白石達也は怪しい?!ブログや活動内容から分かる人物像とは

こんにちは!
本日は白石達也のブログや活動内容などを取り上げてみます。
読者の皆さんは白石達也についてどんなイメージを持たれているでしょうか。
話題の情報商材である「ランドオブハンモックユーチューバー」などを手掛けたことでも知られている白石達也は、現在リバティーレジデンツという商材を提供しています。
中には利用を検討している方もいらっしゃるかと思いますが、怪しくはないのかと不安を感じている方もいるでしょう。
そこで今回は、白石達也のブログや活動内容を徹底的に分析し、白石達也は怪しいのか、怪しくないのかを検証していきます。
白石達也について調べている方もぜひ参考にしてみてください。

白石達也のプロフィールと経歴

オンライン学習分野を始めとした様々な分野での事業を成功させ注目の実業家となった白石達也について、プロフィールや経歴を詳しく知りたいと感じている人は多いでしょう。
若手実業家として成功するに至った白石達也に関し、そのバックグラウンドとキャリアをご紹介します。

白石達也の生い立ち

白石達也が生まれたのはちょうど日本でバブル景気が始まった昭和61年です。
都内の裕福な家庭に育ち、父は大手航空会社に勤務しており、母は外資系企業で活躍するキャリアウーマンでした。
白石達也には兄がおり、4人家族の共働き家庭という家庭環境の中で厳しく育てられました。
時代的には、高い学歴のある人間が大手一流企業で働く人生を目指すべきだという価値観が一般的だったため、どの家庭でも教育に熱が入ってきた頃に幼少期を過ごしていたのです。
破天荒な性格だった白石達也は、親の価値観を押しつけられることに対し憤りを感じていたのでしょう。
そのためか両親との衝突も度々あったそうです。
彼自身は向学心が強いタイプで、小学生の頃には読書家として様々な知識を本を通して身に付け世界が広がることに喜びを感じるようになっていました。

中学・高校時代の白石達也

小学生の頃から熱心に勉学に励んできた白石達也は、中学生になると生徒会長を務めるほどの優等生でした。
中学時代にも熱心に本を読み、知識欲旺盛な性格は健在だったようです。
そして、生徒会長として中学校の生徒会を運営する中で、組織のリーダーとしての在り方を考える原体験をしました。
高校進学後は、さらに勉学にのめりこむようになります。
しかし、勉学優先の白石達也の生活スタイルは、同年代の友人からは共感を得られない部分も多く、次第に疎まれる存在となってしまいます。
思春期といえば、自分の見た目や流行に関する知識に関心が薄い若者はイジメの対象となりやすいものですが、白石達也も高校時代にイジメの対象となっています。
そのトラウマから自分に対する自信を失ってしまい、大学受験にも失敗してしまいました。
その後は、持ち前の真面目さで努力し、一浪の末に早稲田大学商学部に合格しています。

大学在学中の白石達也

大学合格によって自分らしい人生について考え始め、新たな自信を獲得した白石達也は、大学というシステムとそこで学ぶことのできる内容に限界を感じるようになります。
大学の運営に関しても批判的な感情を抱くようになり、一度は中退を考えたこともあるようです。
中退に関しては両親の強い反対もあり、卒業だけはするという選択になりました。
ただし、大学在学中にも大学だけでは学べない様々な知識を得たいという持ち前の向学心から、様々な勉強会やセミナーなどに参加しています。
ビジネスに関するセミナーへ参加した中で、伊勢隆一郎氏・村上むねつぐ氏と出会います。
伊勢隆一郎氏は当時、情報商材に関するセミナーの開催でビジネス界で話題となっていた人物です。
大学在学中の白石達也は伊勢隆一郎氏と共に「神龍プログラム」という情報商材を開発し、若手実業家として最初の成功を収めました。

白石達也のキャリア

在学中の共同開発である「神龍プログラム」で成功を収めた白石達也は、その後、自らの手で全く新しい情報商材の開発に取り掛かります。
情報が価値を持つ情報化社会、そしてインターネット社会という時代性を活かし「ランドオブハンモックユーチューバー」を発表し、記録的なヒットとなりました。
どこでも、好きな時間に、必要なビジネス情報や知識を得ることを可能とした「ランドオブハンモックユーチューバー」は、日本国内のみならず海外市場でも高く評価され、大きな成功事例となりました。
白石達也はその後、有限会社Enhanceを設立し映像制作やコンサルティング事業も含め、情報という商品をトータルでプロデュースし、オンライン学習の分野でも活動するに至っています。

