スマートホームで業界を驚かせた名経営者・古木大咲氏の評判

こんにちは!
本日は、古木大咲氏とスマートホームについて取り上げてみます。
皆さんはスマートホームがどういったものかご存知ですか?
スマートホームはIoTなどの最先端技術を活用したサービスで住環境を良くしていくことを言います。
そんなスマートホームを手がけた古木大咲氏は、なぜ不動産とIoTを融合化させようと思ったのでしょう?
今回はスマートホームの特徴から、なぜ古木大咲氏が不動産業でありながらIoTに注目していったのかをご紹介していきます。
古木大咲氏について調べている、気になっているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

古木大咲氏が手がけるスマートホームとは?

古木大咲氏は、IoTアパートメントやIoT住宅、デザインアパートメントのトータルサポートを行う会社を経営しています。
まずは、古木大咲氏が経営する会社で手がけているスマートホームについてご紹介していきましょう。

■古木大咲氏が手がけるスマートホームとはどのようなものか

古木大咲氏が手がけるスマートホームは、IoTを活用した最先端のサービスのことを意味しています。
近年、様々なIoTデバイスが普及し始めていることに注目し、アパート経営にも活用しようと考えたことがきっかけになって生まれたサービスです。
ライフスタイルに合わせたリノベーションや建築を行うだけではなく、IoTデバイスを取り入れることでより豊かな生活を送るためのサポートを行います。
IoTデバイスは様々な活用方法ができるため、それぞれのニーズに合ったIoTアパートメントやIoT住宅を実現させることができます。
IoTデバイスを体験できるショールームにおいては、最先端のIoTデバイスの利便性を体感することもできるので、これまでIoTデバイスに触れたことがないという人は1度体験してみると良いでしょう。

古木大咲氏が手がけているIoT・デザインアパートメント運営会社で採用されているIoTデバイスには、暮らしている人のライフスタイルがより快適になるようサポートをしてくれます。

例えば、スマートフォン、交通系ICカード・Apple Watch、付属のテンキーや、従来通りの鍵で、と複数の方法で簡単、便利に解錠可能なセキュリティアイテムである“スマートロック”もその一つです。いつどのように解錠したのか自動で保存され、入室記録の管理も手間いらずです。オートロックはもちろん、不正解錠時に警報音が作動し、空室時の不法侵入も防止できるという安心の機能も多くの利用者に支持されています。

■デジタル化が進む現代らしい住宅の形

スマートホームは、様々な分野でデジタル化が進んでいる現代ならではの住宅の形だと言えるのではないでしょうか。
もちろんアナログな物でも継承されている物はありますが、IoTデバイスを活用したスマートホームは防犯対策もしっかりしているので、興味を持つ人が多くなっています。
これまでは、ITと不動産のつながりを持たせることは難しいと考えられていましたが、古木大咲氏が経営しているIoT・デザインアパートメント運営会社では、アパート経営をサポートする会社の業務を効率化し、入居する人の利便性を高めるなどの目的でIoTデバイスを導入しています。
不動産業界においては、古くからの慣習が残されていて、業務の効率が良くないと古木大咲氏は考えていたため、このようなサービスを考えることができました。
古木大咲氏が経営しているIoT・デザインアパートメント運営会社が提供するサービスは、人の力だけでは膨大な時間がかかってしまう土地探しからアパートの経営までトータルで行うことができます。
全ての工程をデジタル化することによって、スマートなアパート経営の実現をサポートしているのです。
つまり、アパートのオーナーが抱える不安を解消するだけではなく、入居者が抱える不安も解消へと導いてくれるということになります。
それがスマートホームです。

不動産とIoTは相性が良いのか?他の業界とも比較。

不動産業界では、これまでほとんどIoTが活用されることはありませんでした。
しかし、ここ最近は不動産業界でも徐々にIoT化されるようになってきています。
IoTを導入することによって様々なメリットを感じることができますが、不動産業界とIoTの相性はどうなのでしょうか?
また、他の業界と比較してみた時はどうなのでしょうか?

