Sky株式会社について徹底調査|評判・口コミ・年収

会社のイメージキャラクターとして藤原竜也さんを起用している印象が強いSky株式会社(スカイ株式会社)は、一丸となって働けることで非常にやりがいを得られる仕事が多い企業となっています。
本記事ではSky株式会社の概要や沿革、事業内容、理念、期待できる年収など、様々な情報をご紹介していきます。
最後には評判と口コミもご紹介するので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

 

 

Sky株式会社

まずはSky株式会社(スカイ株式会社)について大まかに説明していきます。

 

会社概要

Sky株式会社は東京本社を東京都港区港南2丁目16番1号 品川イーストワンタワー15階に、大阪本社を大阪市淀川区宮原3丁目4番30号 ニッセイ新大阪ビル20階に置く会社です。
設立日は1985年3月2日、資本金は4億5千万円となっています。
売上高に関しては2021年3月期で1303.5億円を記録しています。

気になる事業内容は幅広い分野でのシステム開発です。
企業向けや学校向け、医療機関向けなど各システムが多くの分野で貢献しています。
そんなSky株式会社の従業員数は3,188名 (2021年8月1日時点の情報)です。
平均年齢は34.0歳で社会人になりたての若手から、ベテラン社員までバランス良く入社しているのが特徴となっています。

 

沿革

Sky株式会社は前身であるスカイ・シンク・システム株式会社の設立から始まりました。
設立時の1985年はマイコン機器の組込みソフトウェア請負開発業務に着手しており、5年後の1990年にコンピュータ教室の機器販売事業を開始しています。
その他デジタルコピー機やカーナビゲーションのソフトウェア請負開発業務を行い、ゲーム用のソフトウェアも発売していました。

また、1995年には外食産業にもチャレンジしています。
「伝説の豚饅」という店舗をオープンさせた外食産業は今では撤退してしまったもののインパクトに感じる人も多いでしょう。

その後1997年には東京支社を開設し、TV会議システムを早い時点から導入していた企業の一つとなっています。

1998年には学習活動ソフトウェア「SKYMENU Pro」発売し、2000年に大阪分室を開設し、さらに2001年には「SKY THINK SYSTEM」をタイ・バンコクに設立しています。

そして2003年に第20期を迎えるにあたり「Sky株式会社」に社名変更します。

2007年にはSky株式会社を代表するシステム、クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」が発売され、ソフトウェアの国際的な品質管理規格を達成しました。

その後、学習活動ソフトウェアや医療機関向け IT機器管理システムを販売し、2015年には俳優の藤原竜也さんをイメージキャラクターに起用するなど、注目を集めました。

また、注目の若手俳優である大貫勇輔さんや須賀健太さん、柿澤勇人さんを起用したCMの放送や、俳優の山崎育三郎さんをイメージキャラクターに追加するなど、積極的な広告活動も繰り広げています。

サービス内容

続いては、Sky株式会社が現在展開している事業をご紹介していきます。
ここでは代表的な事業を2つに絞ってお伝えしていきましょう。

SKYSEA Client View

大型プロモーションのために藤原竜也さんをイメージキャラクターに起用したのが、Sky株式会社の主な事業の1つであるSKYSEA Client Viewです。

このサービスは企業・団体向け クライアント運用管理ソフトウェアになっており、「使いやすさ」を重視して作られたソフトウェアになっています。

使いやすさをコンセプトに作られた本製品は、利便性はもちろん機能性にも優れています。
資産管理・ログ管理・セキュリティ管理といった各管理によってできる情報漏洩対策やIT運用管理は、安心できる事業運営につながるでしょう。

また、組織のテレワーク運用を支援する機能も持っているので、非常に役立つ存在として扱えるはずです。

 

SKYMENU Class

SKYMENU Classは子どもたちの未来の学びの実現をサポートする学習活動ソフトウェアです。

現在の学校はICT環境を取り込み、1人1台の学習者用端末を当たり前にし、高速で大容量の通信ネットワークやクラウドを用いて効率の良い学習環境を整えようとしています。
そんな現代の学習環境をサポートするために誕生したのが、SKYMENU Classになります。