2.白石達也の公式ブログから見る傾向
IROASの創立者である白石達也は、20代という若さで億単位の資産を作り上げることに成功しました。
そんな白石達也は、公式ブログで様々な情報を発信しています。
白石達也の公式ブログでは、世界各地の教育の現場を見た生の声を取り上げたり、白石達也自身が現地で感じたことなどを事細かに伝えているのです。
3557名もの会員数を誇るIROASのメルマガでも様々な情報を発信していますが、より身近なブログというツールも有効活用していると言えるでしょう。
ここでは、白石達也が書くブログから分かる傾向について紹介していきます。

白石達也の世界一周旅行

白石達也は、世界一周旅行に関する記事をブログに投稿しています。
195ヶ国を巡った白石達也は、世界の教育の現場を実際に目で見て、寄付を行っているのです。
それぞれの国によって、教育にも特徴的な部分があります。
そのような点に白石達也は注目し、現地の人々が学びを深めるためにはどうすべきんのかを考え、呼びかけを行うというのも白石達也ならではの活動といえるでしょう。
そして、実際に現地で体験したことや感じたことをブログでリアルタイムに発信し、ブログ読者の人と共有しています。

そんな世界一周旅行の中で、白石達也は日本からの贈り物として、寄付金を送るという活動も行っています。
日本ではほとんど見かけることはありませんが、国によっては路上で生活している人がたくさんいる場所もあります。
きちんと対策を取ることができている国ももちろんありますが、十分な対策を取ることができない国も存在しているのです。
白石達也のブログでは、そのような人々に対する思いも綴られています。

その他にも、国によって異なる教育や仕事についても、感じたことを綴っています。
日本にはないような制度がある国も存在しているので、新たな文化に触れたことで得る学びを共有する場も公式ブログの役割と言えるでしょう。

世界一周旅行では驚くことばかり

白石達也は、世界一周旅行の中でほとんど驚くことしかなかったといいます。
公式ブログで取り上げられる内容は、教育やキャリア形成に関することが多いのですが、大学の取り組みや学校選びがいかに大切なのかということに気がついたという内容も記事になっています。

白石達也には現在妻子がいますが、公式ブログには白石達也自身の教育観や子育て観について書かれている記事もあるのです。
ブログを読むと、家族で世界一周旅行をしたということがわかりますが、子どもにも広い世界のことを知ってもらいたいという白石達也なりの考えがあるのではないでしょうか。
白石達也自身が様々な文化や教育に触れる中で、子育てで大切なことは子どもを受け入れ、1人の人間として真摯な対応をしなければいけないと学んだそうです。
広い視野を持って子どもと接することを大切さを多くの親に知ってもらいたいという思いから、教育観や子育て観についての記事も書いているのだと考えられます。

また195ヶ国を巡る中で、日本ではまだまだ慈善活動や寄付をするという習慣が少ないということにも白石達也は気づきました。
そのため、日本でも慈善活動や寄付をする習慣が当たり前になると、日本はより住みやすい国になるのではないかと考えているのです。

このようなことから、白石達也が公式ブログで発信している取り組みについて知ることで、自分自身の生き方を改めて考えるきっかけになる可能性が見えてきます。
白石達也が公式ブログでは、白石達也の取り組みや考え方などについて深く知ることができるので、気になる方はチェックしてみると良いでしょう。
きっとこれからの生き方、教育のあり方、仕事の取り組み方など今までは見えていなかった部分を知るきっかけになるはずです。

白石達也の活動内容とビジネスモデル

白石達也の公式ブログからみる傾向について前述しましたが、ここでは白石達也の活動内容とビジネスモデルについてみていきましょう。

白石達也はどのような活動をしているのか

白石達也は、メルマガやブログ、SNSなどを通じて、様々な情報を公開してしています。
白石達也という人物が知られるきっかけにもなったランドオブハンモックユーチューバーでは、当時では珍しいユーチューバーという肩書のもと、自分自身のプロモーションを行いました。
ランドオブハンモックユーチューバーこそ、白石達也が大躍進するきっかけになったと言っても過言ではありません。

