ダイトーグループの貼付け用磁気治療器は怪しい?他社製品と比較

こんにちは!

本日は、ダイトーグループの商品「ネオジューム ゴールドマグネオ G2000」についてご紹介していきます。

読者の皆様はこの商品に対してどのようなイメージを持っているでしょうか?

少し怪しい商品だな…と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

健康にまつわる商品なので取り入れたいと考えていても怪しい商法に引っかかってしまわないか不安な方も多いはずです。

そこで今回はネオジューム ゴールドマグネオ G2000にはどんな効能があるのか徹底的に解説し、さらに競合他社の似ている製品と比較していきましょう。

これによってネオジューム ゴールドマグネオ G2000が他社の製品と違い、どんな商品なのかが見えてきます。

ダイトーグループのネオジューム ゴールドマグネオG2000って何?

 

健康や美容にまつわる商品を企画開発し、販売しているダイトーグループのネオジュームゴールドマグネオG2000はどういった商品なのかというと、体に貼り付けるタイプの磁気治療器となります。

磁気治療器というのは、磁気の力を遣って血流を促進し、筋肉のコリをほぐしていく治療器を指します。

肩コリや腰痛は慢性化しやすく、定期的にマッサージしていてもなかなか治るものではありません。

しかし、磁気治療器を使っていればわざわざ整体やマサージ店に通う必要もなくなります。

ネオジュームゴールドマグネオG2000は、200mT(ミリテスラ)もの強力な磁気を使って筋肉組織にアプローチし、血行促進と筋肉の緊張をほぐす役割を同時に行なってくれるのです。

管理医療機器に分類

ネオジュームゴールドマグネオG2000は、「管理医療機器」に分類されています。

医療機器は基本的に医薬品医療機器法によってリスクの大きさに比例して販売規制が行われています。

例えば不具合が生じた場合でも人体へのリスクが極めて低いと考えられる医療機器は、「一般医療機器」に分類され、不具合が生じた時に人体へのリスクが比較的高いと考えられる医療機器は高度管理医療機器に分類されます。

高度管理医療機器は医師が使うような透析器や人工呼吸器、ペースメーカーなどを指し、一般医療機器は体外診断用の機器やメス・ピンセットなどが含まれます。

ネオジュームゴールドマグネオG2000の管理医療機器は、不具合が生じても人体へのリスクが比較的低いと考えられる医療機器が分類されており、第三者認証機関による認証がなければ管理医療機器に分類されません。

その中でも「家庭用電気磁気治療器」と「家庭用永久磁石磁気治療器」がありますが、ネオジュームゴールドマグネオG2000は「家庭用永久磁石磁気治療器」に分類されます。

永久磁石磁気治療器とは?

永久磁石磁気治療器は、上記の厚生労働省認証基準をクリアし、さらにJIS規格も含まれることで区分される医療機器の一つです。

絆創膏やネックレス、下着などに粒状の永久磁石を取り付けることで磁気を発生させます。

身に付けている最中は常に磁気を発生させることになり、さらに人には分からないように身に着けられるのでバレてしまう心配もありません。

医療機器として認められる磁力の強さは、35~200mTであり、ネオジュームゴールドマグネオG2000は最強レベルの磁力を発生させる磁気治療器であることが分かります。

ちなみに、もう一つの「家庭用電気磁気治療器」はシートに電磁コイルを内蔵して通電するとそこから磁気が発生する仕組みになっていて、磁力の強さは35~180mTです。

ネオジュームゴールドマグネオG2000の特徴

ネオジュームゴールドマグネオG2000は、絆創膏タイプの永久磁石磁気治療器であり、肌に直接身に付けるものになるので素材にも気を配って優しい素材を活用しています。

また、伸縮性や透湿性にも優れており、コリがひどいところに直接貼れるだけでなく、貼っても目立ちにくいという特徴があります。

痛みがある時に使用する湿布のように、ニオイもキツくないので安心です。

特におすすめできる特徴として、貼っている間は数日間効果を持続させることができるという点です。

お風呂に入っていてもわざわざ外さずに、ネオジュームゴールドマグネオG2000を身に付けたままでいられます。

1箱の内容量は20粒ですが、1枚で数日持つことを考えるとコスパはかなり良いと言えるでしょう。

ネオジューム ゴールドマグネオG2000の効能について

ダイトーグループが販売しているネオジュームゴールドマグネオG2000はどんな効能があるかご存じですか?

