男性

今回は株式会社IZAの代表を務める十河良寿氏をピックアップします。
求人を見て株式会社IZAや十河良寿氏に興味を持ったけど、どんな人で何をやっているのか知らない方がほとんどでしょう。
今回はそんな方に向けて、十河良寿氏の経歴や活動内容、さらに会社概要・事業内容についてまとめてみました。
十河良寿氏と株式会社IZAについて知りたい方は、ぜひ目を通してみてください。

十河良寿氏について

パソコン十河良寿氏の現在の役職は、株式会社IZAの代表取締役です。
そして、グループ会社の株式会社REGATEの執行役員も務めています。
代表取締役は取締役による互選や株主総会の決議、定款で直接決める方法があります。
いずれの方法にしろ、会社から信頼される人物でないと就けないポジションなので、十河良寿氏は執行役員の活躍を通じてグループ内でも信頼度の高い人物と言えます。

経歴や活動内容

続いては十河良寿氏の経歴や主な活動内容を見ていきましょう。

■株式会社IZAの代表

十河良寿氏は株式会社IZAの最高責任者にあたります。
IZAでの業務執行や会社を代表して契約の締結などの権限を持ちます。
業務を執行する権限は会社法にて、株主総会や取締役会などで決まった事業を執行する権限と定めています。
具体的に執行できるのは、事業計画の実行や営業活動、サービスの提供、製品製造、資金調達となるので、十河良寿氏も同様の業務を執行しているのでしょう。

■株式会社REGATEの執行役員

執行役員とは経営陣が決めた方針に従って事業経営を担い、責任を持つ立場の役職です。
現場の状況や従業員の意見を聞き、臨機応変な対応が求められるポジションとなります。
十河良寿氏は経営陣と現場の架け橋として活躍しているのです。
なお、株式会社REGATEはステークホルダーとの関係性を大切にし、愛される企業を目指しています。
そのために、健全な経営と会社、環境保護への責献に努力することをCSRとしています。
十河良寿氏は執行役員としてCSRの方針に基づいて、事業の実行・遂行・統括などの役割を果たしているのでしょう。
CSRの活動としては、子ども用車椅子の啓発プロジェクトを展開する「一般社団法人mina family」の応援をしています。
具体的には、オフィスの貸出や社員がイベントを手伝うなどしており、この活動を通じて会社自体も色々と学びを得ているようです。

株式会社IZAや株式会社REGATEの会社概要

十河良寿氏が所属するIZAやREGATEとは、どんな会社なのでしょうか?
ここからは2社の会社概要や経営理念についてご紹介しましょう。

■IZAについて

株式会社IZAは大阪市東成区にある会社で、2020年4月に設立されました。
レクストホールディングスのグループ会社で、インハウスの広告会社となります。
元々は株式会社REGATEのWeb・メディア制作部門でしたが、それが子会社として独立したのです。
株式会社REGATE内の部門であったことから、現在も同住所に所在します。
現時点で従業員数は11人(グループ全体では290人)が働いており、20~30代の若手・中堅の人が中心となって事業を展開しているようです。
職務にもよりますが、年間休日は120日以上でリモート勤務も可能となっています。
残業時間も月10~20時間が平均的で、プライベートも両立しやすい職場環境のようです。

■REGATEについて

株式会社株式会社REGATEは2014年5月に設立され、リユースとWeb事業を手掛ける会社です。
代表取締役は元根賢雄氏で、160人以上の従業員が務めています。
大阪市東成区の本社以外に神奈川県横浜市に関東事業所、愛知県名古屋市に中部事業所、福岡県福岡市に九州事業所を置いています。
3つの地域に事業所を設けているので、日本全国規模でのリユース事業を可能としているのです。

■株式会社REGATEの経営理念

REGATEが掲げる経営理念は「誇りある未来へ」です。
この理念をテーマに定めている会社のミッションとは、想いと文化を未来につなげることです。
そして、ビジョンにはリユースのプロとして、大勢の人が安心して使えるサービスを追い求め、「人・モノ・想い」のつなぎ役となることを掲げています。
バリューには目的を共有する人たちの一緒に新しい価値を生み出す「共創 INNOVATION」、プロとしてお客様の心に届くサービスを提供する「Be プロフェッショナル」、個性や感性を大切にした自分だからできる仕事を実現する「Oneself 自分らしく」の3つを定めています。
十河良寿氏をはじめREGATEはこの理念に基づき、今以上に豊かな社会の実現に向けてリユース事業を展開しているのです。

