれました。
その後兵庫県神戸市で育ち、24歳の時に大阪でログハウス村造りのための画期的な土地再生システムである「CCZプロジェクト」立ち上げて独立します。
ここでは、休眠分譲地を中心にした再開発や再整備事業をメインで行っていきました。
他にログハウス関連の輸入や建設および販売、そして外食産業などにも事業展開していき、28歳に時点で100億円企業を作り上げ、そのトップとなりました。

1995年に阪神淡路大震災により多くの店舗が被災するなど、災害に遭った身でありながらも神戸市の復興や各社の復興、そして寺院の復興にも積極的に取り組んでいきます。
復興を進めていく中で、土地や会社が再生していく新しいシステムを完成させたことをきっかけに、本格的に街づくり産業に参入していきました。

2001年に株式会社ZKRを設立し、メインの不動産事業の他にも都市計画コンサルティングやリゾート会員権販売事業などを行い、グループ会社の経営者として積極的に活躍しています。
将来性を視野に入れ、高齢化問題対策が出来てシニア世代の望む街づくりを進めていったため、2010年の売上高は72億9,700万円を記録する程の大きな企業となりました。

ビジネス街

経歴からも分かるように、上野健一氏は実業家として実績を残していきましたが、厳しい時代にここまで資産を残していけたのは、自身の経験からなのかもしれません。
実際にマネーの虎では、出資志願者に対して厳しい名言をいくつも残しています。

800万円の出資希望で、トレーラーハウスでタコライスを販売したいという出資志願者に対しては、

「800万円の投資では大きなビジネスにならない気がして面白くない。」

と出資志願者に対して批判し、当時話題になっていました。

出資志願者に対して厳しい発言をしたのも、そもそも日本に最初にトレーラーハウスを持ち込んだ上野健一氏だからこそです。
そうでなければ、出資志願者に対しての厳しい発言にも愛を感じられず、ただの批判と取られても仕方ないかもしれませんが、その苦労を知っているからこそ発言に共感できる部分も多かったのではないかと考えられます。

本も出版していた?更にその人物像に迫る!

厳しい発言を繰り返す上野健一氏は、テレビ番組の中でしか知らない人からすると、とても厳しい人間だという印象しか残らないと思いますが、実は多くの書籍を出版し、そこで名言も多く生まれています。
上野健一氏の出版していた本やそこから人物像に迫っていきましょう。

 

まずは、上野健一氏が今までに出版している本をご紹介します。

上野健一氏の出版した本一覧
  • これからの老後はおもしろい―新・田舎暮らしのすすめ
  • 団塊の老後―日本型シニアタウンを創造する集団
  • 驚異の健康住宅ログハウス―日本人が知らなかった究極の「住い」の発見
  • ボクはやんちゃな「成り上がり」
  • 沖縄独立宣言―日本連邦・琉球王国の王様になる?
  • 勝つための非常識のすすめ―あなたの人生と事業を成功に導く密教法則
  • 老後はこんな家で暮らしたい―夫婦で思いっきり人生を楽しむために!!

上記タイトルは一部ですが、28歳で100億円企業を作り上げた社長が出版した本として、

『ボクはやんちゃな「成り上がり」』

が最も注目されていたようです。

やはり28歳という若さで100億円企業を作り上げたとなると、その起業マインドや経営に関して興味を持つ方も多くなります。
書籍の内容としては経営やマネジメントに関する内容だけでなく、営業やコミュニケーション、接客やリーダーシップなど人間関係の構築や売上に関しての記述もあり、一冊で多くのことが学べるということでしょう。

書籍の中でも

「ビッグな人間といつでも会える。そのためにも日ごろから器量、知識を養って、対等な立場に立てる自分を磨いておきたい。」

と書かれており、業界において様々な人との出会いがあり、出会いを通じて自分が対等になれるように自分磨きも大切だという上野健一氏の心構えも知れます。

また、

「会社が自分に何をしてくれるかというのではなく会社のために自分は何ができるかという人材しか採用しません。」

という経営者目線の言葉もあり、会社と従業員の立場でお互いを高めて良い企業造りができる環境を整えていることも分かります。

他にも

「いまでも物事を実行するときは必ず「お前はこれについてどう思う?」と相談して部下の意見を聞く時間をボクは大切にしています。」

とも語っていて、経営者だから他のことは知らないと思うのではなく、それぞれの立場や目線を合わせて経営することの大切さも学べるでしょう。

若くして経営者になったことで、どうしても“成功者”というレッテルだけが目立ち、経営者自身がそこで満足してしまったり、このままで良いと考えてしまったりすると会社の成長には結び付いていきません。
しかし、多くの本を出版する上野健一氏は、自身の経験を元にして誰もが成功を掴みやすいように書籍の内でアドバイスを送っているのでしょう。

経営者から住職へ転身!その理由とは?

上野健一氏は、経営者として大きな成功を収めたことはお分かりいただけたかと思います。
しかし、成功後は経営者としての道を歩み続けるのではなく、住職へ転身しました。

経営者と住職、全く異なる仕事であるのに、なぜ上野健一氏は転身を決めたのでしょう?

