起業家・田中美孝氏の経営哲学とは?起業家集団を創業した背景に迫る!

起業したいと思っても、どう進めば良いのかわからず悩んでしまう人も多いはずです。
立ち止まってしまえば夢を現実にはできないので、誰かの助言を受けた方が効率よく前に進めます。
そこで、株式会社ベンチャーコントロールの代表取締役を務める田中美孝氏の考えをご紹介していきます。
主催している起業塾や経営哲学を知り、自身の経営や成長にも反映していきましょう。

こんな人におすすめ
・田中美孝氏について知りたい人
・起業を検討している人
・起業で悩んでいる人

田中美孝氏の経歴

※画像はイメージです。

まずは、田中美孝氏がどんな人物であるのか解説していきます。

1969年5月、東京都に生まれた田中美孝氏は、株式会社ベンチャーコントロールの代表取締役を務めています。
3人兄弟の末っ子として生まれ、父親はゲームセンターや飲食店など、幅広い分野のお店を経営する実業家でした。
そんな父親の背中を観て育った田中美孝氏なので、自身も物心がついたころから「経営家」として働きたいと感じていたと予測できます。
そんな田中美孝氏は、これまでに3度起業しています。
1回目の起業はまだ17歳のときです。
高校に通いながらも輸入ビジネスを始めたことで、幅広いビジネスに興味を持つようになりました。
そして、その後は父親が経営する飲食店チェーンに入社し、常務として活躍していました。
経営の一角を担う人材として活躍していましたが、しばらくして退社しています。
退社後は、熱帯魚の水槽リース事業を手掛け、1996年4月22日に株式会社ベンチャーコントロールを設立し、代表取締役に就任しています。

田中美孝氏が主催!すごい起業塾とは?

ここからは、田中美孝氏が主催する「すごい起業塾」についてご紹介していきます。
どんな内容になっているかを理解し、必要であれば入塾も検討してみましょう。

まず、起業塾とは、起業のために必要な情報を取得できるだけではなく、スキルを身に付けられる塾です。
独学で学ぶとなれば、何から始めればいいのか悩み、どう学習すれば良いのかわからずに、遠回りしてしまうケースもあります。
行き詰まれば挫折し、夢を諦めることにもつながります。
しかし、起業塾でサポートを受ければ疑問が生じた時でも相談でき、効率良く起業までのノウハウを学べます。
同じように起業を目指す人たちとも出会え、切磋琢磨しながら夢に突き進んで行くことができ、モチベーションも保ちやすいです。そんなメリットの多い塾を田中美孝氏は主催しています。「すごい起業塾」は他の起業塾にはない独自の魅力を持っているので、解説していきます。

最前線に立つ講師から学べる

「すごい起業塾」では、同社グループ企業で経営を行う現役の社長たちが講師として教壇に立ちます。
どういった経緯で社長まで登り詰めたのか、経営者として欠かせない心掛けや必要なプロセスなどを現役の社長に教えてもらえるので、非常に役立つ内容だと考えられます。
失敗経験も聞けるので、リスクを前もって知れるのも大きなメリットです。

起業家との交流も可能

講師となる現役の社長と交流できるだけではなく、塾に参加している多くの人たちとの交流も可能です。
起業に興味のある人が参加するので、起業に関する悩みを相談しあえます。
経営者にとって人脈は重要です。
人脈が多ければ経営にも役立つので、起業塾への入塾は起業家にとって大きなメリットになります。

特別課外授業もある

「すごい起業塾」では、定期的に特別課外授業も開催しています。
実際に入塾していない一般の人向けに開催される授業で、様々な業種の経営者や戦略担当者を招き、学ぶ機会を提供しているようです。
これまでに開催された授業をご紹介すると、「成功するベンチャー・失敗するベンチャー」という表題で授業が行われたことがあります。
実体験に基づいたリアルな話が聞け、企業を目指す人たちにとって役立つ内容だったでしょう。

実績がある

「すごい起業塾」は、これまでに100人以上もの起業家を輩出してきた実績があります。
大塚昭彦氏が代表を務める株式会社アロワーズや鈴木友広氏が代表を務める株式会社スタイルワークスなどのグループ企業もベンチャーコントロールを巣立った実業家たちの会社です。
信頼できる実績があれば、躊躇せずに入塾できますね。

田中美孝氏の経営哲学

株式会社ベンチャーコントロールの方向性を知るためにも、田中美孝氏が考える経営哲学をご紹介していきます。

ベンチャーコントロールでは、「我々は常にモチベーションを高め、ベンチャースピリットを失わず、共にビジネスへ果敢に挑戦し続け、必ず勝ち抜く。我々は理念を貫く為に、常にチャレンジ精神をもって職務にあたる。」という企業理念を掲げています。
現在の日本の経済構造を変革するためにも、起業家が創出されにくい土壌を変えるためにグループ会社と共に田中美孝氏はベンチャーコントロールを通じて起業家を育てる事業に携わっています。

真の経営者にするべく育成を行う

ベンチャーコントロールの主幹事業はインキュベーション事業です。
田中美孝氏がこれまでの経験で感じた「起業家を育成する実践的な機関がない」という問題を解決すべく、自らが企業を立ち上げて経営者を育成しています。
サポート体制は以下の通りです。

◎ビジネスモデルの策定・精査
◎資金支援
◎業務提携先の紹介
◎間接部門のアウトソーシング
◎案件精査
◎教育

間接部門のアウトソーシングでは、法務や労務、財務といった専門知識が必要な分野をアウトソーシングで請負、負担を最小限に抑えてくれます。
案件精査では、財務内容や技術評価、事業の成長や経営者の資質、ポテンシャルまで多面的に精査して投資におけるリスクを最小化してくれます。
あらゆる面のサポートを行ってくれるので、経営者になるための道のりで足踏みしている人にとっては、一歩を踏み出すための手助けとして非常に役立つと考えられます。

実業家が実業家を育成する

ベンチャーコントロールでは、これまでに排出した経営者に「自分を追い越すような実業家を育成すること」を指導しています。
これは、ベンチャーコントロールだけではなく社会全体のメリットになるという考えから生まれた指導方法です。
会社が創設されてからこれまで100人以上もの人が経営者として世に輩出されています。
自分を追い越せるくらいの実業家が今後増え続けていけば、日本の経済が大きく発展し、明るい未来が待っていると予測できます。

田中美孝氏の今後の展望を考察

起業を目指す人にとって、ベンチャーコントロールは役立つ企業です。
代表取締役を務める田中美孝氏は、これまでに3回起業した経験があり、その中で不満や不安を抱えてきたでしょう。
身を持って経験したことで、夢を具現化するための方法や手段を身に付ける機会を設ける必要性が重要だと判断しています。
そして、自身が発起人となり起業家を育成する企業を創り上げました。
様々なサポートを実施していることで、会社が生まれてから13年で100人以上もの経営者を誕生させた実績があり、今後も多くの人材がベンチャーコントロールから輩出されていくでしょう。
ベンチャー企業が増え続けたら日本の経済も大きく発展していくと予想できます。
そして、今後はアジアへの進出も視野に入れているようなので、世界経済の変革をもたらす企業になると考えられます。
今後の成長に期待していきましょう。

この記事のまとめ

・「すごい起業塾」は起業を目指す人を手助けしてくれる
・「すごい起業塾」は他の塾にはない魅力を持った起業塾である
・日本経済を発展させていくために実業家が実業家を育てる環境をベンチャーコントロールが整えている

スポンサーリンク
おすすめの記事