古木大咲氏とは?経歴から社員の評判まで詳しく調査!

こんにちは!
本日は、古木大咲氏の情報を知りたい方向けに、経歴や社員からの評判までを徹底的に調査していきます。
皆さんは古木大咲氏に対してどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか?
IoT・デザインアパートメント運営会社の代表取締役を務めているため、経歴も高学歴でツラい経験などしたこともないのではないかと考える方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、若き経営者の中でも古木大咲氏は他の方とは違う経歴を持っているのです。
一体、どのような経歴を持っているのでしょう?
また、実際に古木大咲氏の会社で働いている社員は、社長に対してどう思っているのでしょうか?
今回は古木大咲氏の経歴から社員の評判までを徹底的に調査し、古木大咲氏がどのような人物なのかご紹介していきましょう。
古木大咲氏について知りたい方も、ぜひチェックしてみてください。

古木大咲氏は何をしている人?経歴などを調査

まずは、古木大咲氏は現在どんな仕事をしていて、どんな経歴を持っているのかご紹介していきます。

現在の仕事

古木大咲氏は、現在IoT・デザインアパートメント運営会社において代表取締役を務めています。
そのため、会社の経営に尽力しています。
業務に直接携わる機会は減っているものの、現場を重視した考えを持っているため、不動産業界の現場で働く社員一人ひとりが働きやすい会社を作ろうとしているようです。
会社は東京に本社を置いていますが、全国各地に支店があったり、関連企業もあったりするなど、不動産業界の中でも規模の大きな企業であることがわかります。

これまでの経歴

古木大咲氏のこれまでの経歴を探ってみると、彼は高校を中退しアルバイト生活をしていたことが分かりました。
そんな生活を送っていた人物が、東証一部上場を果たすまでの大きな企業を立ち上げるまでにどのような苦労を重ねてきたのでしょうか?

そもそも、なぜ古木大咲氏が不動産業界に目をつけたのかというと、高校中退という学歴のハンデが挙げられます。
古木大咲氏は当時同年代の大学生達の姿を横目に、将来に対して漠然とした危機を感じていました。
このままアルバイト生活を送っていては将来的にも良くないと考えたのです。
しかし、古木大咲氏は学歴のハンデで会社に就職しても十分な仕事を与えられないのではないかと不安に感じていました。
そこで考え出したのが不動産業界に入り込むということです。
高校中退という学歴にハンデがある以上、他の人と戦うためには学歴が関係ないフィールドで戦うしかないと考え、学歴は関係ない営業職、さらに言えば営業職の中でも実力主義とされている不動産業界に入ることを決めたのです。
確かに、不動産業界の営業職は物件が売れればその分自分への利益は大きくなるものの、販売しているものの金額が大きいため、早々に商品が売れるということはありません。
そのため、営業職の中でも難しいとされています。
そんな不動産業界をあえて古木大咲氏は選んだのです。

地元の不動産会社に入社した古木大咲氏ですが、最初から思うようにはいきませんでした。
入社時に希望の配属先として営業職を選んでいたのですが、物件清掃に回されてしまったのです。
しかし、諦めずに休日を使って飛び込み営業をかけていった結果、物件を売ることに成功しました。
この実力が評価され、入社から1年後には営業職へ異動することになりました。
営業職に異動してからは物件販売を行いつつ、新たに新築アパートの販売を手掛けるWEBサイト案を会社に提出します。
この企画が見事採用されたのですが、予算がかなり少なかったため、自身もITやWEBの知識を学びながら、外注で依頼したプログラマと一緒にWEBサイトを立ち上げたのです。
結果はきちんと出て、ネットからの問い合わせがかなり増えていきました。

不動産会社に4年間勤めてから、25歳の時に自身の会社を持つようになりました。
効率的に仕事ができる仕組みを作り上げ、すぐに導入することにより1年目から多くの売上を達成しています。
しかし、2008年のリーマンショックによって会社にも大きなダメージが与えられてしまいました。
何とか持ち直した古木大咲氏はリーマンショックを教訓に、物件在庫をなるべく持たないビジネスへと転換していったのです。
これが功を奏し、2015年には東証マザーズへの上場、2016年には東証一部上場へと変更されました。

古木大咲氏の社員からの評判はどうなのか?

では、古木大咲氏に対して会社で働く社員はどのように感じているのでしょうか?