子どもたち1人ひとりの考えをリアルタイムに共有し、反応を踏まえた双方向型の一斉授業ができるほか、協働的な学びに生かす仕組みで主体的・対話的な学びを実現することが可能です。

この他にもいくつものICTソリューション事業とクライアント・システム開発事業があり、幅広い事業領域を魅力として多くの人に選ばれています。

 

 

社風や企業理念、実際の年収とは

ここからはSky株式会社で働きたい人にとって役立つ情報をご紹介していきます。
社風や企業理念、実際の年収など、働く際に気になる部分をまとめてみました。

社風と企業理念について

Sky株式会社は人と人をつなげることで行動が加速する会社環境を作り出しています。
それを可能にするのが「Skyスタイル」になっており、これまで見出してきたテレビ会議システムやネットミーティング、社内SNSなどを活用して、効率的かつ能動的になれる社風が特徴です。

こうした取り組みによってどんなスタッフも努力を積み重ねれば実績を残すことができ、働くこと自体が楽しく思えるようになっています。

気になる年収は?

Sky株式会社では一般社員は430万円~、 サブチーフは550万円~、係長は660万円~、課長は1,000万円~といったように、役職で年収が変わる傾向にあります。
長年働いている場合には年収も増えやすく、経験15年以上のベテランの多くは年収800万円ほど支給されているようです。

また、経験は5年程であっても500万円の収入となれば他企業よりも比較的安定していると言えます。
Sky株式会社が行う事業は今後の発展を期待できるものが多いのが特徴です。

リモート事業が注目されている今だからこそ、入社のチャンスかも知れませんね。

SNSや掲示版(5ch等)での評判や口コミについて

最後はSNSや掲示板などで見られる評判や口コミなどをご紹介していきます。

基本給は、年齢給と技能給から構成される。年齢給は、30歳までは毎年5000円ずつあがっていく。30歳から40歳までは変化なし。

Sky株式会社の基本給には年齢給があり、30歳までは毎年上がっていくようです。
若い方にとっては徐々に上がっていく年収に安心感も持てるでしょう。
技能も年々磨いていけるので、より高い年収を期待できるはずです。

 

良くも悪くも営業組織を区切りわけをしていないため(インサイドセールス、フィールドセールス、カスタマーサクセスなど)、幅広い営業経験が積めると思います。ただ逆も然りで、深耕型の営業スタイルにはなりきれない点があるので、薄く広く効率的な営業が求められると感じます。

Sky株式会社ではインサイドセールス、フィールドセールス、カスタマーサクセスいったように様々な営業組織により成り立っている会社です。
しかし、人と人とをつなぐ働き方を大事にしているため、実際には営業組織の区切りをあまり感じない仕事ができるようになっています。
そのため幅広い営業の実務経験を積むことができるでしょう。

昔お世話になったわ、有能な人はいる

Sky株式会社には社員が有能であるといった口コミも見受けられました。
教育を各社員にしっかりと行い、有能な人員へと成長させていく仕組みです。
より需要を増すエンジニアや、どの時代でも必要な存在となる営業職で成り立つSky株式会社は、入社することであらゆる知識とノウハウを学べることでしょう。

まとめ

今回ご紹介してきたSky株式会社は、幅広いソリューション事業で多くの人に貢献してきました。
年々事業領域は拡大しており、あらゆる分野での活躍が期待できるでしょう。

そんなSky株式会社は非常に働きやすい環境になっています。
チームワークを良くすることで生まれる効率的な業務も望めます。
また、若手でも収入をアップさせることができ、技術を得ていくことで上がっていく年収は人生を豊かにしてくれるはずです。

SNSや5ちゃんねる(5ch)といった掲示版では、給与・働き方などで高く評価する声が多数あったのが印象的です。満足度の高い働き方ができる可能性があるでしょう。

就職・転職を考えている方は、Sky株式会社にもぜひ注目してみましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事