事業内容

IZAとREGATEでは異なる事業を展開しています。
ここからは2社の具体的な事業内容をご紹介していきましょう。

■Web広告やマーケティングを手掛けるIZA

IZAはREGATE内のWeb・メディア制作に特化していた部門であるため、現在も社内のWebサイトや広告、メディア制作や運営、Webマーケティングを手掛けています。
独立したことで手掛ける範囲も広くなり、レクストホールディングスの各グループ会社のWeb制作を担っているようです。
Webマーケティングは今ではどこ企業も欠かせない企業活動となっています。
以前はチラシや電話での営業が主流でしたが、今は気になったことはWebで調べるという流れが一般的で、集客や販促もWebの活用が定番となりました。
レクストホールディングスのグループ会社でもWebで集客や販促が行われています。
IZAは各グループ会社のターゲットとなる顧客を集客するために、必要な施策の企画・提案から各種分析、見やすいサイトのデザイン・構築など幅広く手掛けています。
また、レクストホールディングス内のWeb制作・WebマーケティングをIZAが全て担うことで、各グループ会社がコア業務に集中できるようになっているのです。

■IZAが運営するサイト

IZAは各グループ会社のホームページやECサイト、メディアなどを制作し、運営管理まで行っています。
どのようなサイトを運営しているのかご紹介しましょう。

・FUKUCHAN
REGATEが手掛けるリユース事業で、総合買取サイトを運営しています。
サイト内ではFUKUCHANでの買取方法の詳細や問い合わせフォーム、買取実績、買取可能なアイテムなど細かく情報が掲載されています。
また、集客を目的に買取を希望する方に向けて、お役立ち情報をまとめたコラムも更新しています。
さらにFUKUCHANは楽天市場とヤフオクにて店舗を設け、買い取った商品の販売も行っており、その管理や更新もIZAが手掛けている可能性が高いです。

・株式会社リアルエステート
IZAやREGATEと同じくレクストホールディングス内のグループ会社で、不動産事業を手掛けています。
大阪・東京・名古屋を中心に日本各地の収益不動産の提案を行う会社です。
不動産投資を始めたい投資家や物件の売買・買い換えを希望するオーナーを集客するために、事業内容や利用の流れなどを紹介したホームページを運営しています。
また、セミナー情報や不動産投資コラムも掲載しており、ターゲットの興味を誘う工夫がされています。

■リユース事業を展開するREGATE

REGATEは着物や切手、骨董品、ブランド品など様々なものをリユースするFUKUCHANを運営しています。
大阪をはじめ、愛知や岡山、東京、神奈川、仙台、福岡に複数の店舗を設けています。
また、出張買取や宅配買取に対応しているので、店舗がないエリアでの買取も実現可能としているのです。
REGATEはおもてなしの心を大切にしており、スタッフの教育に力を入れています。
査定士やオペレーターなどは専門講師による厳しい研修をクリアしており、親切で丁寧な買取を行っています。
また、独自で開発したRIISという情報統合システムを活用している点がREGATEの強みです。
RIISを通じて従業員はリアルタイムで世界規模の市場価値をチェックできるようになっています。
この仕組みにより、業界最高水準の買取価格から最善の販売価格を設定し、買取や買取後の販売に活かしているのです。

まとめ

木村育生今回はIZAの代表である十河良寿氏についてご紹介しました。
REGATEの執行役員であり、定められた業務を適切に実行し、活動してきた経験が買われてIZAの代表となった人物です。
社内や株主から信用を得ていなければ代表取締役になることはできないため、とても優秀な人物であることが窺えるでしょう。
また、IZAおよびREGATEも信用に価する会社だと言えます。
REGATEは全国的にも知名度が高いFUKUCHANの運営会社であり、社会的な信用は高いです。
そして、IZAはそのREGATEの一部門から独立した会社となります。
まだ設立から年数の浅い会社ですが怪しい事業などは行っておらず、各グループ会社の集客・販促を促すためにWeb広告やWebマーケティング全般を手掛けています。
日本全国だけではなく世界にも目を向ける企業のブランティングを担うベンチャー企業なので、グループ内の成長に合わせてIZAも発展していくと期待できます。
今後もIZAやREGATEの事業展開、そして十河良寿氏の活躍に注目してみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事