こちらの商品の主な効能は、肩や首筋、腰など装着した部分のコリや血行不良の改善となっています。

それでは、コリや血行不良の原因とあわせて、なぜネオジュームゴールドマグネオG2000が改善に有効かご紹介しましょう。

コリの状態について

コリは筋肉が緊張して固まった状態を指します。

筋肉には伸び縮みする性質を持ちますが、何かの原因で長時間緊張状態が続くと、弾力がなくなり委縮した状態になってしまうのです。

しかし、筋肉が委縮しただけで痛みがあらわれることはありません。

痛くなってしまう理由は、硬くなった筋肉が血管を圧迫してしまうため、血液に流れて排出されるはずの老廃物や疲労物質が筋肉に溜まってしまいます。

硬くなった筋肉や貯まった老廃物・疲労物質は抹消神経も刺激してしまうため、痛みとしてあらわれるのです。

血液は筋肉を活動させたり、修復するための酸素や栄養を運んだりする役割があるので、血行不良はコリを慢性化させる恐れがあります。

コリができてしまう原因

筋肉の緊張やこわばりは、主に長時間同じ姿勢でいること、もしくは特定の筋肉ばかりを使うと起きやすくなります。

現代人は仕事とプライベート問わずパソコンやスマホを使いますが、その際、前かがみの姿勢になりがちです。

前かがみは頭の重みを特に受けやすいため、肩や首に大きな負担を与えます。

さらに、その姿勢のまま指を動かすと、肩周辺の筋肉を常に緊張させることにつながってしまうのです。

デスクワークに限らず、スポーツや同じ動作を続ける作業でも、特定の筋肉を良く使うことになるので、筋肉の弾力が低下して委縮してコリにつながります。

適度に休憩やストレッチをする必要があるでしょう。

最近は女性を中心にストレスでコリになるケースもあるので、ストレスを発散することも大切です。

強力な磁気でコリと血行不良を改善

ダイトーグループのネオジューム ゴールドマグネオG2000は、磁力によりコリと血行不良を改善する効能があります。

コリは固くなった筋肉をほぐして血行をよくすることで改善されますが、磁気には体温上昇と血行促進の効能があるため、コリをほぐし軽減することが可能です。

さらに、老廃物や疲労物質の排出を促す作用もあるため、コリの慢性化も改善に導くことができます。

 

そもそも、なぜ磁気が人の体に作用するのか気になる方もいらっしゃるでしょう。

血液中にある赤血球にヘモグロビンと呼ばれる物質が含まれています。

ヘモグロビンは酸素と栄養を細胞に与え、新陳代謝を高めることで細胞を活性化させる役割があります。

そのヘモグロビンに鉄イオンが含まれており、それが磁気と反応するとイオンの流れが活発化され、血流が促進されるのです。

また、血液にはプラスイオンとマイナスイオンに分解する成分が含まれるため、磁気が血液の中に流れるということは、電流が流れているのと近い状態であり、その刺激が筋肉委縮の緩和や体温上昇にも作用していると考えられます。

ネオジューム ゴールドマグネオG2000は、2000ガウスの磁力を使っています。

単位であらわされてもピンとこないと思いますが、磁石を手のひらに載せ、もう1つの磁石を手のひらの裏に当てた時、上に載せた磁石がひっくり返ってしまうぐらいの力とされています。

子どもの手であれば表と裏の磁石がしっかりくっつき、落ちないくらいの強さがあるようです。

強力な磁力なのでコリと血流改善に有効な商品だと言えるでしょう。

磁気は怪しくない?

磁気を使った商品は数多くあり、中には怪しい商法で売られている磁気治療商品もあります。

しかし、磁気商品は厚生労働省も効能を認めており、副作用のリスクもほとんどないので安心して使えます。

ネオジューム ゴールドマグネオG2000は患部に貼るタイプなので鍼治療と同等の効果があるとされており、ツボを刺激することで症状の改善をより高めることができるのです。

どんな方におすすめ?

