エネルギー業界に変革が訪れている日本では、企業だけではなく個人投資家の間でも再生可能エネルギーへの期待が高まっています。
再生可能エネルギーには様々な種類があり、中でも太陽光発電に対してその投資価値の高さに注目が集まるようになりました。
超高齢化社会で年金に対する不安が広がり、低金利が続き預金にも期待できないという現状から、多くの人が将来を見据えて資産を増やしたいと考えており、将来性を考えた上で太陽光発電投資に関心を抱く事例が増えているのです。
今回は、初めての投資で太陽光発電を選びたいと考えている人に、不労所得と投資の種類、太陽光発電投資をおすすめする理由についてご紹介していきます。

■老後破産のリスクは真面目に働いているサラリーマン家庭でも見られる?!

金融庁が審議会で老後資金は2,000万円必要という報告を行ったことは記憶に新しい人も多いでしょう。
夫婦揃って65歳からの30年間を過ごす場合に2,000万円程度が必要ということは残念ながら現実的な問題であり、年金だけで賄えない以上は自助努力で老後資金を準備しなければなりません。
そんな中、老後破産のリスクを秘めたサラリーマン家庭は、実は真面目に働いている人の中にも存在します。

・金銭感覚は変えられない
定年を迎えた後の生活は、給与という収入がなくなった状態での生活になります。
毎月必ず入金されていた給与はなく、預貯金を切り崩しながら老後の生活を送らなけらばならないのに、多くの人は長年の暮らしで身に付いた金銭感覚を変えられないもので、生活水準を落とすことに抵抗を感じる人は多いです。
年老いてから豊かな暮らしを質素な暮らしへ変えることが苦痛になり、頭では理解できても実践しにくく、老後破産のリスクが高くなってしまいます。

・定年後にも住宅ローン
また、若い時に住宅ローンを組んだ際に、定年後にもローン返済が残るようなローンの組み方をしている人も老後破産のリスクは高まります。
特に、晩婚化が進んでいる日本では、30代後半以降に新居を購入する人も増えており、35年の住宅ローンで完済が70歳代という人も少なくありません。
退職金をローン返済に充ててしまうと、老後資金は一気に目減りしてしまうでしょう。

・平均寿命は延びている
さらに、日本人の平均寿命は長くなっており、厚生労働省の発表によると男性の平均寿命は80歳以上、女性の平均寿命は86歳以上で、50年前と比較すると10歳以上も寿命が延びています。
つまり、年金の支給開始年齢が上がり、年金が目減りしているにも関わらず、年金と預貯金に頼った老後の生活が昔より10年以上長くなっているのです。

このように、普通にサラリーマンとしてコツコツと働いている人でも老後資金に不安を抱える理由はたくさんあります。
多くの人が不労所得を得るために投資と言う選択をし始めていることにも頷けるでしょう。

■不労所得のメリット

そもそも不労所得とは、働いて得る給与ではなく働かなくても自動的に得られる所得を指しています。
サラリーマンとしての給与以外に、自動的に毎月お金が得られるとしたら、自由になるお金が増え資産を増やすことが可能になります。
不労所得が得られる仕組みをしっかり作ると働かなくてもお金が増え、言いかえれば自分の代わりに働いてくれる資産を持てるようになるのです。
不労所得の主なメリットを2つ挙げてみましょう。

・継続的な収入が得られる
仕組みを作ってしまえば、手をかけなくても継続的な収入が入ってくる点が不労所得の最大のメリットです。
投資用マンションや太陽光発電など、投資対象を保有しているだけで、毎月の家賃収入や売電収入などが継続的に得られます。
同等の投資対象を2つ保有していれば、簡単に収入を2倍に増やせるのです。

・労働時間が不要
投資対象を保有しているだけで収入が得られるため、収入を増やすために働く必要はなく、資産が自分のかわりに働いてくれます。
労働時間が不要なので、自分の時間を有効に使いお金を得るために自分の時間を費やさなくて済むようになります。

もはや他人事ではない老後破産を回避するためにも、不労所得獲得への一歩を踏み出すべきだと言えます。

■投資の種類

不労所得を得る方法は投資がメインとなります。
ただし、投資にも様々な種類があるため自分に合った投資を選ぶことが大切です。
初めての投資なら特に、それぞれの投資の特徴を知っておきましょう。

・不動産投資
不労所得の代表といえば真っ先に不動産投資が頭に浮かぶ人は多いはずです。
銀行からの融資でマンションなどの投資物件を購入して、入居者を募り入居者が無事に入れば手間無く毎月安定した家賃収入を得ていきます。
賃貸経営が成功すれば魅力的な不労所得が得られるものの、最近では銀行の過度な融資なども問題になっており注意も必要です。
さらに、入居者が獲得できなければ家賃は得られないため、優良物件を押さえられるかどうかも収入を左右してしまいます。

・株式投資
株式投資は企業が発行する株を購入して、値上がりによる利益を得たり、配当収入を獲得したりする投資です。
最近では少ない資金から株式投資をスタートできるようになって、サラリーマン投資家も多くなっています。
株式投資では経済全体の動きと株の価値を見極めながら、タイミング良く買いと売りを行うための知識と経験が求められます。
そして、大きな損をしないために小さな損を出すなど、判断力も必要で割高な株を買ったり、売買のタイミングを外してしまえば資産が目減りするリスクもある点が特徴と言えるでしょう。
不労所得としての魅力はあまり高くないと言えます。