“社長は30代前半と若いですが、かなりのやり手で社員の意見を取り入れてくれるところやベンチャー的な勢いもある社風で風通しは良かったです。”

社員も古木大咲氏に対してやり手だと感じているようです。
また、社員の意見も取り入れてくれているということで、下の意見が古木大咲氏にも届きやすくなっており、風通しの良い会社であると言えます。
より良い職場環境にしようと尽力していることで、このような評価となったのではないかと考えられます。

“まだ成長過程であるため、一人一人の仕事の重みは大きい。そのため、自分の意見や発想で、大きな動きを作る事が出来る会社。社長もどんな意見でも耳を傾けてくれ、どんな意見でも受け入れてくれる。会議しているだけで、ワクワク、夢やモチベーションがあがる。いくつか転職していますが、そんな社長は初めてでした。”

上場企業ではあるものの、まだまだ成長していこうとする熱意を持っており、その熱意が現場で働く社員にもきちんと届いていることが分かります。
やはりこういった部分は積極的に言わなくても、社長の姿を見て社員は感じ取ることができるものです。
古木大咲氏が仕事に対する強い想いや考え方を持っているだけでなく、部下を信頼し、意見を積極的に聞こうとする姿勢から、このような口コミがされたのでしょう。

“社長は常に社員のことを考えてくれていたと思う。現状維持を嫌っており、常に前進あるのみの精神で新しい分野にもチャレンジをしていた。今後も会社の発展が期待できる会社だと感じている。トレーニング施設もあったので、男性も女性もリフレッシュができて仕事にも良い影響がでてとても良いと感じております。”

人材を大切にしている古木大咲氏は、社員のことを常に考え、より良い環境づくりや会社の仕組みづくりをしています。
様々な分野にもチャレンジしており、現状維持を嫌い、前進する姿勢が社員にも好印象であったようです。とどまることを知らない向上心はさらなる成功を期待できるでしょう。

会社で働く社員からの評判では、いわゆる社長と社員の関係というよりもお互いの意見が通りやすいような工夫がされていると感じられます。
経営者というとどうしても下の意見を聞き入れず、ワンマン経営になりやすいのですが、古木大咲氏はそのようなこともないようです。

ニッテイホールディングス

若き経営者が心得るべきこととは

古木大咲氏のように、これから経営者を目指している、もしくは現在経営者を務めているという方もいらっしゃるかと思います。
もし、年齢が若いことに関して悩んでいる、もしくは失敗を恐れているという方は、これからご紹介する若き経営者が心得るべきことを参考にしてみましょう。
これらの心得を知ることで、古木大咲氏のように若き経営者として成功できるかもしれません。

 

会社経営は全て経営者が責任を負う必要があると再認識する

会社経営はうまく波に乗れれば問題ないのですが、場合によっては突然経営難に陥ってしまうことも少なくありません。
経営状態が悪くなってしまうと、どうしても「これは金融機関が融資を出してくれないせいだ」「社員がちゃんと働かないせいだ」と考えてしまう経営者も多いようです。
しかし、経営の責任を取るのが会社経営者の務めでもあります。
不満を言うだけで改善に向けて考えない経営者は、経営者でも何でもないのです。
そのため、若き経営者は経営状態の悪化を人のせいにせず、自身で責任を負うことを再認識することが重要だと言えます。
古木大咲氏は、会社を立ち上げた数年後にリーマンショックによるダメージを受け、社員に3ヶ月分の給料が支払えないくらいにまで経営不振に陥った経験を持っています。
しかし、この時の経験を基に手掛けているサービスを見直し、切り替えていくことで成功に導くことができました。

 

社員と同じ考え方ではいけない

これはスキルを持っている人が若き経営者として活躍しようとしている際によく見られるものなのですが、従業員が数人ならともかく、何十人・何百人といる会社を経営する場合は、必ずしも社員と同じ目線に立って物事を考える必要はありません。
どうしてかというと、経営者は本来会社の経営を考えるべきだからです。
古木大咲氏も会社経営に尽力しています。
社員と同じ考え方をしていない=社員の立場や意見を受け入れないというわけではありません。
社員と違う考え方だからこそ、古木大咲氏は現場で働く社員の意見を積極的に取り入れようとしているのです。

若き経営者が心得るべきことは分かっていただけたでしょうか?
古木大咲氏のように、若くして一部上場を果たすまでには苦労も乗り越えていかなくてはなりませんが、絶対にできないというものではありません。成功者の経験をぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事