そして、白石達也がどのような活動をしているのか知るために欠かすことができないのがIROASです。
IROASは、ネットビジネスについて学ぶことができる学校ですが、講師がネットビジネスに精通している人々なので、一流のノウハウを学ぶことができます。
白石達也でなければ、IROASを立ち上げることはできなかったのではないかと言われているほどです。
そんなIROASは、白石達也が手がけているアルケメーションという大きなプロジェクトの一環となっています。
アルケメーションは、教育自体をビジネスに変化させていこうとするプロジェクトになっているので、ネットビジネスについて教える教育者を育てようという考えが根幹にあるといえるでしょう。
アルケメーションにおいて白石達也は、世界的に見ても最高峰の教育システムを作りたいと考えているのです。

白石達也のビジネスモデルは?

白石達也は、MLMビジネスを活用しています。
白石達也のビジネスの中でも、LINE@ATMシステムはまさにMLMビジネスを活用したものだといえるでしょう。
MLMビジネスに関しては、良いイメージを持っていない人も多いのではないかと思いますが、LINE@ATMシステムではシェアするだけで権利収入を得ることができるため、多くの人がイメージするネズミ講とは異なります。
LINE@ATMシステムは、スマホがあれば簡単に利用できるため、どこにいても半永久的に収入を得ることができるのです。
初期費用の負担もないため、ビジネスに参入するハードルも非常に低く、気軽に始めることができるという点もLINE@ATMシステムの大きなメリットといえます。

白石達也が手掛けているビジネスモデルを実践したり、ランドオブハンモックユーチューバーやIROASで学んだりすることのよって、これまでの生き方を変化させることもできるはずです。
きちんと学び続けることで、経済的な自由を手に入れるために必要なことを身に付けることもできるでしょう。

白石達也は怪しいのか!?

白石達也に関する情報をプロフィールや経歴内容、自身が投稿している公式ブログなどあらゆる視点から彼を分析してきました。
この他にもSNSや情報教材の中から彼の人柄や能力を示すような情報がたくさん飛び交っています。
しかし、彼が提供するプログラムやコンテンツは怪しいという批判的な意見も実際はあるようです。
では、彼を代表するリバティーレジデンツやIROASなど研究し続けている内容について掘り下げてみましょう。

成功への道しるべ「IROAS」について

白石達也はIROASという情報商材を研究・開発しました。
IROASでは実力派の講師からお金を稼ぐ方法や、そのために必要なノウハウなどを動画教材を用いて学ぶことができるコンテンツ教材です。
白石達也本人から指導を受けることもできるので非常に人気を集めていますが、受講するためには高額な費用が必要だという情報もあります。
「もしかしたらお金儲けのために商材を売っているのではないか」と疑っている人がいるのも嘘ではありません。
しかし、そういった噂が飛び交う背景にはIROAS自体をあまり理解できていないというケースが多く、実際に受講した人の中で「怪しい」などといった批判的な意見をいう人は珍しいようです。
IROASでは得意な分野を伸ばし、興味のある関連事業でお金を稼ぐことができるような教育の場を設けています。
教育というと「国語」「数学」「英語」「理科」「社会」など5科目を想像する人が多いのですが、こういった教育科目には人それぞれ得意・不得意があります。
苦手な科目は学ぼうという意欲が湧かないため、なかなか知識や能力が身に付きません。
IROASではその苦手意識を克服するためにあえて得意なことを伸ばしていくことを重要としているのです。
目まぐるしい社会の変化に対応していくためには、それに応じた学び方が必要だという風にも捉えられるでしょう。
彼はそういった重要性の唯一の発見者としてIROASを提供することを決意しました。

