リュージーキャピタルとはどんな会社?なにをやっている?具体的な事業内容を詳しく解説!

リュージーキャピタルは、不動産担保融資をメインとした金融サービスを提供している会社です。
事業者の利益を高めるため、幅広いニーズに対応できるような仕組みを構築しています。
スピーディーな対応を実現できるような事業を展開しているため、融資を受けたいと考えた時の相談先としてリュージーキャピタルを候補に挙げられるでしょう。
今回は、そんなリュージーキャピタルの会社概要や理念、具体的な事業について詳しく解説していきます。
どのような融資を行っている会社のか知りたい人、融資してくれる会社を探している人などはぜひ参考にしてみてください。

リュージーキャピタルの会社概要

はじめに、会社概要からみていきましょう。

株式会社リュージーキャピタルは、東京都千代田区に社屋を構えています。
代表取締役は豊田本憲氏が務めています。
2003年3月に設立されたリュージーキャピタルでは、事業者向けの貸金業を行っています。
資本金は、1,000万円です。
日本貸金業協会に加盟しており、指定紛争解決機関は日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センターとなっています。
事業を行っている中でお金が必要になる場面は多々あり、その都度自己資金を用意するのが難しいケースも少なくありません。
そのような時に、リュージーキャピタルのような会社から融資を受けようと考えるケースは多く見られます。

リュージーキャピタルの理念

リュージーキャピタルでは、金融が経営活動の血脈だと考えており、それを支えることが社会貢献になるという社是を掲げています。
社是を基本とした行動指針を定めることによって、不動産担保融資を中心とした金融サービスの提供を行っているのです。
行動指針には、事業者のニーズに対して事業者の立場になって迅速で的確、そして人間力を持って務めることが盛り込まれています。
さらに、難しい案件ほど創意工夫して挑む、事業者をはじめとしたステークホルダーの利益追求をサポートする、という点も行動指針に含まれています。
まとまった金額が必要になると、どうしても捻出が難しくなってしまうものです。
事業となれば、非常に大きな金額が必要になってしまうケースもあるでしょう。
また、いざという時にはノンバンクとしての役割もリュージーキャピタルは担います。
法務や税務、サービサーなどの専門家集団と連携して多くの人の役に立てるような体制を整えています。
それを実現できるように、リュージーキャピタルでは社員全員が努力を続けているのです。

リュージーキャピタルが行っている事業

リュージーキャピタルは、お金を必要としている事業者のサポートを行うための事業を展開しています。
そんなリュージーキャピタルが行っている事業について詳しく知りたいと思う人もいるでしょう。
そのため、ここではリュージーキャピタルの事業について詳しく解説していきます。

【不動産担保融資】

不動産担保融資について

不動産担保融資は、土地や建物といった不動産を担保にして融資を行う方法です。
スピーディーな融資を実現できるだけではなく、返済期間を長めに設定できるという特徴もあります。
融資の対象となるのは法人です。
融資対象となる権利は、不動産の単有所有権や共有持分権、借地権付建物、底地権となっています。
担保方法は、根抵当権または抵当権、譲渡担保設定です。
融資の金額は10億円までとなっていますが、リュージーキャピタルでは10億円を超える融資の相談も受け付けています。
利息は、年利15.0%、遅延損害金は20.0%です。
返済期間は1回~36回、返済回数は1回~36回となっています。
返済方法は、元金一括返済と元金均等返済の2種類から選択できます。
対象エリアは、基本的に首都圏となっていますが、地方物件の相談もリュージーキャピタルでは受け付けているので相談してみる価値はあるでしょう。

不動産担保融資のメリット

リュージーキャピタルが行っている不動産担保融資には、メリットが多くあるため利用を検討するケースが増えています。
メリットには、融資額が大きくなる、返済期間を長くできる、比較的低い金利で借りられる、連帯保証人が不要、といった点が挙げられます。
事業に必要な資金は高額になるケースが多いため、無担保での借入ができないパターンが多いです。
一方不動産担保融資は、不動産という担保があるのでその価値によって変動しますが高額な融資も受けやすくなります。
確実な担保がある融資なので、返済期間を長く設定できるというメリットも享受できます。
返済期間が長くなれば、その分1回あたりの返済額も少なくできるため、融資を受ける側にとって大きなメリットだと言えるでしょう。
また、不動産が担保になっているので融資する側は回収不能になってしまうリスクを減らせます。
ノンバンクの融資では18%ほどの利息が付く場合もありますが、リュージーキャピタルの場合は15%となっています。
わずか3%と思うかもしれませんが、返済期間が長くなると大きな金額になってしまうので、3%でも大きな違いになるのです。
返済ができなくなってしまった時は、不動産を売却することで返済に充てられます。
そのため、連帯保証人も不動産担保融資の場合は必要ありません。

不動産担保融資のデメリット

不動産担保融資を利用するなら、メリットだけではなくデメリットがあることも把握しておく必要があります。
デメリットには、利用する際に手数料などの費用が必要になる、返済できなくなったら不動産を失う、融資を受けられるまでに時間を要する、中途解約をすると違約金が発生してしまう、といった点が挙げられます。
不動産担保融資を利用する時に手数料などが数%かかる場合があるので、あらかじめ確認しておきましょう。
また、前述したように担保となっている不動産は万が一返済能力が亡くなった場合に失うことになってしまう点も忘れてはいけません。
借入先によっては、融資を受けられるまでに時間がかかってしまう場合もあります。
しかしリュージーキャピタルでは、スピーディーな対応を心掛けているのでそれぞれのニーズに応じたスピード感でお金を用意してくれるはずです。
不動産担保融資の場合、融資の条件によりますが他社へ借り換えするなどの理由で中途解約をした場合に残債額の数%に相当する違約金が発生する場合もあります。
リュージーキャピタルで契約する場合も、どのような条件になっているかきちんと確認しておきましょう。

