トスワークのスカウトってなに?口コミを調査しました!

トスワークは、企業と個人の未来に貢献するため、スカウト事業を展開している会社です。

関連会社から依頼を受け、クライアント企業が求める理想の人材に対してリサーチから電話連絡までをサポートをしています。

スカウトサービスで採用しているサーチ型の独自手法は、登録型の人材紹介や派遣とは異なり、年収や実績を参考に一部の優秀な人材にのみアプローチするシステムです。

全国1,300名以上のパートナーによる紹介やメディアの公式情報をもとに、各分野に精通した即戦力・高収益人材へ声をかけています。

 

 

ヘッドハンティングとは?

ヘッドハンティングとは、経営者やトップセールスマン、技術者など特定の専門分野を持つ人やそれに準ずる優秀な人材を別の企業に引き入れることを言います。

別名「スカウト型」とも呼ばれるヘッドハンティングは、人材派遣会社が独自の紹介ネットワークやシステムを使って、依頼企業が求める理想の人材に対しアプローチしていく手法です。

企業がヘッドハンティングを活用する理由としては、求人広告による募集をかけるよりも、すでに別会社で功績を挙げている人に直接声をかけた方が必要な人材確保が容易であるためです。

従来、ヘッドハンティングというのは外資系企業が行うイメージでしたが、昨今は日本企業が行うことも珍しくありません。

日本でヘッドハンティングが行われるようになった背景には、終身雇用制度の崩壊や転職活動の一般化などが挙げられます。

ヘッドハンティングでは高度な技術や知識、経験を持っている人材に声をかけますが、昨今は、その人自身が持っている価値観や生き様も人材評価の基準となっています。 変化の激しい現代において、経営者が持つビジョンを的確に行動に移していける人もまた、企業が求めている人材です。

 

 

トスワークのスカウトに対する口コミ

スカウト事業を担うトスワークから実際にスカウトを受けた方も多いです。そういった方々はトスワークのスカウトに対してどのように感じたのでしょう? ここからはトスワークのスカウトに対する口コミをご紹介していきましょう。

良い口コミ

話がうまく行かなくて売上に繋がらなくても最後まで丁寧で紳士的に対応してもらえたのは意外だった。

スカウト会社に対して不信感や怖いイメージを持っている人も少なくないですが、他の企業と同様に顧客へは誠実に対応しています。

質問へも丁寧に回答してくれるため、対応に関して過度に怖がる心配する必要はありません。

 

接客向上の為の担当者の接客がどうだったかの電話がかかってきた時に、最後まで丁寧だったことに納得できた

スカウト会社は直接会って話を聞く時はもちろん、電話でも丁寧なサービスを心掛けています。

接客サービスの品質向上に向けた電話からも企業の意識の高さが伺えます。

 

いつかお世話になる日が来るかもしれませんから。 会社にヘッドハンターからの電話が来た方は、とりあえず会ってみてもいいと思います。いろいろ情報も聞けますし、損することは無いと思います。

人生でヘッドハンティングされることは、そうそう多くはありません。

現段階で転職に興味がない方も、視野を広げるという意味でヘッドハンターには一度会ってみましょう。

ヘッドハンターは様々な分野で優秀な人材をスカウトしているため、ネットでは手に入らない貴重な情報がこの機会に聞けるかもしれません。

 

悪い口コミ

今の自分には今以上に良いと思える企業がないので、曖昧かつ遠回しにお断りをしていたが、『企業側の採用担当や経営者サイドとあって話だけでもしてみると良いと思う』とゴリゴリ営業を始めだした。

恐らくスカウト担当は長年の経験から、採用担当や経営者に会うメリットを伝えかったのでしょう。

担当者は実際に企業サイドに会ったことで満足した方も知っています。

具体的な話を聞いてみて、それでも興味が湧かなかった場合には潔く断ることが大切です。

 

一般に「ヘッドハンティング」という言葉で連想されるような「一本釣り」ではなく、単に「こんな求人があるから受けてみませんか」程度の転職エージェント的なお話のようでした。

ヘッドハンティングには一本釣りのような特定の個人に絞ったスカウトもありますが、企業の要件に合う人材を大まかに絞って連絡することもあります。

特定のスキルや経験、人柄などの要素からリサーチをかけて企業に適した人材を見つけていきます。

全ての経営者が、ただ一人だけに絞ってスカウトをかけるわけではありません。

 

「では結構現職に満足されてるんですね」と言われました。正直ちょっとイラっとしました。私が今の仕事に満足していない前提だったのかと。

担当者の言動や身振り手振りは、スカウトを受けるかどうかを決める判断基準の一つです。

発言や態度がどうしても許せない場合にはお断りするようにして、求人先や職種など聞ける情報は聞いておいて損はないでしょう。

 

会社名を見た瞬間、「まぁ、受けることはないだろうなあ」と思いましたが、そこからヘッドハンターの怒涛の営業トークが始まりました。 社長がアグレッシブであること、業界初の取り組みを行っていること、ライバル企業から多く転職していることなど、長々と説明されましたが、正直ほとんど知っていることばかりでした。

人によっては、担当者の説明をゴリゴリの営業トークと感じることもあるでしょう。

しかし、担当者もスカウト候補者に対する企業や業界の説明は職務の一環であり、丁寧に伝える必要があると考えています。

候補者が後悔しないように、情熱を持って情報を提供しているとも言えます。

 

 

まとめ

スカウト事業を展開しているトスワークは、関連会社から依頼を受け、企業が求める理想人材に対してリサーチから電話連絡までを行っています。

独自手法であるサーチ型のスカウトサービスを使用し、全国の紹介ネットワークなどを経由して一部の優秀な人材のみにアプローチしている点が特徴です。

トスワークではヘッドハンティングを行い、経営幹部や経営者など外部の優秀な人材を別の企業へと引き抜いています。

ヘッドハンティングは求人広告による募集よりも必要とする人材を確保しやすいため、多くは外資系企業で実施されてきましたが、近年は働き方の変化から日本の企業でも取り入れられているスカウト手法です。

中にはヘッドハンティングやスカウト会社に対して、不信感や猜疑心を抱いている方もいるでしょう。

しかし、実際に担当者に会ってみると接客も丁寧で、世間とのイメージの違いに驚かれる方も少なくありません。

貴重な情報を持っているヘッドハンターの話は、結果的に転職しないとしても聞いておくだけの価値は充分にあります。

 

スカウトとはいえ、複数の候補者に向けて連絡することもあるなど、スカウトの内容と実情を理解しておくと今後のキャリアプランにも役立つでしょう。

Follow me!

関連キーワード
サービス(service)の関連記事
  • 3冠を獲得し話題となった、驚異の健康サプリメント『ブロリコ』って?|イマジン・グローバル・ケア株式会社
  • MANOMAの評判・口コミは大丈夫?速度と勧誘、解約方法や料金について徹底調査!
  • 株式会社アニスピホールディングス|会社概要・求人情報・事業内容
  • RSアセットマネジメントは世界を変える目標にも貢献している!SDGsの課題にも取り組む雄姿に迫る
  • シロカから業界最軽量クラスのパワフル掃除機が新発売!
  • アールエスアセットマネジメントの評判と競合会社の評判を比較!
おすすめの記事