ノーバル・ホールディングスはどんな会社?平文俊全氏についてもご紹介!

株式会社ノーバル・ホールディングスは、平文俊全氏が代表を務めている会社で、太陽光発電に関する事業をメインに行っています。
同様の事業を行っている会社は他にもありますが、株式会社ノーバル・ホールディングスでは商社を介していないため、コストを抑えた太陽光発電設備の設置ができるといった強みを持ち合わせている会社でもあります。
今回は、そんな株式会社ノーバル・ホールディングスの会社概要や行っている事業、同様の事業を行っている会社との比較について解説していくことにしましょう。
株式会社ノーバル・ホールディングスがどのような会社か知りたいという人は、ぜひ目を通してみてください。

ノーバル・ホールディングスっていったいどのような会社?

株式会社ノーバル・ホールディングスは、茨城県内にある太陽光発電関連事業を行う会社の中でもNO,1という実績を有しています。
大きな特徴としては、商社を介さないことによって、仲介費用を削減できるという強みを持っているという点でしょう。
まずは、そんな株式会社ノーバル・ホールディングスがどのような会社なのか、簡単に説明していきましょう。

会社概要

・株式会社ノーバル・ホールディングス
代表取締役…平文俊全氏、平文暉朗氏
事業内容…子会社の管理

・合同会社ノーバル・テクノロジー
職務執行者…平文俊全氏
事業内容…エネルギーに関する事業の企画・開発・管理、機器や資材の調達・販売、発電設備などの設計、不動産の取引

・合同会社ノーバル・ソーラー
職務執行者…平文俊全氏
事業内容…太陽光発電設備の保有

・合同会社ノーバル・ウインド
職務執行者…平文俊全氏
事業内容…風力発電設備の保有

発電設備設置について

株式会社ノーバル・ホールディングスでは、子会社の運営を行うことで太陽光発電や風力発電を行っています。
それらの事業を行うためには、適切なプロセスを踏まなければいけません。
用地取得をする際に土地の所有者と交渉することはもちろんですが、行政に対する条例の確認や電力会社と協議しながら考える設計、事業計画認定の取得など、適切なプロセスを踏むことで発電設備を設置している会社です。

 

ノーバル・ホールディングスの事業内容をより詳しくご紹介!

株式会社ノーバル・ホールディングスは、太陽光発電に関する事業を行っていることが分かりました。
続いては、具体的にどのような事業を行っているのかみていくことにしましょう。

株式会社ノーバル・ホールディングスが行っているプロジェクト

・NOVAL SOLAR 1(茨城県つくば市、2014/10/30竣工)
・NOVAL SOLAR 2(茨城県常陸大宮市、2015/2/26竣工)
・NOVAL SOLAR 3(茨城県常陸大宮市、2015/2/26竣工)
・NOVAL SOLAR 4(千葉県香取市、2015/4/6竣工)
・NOVAL SOLAR 5(千葉県香取郡多古町、2014/11/27竣工)
・NOVAL SOLAR 6(栃木県芳賀郡市貝町、2016/3/29竣工)
・NOVAL SOLAR 8(栃木県芳賀郡市貝町、2016/3/29竣工)
・NOVAL SOLAR 9(茨城県常陸大宮市、2015/10/1竣工)
・NOVAL SOLAR 10(茨城県霞ヶ浦市、2016/12/7竣工)
・NOVAL SOLAR 12(茨城県つくば市、2015/2/1竣工)
・NOVAL SOLAR 15(茨城県桜川市、2017/3竣工)
・NOVAL SOLAR 14(茨城県日立市、2020/3竣工)
・NOVAL SOLAR 7(栃木県芳賀郡市貝町、2019/11/22竣工)
・NOVAL SOLAR 11(茨城県北茨城市、2020/4/20竣工)
・NOVAL SOLAR 13(千葉県印西市、2020/3/31竣工)
・NOVAL SOLAR 福岡(福岡県飯塚市、2020/5竣工)
・NOVAL SOLAR 霧島(鹿児島県霧島市、2021/12竣工予定)
・NOVAL SOLAR 熊本(熊本県錦町、2022/8竣工)

これまでに多くの太陽光発電設備を手掛けてきた株式会社ノーバル・ホールディングスですが、NOVAL SOLAR 福岡の竣工にあたって周囲の住民の反対運動に巻き込まれることになってしまいました。