【債権担保融資】

債権担保融資について

債権担保融資は、顧客が保有している診療報酬債権や売掛債権などを担保にする融資方法です。
不動産を持っていない場合でも融資を受けられるのが魅力です。
リュージーキャピタルでは、診療報酬債権や工事請負代金債権、不動産仲介報酬債権、産業財産権、公共事業売買代金受領債権・補償金、売掛債権、鉱業権を担保とした融資を行っています。

債権担保融資のメリット

債権担保融のメリットには、資金調達が容易になる、内部管理体制の整備できる、金融機関との信頼関係を構築できる、といった点が挙げられます。
事業を行っていても不動産を所有していないケースがあり、そのような場合は不動産担保融資を受けられません。
しかし、債券担保融資の場合は様々な債権を使って融資を受けられるので、資金調達が容易になるのです。
また、担保として提供する資産に対する評価を高めるために、内部管理体制の整備をするきっかけにもなるでしょう。
さらに、融資を受けた後も金融期間に対して担保の状況を報告する義務が生まれるため、信頼関係を構築できるようになります。
リュージーキャピタルと顧客が信頼関係を築くことにより、次回以降の利用につながる可能性もあると言えます。

債権担保融資のデメリット

デメリットには、過剰担保になってしまう恐れがある、定期的に報告が必要なので手間がかかる、倒産に追い込まれる恐れがある、といった点が挙げられます。
債権によっては、金融機関によって評価が異なります。
そのため、金融機関によっては債権を保全するために必要な限度を超えてしまう過剰担保だとみなされてしまう可能性もないとは言い切れません。
リュージーキャピタルでも行っている債券担保融資は、定期的に担保となる債権の管理状況などを定期的に報告する必要があります。
正確に報告することが求められているため、社内体制を整備しなければいけないといった手間も生じます。
担保力が乏しい企業にとってこの方法は魅力的ですが、返済が遅れると担保権が実行されるので倒産に追い込まれる可能性も念頭においておかなければいけません。
担保権は、債権を確実に回収するために設定される権利です。

【有価証券担保融資】

有価証券担保融資について

有価証券担保融資は、上場株式や上場会社振出約束手形などの有価証券を担保にして融資する方法です。
リュージーキャピタルでは、有価証券の価値を正しく評価することにより、融資額を決定しています。
価値を正しく評価することによって、融資を受ける側も自社がどのくらいの価値なのか把握しやすくなります。

有価証券担保融資のメリット

有価証券担保融資のメリットは、低い金利で高額な融資が受けられる、上場企業の株式など信用力がある有価証券なら審査を通過する可能性が高くなる、有価証券を担保にしても株式投資や配当券はなくない、といった点です。
不動産担保融資のように返済能力を保管する能力をもっているため、金利を低くして融資することが可能となっています。
上場株式などは発行する母体の信用度や流動性にも問題がありません。
そのため、金利を低く抑えながら、高額な融資を受けられるのです。
有価証券を担保にする場合、その価値を算定するまでに時間がかかってしまう場合があります。
しかし上場株式などのように信用力がある有価証券であれば、公開情報などがしっかりしているので審査のハードルが低くなります。
株式を担保に出してしまうと、株主ならではのメリットが受けられなくなってしまうのではないかと心配になる人もいるでしょう。
しかし実際は、株主としての権利を行使できるため、心配は不要です。
株式によっては、利息を超える配当金を受けられる場合もあるので、実質な金利をゼロにして融資を受けられる場合もあります。

有価証券担保融資のデメリット

床証券担保融資のデメリットには、株価が下落すると担保割れが生じる恐れがある、売却時と同じ評価がされない、全ての金融機関が受け入れているわけではない、といった点が挙げられます。
株価は常に変動しているため、状況によっては担保割れしてしまうのは仕方ないことです。
上場している企業の株式であっても、ちょっとした経済状況の変化や企業の動向などによって大きく価値が下がってしまう場合も往々にしてあります。
万が一倒産してしまうなどの事態に陥ったら、価値はなくなってしまうので融資を受けられなくなってしまうのです。
有価証券の種類によりますが、多くの場合売却価格の50~60%までしか融資を受けられないのが一般的です。
担保にする有価証券はできるだけ信用力や流動性が高いものを選ぶように意識してみましょう。
また有価証券担保融資は、どの金融機関でも対応しているわけではありません。
そのため、有価証券を担保にした融資を受けたいなら金融機関選びも重要になります。
リュージーキャピタルの場合は、対応しているので安心して相談できます。

リュージーキャピタルが提供しているのは、不動産担保融資、債権担保融資、有価証券担保融資です。
それぞれに異なる特徴があるため、どのようなメリット・デメリットがあるかも踏まえて決める必要があります。
それぞれの状況によって適した方法も異なるので、迷っている場合はリュージーキャピタルに相談してみましょう。

まとめ

不動産担保融資を中心に金融サービスを提供しているリュージーキャピタルは、幅広いニーズに対応できるような仕組みを構築している会社です。
事業資金を自己資金から捻出できるケースもありますが、金額によっては難しい場合も少なくありません。
そのような時に、金融機関からの融資を検討するでしょう。
融資方法はいくつかの種類があり、リュージーキャピタルでは不動産担保融資・債権担保融資・有価証券担保融資の3つを提供できる体制が整っています。
それぞれの状況によって、適した方法が異なってくるため、融資を受けたいと思っているならまずはリュージーキャピタルに相談だけでもしてみることをおすすめします。

スポンサーリンク
おすすめの記事