MANOMAの評判・口コミは大丈夫?速度と勧誘、解約方法や料金について徹底調査!

MANOMA(マノマ)はスマホのアプリと連動をさせることで、ホームセキュリティーや様々な便利機能を使えるようにするサービスです。

ただし、ネット上には代理店による勧誘や通信速度などについて様々な評判が書かれており、中には読者の不安を煽るような内容も散見されます。

 

そこで今回は、MANOMAに対する評判や口コミについてWeb上の情報を徹底的に調査し、まとめました。

 MANOMA(マノマ)とは?

MANOMAはIoT技術を活かして自宅の設備を遠隔で操作したり、自宅の家族と遠隔からコニュニケーションを取ったりできるようになるスマートホームサービスです。

ただし、別途ネット環境は必要なので、ネット環境がない方はオプションのnuroモバイルHome Wi-fi(M)を追加で契約してください。

工事不要でインターネット回線が使用できるようになります。

 

MANOMAはソニーネットワークコミュニケーションズが提供しているので、 信頼性は高いといえます。

引用元URL:MANOMA(マノマ) ソニーのスマートホームサービス(https://manoma.jp/)

 MANOMAは電話勧誘が激しいって本当?電話勧誘が激しいって本当?

Twitterの投稿などを見ていると、「電話勧誘がしつこい」などの評判が目に付きました。

 

しかし、投稿の傾向を分析すると勧誘に関する投稿は次第に減ってきていることがわかります。

サービス開始当初は強引な勧誘が多かったことが伺えますが、 最近ではある程度落ち着いてきた印象です。

もし、電話勧誘を受けた場合には、直ちに契約する意思がないことを伝え、 契約内容を検討する時間を求めるようにしましょう。

 

代理店によっては、「NURO光からMANOMAに乗り換えれば料金がやすくなる」というセールストークで契約をすすめるようですが、NURO光の通信速度は2000Mbpsと言われています。 MANOMAの通信速度は後述しますが、圧倒的にNURO光の方が早いです。

 

たしかに料金は安くなるかもしれませんが、通信速度が遅くなってしまう点には注意しましょう。

MANOMAに興味を持っていたとしても、その場で即決せず、勧誘の内容が正しいか自分でネットの情報などで情報を集めるようにすることが大切です。

実際の通信速度はどのくらいなの?

MANOMAのオプションのnuroモバイルHome Wi-fi(M)を利用した場合、通信速度は下り最大370Mbpsと言われています。

ただし、実質は100Mbps程度と考えておいたほうがいいでしょう。

時間や地域、ルーターの場所などによって通信速度は大きく変わるようです。

8日以内であれば無料で解約することが可能

加えて、自宅のエリアによっては通信速度が遅い場所もあるようです。

MANOMAは端末が届いてから8日以内であれば無料で解約することが可能です。

 

多少手間かもしれませんが、端末が届いたらまずはホームゲートウェイのルーターで通信速度を確認し、万が一想定よりも遅い場合はすぐに解約手続きをおこなうようにしましょう。

速度制限に関する注意点

また、気をつけなければならないことは、MONOMAには3日間で10GBまでという容量制限があることです。

 

この上限を超えてしまうと、通信速度が著しく制限されてしまうので注意しましょう。

ただ、3日間で10GBという容量は、通常想定される範囲で動画を見たり、 音楽を聞いたりする分には超過する容量ではありません。

日常的に長時間動画を見続ける人や、自宅でネットを使って仕事をする人、オンラインゲームなどの通信量が多いアプリケーションを多用する人、家族がそれぞれバラバラに映画などを視聴する家庭などでなければ、あまり深刻に捉える必要はありません。

MANOMAの料金プランについて

MANOMAの月額料金は、スマートホーム機器7種類が揃ったトータルプランだと、3年間月額3,980円(税抜)です。

(2020年4月現在、特典が適用された場合の料金です。)

 

また、価格を抑えたシンプルプランもあります。

こちらは2~7ヶ月目は990円(税抜)、8~13ヶ月目は1,980円(税抜)、14~37ヶ月目以降は3,580円(税抜)(2020年4月現在、特典が適用された場合の料金です。)で利用できます。

 

AIホームゲートウェイと室内コミュニケーションカメラが利用できるプランです。

主にネット料金を抑えて、ホームルーターを導入してみたい人やスマートホームに興味がある方にMANOMAのWi-fiオプションサービスはピッタリではないでしょうか?

MANOMAを解約するときの注意点!

解約するときは特に違約金などは発生しませんが、機器の費用の残債をまとめて払わなければならなくなります。

通常のプランは機器の費用が割賦支払いに設定されているのですが、解約した翌月に一括で請求されることになるので注意しましょう。

 

MANOMAを解約した後も、開閉センサー以外の機器は機器ごとのアプリを用いて使用することが可能です。

解約したからといってスマートホーム化した設備が無駄になるわけではないので安心してください。

ただし、MANOMAのオプションを残したまま解約はできません。

 

例えば、MANOMAのホームルーターは不要になったけどセコム駆けつけサービスやnuroモバイル Home Wi-Fi(M)は継続して契約したい、という契約はできないので要注意です。

