いやしステーション

いやしステーションについて調べてみました。

「いやしステーション」は電位治療器の無料体験ができるイベントのことです。

 

高齢者から子供まで幅広い年代の人が通っているみたいですが、私のほうで電位治療器を調べる機会があり、
「イアシス」という商品を発見して調べているといやしステーションという無料体験に辿り着きました。

 

調べてみると、あまり情報がないのでみなさん「怪しいのでは??」「購入して大丈夫??」等の不安な声が多そうでしたので、
自分なりに調べてみて評判をまとめてみることにしました。

商品やサービス、会社が信頼できるのかという点は非常に重要と思いますので、参考になればと思っています。

 

いやしステーションは怪しい?どこが運営してるの?

いやしステーション

運営しているのは日本リシャイン株式会社という企業です。港区に本社を構える平成21年設立の企業です。
資本金は1億円、主要取引銀行は三井住友銀行ですから、変な企業ではないのかなという印象です。

 

今回タイトルに入っている「いやしステーション」はイアシスという電位治療器の無料体験会場のことなのですが、「いやしステーション」は各地で開催されているようで、数ヶ月という期間限定で開催されているものです。

 

イアシスはHP上で「様々な電圧・電圧±比・周波数・波形を組み合わせることで、変化に富んだ通電ができる高機能の高圧電位治療器」と書かれています。

 

怪しいか否かは人によって捉え方が違うので、何をもって怪しい怪しくないと判断するかは難しいところです。

私の経験からいくつか怪しい企業か判断するポイントがありますので、各項目ごとに見ていきたいと思います。

 

・代表者や会社所在地、資本金などの情報が曖昧                             →HP上に明記されているので問題なさそう
・アフターサービスについて案内がない                                 →保証期間3年あり、専用回線ありなので問題なさそう
・販売方法が強引(即日売りなど)                                  →無料体験の期間が長いので大丈夫

 

概ね、そこまで怪しい企業には見えませんが、もう少し詳しく調べてみましょう。

 

無料体験会場で何しているの?本当に効果あるの?

いやしステーション

無料体験会場では、スタッフさんが何人かいて、講習的なこととイアシスの無料体験を実施しています。

 

いやしステーションでの体験は無料になっているので、数ヶ月間はリスクがなく効果やスタッフさんの対応などを検証できるということでしょうね。

数ヶ月間の中で効果があったと思った人が購入に進むという流れになっています。

 

電位治療器とそれを繋ぐ専用のシートがあって、シートの上に座って通電するという手順になっています。

 

肩こりや腰痛などに効果が出た人が多いみたいです。体に何かしらの変化が見られた人が多いというのは分かりました。

 

本当に効果があるのか?という点については、「電位治療器」という大きな枠組みで見るのが分かりやすいと思います。おそらく電位治療器自体がどんなものかを知らないと全体像が把握できないと思います。

 

まず、電位治療器はきちんとした効果が認められているのか?という点について。

調べてみると、日本では認証基準に適合する製品に関しては医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(旧薬事法)により下記の効能が認められるようでした。

 

・頭痛
・肩こり
・不眠症
・慢性便秘の緩解

 

ただ、上記以外は分かりませんでしたので、上記以外は要確認だと思います。

1928年に開発されて歴史もあり、30数社から製品が出ているということですので、治療機としてはある程度確立されているものなのですね。

大学の医学研究所やメーカーが研究して効果を発表しているようですが、平たく言うと、通電することによって血液や体の機能(精神的な病気も含め)に影響があるのではないかと言われるようです。

 

ただ、これも研究が継続されているらしく、臨床データもたまっていっているみたいですので、研究途中という感じだと思います。

 

研究の中で効果が認められた事例もあり、各社から電位治療器が発売されているという状況を考えると、電位治療器自体はそこまで怪しい機械ではないことが分かります。老人ホームに置いてあることも多いのだとか。

 

費用は?どんな人が使ってるの?

いやしステーション

費用は検索したのですが、あまり情報がなく、100万ぐらいという情報しか得られませんでした。

他社の電位治療器の価格も80万ぐらいでしたので、おそらくこれと近い価格帯ではないでしょうか。

 

気をつけておきたいのは、商品単体で購入するのではなく、通電用のシートも含めてセットで購入するというところですね。実際に使用するために必要なセットをスタッフに確認して予算を把握しておかないとです。

 

使用されている方は高齢者の方が多いのだとか。私が分からなかったのは小さい子供ですね。
子供も通っているみたいなのですが、何目的なんだろう…。

 

子供のうちから腰痛や肩こりがあるわけではないと思うので、単に健康目的なのか、小さい頃から電位治療器に座っていると何か良い効果があるのか…このあたりがちょっと分かりませんでした。

もし分かれば追記したいと思います。

 

口コミを調べてみました

いやしステーション

良さそうな口コミを2個記載してみました。

 

イアシスに行き初めの頃は特に興味を持たず、聞き流しておりました。
しかし、数回通うにつれて、低体温の怖さを学ぶ事ができ「体温を上げる事の重要性」を認識する事ができました。

 

スタッフも、何回か来てると、参加者の顔と名前と悪いとこを、ちゃーんと覚えて
誰それさん、どこそこの調子はどう?とか聞くんだよねー
毎日月曜から土曜まで、朝の10時から夜の7時まで、1時間ごとに1日10回、
昼ごはんも食べずに、入れ替わり立ち代わり大勢来る参加者相手に同じことを喋る。
しかも、ほとんど立ちっぱなし。
販売手段?のよしあしは別として、こんなハードな仕事でありながら、
すごい努力はしてんだよね、
物覚えの悪くて体力のないワタシには出来ん(苦笑)

 

スタッフさんに対する評判は良いようで、一方で下記のような口コミもありました。

 

無料体験の全てが悪い訳じゃないけど、明らかに怪しい無料体験には気を付けないと。
本当にその無料は、無料なの?

 

参加者の健康意識を触発させ、危機感を煽ることで、「製品を買わないと健康になれない」と認識させることがこのセミナーの狙いのようです。

 

やはり怪しいという少し疑いの目で見ている人もいるのは事実なようです。

 

いやしステーションのまとめ

いやしステーションの概要が何となく分かったような気がしました。
ただ、まだ情報が不足していて、肝心の料金形態や商品の操作方法などは分かりませんでしたので、自分でも体験してから追記していこうと思っています。

 

今回調べて分かったポイントとしては、

 

・「電位治療器」という物自体は怪しい商品ではなく、いくつか効果が認められている

・電位治療器自体が高額な商品であるため、イアシス自体が高いわけではない

・高齢者が参加されていることが多く、何かしらの効果を感じている人が多そう

・まだ臨床実験段階なので、まだまだ「効果がある!」と断言できる範囲は限定的であること

 

です。

 

もし私の親が使いたいと言ってきた場合には、まず上記の相場感や効果を伝えて、親の体の悩みを聞いて、それがマッチしそうで予算があるのであれば「良いんじゃない」と言うような気がします。

 

あとは高い買い物であることには違いないので、「使うならちゃんと継続して使いなよ」ということは言うと思います。購入して半年で使わなくなりました、では意味がないと思いますから。

 

あとは、スタッフさんの対応、質問へ丁寧に回答してくれるか、クーリングオフや解約などの答えづらいことでも明確に嫌な顔をせず回答してくれるか、このあたりを見たほうが良いとアドバイスするでしょうね。

 

みなさんも人それぞれだと思いますが、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事