エレノヴァってとこから電気切り替えの営業電話が来た

男やもめの清貧生活

サラリーマンを仕事にするのはどうにも嫌で、
それなら最初から自営業で頑張ろうと思い、今の仕事を始めました。

ただ、最初は軌道に乗れず、
かなり貧しい生活を送っていたように感じます。
今は少しずつ収入も安定してきているので、
豪勢な生活を望まなければ普通に生活していけるようになりました。

アパートで一人暮らしをしているのですが、
引っ越しするときに、
家賃はできるだけ抑えようと60,000円以下で探したら
何とか見つかりました。

駅から徒歩12分くらいでアクセスも良かったし、
部屋は少し狭めですが自分としては特に問題ないので住み心地も良いです。

水道代・電気代・ガス代がセットになっている「水道光熱費」ですが、
それぞれ1,500円・4,500円・4,000円という内訳になっていて、
月ごとに多少増減はあるものの、大体10,000円程度となっています。

これだけ見ると、あまり高くないと感じる方も多いと思います。
一人暮らしの平均を調べてみたところ、
水道代3,000円、電気代3,000円、ガス代4,000円となっていました。

全体の数字は一緒ですが、水道代だけ大きく違っています。
これは恐らくですが、私がシャワー派で浴槽に浸かることがないという点が、
水道代が安くなっている理由として考えられます。
電気代に関しては平均よりも高くなっていました。

ただ、この数字は1年間の平均値です。
例えば春や秋はもっと電気代が安くなることもありますが、
夏や冬になるとエアコンを使うのでその分電気代が高くなります。

なので、自分の電気代はそれほど高いわけではないと思います。
もちろん、人によってはもっと少ないのかもしれませんが。
ただ、1本の電話によってこの考えが変わることとなりました。

その電話は突然に

あれは土曜日の午後、
仕事はお休みだったので家でゆっくりしていたときでした。

そろそろ夕方に差し掛かるような時間で、
今日の夕飯は何にしようかなと考えていたときに、
1本の電話がかかってきたのです。

もしかしたら友人から夕飯のお誘いかもしれない、
そう思って画面を見たら、全く知らない番号で驚きました。

あまり知らない人からの電話には出たくありませんでしたが、
このときは出てみることにしたのです。

電話に出てみると、
株式会社フォーバルテレコムという会社の方からのお電話でした。
もしかして仕事に関してのことか?と思いましたが、
話を聞いてみるとどうやら違ったようで。

最初に「今の電気代はどれくらいですか?」ということを聞かれたので、
「個人情報を聞き出すつもりですか?!」と答えようと思いましたが、
電気代くらいなら別に有益な個人情報にもならないだろうと思って、素直に答えました。

私はこの質問で何となく察することができました。
これは、「新電力事業者」からのお誘い電話ではないかと考えられたのです。

皆さんは新電力事業がどのようなものかご存知ですか?
新電力事業者とは、
電力会社というと東京電力や関西電力などの
一般電気事業者を思い浮かべる方も多いかと思いますが、
それとは別に電力を提供している特定規模電気事業者のことを指します。

これまでは住んでいる地域を担当している電力会社
(例えば東京に住んでいれば東京電力)に
電気代を支払って電気を支給してもらっていました。

しかし、2016年春から電力の小売全面自由化が容認され、
電気料金を別の会社から買えるようになったのです。

新電力事業者は自分たちの電気を買ってもらうように
電気代を値下げして対応するようになりました。

そうすることで、必然的に全体の電気代も下がり値段競争が勃発します。
消費者は電力をより安く買うことができるため、メリットにつながるのです。

2016年から自由化が認められたことで、
新電力事業を開始する企業はかなり増えました。

大手メーカーはもちろん、
あまり名が知られていない中小企業までサービスを開始した結果、
1年間で新電力事業者の届け出が従来の3倍にも跳ね上がったようです。

この中には本当に事業をやっているのか怪しい企業や、
会社として設立されているものの
日が浅く全く営業実績が残っていないような企業も見られ、
これらの企業を合わせると全体の約3割にも及ぶと言われています。

新電力事業者については何となく知っていましたが、
まさか自分のところに電話が来るとは思いませんでした。

株式会社フォーバルという会社も知らないし、
最初は全体の3割に当てはまる、怪しい企業なんじゃないかと思っていたのです。

でも、少しずつ話をしているうちにその印象は大きく変わってきました。

聞くところによると「エレノヴァ」というサービスがあるらしい

話を聞いてみると、
株式会社フォーバルテレコムでは新しく
「エレノヴァ」という新電力サービスを提供していることが分かりました。

そもそもフォーバルテレコムという会社自体を知らなかったので、
どんな会社なのか調べてみることにしました。

■フォーバルテレコムとは?