MANOMAで使えるようになる機器の使い方とは

・AIホームゲートウェイ

AIホームゲートウェイはAmazon Alexaを搭載しているスマートスピーカーで、機能的にはAmazon Echoと同じです。

そのため、音声認識を駆使して自宅のあらゆる家電のコントロールができ、声で照明やテレビなどのON・OFFが行えます。

通常はリモコンの操作が必要ですが、音声で家電を簡単にコントロールするシステムは生活に大きな利便性と変化をもたらしてくれるでしょう。

・自宅の様子をいつでもスマホで確認できる「室内コミュニケーションカメラ」

室内コミュニケーションカメラに関しては、スマホと連動すると自宅の様子をリアルタイムでスマートフォンに映すことができます。

家族やペットの自宅での様子が気になる人におすすめのサービスで、留守番をしている大切な家族の様子が外出先からでも確認可能です。

室内コミュニケーションカメラは人勧センサーを搭載しているため、センサー反応時に録画を行い防犯対策にも役立つようになっています。

1人暮らしの人にもメリットがあるでしょう。

・遠隔から家電を操作できる!「スマート家電リモコン」

スマートフォンを使って、テレビやエアコン、玄関の鍵などを遠隔から操作できるようになります。

Amazon Alexa(アレクサ)に対応しているので、声で家電を操作することも可能です。

また、温度や湿度のセンサーもついているので、部屋の環境に合わせて家電を操作し、快適な室内環境に調整することができます。

・家族が在宅しているか確認できるから安心「Qrio Smart Tag」

キーホルダーくらいの大きさで持ち運びしやすい発信機です。

お子様やご家族が持ち運ぶことで、在宅状況がスマートフォンからすぐにわかります。

また、自宅内でボタンを長押しすることで家族のスマートフォンを呼び出すことができる機能付きです。

・自宅の玄関がオートロックになる「Qrio Lock」

自宅の玄関に設置することで、ドアをハンズフリーのオートロックに変えることが可能です。

・スマホを使って外出先からでも施錠できる「Qrio Hub」

「Qrio Lock」を遠隔から操作できるようにします。 電源に挿すだけの簡単設置で、鍵のかけ忘れも防ぐことができます。

・窓の開閉を感知して通知してくれる「開閉センサー」

引き違い窓の開閉を感知するセンサーです。

不在時に窓の開閉を感知するとスマートフォンに通知されるため、空き巣対策になります。

MANOMAで利用できるこれらの便利機能が、より上質な暮らしをもたらしてくれるはずです。

MANOMAをおすすめできる人って?

MANOMAの導入を考えている人は、利用者の評判を確認することが大事です。

ネット上では様々な口コミがあるので、参考にいくつかご紹介します。

NUROのSo-netからMANOMAに変更。同じSONY系。ただ光電話が無いので電話だけSoftBankでお世話になるがそれでも月820円安い!コースに寄るけどね。MANOMAのルーターはコンセントに挿せばOK🙆♀アレクサ内蔵でアマゾンプライム会員アカウントを登録すれば色々使えて楽しい❣声はなかなかの美人さんです😃

引用元:https://twitter.com/mii7ko/status/1132538390132322305

ホームルーターを安く使いたいという方にはおすすめなのではないでしょうか。

月額料金が抑えられるだけではなく、 スマートホームにできる機器も使えるようになるためおすすめできます。

MANOMAのルーターはコンセントに挿せばOK。アレクサ内蔵でアマゾンプライム会員アカウントを登録すれば色々使えて楽しい

引用元:https://twitter.com/mii7ko/status/1132538390132322305?s=20

MANOMAのWi-fiはルーターに接続するだけで簡単に使用できます。

通常自宅にインターネットを導入する際には開通工事が必要ですが、MANOMAのオプションであるnuroモバイルHome Wi-Fi(M)は工事が必要ありません。

 

自宅の様子を外出先から確認したいという方にもおすすめです。

カメラによって室内の現在の様子を確認したり、窓や鍵の開閉状況を確認したりすることは、 MANOMAならではのサービスです。

MANOMAをおすすめできない人って?

一方で、先程も述べたように、ネット回線に速度を求める方にMANOMAのオプションのWi-Fiはおすすめできません。

オンラインゲームを存分に楽しみたい方や、家族がバラバラに長時間動画を視聴する家庭、DAZN (ダゾーン)などのLIVE動画を楽しみたい方は速度制限を受ける可能性も高く、 通信速度に対して不満を持つ可能性が高いです。

また、室内カメラやオートロックなどに興味がない方も、わざわざMANOMAで契約する必要はないと言えます。

 

以上、今回は自宅をスマートホームにできるMANOMAについてご紹介しました。

MANOMAで提供される機器はソニー製の高品質な製品であるため、操作性や性能は抜群です。

サポート面にも期待できるので、スマートホームを導入したい方はMANOMAを候補に入れてみてください。

Follow me!

関連キーワード
サービス(service)の関連記事
  • 3冠を獲得し話題となった、驚異の健康サプリメント『ブロリコ』って?|イマジン・グローバル・ケア株式会社
  • MANOMAの評判・口コミは大丈夫?速度と勧誘、解約方法や料金について徹底調査!
  • 株式会社アニスピホールディングス|会社概要・求人情報・事業内容
  • RSアセットマネジメントは世界を変える目標にも貢献している!SDGsの課題にも取り組む雄姿に迫る
  • シロカから業界最軽量クラスのパワフル掃除機が新発売!
  • アールエスアセットマネジメントの評判と競合会社の評判を比較!
おすすめの記事