ダイトーグループのネオジューム ゴールドマグネオG2000は、次のような方におすすめです。

体のコリがとれない、慢性的なコリが続く

強力な磁力でコリを改善していく商品なので、体のコリに悩んでいる方におすすめできます。

筋肉をマッサージなどでほぐせばコリは改善されますが、始めの頃は目立った自覚症状がなく、体がこっていることに気付かない人は少なくないようです。

気付いた頃には痛みや疲労感が抜けきらない状態となっており、長く続けば慢性化する恐れがあるでしょう。

少しでも肩や首、腰に違和感があれば、ネオジューム ゴールドマグネオG2000を貼ることで、慢性化する前に改善することが可能です。

この商品は貼り続けている間は効果が持続するので、症状が慢性化している人も高い効果に期待できます。

姿勢が悪い・デスクワークや体を動かす作業が多い

コリができる原因でも説明していますが、筋肉の緊張やこわばりは姿勢の悪さや一定の筋肉を使い続けることに原因があります。

姿勢の悪い人やデスクワークが中心の人は、同じ姿勢が続いて筋肉に負担をかけやすいため、肩が緊張しやすくなります。

荷物運びなど体を動かす作業は一部の筋肉を過剰に使うため、毎日ケアをしないと筋肉が伸びて戻りにくくなってしまうでしょう。

適度の休憩やマッサージ・ストレッチで防ぐことが大切ですが、忙しい現代人には少し難しいかもしれません。

また、正しいマッサージやストレッチでないと、逆に悪化させる恐れもあります。

ネオジューム ゴールドマグネオG2000は患部に貼るだけなので、忙しい人も手間と時間をかけずに改善できるのでおすすめです。

湿布や薬品が苦手な人

コリの改善の薬品には、湿布や塗り薬もあります。

病院で渡されることもありますし、ドラッグストアでも市販されているので、1度は使ったことがある人がほとんどでしょう。

しかし、これらの薬品は肌が荒れたり、においが気になったりします。

湿布はちょっと動くとはがれることもあり、大きめなので貼る箇所や服装によっては見えてしまうでしょう。

また、塗り薬は乾くまで少し時間がかかってしまい、急いでいる時は塗れないこともあります。

ネオジューム ゴールドマグネオG2000は無臭なのでにおいを気にせず貼ることができ、小さいので服からはみ出す心配もほとんどなく、はみ出しても肌色なので目立ちにくいです。

伸縮性に優れているのでどこにでも貼りやすく、透湿性があるので蒸れることなく快適な貼り心地と肌に優しい設計が魅力的でしょう。

 

このように、ネオジューム ゴールドマグネオG2000は年代や性別問わず、コリに悩む人におすすめできます。

他社製品との比較

ここまで、ダイトーグループのネオジュームゴールドマグネオG2000の特徴や効能などについてご紹介してきましたが、他社製品とはどのような違いが見られるのでしょうか?

他社製品との違いを知ることでタイト―グループで取り扱っている製品の特性を新たに発見することができます。

それでは、他社で販売されている商品と比較していきましょう。

他社製品と見た目やニオイを比較

ネオジュームゴールドマグネオG2000は、血行を改善させるために有効な健康グッズです。

痛みやコリがある箇所に貼るだけという非常に手軽な磁気治療器です。

治療箇所に対して強力な磁場を活用し、筋肉組織の内部の血行を促すような仕組みになっています。
会社や外出時にサッと貼って出かけたり、持ち歩くこともできるので24時間効果を持続させることもできるでしょう。

最近は、肌に貼ってもあまり目立たないデザインのものが増えてきましたが、ネオジュームゴールドマグネオG2000のように肌色に仕上がっていない製品も他社にはあり、磁気の黒い部分が目立ってしまうため肩や首などに貼れないといったデメリットが見られるようです。

