大和財託を調査!資産運用総合サービスの評判・口コミとは?!

雇用不安や年金問題、増税などによりお金の悩みを抱えている人はたくさんいます。特に老後の資産に関しては「年金制度の崩壊リスクが高い」と言われていることから、多くの人が心配することの1つとして挙げているでしょう。

こうした多くの人が抱える不安を解消するためにサービスを手掛けているのが、大和財託です。

今回は大和財託の会社概要からサービス内容について詳しくご紹介します。最後には利用者の口コミもご紹介しているので、気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

大和財託の会社概要

大和財託株式会社は2013年に設立した不動産投資コンサルティング会社です。事業内容は収益不動産を活用した資産運用コンサルティングやアセットマネジメントなどで、投資家のサポート役を担っています。また、不動産の小口化・証券化、収益不動産の企画・設計・建築・販売・リフォーム・リノベーション、生命保険や損害保険の保険代理店業務も行い、不動産業界の幅広い業務に取り組んでいるのが特徴です。

幅広い事業を行っていることから、大和財託では多数の免許取得・登録がされています。

  • 国土交通大臣 (1) 第9583号(大和財託)の宅地建物取引業免許
  • 国土交通大臣 許可(特-2)第27972号の建設業許可
  • 一級 東京都知事登録 第63999号の一級建築士事務所登録 
    など

また、大和財託は東京と大阪の本社を中心に、全国に支店を展開しています。設立10年に満たない企業ではありますが、扱っている事業の幅広さや全国に次々と展開していくスピードは、業界でも注目を集める存在となっています。

そんな大和財託の代表取締役CEOを務めているのは、藤原正明氏です。資産運用の総合サービスを通して顧客に経済的豊かさをと潤いある人生を与えられるよう事業を行っています。

社長メッセージ・経営理念から大和財託が目指すものとは?

代表取締役CEO藤原正明氏は、大和財託を設立する以前から多くの不動産収益事業に向き合ってきました。

三井不動産レジデンシャル株式会社での実務経験を経て、収益不動産の売買・賃貸管理を営む不動産会社でも収益不動産の売買仲介および賃貸管理業務についてのスキルを磨いてきました。そして大和財託の設立に至っています。これまでの経験が活きた不動産会社で、顧客を安心させる徹底サポートに尽力しているのです。

藤原正明氏は大和財託に大きな想いを託して設立しています。続いては、社長のメッセージや経営理念から見えてきた大和財託の姿をご紹介していきます。

社会構造の変化に対応する大和財託

藤原正明氏はバブルが崩壊し、リーマンショックや東日本大震災を経て新たな時代に突入したと語っています。ICT技術が発展したこと、事業ライフサイクルの短縮化やグローバル化も果たし、少子高齢化に社会構造の変化も相まってこれまでの常識が通じない社会へと変化しているのです。

このような変化によって懸念されているのは日本の将来性です。現在日本では年金制度の崩壊リスクや雇用リスクによって所得格差が激しい国となっています。また、所得税・消費税・贈与税の引き上げもされ、個人のみならず日本の産業や雇用を支えている中小企業にも多く当てはまることにあります。

これら日本の未来を揺るがす不安は資産運用が問題を解決する重要な鍵です。資産運用には株式投資や投資信託、iDeCo、債券、FXなどたくさんの種類がありますが、中でも安定性と効率性に優れているのが不動産投資になります。不動産投資を行うことで、給与収入以外の収益の仕組みが確立されることで将来の私的年金の構築が容易になります。また、個人のみならず事業法人にとっても安定収益源の確保や税金対策にもなり、これらに多大のメリットがあるということを藤原正明氏は多くの人に伝えたいのです。

このような想いを抱き大和財託を設立し、代表自らがこれまで磨いてきたスキルとノウハウを駆使すると共に、日本情勢にも合わせたサポートで日本のこれまでとこれからを支えています。

トータルサポートで将来を安心に導く

藤原正明氏はこれまでの不動産業に見られた多くの失敗も参考にして事業に取り組んでいると言います。事実、収益不動産というのは高度なノウハウが必要です。いくら安定性や効率性が高いと言っても、個人が闇雲に運用してしまっては成果も出ません。また、これまでは事業者側と顧客側で情報格差が激しく、投資家たちは信頼のおけるパートナーの選択に難を感じていたことでしょう。

藤原正明氏はそのような問題も解決したいことから、収益不動産におけるトータルサポートを重視して会社の運営を行っています。提供したい商品を顧客のニーズに無理に当てはめて提供する時代は終わりました。これからの時代は、かつて人気を博した土地付き一棟新築物件のみならず、一棟中古リノベーション物件、新築物件建築など多様な商品で顧客のニーズに応えなければなりません。

大和財託は自社開発でこれら多くの商品を提供し、ご購入・建築後は賃貸経営まで行うトータルサポートで、顧客に一生寄り添える存在となっているのが、企業規模を拡大している要因となっているでしょう。藤原正明氏は資産運用のベストパートナーとして「一人でも多くの方のお金の悩みをなくし、喜んでいただきたい」と語っています。

資産運用総合サービスの内容は?