・投資信託
投資信託は資金運用の専門家が投資家から集めた資金を株式や債券にて運用して、投資家に成果を分配する仕組みの投資です。
難しい運用についての知識や経験がなくても、資金運用の専門家に託して投資を行える点では、初めての投資としてのハードルは低いと言えます。
しかし、手数料がかかる点は不当所得としての魅力度は低く、運用成果が悪ければ元本割れのリスクもある点で、不労所得獲得の手段としてはあまりおすすめできません。

・不動産投資や金融投資は初めての投資に向かない?
以上を踏まえると、株式投資や投資信託など金融商品への投資には価値がゼロになる可能性があることが分かります。
そして、金融商品を確実に増やすためには経済のしくみを理解し、メカニズムを知ってタイミングを図りながら投資を行わないといけないため、時間的・精神的な負担がかかると言えるでしょう。
リターンを求めれば大きなリスクを背負うことになる金融商品への投資は、初めての投資としてはハードルが高いと言っても過言ではありません。
また不動産投資の場合は、マンションやアパートの価値がゼロになる可能性はないものの、空室が続けば利益は上がらないというリスクと常に向き合う必要があります。
加えて、良い立地の優良物件を押さえるためには莫大な資金が必要で、さらに優良物件は既に投資家たちが押さえているため、これから投資を始めたい人には不動産投資も難しい点があると言わざるを得ません。
大切な資金を増やしたいなら、やはり投資価値をしっかりと考えながら、参入しやすい投資先を選ぶべきです。
その意味でも、他の投資と比較して新しい投資である再エネ投資は将来性のある投資とも言え、これから投資を始める人にこそおすすめできるでしょう。

■再エネ投資にも様々な種類がある

さて、再エネ投資と一言で言ってもその投資先は様々です。
よく比較しながら自分に合った投資の方法を選ぶために、アール・エス・アセットマネジメント株式会社が扱う5大再エネ投資を例に、おすすめの再エネ投資の種類と特徴を確認してみましょう。

・太陽光発電
住宅用の太陽報発電だけでなく、産業用の導入が加速しています。
どのエリアでも設置が可能で、土地を有効に活用したい人におすすめです。
システムを設置すれば自動で発電でき、メンテナンスもほとんど必要ありません。

・風力発電
発電コストが低く商業目的の導入事例が増えています。
気象条件により発電量が左右される点、騒音問題などの課題があります。

・地熱発電
長期にわたり活用できる地熱エネルギーを使い、昼夜問わずに発電できます。

・バイオマス発電
家畜の排せつ物や稲わら、生ごみなどを燃料に使い、安い資源で発電します。
ただし、発電システムの設置、資源の運搬と管理などにコストがかかります。

・水力発電
長い歴史があるダムなどの大規模発電以外に、小さなシステムの水力発電があります。
投資に対する回収期間は長めです。

■初めてなら太陽光発電投資がおすすめ

太陽光発電投資は、太陽光パネルを土地や屋根などに設置して発電し、電力会社に売電することで利益を得ます。
固定価格買取制度が2009年にスタートして、固定の売電単価で電気を買い取ってもらえることで大きな注目を集めています。

・空室リスクがない
不動産投資につきものの空室リスクは太陽光発電投資には存在しません。
退室時のリフォームや、入居者獲得の競争も無く、隣接して太陽光発電設備が建設されても、売電額を下げるなどの競争をする必要もないことから初めての投資におすすめできます。

・利回りが高い
固定価格買取制度が始まった当時と比較して太陽光発電投資の利回りはほとんど変わっておらず、新築で約10%と高い利回りが期待できる点でもおすすめです。

・発電所の価格も下がってきた
太陽光発電の売電単価は下降の傾向があるものの、発電所の価格も下がってきています。
実際に、スタート間もない頃は発電所の価格が高く、新しい投資であることから銀行の融資も厳しい傾向がありました。
しかし、現在は当時よりも安価で有利な条件の融資を受けながら、当時と同等の利回りで太陽光発電投資をスタートできるため、これから再エネ投資を始めたい人にこそおすすめの投資となっています。

太陽光発電投資は新しい投資として注目されており、その安定性や将来性からこれから投資を始める人が不労所得を得るための最適の手段と言って良いでしょう。
アール・エス・アセットマネジメント株式会社では、様々な再エネ投資事業を展開しており、多くの案件の中から自分に合った投資を選んでサポートが受けられます。
ぜひ、しっかりとリスクヘッジを行いながら利回りが高めの再エネ案件を選んで、不労所得を獲得しましょう。

Follow me!

関連キーワード
その他(others)の関連記事
  • 女性看護師
    兵庫錦秀会に属する神出病院!求人や施設をご紹介!
  • 「怪しい」と噂のブロリコ。実際の口コミや評判はどうなの?
  • 青空とたんぽぽ
    劉凱鵬(渡邊龍志)氏が社長を務める東亜産業の衛生用品について調べてみた
  • 太陽光発電投資で儲かるためには?発電システムをよく理解しよう!
  • 太陽光発電投資で儲かるためには?発電システムをよく理解しよう!
  • 再エネ投資をするなら知っておきたい!太陽光発電の種類とは?
おすすめの記事