まず、株式会社フォーバルテレコムは
東京都千代田区神田錦町にある通信サービスなどを提供している会社で、
1995年に設立されています。

これまで仕事場だけで使われていたパソコンが、
Windows95の販売によって自宅でも用いられるようになり、
インターネットサービスが普及し始めた頃でもあります。

この頃はまだフォーバルテレコムでも別の商品を提供していましたが、
その後インターネット接続サービスを提供するようになっていきました。

現在はIP&モバイルソリューションからセキュリティコンサルティング、
ペーパーレスソリューションなど、
家庭用・法人用の両面からサービス提供を行っているようです。

そんなフォーバルテレコムが
エネルギーソリューション事業として提供を開始したのが、
「エレノヴァ」でした。

■エレノヴァの特徴について

エレノヴァは、
Electric(電気の)+nova(新星)+value(価値)の言葉を合わせて
作った造語で、新電力事業として2018年からスタートしました。

エレノヴァの場合、
他の電力事業者と需給管理委託契約や全電力卸供給契約を結び、
さらに消費者・法人に対して小売供給契約を結ぶそうです。

フォーバルテレコム自身が新電力事業者となって
直接サービスを提供する形になります。

調べた結果、フォーバルテレコムは
主にインターネットサービスを中心に事業展開していて、
新電力事業に関しても前々から取り組んでいたこと、
そして自らが新電力事業者になるためにライセンスを取得していたことが分かりました。

電力会社なんてどこでも一緒とおもってた

フォーバルテレコムの営業マンの方からの電話では、
エレノヴァによって電気代がこれまで以上に安くなる可能性がある
ということを教えてもらいました。

ただ、正直あまりその時点では信用できませんでした。

こう見えて節約家で清貧生活を送っているのですが、
一人暮らしをする際に電気代を少しでも抑えようと思い、
新電力事業者を検討してみたことがあります。

しかし、どの企業もほとんど同じようなサービスで対して値段にも差は見られず。

安くても余計なサービスが付随しているせいで、
結局月額が高くなるというようなものが多く見られました。

このことから、新電力に関してはもう少し様子を見た方が良いと判断し、
結局導入を諦めたのです。

サービスを比較している時、料金が今より安くなるのか
シミュレーションを一人で行ったことがあります。

一つひとつシミュレーションしていったのでとても大変でしたが、
電気代を抑えるならシミュレーションはしておくべきだと思います。

また、場合によって自分の電気使用量によっては
プランが変わってきてしまう場合もあるので気を付けなくてはなりません。

こういったプランの比較は電話料金に比べると簡単ですが、
やはりそれなりの時間はかかってしまうでしょう。

また、解約金や違約金のチェックも行いました。

プランを契約したもののあまり電気代が下がらなかった時に解約しようと考えても、
解約金・違約金によってはさらに高い料金を支払わなくなってしまう可能性もあります。

これも電話料金と似たような感じですね。

当時、自分のプランを見直すだけでやる気が失われる電話料金に
新電力事業も近づいてきているような感覚に陥ったことを今でも覚えています。

エレノヴァの説明を少し受けてみて分かったことが、
エレノヴァは電気の使用量に関わらず、一律で電気代の割引を行っていることです。

他の新電力事業になると電気の使用量ごとにプランが用意されていて、
1つの会社から選ぼうにも、どのプランが最も安くできるのかが分からない
という状況を作り出していました。

しかし、エレノヴァにもプランがあるものの、
一律で電気代の割引が行っているのでエレノヴァに切り替えると
確実に安くなるのだそうです。

一律で電気代を割り引いてくれるケースは
ほとんどの電気サービスで存在しないように感じます。

このサービスなら、例えばあまり電力を使わない、
私のような一人暮らしであっても大きな割引効果が得られるということになります。

最初は半信半疑で聞いていたサービスでしたが、
自分にとってかなりお得になるのでは?と思い始めてきました。

電力会社なんて結局どこも一緒じゃないかと考えていましたが、
フォーバルテレコムからかかってきた1本の電話によって
その価値観が変わりそうな気配がします。

次回、もう少し電話で会話した内容を思い出しながら
エレノヴァについて書いていきます。

もし、エレノヴァに興味がある、
もしくは同じくフォーバルテレコムからエレノヴァに関する電話がかかってきた
という方に参考いただけるように書こうと思っているので、
その時はぜひチェックしてみてください。

Follow me!

関連キーワード
企業(company)の関連記事
  • 企業と顧問を繋げる。レイスマネジメントソリューションズ株式会社
  • 『顧問名鑑』がコロナ禍不況において成功企業の知見と人脈を自社の力に
  • ウッドライフホームを徹底分析|石友ホームとの違いなど
  • セントレード証券 支店ごとの採用情報一覧
  • 石橋内科・広畑センチュリー病院の会社情報や口コミ・評判をチェック!看護師の求人情報は?
  • 近畿産業信用組合
    50歳以上にお得な預金サービス|近畿産業信用組合
おすすめの記事