麦島建設の口コミ評判検証!社長ってどんな人物?建設会社の職場環境は??

株式会社麦島建設は、これまで地域社会に貢献しながら築き上げてきた信頼と実績から、根強い人気を誇る総合建設会社として知られています。

この記事では、株式会社麦島建設の会社概要や事業内容、企業分析、社長メッセージと経営理念、麦島建設の社長を務める麦島悦司氏の人物像などをご紹介します。

また、社員の口コミや評判から実際の職場環境までを考察してみました。
株式会社麦島建設に興味がある、就職を検討しているという方は、ぜひご一読ください。

麦島建設ってどんな企業?会社概要と事業内容

まずは、麦島建設とはどのような企業なのかを会社概要と事業内容からご紹介しましょう。
株式会社麦島建設は、1958年に創業した総合建設業を生業とする会社です。

資本金は5,000万円(受権1億6,000万円)で、社員数は2022年3月時点で130名です。
売上高は2020年12月実績で184億円と、非常に安定した売上を誇る企業です。

本社は名古屋市昭和区鶴舞に位置しており、東京支店・大阪営業所・長野営業所と関西エリアだけでなく北信エリアにも進出しています。

グループ会社には株式会社ZENホールディングスを筆頭に、株式会社ユニホーや株式会社ライフポート西洋、株式会社辰、株式会社ユニホーオアフクラブカンパニー、株式会社ユニホーアカデミアカンパニー、池田建設株式会社、株式会社大成住宅が連なっています。

麦島建設はグループ会社とともに、不動産に関わる事業を一貫して提供できるような体制を整えているのです。

事業内容としては、総合建設業として賃貸マンションや分譲マンション、アパート、介護施設、医療施設、官公庁、個人住宅、オフィスビルなどの設計・建築・施工までを担っています。

麦島建設の営業種目は総合建設業としていますが、建設を請け負うだけではなく事業提案やコンサルティングなども積極的に取り組んでいます。

総合建設業だからこそ、時代に則したビジネスを見据え、事業と成果の両立を実現しているのです。

社長のメッセージと経営理念 「麦島悦司」ってどんな人?

続いて、社長メッセージと経営理念から「麦島悦司」とはどのような人物なのか解説していきましょう。

麦島建設の社長メッセージにもある通り、麦島建設は創業してから「住まい造り」を事業の中心に据えています。

かたちは変わっても、安らぎを求める人々の営みは不変」と表現しているのは、これまで創業から人々の住まいに真摯に向き合ってきたからこそ分かることです。

50年以上住まいに携わる事業を展開してきている麦島悦司氏がトップを務める麦島建設ということもあり、その時代の生活様式に合わせた住まいを提供できていると考えられます。

経営理念には、「屈せず、驕らず、常に創意と努力で明日に向かって挑戦しよう。」を掲げており、
その中には、創業者精神である社是や3つの価値基準が設けられています。

それぞれを設けることで、より具体的に社員全員が同じ方向へと向かえるようになっているのです。

社是にある「社会的責任を果たすと共に、自己実現の場として、一度しかない人生に自ら納得して生き甲斐を感じ、幸せと歓びを満たすことのできる企業を実現すべく、日々努力する」とは、

麦島悦司氏の地域社会だけでなく社員一人ひとりの幸せや自己実現も叶えられるような企業とするために努力をしていきたいという思いが感じられます。

それを社是とすることで、会社全体として地域社会と社員全員が幸せと喜びを感じられる企業を実現するために活動していけるのでしょう。

麦島建設で働く社員の口コミ評判とは?職場環境を探る!

吹き出し

麦島建設は近畿エリアでも大手不動産会社として知られている会社なので、就職や転職したいと考えている人も少なくありません。

就職や転職を検討している人の中には、実際にはどのような職場環境なのか知りたいと思っている人もいます。

そこでここからは、麦島建設で実際に働いている社員の口コミから麦島建設の職場環境を探っていきましょう。

成長・キャリア開発:【失敗に対しての寛容度】失敗には寛容、結果で取り戻せという風土。

引用元URL:https://en-hyouban.com/company/10005988685/kuchikomi/505467/

失敗させてくれる企業は貴重です。それは社員の成長に期待しているからだと言えるでしょう。

結果を求められるのはどの企業にもあることなので、後は失敗を恐れずチャレンジするのみ。そのための基盤はきちんとできている企業です。

福利厚生:【有給休暇の取りやすさや申請方法】有給休暇はすぐに取れる。

引用元URL:https://en-hyouban.com/company/10005988685/kuchikomi/548483/

有給休暇はすぐに取得できるとのことです。多忙と言われている建設業でもこういった福利厚生面がしっかりとしているのが麦島建設です。

建設業だからといって有給が取れないといった心配はないでしょう。

 

様々な意見が見られますが、口コミや評判を見るだけでは自分に合うかどうかは分かりません
もし、実際に社員が働く現場が気になるようであれば、職場見学などを申し込んでみることをおすすめします。

過去の活動、関連ニュース(2020年インターンシップ・伊豆山土砂災害)

最後に、麦島建設の過去の活動や関連するニュースについて一部ではありますが、ご紹介していきます。
まず過去の活動の1つとして、2020年度に実施した1dayインターンシップが挙げられます。

2019年2月に発表された1dayインターンシップは、2020年度卒を控えて就職活動直前の学生を対象としたインターンとなっていました。

若手社員の人材育成にこだわった企業でもあることから、新卒採用にも力を入れていることが分かります。
以前から継続して実施しているインターンシップであり、例年多くの参加者が集います。

実際の現場を体感しながら仕事の面白みや仕事に対してのイメージを膨らませることができるので、開催される際にはぜひ参加してみてください。

麦島建設に関連したニュースとしては、伊豆山土砂災害が挙げられます。

しかし、この災害と関係があるとされるようになったのは、盛り土があった土地を所有していたのが元代表だったことのみであり、その土地自体元代表が個人で所有していた土地であっただけです。

そのため、実際には麦島建設との関係性は見当たりません

まとめ

今回は、株式会社麦島建設について会社概要や事業内容から企業分析、麦島悦司氏の人物像、社員の口コミや評判から実際の職場環境と併せて麦島建設の過去の活動や関連ニュースも取り上げてみました。

麦島建設はこれまで地域に密着しながら人々の住まいに携わり続けてきた企業で、近畿エリアを中心として活動してきました。

社長メッセージや経営理念から、代表の麦島悦司氏の思いが強く反映されている企業であることが分かります。

また、麦島悦司氏の思いに感銘を受けたからこそ、社員全員で同じ方向を向きながら活動を続けてこられたのでしょう。

麦島建設も過去の取り組みや関連ニュースなどで取り上げられることも少なくありませんが、今後も地域社会および社員が幸せと喜びを感じられるような事業を展開していくことが予想できます。

麦島建設の今後にぜひ注目してみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事