■どうして不動産業界でIT化が進まなかったのか

不動産業界では、アパートや住宅などの賃貸や販売を行っています。
商品となる物件は、貸し出したり、売ったりする前にどのような物件なのかを調査する必要があります。
それらの調査には、宅建の資格が必要になるため、専門的な知識を持っていなければいけません。
この業務だけ見てもかなり大変そうだと感じると思いますが、中小企業の不動産会社であればそこまで多くの物件をチェックする必要がないというケースもあります。
そのため、従来通りのやり方を継承している不動産会社が多いということになるでしょう。
また、不動産会社は交流がある会社同士で物件のやり取りが済んでしまうケースもあり、IT化をしない方がメリットになるという考え方をすることもできます。

■それでもやってくるIoT化の流れ

これまでのやり方を継承している会社が多い不動産業界ですが、ここ最近は少しずつIoT化を始めている不動産会社も出始めています。
不動産のポータルサイトが増え始めたり、古木大咲氏が手掛けているIoTデバイスを活用したアパート経営のトータルサポートが始まったりという動きは、不動産業界のIT化が進んでいるということになるでしょう。
IT化が進むことによって、賃貸物件を探している入居希望者にとっての利便性も高まっています。
そして、アパート経営者にとっても、IoTデバイスを活用した経営ができるようになると収益の計算や問い合わせに対する返信などを全てIoTデバイスで対応できるというメリットがあります。
不動産業界は、とても情報量が多い業界です。
そのため、IoT化を進めて情報を整理することができれば、不動産業界とITの相性の良さを実感することができるのではないでしょうか。

■他の業界と比較した時の相性はどうなのか

IoT化が進んでいる現在、多くの企業はIoT化へと動き始めています。
しかし、IoTデバイスだけでは判断できないこともあります。
そのため、全てをIoT化できるとは限りません。
IoT化と相性が良い業界は、情報量が多く、ある程度マニュアルに沿って対応ができる仕事をしている業界だといえるでしょう。
例えば、介護職などでは利用者の話を聞くことができるロボットはいても身体介助を全て行うことができるロボットは今のところいません。
また、美容室などでもロボットが顧客の要望に沿ったヘアスタイルを提供できるとも限りません。
このようなことから、顧客の身体に関係するサービスを提供する業界においてはIoT化することが難しいのではないかと考えられます。
そんな中不動産業界においては、IT化を進めてIoTデバイスを活用することでオーナーや入居者の満足度を高めることができるため、IT化との相性は良いと言えるでしょう。

古木大咲氏はなぜIoTに注目したのか。

古木大咲氏は、これまで不動産業界とはほとんど縁がなかったIoTに注目し、事業に取り入れました。
なぜ、古木大咲氏はIoTに注目したのでしょうか。
ここでは、古木大咲氏がIoTに注目した理由について考えてみましょう。

■IoTに注目するようになったきっかけとは

古木大咲氏がIoTに注目するようになったきっかけは、独立する前に勤めていた不動産会社でアパート経営に関するホームページの制作を任されたことではないでしょうか?
その当時、不動産業界はアナログな方法で業務を進めることが一般的になっていたため、そもそもITを活用するということ自体ほとんどありませんでした。
古木大咲氏は、飛び込み営業をしていた中で、ITを活用することで効率良く業務を進めることができると感じ始めていました。
そして、実際にホームページを立ち上げてみると、全国から物件に関する問い合わせがあり、どれほど便利で有効なものなのかを痛感することになります。
それまでは不動産業界特有の習慣を守る会社が多く、なかなかIT化を進めることはできませんでしたが、古木大咲氏は複雑な業務があるからこそITを導入すべきだと考え、独立後はIoT・デザインアパートメント運営会社の経営者となりました。

■ITエンジニアを採用しIoT化を進める決意

不動産業界においては、営業だけではなく様々な業務を課せられているため、社員がシステム開発まで行うのは難しくなっています。
そして、システム開発を専門で行っている人は不動産業界の業務を理解することは難しいでしょう。
そこで古木大咲氏は、ITエンジニアを採用し、IoT化を進めていけば良いのではないかと考えます。
そうすることで、これまでの不動産業界ではなかったサービスを生み出すことができるのではないかということです。
その考えを実現するためには、3年ほどの時間がかかりました。
しかし、現在古木大咲氏が経営しているIoT・デザインアパートメント運営会社では、およそ80人のITエンジニアが働いていて、営業職の社員と話しながらより良いサービスの提供をサポートしています。
現場の実情を知っている営業職と最先端のIoTを駆使するITエンジニアが活発にコミュニケーションをすることによって、アパートのオーナーだけではなく、入居者にとっても利便性が良い空間を生み出すことができるのではないでしょうか?

■ITと不動産に注目して成功を手にした古木大咲氏

古木大咲氏は、これまでの不動産業界の習慣とは全く違う方向からアプローチをしました。
そしてそれは、不動産業界に新しいサービスを提案したということにもなります。
現場の実情を知っている営業職と最先端のITを駆使するITエンジニアは、それぞれが全く異なる業務を行っているため、活発なコミュニケーションを取ることも難しいのではないかと思うかもしれません。
しかし、古木大咲氏が経営しているIoT・デザインアパートメント運営会社では、双方の意見を交換することでより良いサービスの構築に成功しています。
そのサービスは、これからもさらなる発展を続けていくことでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事