NOVAL SOLAR 福岡に関するトラブルについて

反対運動が起こった背景

反対運動が起こった背景には、山麓に太陽光発電パネルを設置するために木を伐採すると土砂災害などのリスクが高まってしまうのではないかという不安が生まれたというものがあります。
大雨が降った時に災害が起こってしまうのではないか、
気温が上昇するのではないか、
太陽光発電所による電波障害が発生しないかなど根拠がないうわさに不安を持つ住民もいます。
そのような住民が反対運動に参加しているのです。

その後、飯塚市が不明瞭な立場を取ったことで、より話がまとまりにくくなってしまったと考えられます。
建設中止を要請するような条例を作ったり、国や県に対する意見書を出したりといった対応をすることもありませんでした。
また、反対運動を行っている住民に対して、市から理解を求めるための対策もできていなかったのかもしれません。

建設するために株式会社ノーバル・ホールディングスが行っている対策

反対運動をする住民が持つ意見は様々ですが、それらの不安を払拭するために株式会社ノーバル・ホールディングスは対策を講じています。
具体的にどのような対策を行っているのかいくつかピックアップしてご紹介します。
まず当然の事ではありますが、株式会社ノーバル・ホールディングスは発電所を建設するにあたり、必要な届出や許可申請は行われており、法律は遵守して進められています。ホームページにも、その書類が提示されているので問題はないことが分かります。

自然破壊に関しての心配についてですが、今回開発されたエリアは元々製鉄関連、石炭関連の企業が所有していた場所で、石炭を燃やした後に出るボタ(灰・クズ)の処分場として使われていたそうです。ホームページにも1979年の航空写真が掲載されていましたが、当時からシャモットの処分場であったため、古来からの自然は存在していなかったことが確認できます。こういった場所には雑草や無断放棄された家庭ゴミがあるだけのところが多いようですし、再生する自然を壊して開発をすすめたわけではないことも分かります。

大雨が降った場合の対策としては、調整池を設置し、下流に負担がかからないような対策をしていると発表されていることから、土砂災害のリスクはゼロにはなりませんがかなり低いと考えられるでしょう。
また、今回開発されたエリアは、これまで防災施設がなかったエリアだったようです。
今回の調整池の設置により洪水や河川への土砂流入の被害を軽減することができるようになるため、地域の安全性は向上するとの事です。

気温上昇に関しては、住宅地にパネルの反射光が向き続けることはない設計になっているため、気温上昇が発生してしまう可能性はほぼないと株式会社ノーバルホールディングは発表しています。
万が一事故が発生してしまった場合は、九州営業所のスタッフが早急に対応するだけではなく、第三者賠償責任保険に加入しているため補償もできるようになっています。
近隣住民にとって不安が大きい問題ではありますが、株式会社ノーバル・ホールディングスではきちんと対策を講じた上で発電設備の設置を行っているのです。
もちろん行政からの許認可も得ているため、安全性の高さは確保されているものと考えて良いでしょう。

エネルギー事業には課題があるが…

株式会社ノーバル・ホールディングスでは、事業を行う上で社内だけではなく社外の専門家からもサポートを受けています
それにより、太陽光発電などの発電所開発から運営までの一連の流れをトータルサポートできるような仕組みが整っているのです。
発電所の建設は、周辺住民にとって大きな不安要素になるケースも少なくありません。
そのような不安を払拭するための警備システムも合わせて設置しています。
完成後は、定期的にメンテナンスを行い、非常時には適切な対応もとっています。
これらをしっかりと伝えることができれば、周辺に暮らしている人でも将来的に安心して過ごしてもらうことができるでしょう。

Professional worker installing solar panels on the green metal construction, using different equipment, wearing helmet. Innovative solution for energy solving. Use renewable resources. Green energy.

まとめ

茨城県にある株式会社ノーバル・ホールディングスは、茨城県内でNO,1という実績を有している会社です
太陽光発電や風力発電に関する事業を行う子会社の管理を行っています。
これまでに多くの発電設備を設置してきたという実績を持つことから、注目度が高まっている会社でもあります。
商社を介さないためコストの削減にも成功しています。
発電設備を建設した後は、定期的なメンテナンスを行うだけではなく、非常時の対応もきちんと行えるような体制が整っているという点は、近隣住民にとって大きな安心感につながるのではないでしょうか。
それだけではなく、地元の中学生が社会科見学に足を運ぶこともあるため、社会貢献活動にも力を入れている会社だと考えることができるでしょう。
今後は、さらに幅広い取り組みを行うことに期待が寄せられています。

スポンサーリンク
おすすめの記事