大和財託では個人、法人と大まかに括ってサービスを提案するのではなく、土地所有者、収益物件を保有の方、経営者・事業法人、開業医・勤務医といったように顧客を細かく分類して適切なサービスを紹介しています。続いては大和財託のサービス内容を詳しく見ていきましょう。

「やまとの不動産投資」「やまとの土地活用」「&FUND(アンドファンド)」など、多数のサービスで溢れている大和財託ですが、今回は人気の「やまとの不動産投資」と「&FUND(アンドファンド)」をピックアップしてご紹介していきます。

やまとの不動産投資

経営者、医師、地主、会社員など様々なお客様に資産運用プランニングから物件提供、賃貸管理までワンストップで行う不動産投資サービスです。

老後資金作りや安定収入源の構築、税金対策、事業承継などお客様の状況とご希望にあわせてオーダーメイドの提案と実務提供を行います。

そんな「やまとの不動産投資」には8つの特徴があります。

 

  1. 多様なニーズに応えるプラットフォーム型サービス
  2. 一棟新築・中古、各種物件構造などニーズに合わせた最適な提案が可能
  3. 取引先金融機関数は関東圏・関西圏で60社 融資アレンジが得意
  4. SFA/AIを活用し、顧客のプランにマッチする物件を提供
  5. 新築物件は自社設計・施工で高品質×低価格
  6. 中古物件は特有のリスクを最大限排除し、安定した賃貸経営を可能に
  7. 税金対策に特化した物件提供
  8. 賃貸管理までワンストップ、独自のアセットマネジメント手法で入居率98%

 

これら8つの特徴を駆使した活動で、顧客の理想の経営・運用を叶えるのです。大和財託はまさしく収益不動産領域の資産運用プラットフォーマーと言えるでしょう。

&FUND(アンドファンド)

&FUND(アンドファンド)は、20224月にローンチされた大和財託の新サービスです。

不動産特定共同事業法に基づくサービスで、投資家は大和財託の不動産小口化商品(ファンド)に出資し、配当金を得ることが可能です。

一棟もののアパート・マンションへの不動産投資だけでなく、不動産小口化商品であれば、一口100万円からの出資が可能です。

スマホでいつでも始めることができ、出資の申込も、無料の会員登録・投資家登録、専用口座入金、出資とシンプルです。

手元の現金を効率よく増やしたい人や、少額から不動産投資を始めたい方は新しい資産運用の選択肢として検討してみてください。

大和財託の口コミを調査!評判は大丈夫?

最後は大和財託の口コミをご紹介していきましょう。

徹底した調査と詳細なシミュレーションのデータで納得し安心してお任せすることができました。無事満室でのスタートをきることができ、改めてリーシング力のすごさを実感いたしました。
引用元:お客様の声 -大和財託株式会社-

大和財託は優れた調査力によって多大な資産形成につながる詳細なシミュレーションデータを組むことを得意としています。そのデータが実際に成果となるのも見逃せないポイントで、藤原氏のこれまでの経験が確実に活きていると言えるでしょう。

2年前、藤原社長の書籍に他の不動産関係書籍にはない誠実さを感じ、セミナーでそれを確信しました。ずっと興味はあったけれどもどこか危険なイメージがあり、一歩が踏み出せなかった不動産投資を始めることができました。相談から提案・契約・管理まで、とても安心のできる細やかな対応をしていただき満足しております。
引用元:お客様の声 -大和財託株式会社-

大和財託では不動産投資セミナーも開催しています。セミナーの講師も務める藤原氏は複数の書籍も出している人物です。セミナーに出向けば価値ある情報を手に入れられることでしょう。不動産投資を始める自信がない人、不動産投資の魅力を知りたい人は、ぜひセミナーの参加から始めてみてはいかがでしょうか?

明るくわかりやすく、とても親切でよかったと思います。特に投資対効果など、いかに負担なくリターンが得られるか、また万が一のリスクヘッジも解説されていました。特典とかも充実していて、とても楽しかったです。わかりやすかったので、また行きたいです。
引用元:大和財託に関する不動産投資家による評判や口コミ -不動産投資のミカタ-

藤原氏が行うセミナーは細かな説明で投資知識がない人でも分かりやすいのが特徴です。リターンを高くする具体的な説明に、一人ひとりに合ったリスクヘッジの構築など、簡単には手に入らない情報がまとめて得られます。リピートする人も続出しているほど評判が良いようです。

まとめ

今回は年々企業規模を拡大し、注目を集めている大和財託についてご紹介してきました。

大和財託では代表取締役CEOである藤原正明氏の、「多くの人が抱えるお金の悩みを解決したい」という想いから、様々なサービスを用意しています。会社の売り出したい商品を推してニーズが合致する顧客にだけ利用してもらうのではなく、投資未経験者や投資に行き詰まった経営者、さらには業種ごとに最適なサービスを用意しているなど、あらゆる人のお金の悩みを解決してくれるでしょう。

災害や新型ウイルスの発生など、今後も何が起きるか分からない日本では、大和財託のような時代に合わせて変化するサービスを提供できる企業が注目されていきます。ぜひ今後の大和財託の動向にも注目してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事