「やっちゃえNISSAN」日産自動車の飽くなき挑戦!!

日産自動車株式会社の会社概要(歴史・沿革・直近の活動内容など)

日産自動車株式会社は、グループ連結では152,421名もの社員を抱える日本を代表する車会社です。一時的に経営難に陥ってルノーと資本提携を結び、同社の傘下に入ることで経営の立て直しを図りますが、これが見事に成功して負債を完済し、今では日本で売り上げ二位の座に返り咲くということにもなりました。これによって、日産の名前は世界に知られるようにもなったといっても良いかもしれません。経営難を乗り越えた成功例として注目される事にもなったわけです。

 

日産自動車株式会社の事業内容・強みは?

日産自動車株式会社の強みは、特徴のある車を作る事が出来るところにあります。『スカイライン』に代表されるように、他社では見られないデザイン的に優れた車が多いという事が、日産の大きな強みという事にもなるでしょう。ただ、それが逆に不景気の時には逆に作用するという事もあり、これが経営難に陥った一つの要因という事も考えられます。他社にはないオリジナリティの高い車を作っていたので、”コストパフォーマンスが悪くて高い”という印象を消費者に与えてしまったという事があったのです。ですが、これも経営改革によってコストダウンに成功して、今では安くても質の高い車が提供できるようになっています。

 

日産自動車株式会社の口コミ・評判を検証(採用系)

次に、日産自動車株式会社の採用に関する口コミや評判を見ていきます。全体的に高い評価を得ている企業だと感じました。

まず「報酬が高い」という意見が多く見られました。これが、高い評価を得られている一番の理由だと考えられます。安心して仕事をすることが出来る環境があり、会社内でコンプライアンスもしっかりとしていて、パワハラなどの上司の横暴も基本的にはほとんどないようです。大企業なので、自分のやりたいことが直ぐに実現できるようになるという事はまずないのですが、仕事はそれぞれの能力を考えて配分されるように考えられてもいて、個人の能力を比較的発揮しやすいという事も高評価を得ているポイントという事になるのかもしれません。

過去に倒産しかかったという厳しい状況があった事で、経費などに関してはかなり厳しく管理されているようで、個人が自由に使える経費はなかなか厳しく制限されているようです。かなり上の役職までいかないと実質的な権限を獲得することは難しいという事はあるようです。しかし、その分報酬が高く設定されているので、無理に上の役職までは望まないという人にとっては、いい環境という事が言えるのかもしれません。

また、会社が経営危機を乗り越えているという事がプラスに働いてる事が大きいです。そこから劇的に復活をしたということで、経営者も従業員も自信をもって仕事をすることが出来ているという事が言えるのかもしれません。過去の歴史の中で辛い事があっただけに、それを乗り越えて今の状況を獲得したという事は働く人にとっては大きな功績だったといえるでしょう。経営難の時に会社を離れなくて良かったと思っている人も多いようです。

仕事は充実してやりたいことが出来ているという意見も多く、大企業としてはかなり個々に責任を分担させているという特徴もあります。それがやりがいの一つになっているようです。これほどの大企業が倒産の危機に瀕したときに、会社が一体となってその危機を乗り越えたという沿革があるので、働く人も自分たちのやり方に自信を持つことが出来ているのでしょう。改革が断行される前は世間からもいろいろと言われていましたが、改革が成功して今の安定した状態まで復活してくると、さすがに世間からの評価も一変していて、この会社は凄いというように見られるようになっています。それだけに働く人も働き甲斐を持って仕事をすることが出来ているのでしょう。

 

日産自動車株式会社の口コミ・評判を検証(商品・サービス系)

日産自動車株式会社の商品やサービスの口コミを調査しました。

昔に比較すると「オリジナリティが強い車があまりなくなった」という意見が多く、「大衆車が多くなった」と感じる人が多いようです。昔「スカイライン」が登場していた頃の日産は、”これぞ日産!”という感じの車をどんどんと出していたのですが、今は日産のオリジナリティ色はかなり薄れているといってもいいかもしれません。

このことは日産自体も認識しているようで、昔風の「スカイライン」を再度市場に出すという事もしたりもしました。ですが、既に消費者「大衆的な車」を求める傾向になっているという事があり、この目論見はそれほど高い評価を受けるには至らなかったという事もありました。ですが、このような挑戦は最近の日産ではなかなか出来なかったことでもあったので、こうした挑戦的な事を出来る余裕が出てきたという事は、日産にも体力が出てきたという事の証だといっても良いでしょう。

もともと日産は「技術」には定評があります。一方で、「技術は優れているが、その分価格面で高い」という印象があり、それが経営不振を招くことにもなったわけです。この経営不振を徹底したコストダウンによって、大衆車を発売することによって乗り切ったわけです。このように、商品の方針を大幅に変えたわけですから、イメージがそれまでの日産とは変わってしまっても仕方がありません。当然、そのことに対しては賛否が分かれる事にもなりました。安くて良いものが出てきたので良いという人もあれば、オリジナリティが無くなってきたつまらないという人もいるいう事になってきたわけです。

ですが、今の日産は経営不振を脱却して体力も付きましたから、これまで控えていたような挑戦をまたするようになっています。これがまた高い評価を得るようにもなってきています。テレビコマーシャルでも大物アーティストを起用して、その挑戦的なチャレンジを高く宣伝するようにもなっているのが面白いところです。

自動運転や電気自動車など、これからの自動車業界が必要とする最先端技術を真っ先に取り入れて、それを実用車として導入してきているのが今の日産のサービスになっています。まだ自動運転などは序の口の技術で、今は手動がまだまだメインになっていますが、これが完全なる自動化という事になる事もこの会社の技術によって成し遂げられるとも期待されています。そうなると、日産の評価もさらに上がることになるでしょう。

 

口コミ評判検証まとめ

日産は、世間から見放されるぐらいの経営難を乗り越えて今の地位を築いたという経験があり、この成功例は従業員からも高く評価されています。大会社ですから働く人に取っては安定していて、それでいて働き甲斐もあるという意見が多く見られました。世間からもこうした企業努力が高く評価されていると言えます。今後も活動内容を広げてさまざまなチャレンジをするでしょう。

車自体が安価で高品質なものが多く登場するようになったという事も好印象につながっています。昔の日産のオリジナリティが高い車のファンだった人からすると寂しいという意見もありましたが、今のV字回復に成功した結果を見ると、日産の方向転換は間違っていなかったといえるでしょう。V字回復をした現在では、再びさまざまな挑戦をするようになっているので、昔の日産のファンの人も納得するような車が登場してくる事は十分に考えられます。

そして、最新技術の導入にも積極的なので、これから車業界を牽引する存在となるかもしれません。

Follow me!

関連キーワード
企業(company)の関連記事
  • 住宅メーカー "石友ホーム" の気になる口コミと実態を分析!
  • 近畿産業信用組合|日本一の信用組合の採用情報や評判を調査!
  • ラクビを手掛けている株式会社ニコリオ!口コミ・評判はどう?行政処分の真相は?
  • ニコリオが業務停止!原因やラクビなど商品の安全性・評判は?
  • 株式会社サイトビジットって良いの?資格取得を目指す人が受講前に確認すべき注意点
  • 企業と顧問を繋げる。レイスマネジメントソリューションズ株式会社
おすすめの記事