また、貼った時の臭いも気になる点ではないでしょうか。

臭いに関しては、他社製品と同様に素材に注意し気にならない程度まで改善されています。

ネオジュームゴールドマグネオG2000も他社製品と共に製品自体に臭いはないものの、使用し続けているうちに保持した分泌物が臭いを発することがあります。

これは製品の特性というよりは、使用状態によっての違いと言えるでしょう。

使用期間の目安は製品によって異なりますが、貼付け用タイプの磁気治療器は、2~5日が使用目安となっています。

他社製品と素材を比較

ネオジュームゴールドマグネオG2000は、伸縮性や肌への刺激を考慮した素材を使用しています。

浸透性にもこだわっているため、汗をかいたり水に濡れても剥がれないようにできています。

また、入浴や運動時にも問題なく装着可能です。

他社製品の中には粘着力が弱いものもあり、使い続けているうちに剥がれてしまうものもあります。

貼る場所や使用する方の体質・体調によって浸透性に違いが出てしまうのは、他社製品と同様になります。

他社製品と効果や利便性を比較

交流磁気を使った治療器が他社製品で販売されていますが、磁気治療器と比較すると即効性に関しては交流磁気治療器の方が期待できます。

血行改善や凝りを解消するという基本的な効果の違いはありませんが、交流磁気の場合は凝りが深くなるとそこまで到達しない可能性があります。

貼るタイプの磁気は、静止している磁気なので血流の流れに関係なく体内の血行を促す交流磁気に比べると効果は少なくなるでしょう。

しかし、利便性に注目してみると貼るタイプの磁気治療製品は、機材を持ち歩く心配がありません。

電気を使わなくてもいつでもどこでも利用できるので、場所や状況を考えずに使用できるのは非常に便利で手軽な要素と言えます。

1箱に20粒入っているため、同時に肩や首、背中などあらゆる箇所に使用することが可能です。

また、同じ貼るタイプの他社製品の中には「磁気効果」なのか「プラセボ効果」なのかといった点が疑問視されていますが、ネオジュームゴールドマグネオG2000は筋肉組織に到達できる200mTもの強力な磁力を使用しています。

 

このように他社製品と比較すると、ダイトーグループで取り扱っている製品には人体への影響を考慮した独自性の製品であることがお分かりいただけたかと思います。

使用方法については他社製品と基準の違いはありませんが、他社に真似できないような商品を常に開発し続けている点においては、高品質を保ち続けるダイトーグループ商品の特徴と言えるのではないでしょうか。

ネオジューム ゴールドマグネオG2000の評判を総括

ダイトーグループのネオジュームゴールドマグネオG2000についてご紹介してきましたが、最後に評判についてもまとめていきたいと思います。

ネオジュームゴールドマグネオG2000に関する口コミや評判を検索してみましたが、見つかりませんでした。

まだそこまでメジャーな商品ではないのかもしれません。

しかし、200mTという強力なパワーを持ったネオジュームゴールドマグネオG2000は、今後肩コリや腰痛に悩む人にとって強い味方になってくれると考えられます。

また、ダイトーグループではネオジュームゴールドマグネオG2000以外にも磁気治療器を取り扱っています。

実はダイトーグループのメイン商品となっているのが、磁気治療器なのです。

そのため、磁気治療器に対して最先端の技術を取り入れた商品開発を行なっています。

そんな中で作られたネオジュームゴールドマグネオG2000も、様々な効能が期待できると言っても過言ではありません。

 

ネット上で口コミや評判が少ない理由としては、ダイトーグループの販売方法にあると考えられます。

ダイトーグループでは商品を企画・開発し、製品化した後はドラッグストアなどの小売店に卸すのではなく、ダイトーウイングやダイトーバードなど各グループ企業が営業を担当し、商品を販売しています。

この様に販売を行うことによって企業側と利用者が直接会話することができ、利用者の声をそのまま企画開発部門に届けることができます。

そのため、ネット上でわざわざ口コミや評判を流さなくても、直接的にダイトーグループに向けて意見を言える環境が整っているのです。

そのため、ネオジュームゴールドマグネオG2000を含め、その他のダイトーグループの商品は口コミや評判が少ないと言えます。

 

ネオジュームゴールドマグネオG2000は、とても手軽に取り入れることができます。

健康商品を使っていて煩わしさを感じ、逆にストレスとなってしまうこともありますが、ネオジュームゴールドマグネオG2000ならそういったこともなく使うことができるでしょう。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事