■住職になろうと決めたのは21歳の時

上野健一氏が住職になろうと決めたのは、21歳の時でした。
この頃、起業をしたばかりで非常に忙しい毎日を送っていました。
無理をして働き続けていたところ、過労が積み重なり、幼い頃から患っていた喘息に悩まされてるようになってしまったのです。
とても悪化してしまい、病院で治療をしても効果がないほどになってしまいました。

そんな時に、大阪府吹田市にある垂水神社にお参りをし、御真言を唱えて不動明王に祈りました。懸命に祈り続けていた時に、心の底から何かが沸き上がってくるような感覚を覚えたと言います。
そして、独立してからこれまでに悩みや苦しみでいっぱいになっていた頭の中が空になったそうです。
この時、とても爽快感のある気持ちを感じられたと言います。
さらに、苦しい咳も止まっていることに気が付きました。
この出来事が住職へ転身するきっかけになったのです。

■仕事の合間で空海の教えを伝える真言密教を学ぶ

上野健一氏は、自分自身が救われたことをきっかけに、真言密教を学ぶようになりました。
そして、在家の修行者となり、真言密教の教えを世の中に広めていきたいという思いを持ち続け、修行に励み続けました。
修行を続けてきた上野健一氏は総本金剛峯座主である竹内崇峯大僧正から、

「実業家として頑張りながら、自分なりの方法で真言密教を学び続けなさい。そして、若い人たちへその教えを広めていきなさい」

と諭されます。
28歳の時には、玄津という僧名を授かりました。
僧侶として本格的に活動を始めた28歳の時、“28歳で100億円企業を作った敏腕社長”となった年でもあります。
つまり、この時は経営者と僧侶という2つの顔を持っていたと言えるのです。
修行者としての精神を磨き続けてきたことが、ビジネスでの成功にもつながったのではないでしょうか?

上野健一氏は、経営者や実業家として知名度が高まった人物です。
しかし、それだけで生きていこうとはしませんでした。
自分自身が救われた経験から、その素晴らしさを多くの人に伝えるために、修行者となり、僧侶へと転身しています。
そして、僧侶になってからもしばらくは経営者としての活動を続けてきました。
従来の僧侶のやり方に当てはまらない上野健一氏らしい、玄津らしいやり方だと言えるでしょう。

住職としても活躍!上野健一の現在

では、住職として活動をしている上野健一氏は、どのような活躍をしているのでしょうか?
最後に、住職になってからの活躍について見ていきましょう。

■洗心不動尊白浜千光寺の創設

上野健一氏は、平成29年10月に南紀白浜のお寺を継承し、洗心不動尊白浜千光寺を創設しました。
洗心不動尊白浜千光寺は、霊峰である雪彦山にある千光寺総本山の別院となっています。
南紀白浜の中でも、国際的にも知名度が高い場所でもあるので、かなり魅力的な場所だと言えるでしょう。

そのようなお寺を継承できた上野健一氏は、世界に暮らす全ての人を救いたいという願いを持っていたからこそ、実現できたのではないかと考えられます。
元々多くの人に真言密教の考え方を知ってもらいたいと考えていたため、お寺の継承という話が来たのではないでしょうか。
洗心不動尊白浜千光寺においては、他にはない上野健一氏ならではの新しい発想で真言密教の布教を行っています。
これからも、上野健一氏ならではの考え方で真言密教の素晴らしさを布教し続けることでしょう。

■僧侶として世界的な活躍もしている

上野健一氏ならではの新しい発想で真言密教を布教していく中で、世界的にも活躍の幅を広げていきました。
その活動が世界的にも認められ、様々な場面で功績が認められています。
世界平和や密教の活動を行ってきた功績を認められ、チベット仏教ゲルク派のトップにいるダライ・ラマ14世から感謝状をもらったこともありました。
また、イギリスのケンブリッジが由来になっている伝統のあるアメリカ「国際学士院大学」博士号も拝受しています。
世界宗教連合会からは、世界の平和活動に貢献したということで、2018年6月に世界宗教連合会副法王に任命されているのです。

上野健一氏は僧侶になってから、日本国内で様々な布教活動を行ってきました。
しかしそれだけではなく、世界的にも大きな活躍をしていたのです。
経営者から僧侶へと転身したということもあり、他の僧侶が持たないような発想をすることもあります。
自分自身の経験を活かしながら、僧侶として活動していた上野健一氏だからこそ、世界的にも認められるようになったのではないかと考えられます。

 

新しいお寺を創設することや世界的に活躍するということは、簡単なことではありません。
しかし、上野健一氏は真言密教の素晴らしさを自分自身が体感しているため、具体的に伝えられたのでしょう。
上野健一氏はこのような活躍をするために若い頃から空海に呼ばれていたのではないかと考えることもできます。

上野健一の過去と現在のまとめ

上野健一氏は、「マネーの虎」という日本テレビ系で放送されたバラエティ番組に出演していました。
鋭い指摘や発言をしていたため、覚えているという人も多いでしょう。

経営者として当時は活躍していて、CCZプロジェクトや株式会社ZKRなどを立ち上げてきました。

『勝つための非常識のすすめ―あなたの人生と事業を成功に導く密教法則』

『団塊の老後―日本型シニアタウンを創造する集団』

などの書籍も出版していることから、マルチな活躍をしてきた人物でもあります。

 

そんな上野健一氏は、玄津という僧名で活動をしています。
真言密教を世界に広めるための活動を行っていて、

洗心不動尊白浜千光寺の創設世界宗教連合会副法王に任命されるなどの功績を残しているのです。

経営者としての素質も持っていましたが、僧侶としての素質もかなりあったと言えるでしょう。
僧侶になったとしても、お寺を創設できるというケースは多くありません。
それができるほどの力を持っていた上野健一氏は、空海に呼ばれていたといっても不思議ではありません。

空海の生まれ変わりだと竹内崇峰管長猊下の御使いの僧侶に言われたこともあると言います。
そして、今は僧侶として多方面で活躍していることを見ると、僧侶になるために生まれてきた人物だと言っても過言ではないでしょう。

Follow me!

おすすめの記事