リバティーレジデンツを学んだ人の特典

白石達也はIROASの中でリバティーレジデンツというプログラムを考案しました。
リバティーレジデンツとは居住地の自由を手に入れることを教材テーマとしています。
その自由を手にするための手段の他に仮想通貨の知識を学べるサービス、インターネットビジネス、旅行、移住、語学、節税など多様な知識を習得することができるコンテンツです。
昨今の投資方法で最もメジャーとも言える仮想通過では、専門的な知識が詰まった100ページほどのPDFデータを用意しています。
基礎的な知識から応用まで段階を踏んで解説していくので、仮想通貨を知らない初心者でも無理なく習得することができるでしょう。
3時間ほどのビデオトレーニングでは目で見て耳で聞くことによって知識を植えつけることが可能です。
また、毎月ニュースレターが配信される商材もあるので、手軽に仮想通貨に関する知識を学ぶことができます。
さらにリバティーレジデンツは以下のような特典があることも忘れてはいけません。

・仮想通貨マスタークラス
・仮想通貨101のこと
・オプトインATMシステム
・リバティーレジデンツレポート
・世界旅行を最安値で実現する方法
・海外居住最短ショートカット
・ダンジョン

このようにリバティーレジデンツの様々なコンテンツを受けることによって自由を手に入れるための知識やノウハウを習得することができます。
オンラインで学習できるといった利便性の良さもあることから多くの方が活用するプログラムとなっています。

白石達也が提供しているシステムやプログラムの詳細を知らない人からしてみれば、彼独自の見解や仕組みを怪しんでもおかしくありません。
しかし、彼の経歴や今後の展望などを理解している人はその重要性について強く訴えている人が多いです。
彼が研究してきた商材やコンテンツの中からどれか一つ手に取ってみれば、彼に対する印象が180度転換するのではないでしょうか。

白石達也のまとめ

ここまで白石達也のプロフィール経歴、公式ブロクから読み取れる見解、ビジネスモデルなどそれぞれの項目にスポットをあててきました。
エリート家族から生まれた彼は学生時代に経験したいじめを通して、自己啓発やビジネスマナーなど学校教育では習得できない知識を得ることになります。
それをきっかけに日本のこれまでの学校教育に疑念を抱き、自ら自己啓発セミナーや講座を展開していきます。
どこかの企業に就職するという無難な道を避け、あえて独立への道を選択しました。
彼が描くテーマは自由な教材、仕事、居住をメインに新しい情報商材を作り上げました。
その結果、30代という若さでビジネスにおける革命家として世界中に周知されていくことになったのです。
リバティーレジデンツでは今最も注目されている仮想通貨に関するプログラムが充実しています。
仮想通貨の購入方法などシンプルな情報から、仮想通貨の本質を読み解く実践向けな資産方法まで非常にテーマが幅広いです。
仮想通貨による取引で長期的に資産を運用していきたい人に対して、より効率的な技術や方法を学ぶこともできるので、魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。
仮想通貨に関する事件やトラブルが相継いでいることから白石達也の商法に疑問を抱いている人も多いようですが、それは彼の過去や本来の利益について理解できていないことから招くただの誤解です。
彼は学生時代から辛い経験をしており、時には死を想像し何度も自分を見失いそうになりました。
しかし、日本の教育方針の間違いに気付いた彼は自ら起業することを決意したのです。
IROASという教育システムを取り扱い、昭和から受け継いできた日本の教育方法に警鐘を鳴らしています。
現在は株式会社アルケメーションの創設者としてサイト構築や運営に励んでいますが、これまでの実績を見てわかる通り、彼の実力ははかり知れないレベルにまで達していると言えるでしょう。

 

本当に良いものはそれほど多くの時間を費やさなくても、たくさんの人たちに支持されていくものです。

彼が主催するIROASのセミナーは定期的に開催されています。
白井達也の優れた能力やセールスポイントを生で見たいという方は、一度セミナーに参加してみてはいかがでしょうか。
開催場所が遠方につき直接足を運べないという方は、インターネットを用いたオンライン講座を利用してみても良いでしょう。
パソコンまたはタブレット、スマートフォンがあれば自宅や外出先などいつでも学ぶことができます。
彼は信頼できるサービスや情報商材を少しでも多くの人に広め、自由な生活を手にしてもらいたいと願っているのです。
「理想の暮らしがしたい」「お金に不自由せず豊かな生活を送りたい」という方は彼のサポートを受けてみることをおすすめします。 

スポンサーリンク
おすすめの記事